ドクターX〜外科医・大門未知子(2期) 最終回★エンケンさん演技上手すぎ!

0
    ドクターX〜外科医・大門未知子(2期) 最終回

    今回の患者は悪性筋繊維芽細胞腫に冒されている少女・村田九留美(本田望結)。

    カンファレンスで大門(米倉涼子)が病状を説明。
    胃・すい臓・脾臓・肝臓・大腸・小腸に腫瘍が広がり動脈にも絡みつくような有様

    海老名教授(遠藤憲一)が思わず「最悪だなこれ、複数の臓器に広がってる上に位置が悪い。」

    さすがの大門も「ほんっとに、位置が悪すぎます。」
    易々と難手術を執刀する彼女がこんな深刻顔になったのは初めてかも・・・。

    余命6ヶ月、腫瘍の大きさは15センチだと述べた大門。
    海老名教授が手術は無理だと述べますが、大門は「多臓器体外摘出腫瘍切除手術を行います。」

    胃・すい臓・脾臓・肝臓・大腸・小腸の6つの臓器すべてを取り出して腫瘍切除の処置をして、処置後にまた体内に戻すという日本で前例のない手術・・・。

    もし自分の臓器を一旦 体外に取り出されちゃうと想像したら、生きた心地がしないわ。

    体の中はおおかた空っぽだべ!?
    可愛い可愛い本田望結から臓器を6つも取り出すなんて・・・・。

    鷹野教授(浅野和之)が「無理でしょ! いったい何本の血管を切って繋ぐことになると思ってんの!」

    大門「1000本くらいは切るかな。」
    近藤(藤木直人)「時間的猶予は?」

    大門「空っぽのおなかに臓器を戻すまでのリミットは6時間。」

    海老名教授「おまえ、経験も無い、前例もない手術、失敗するに決まってるだろ!」

    いつものように「私、失敗しないので。」と言わない大門、無言。

    さすがに最終回だけあって手術の難易度が高い!!!

    タイムリミットも設けた設定だから面白くないわけがないのですが、さてさて、院内政治でドロドロの帝都医大で九留美(本田望結)は無事に手術をしてもらえるのか、手術は成功するのか・・・ってお話。
    −◆−

    一人娘の裕華子(藤岡沙也香=宝塚時代は月野姫花)の手術をしたのが大門ではなく近藤だったことを知った蛭間外科統括部長(西田敏行)が、九留美のリスキーな手術は中止だと大門に宣告。
    「約束を破ったのは大門君 あなたですからね、ええ、あのまあ、こうやってねぇ、約束ぅ破られたわけだから、高松ぅから来てる患者さんね、帰っていただくように手配して。」

    セリフの一言一言が生々しくって、生身の人間の言葉って感じがする---西田敏行の演技は神の領域。

    台本に書かれた文字の羅列に命を吹き込む魔術師だわ。

    で、いつもは高飛車な大門が深々と頭を下げて「お願いします。このオペ、やらせてください。お願いします。」

    頭を下げ続けている大門に、蛭間は「ドクターXだっけか? かっこいいなぁ。成功率の生存率も低く術式も確立されていない危険なオペに、臆することなく果敢に挑戦する。うわぁ、かっこいいねぇ。そんなの、ただただリスキーなオペにさぁ、自分の手技がどれだけ通用するのか無責任に楽しんで試してるだけの連中じゃねぇか。えぇ! そんなインモラルなはみ出し連中がな、大学病院という大組織を相手にアルバイト気分で何かできると思ったら大間違いなんだよ!!! 身の程を知れよ!」

    腹の中が煮えくりかえったかもしれない大門ですが、九留美を救いたい一心でもう一度「お願いします。」

    「この私も君にはうんざりだよ。はい、さようなら大門未知子君。」
    大門クビ。

    ホント、セカンドシーズンで西田敏行を起用したのは正解だわ。
    −◆−

    蛭間から超・高級神戸牛の鉄板焼き『近江屋数寄屋橋本店』に初めて呼ばれた海老名教授(遠藤憲一)がしみじみと「あの、このお店にご一緒させていただくことが私の夢でありました。」

    近藤(藤木直人)と話していた蛭間は「今何か言った? なんかボソボソ言ってなかった?」

    蛭間に尽くし続けている海老名なのに、ろくに相手にされていません。


    主任教授選の票を持ってる教授達をこの後接待するのだという蛭間。
    近藤に先に行っておくように命じ「よろしくね。」

    その直後「海老名君、まあ君もわかってると思うんだけども、このままだとね、海老名君と近藤君で票が割れちまうんだよなぁ。こちら側としてはだね、候補者を一本化しようかなあと思ってるんだけどもぉ。」と蛭間

    海老名「一本化ですか?」

    「どう思う?」
    「おっしゃるとおりかと・・・。」


    蛭間「だよなぁ、そこでだね、今度の主任教授選はね、君には引いてもらおうと思うんだけれども・・・。」

    年長者の自分に一本化されると思っていたのか、海老名の表情が凍りつきました。

    蛭間「でも、鷹野陣営を油断させるためにはね、君は候補者は降りずに、投票所にいてほしいんだよね。それで君の貴重な1票をだね、近藤君に投じてほしいんだけれども、どうかなと思って? お返事はどうですかね?」

