『八重の桜』第49回「再びいくさを学ばず」★グッバイ覚馬(西島秀俊)

0
    『八重の桜』第49回「再びいくさを学ばず」

    今週は日清戦争前まで進んだから、八重(綾瀬はるか)さんは大雑把に言うと天野春子(小泉今日子)より少し年が上で、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)くらいの年齢かな・・・。

    なかなか老けない八重さんは、今風に言うと美魔女!?
    −◆−

    <前年。教育勅語が発表され全国の学校に配布された。親への孝行。兄弟への友愛など日本古来の道徳心を重んじるとともに。国家の危機には忠義を持って、天皇に尽くすべしとの一条があった>

    覚馬「教育の名のもとに、人を縛るようなことがあってはなんねえが。」

    まだ発布されたばかりで十分に浸透していない教育勅語が「日新戦争」に直結したような印象を持たせるのはどうなんでしょうね。

    教育勅語の影響があったとすれば、むしろ、じわじわと浸透したのちの太平洋戦争あたりじゃないですかね。

    総じて教育勅語については脚本家さんのイデオロギーを押しつけられてるようで、なんか引っかかりを覚えました。
    −◆−

    覚馬のもとに、山川クネ男(勝地涼)が訪ねてきて、川崎尚之助(長谷川博己)の『会津戦記』を仕上げるために、京都でどのように薩長と戦っていたか覚馬に詳しい話をオーラルヒストリーしています。

    覚馬は「薩長も(勤王の志を)持っていた。薩摩の西郷、長州の木戸。彼らにも思い描く日本の見取り図はあった。戦をせず、国を滅ぼさぬ道もあったはずなのだ!」

    これを「勤王の志」として会津と同じだとされても、いまいちピンときませんでした。

    天皇に尽くすことと、国家を発展させることはイコールじゃないと思うけど、覚馬さんは見識が深いから小生ごときでは理解できません。

    とにかく、会話内容がややこしいですわ。

    あとアラフォーの山川健次郎は未だに20代に見えます。
    −◆−

    同志社の卒業式。
    覚馬の挨拶「諸君は学業を終え、これからそれぞれの仕事に就かれる。どうか弱い者を守る盾となって下さい。かつて私は会津藩士として戦い、京の町を焼き、故郷の会津を失いました。その償いの道は半ばです。今、世界が力を競い合い、日本は戦に向げて動き出した。どうか『聖書』の一節を心に深く刻んで下さい。『その剣を打ち変えて鋤となし、その槍を打ち変えて鎌となし、国は国に向かいて剣を上げず 二度と再び戦う事を学ばない。』
    諸君は一国の、いや、世界の良心であって下さい。いかなる力にもその知恵であらがい、道を切り開いて下さい。それが身をもって戦を知る私の願いです」


    拍手喝采。
    八重と佐久さんも感涙・・・。

    メッセージ性のある、熱のこもった台詞でした。
    ただ、「教育勅語」のくだりと同じく、脚本家さんのイデオロギー的なモノが臭ってきて、微妙な印象も。

    京都編になってかた、少し「左」より??

    小生の感覚からしますと、できれば脚本はニュートラルでいてほしいな・・・。
    −◆−

    覚馬さんの寿命が分かってるのか、八重と佐久と久栄(門脇麦)がの寝所に集合。

    覚馬が弱々しい声で「八重の桜、母上をよろしく頼む。」

    「風を入れてくれなんしょ。」と覚馬が言うので障子を開けました。

    覚馬は見えない目で宙を見つめ「会津は、もう雪だべか。やっと帰れんだぁ。みんなが、待ってんべぇ。」

    「三郎も旦那様もいんのか?」

    この瞬間、覚馬に黄金色の日が差して明るく照らし出されます。
    キリスト教に帰依した甲斐があって、奇跡の陽光が差しちゃいましたか!?

    佐久「覚馬、長げえことご苦労だったな。」

    「母上・・八重・・戦を生き延びて、二人がいてくれたから、会津の男として生きてこられた。ありがとなし。」

    二人に支えられていた覚馬の首から力が抜けて永眠・・・・。

    京都編はね、もっと覚馬を色濃く描くべきだったと思うなぁ。
    死を迎える会になってようやく扱いを大きくするなんて・・・・。

    で、演出面にクレーム。
    死を間近にして日が差すというわざとらしくて古くさい演出はもう卒業していいと思いますよ。

    せっかくの場面に水を差すから・・・・。
    新しい表現を工夫しないと、カビが生えてきます。
    −◆−

    あとは、今更の『御宸翰』

    戊辰戦争の戦後処置をスルーして京都編に移っちゃって、松平容保(綾野剛)の心象風景をほとんど描いてこなかったのに、突然『御宸翰』を開くのって唐突すぎるわ。

    それと、髷を切った容保公って、ヘアスタイルが綾野剛みたいですね。
    −◆−

    以上、とりとめのない感想になりましたが、『八重の桜』本編がとりとめのない話だから仕方ない・・・。

    とにかく『平清盛』に出てきそうな奇跡の光みたいなのが苦手なので、げんなり・・・・。




    ◇◆◇ 大河ドラマ『八重の桜』感想 ◇◆◇
    第48回「グッバイ、また会わん」
    第46回「駆け落ち」 第45回「