    当惑を必死で隠してる海老名は返事を促されて小さな声で「御意」

    「うん、ありがとう。納得してくれてうれしいわ。」

    海老名の切なそうな表情----エンケンさんの演技が絶妙。

    『安堂ロイド A.I. knows LOVE?』最終回のエンケンさんの演技も素晴らしかったけど、今回のエンケンさんも”宮仕えの悲哀”が滲んでいて こちらも神の領域。

    西田敏行とエンケンさんを見てるだけでも値打ちがありますわ。
    −◆−

    大門と近藤が牛丼屋から卓球場、そして銭湯へ・・・。

    画面を左右に分割して男湯で湯につかるイケメン・藤木直人と、女湯の美形・米倉涼子を並べて映しちゃう・・・。

    西田敏行とエンケンさんの渋い芝居の後には、こういう単純なサービスカットも盛り込んである『ドクターX』は、エンタテインメント性が計算し尽くされてますわ。
    −◆−

    統括部長室でご機嫌の蛭間は口笛を吹きながら額を磨いております。

    口笛の曲は----西田敏行の『もしもピアノが弾けたなら』じゃないの!!
    こんな小ネタも面白いわ。

    で、そこに帝都医大を掌握する東帝大学病院院長・蜂谷(古谷一行)から電話が入り、九留美の手術をするよう言われます。

    偉いさんには弱い蛭間は承諾。
    −◆−

    クビにした大門を呼び戻し、九留美の手術を行うようにと蛭間。

    大門「ちゃんと言ってくれませんか。」

    蛭間は大門の前に進み出て「大門未知子先生。村田九留美ちゃんの大変なオペですけれど、ぜひ手術してください。お願いします。」と言って頭を下げます。

    組織内で偉そうにしてる蛭間に頭を下げさせたのが痛快。
    −◆−

    大門と村田九留美(本田望結)とその母・光代(奥貫薫)が手術について三者面談。

    手術は無理だと言われ続けてきた母・光代が「なんもせんかったら、あと何ヶ月かは一緒に居られるんですよね。」

    隣に当の九留美(本田望結)ちゃんが居るのに、なんちゅう残酷な会話をするんかいな!!

    関東大震災で犠牲になった母・光代(奥貫薫)は、涙をぽろぽろ流しながら「もし失敗したら・・・。」

    いくら『ドクターX』でも、この部分は突っ込まずにはいられないべ。

    しかしシッカリ者の九留美が「大丈夫やよ、このおねえちゃん先生はな、失敗しないんやって。」と母を慰めます。

    こりゃ、いよいよ失敗できなくなったねぇ・・・。
    九留美(本田望結)ちゃんを助けなきゃ・・・。

    西日本アクセントの本田望結ちゃん、可愛らしい。
    ただでさえテッパンのドラマに、可愛い子役まで登場させるんだものなぁ・・・。
    −◆−

    近藤(藤木直人)、海老名教授(遠藤憲一)、鷹野教授(浅野和之)らの協力無しにはできない超難手術なのに、主任教授選挙と手術の日程が重なって3人の協力を得られないことに・・・。

    蛭間の策略です。

    そんな状況で主任教授選と同時間に手術慣行。

    九留美(本田望結)ちゃんのお腹を開けて内臓をドッサリ取り出しちゃうから凄いのなんのって・・・。

    一方、選挙会場では、候補者の一人である近藤(藤木直人)が突然「辞退」を申し出て、そのまま手術室へ・・・。

    これで手術の手が増えましたが、まだ手が足りません。

    今度は選挙演説していた鷹野教授が「この辺で一緒に一度歩かないかの手術場で手腕を発揮できるかもしれないという選択肢の前に、さて一外科医としてはどちらにいることが幸せなんだろうか。なーんてことを考えておりました。てことで、ここいらで私ケツまくらせていただきます。」

    鷹野教授も選挙を放棄して手術室へ・・・。
    いろんな思惑があるにしても、ちょっと格好いいやんか。

    一人残った候補者・海老名教授が「なにやってんだ俺…。」とポツリ。

    散会した後、トイレの個室にこもって「どうする。俺はどうしたらイイ? 外科医の矜持として大門達に加わるか、それとも、やはり蛭間統括部長を信じて、主任教授への一縷の望みに賭けるか・・。」と海老名。

    エンケンさんの演技が堪りません。
    −◆−

    鷹野教授も加わりましたが、手術難航・・・。
    さすがの大門が声を失ったとき、上階の見学ブースから「門脈は人工血管置換しちゃダメ。」

    いつの間にかやってきていた神原(岸部一徳)のアドバイス!

    次々と的確な指示を出す神原・・・・この状況ですから、ほとんど神の声です。

    鷹野教授「誰? あの人」

    大門「通りすがりの無免許ドクターで、私の師匠。」
    −◆−

    海老名教授が手術参加を決断して前室にやってきました。
    「膵臓まだなんだろう、しょうがねえなあ。俺がやらないで誰がやるんだ。」

    鶴田(野間口徹)が「そこはもうとっくに終わりまして。あとはもう手はいらないそうです。」

    出遅れて参加できなかった海老名教授・・・。
    これはこれで、また切ない・・・。

    で、手術が無事完了。
    大門が近藤や鷹野教授をはじめとする面々に「ありがとう。」
    −◆−

    蛭間は国内初症例となった手術を成功させた大門に、契約金5千万、報酬前払い5千万、併せて1億円で帝都医大の医局員になるよう神原を通じてオファー。

    そんなことを経て、九留美ちゃんの難手術成功の記者会見。

    蛭間が会見に出席して「国内初の快挙」だなどと語っておりますが、いっこうに大門が現れません。

    会見途中、蛭間の携帯に大門からメールが入ります。
    <いたしません。>

    1億円のオファーも、組織に拘束されることを嫌った大門。

    蛭間は、苦し紛れに執刀医は海老名だと記者達に嘘をついちゃって、近くに来るよう手招き。

    会見場にいた亀山(猪野学)が「組織の中で生き残るのは、結局、何もしない奴。」と呟きます。
    若手医師達、一同がっくり・・・。

    会見場に車いすでやってきた九留美(本田望結)ちゃん。

    蛭間「抱っこしてあげなさい。」
    海老名が九留美ちゃんを抱っこ。

    九留美「この人 誰? 知らん人。顔、怖っ!!」

    こんなところで海老名の顔にまつわる小ギャグが入ってまた可笑しいのであります。
    −◆−

    このあと、蛭間の部屋に毒島(伊東四朗) がやってきて、あれやこれや・・・。

    もう書き疲れたので詳細はスルーしちゃうけど、西田敏行と伊東四朗の会話は中身も面白いし、ムードが堪らなく面白いのであります。

    千秋楽の横綱同士の取り組みみたいです。

    で、毒島(伊東四朗)が帰り際、手紙が届いて蛭間が中身を見ると『解雇通知』でした・・・。
    −◆−

    概ねこんな感じだった『ドクターX〜外科医・大門未知子(2期)』最終回。

    セカンドシーズンも医療部分と院内政治を絡めたシンプルな物語が面白かったです。

    上司などの顔色をうかがいながら日々を過ごす職業人には、組織の論理にとらわれない大門の振る舞いが痛快で、『半沢直樹』との共通点もあるように感じました。

    それと、重ね重ね西田敏行エンケンさんの年期を感じさせる演技力が魅力でした。
    本物の役者さんは凄いですね。


    あからさまには続編のフラグが上がった訳ではないのですが、これだけのコンテンツですから『サードシーズン』があるような気がしました。
    −◆−

    フジテレビ『独身貴族』は、『ドクターX』の「30分拡大」の影響をもろに受けて視聴率9.6%・・・。

    今期のジャニーズドラマの中では一番マシな視聴率で経緯してたのにね、お気の毒様。





    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #70 #69 #68 #66 #63 #61 #60 #58-59





    >>フィリピン台風緊急募金 ユニセフ緊急支援>>



    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


    スポンサーサイト

    • 2020.04.02 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      『Doctor-X〜外科医・大門未知子〜(第2シリーズ)』 副題「患者さんにとっ
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2013/12/23 3:18 PM
      蛭間外科統括部長@西田敏行の妨害に遭うも 帝都医科大を傘下に収める東帝大学病院に圧力をかけさせることで 村田九留美@本田望結の手術ができるようになった大門未知子@米倉涼子、 だが、手術当日は主任教授選の日、 協力者不在で一人悪戦苦闘する未知子のもとに 主
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2013/12/22 2:17 AM
      LAST OPE. 2013年12月19日 最終回 拡大スペシャル 「患者さんにとって、オペは最後のチャンス。だからそれに勝ち続けること。それが私の夢。」 ラテ欄「さらば大門未知子!命のリミット15時間!?私、失敗しないので」  未知子(米倉涼子)の望み通り、悪性の筋
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/12/21 7:32 PM
      「さらば大門未知子!命のリミット15時間!?私、失敗しないので」 って、30分延長とはいえ、教授選と難解な大手術が並行して進行する離れ業。ぶっ飛んだ設定。ドロドロしてるのに、カラッとコミカル・ティストなのもヨカッタです。なんと、最終回は、フジッキーと米
      • のほほん便り
      • 2013/12/20 2:29 PM
      テレビ朝日『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜(第2シリーズ)』(公式) 第9話 最終回『患者さんにとって、オペは最後のチャンス。だからそれに勝ち続けること。それが私の夢。』『(ラテ欄)さらば大門未知子!命のリミット15時間!?私、失敗しないので』の感
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/12/20 2:26 PM
      LAST OPE. 「蛭間が好きか嫌いかどっちだ!」 「・・・・・・嫌いです」 海老ちゃん大活躍wwww!な最終回(゚∀゚) とても難しいオペを未知子一人でやらなければいけないこと ...
      • なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
      • 2013/12/20 12:38 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten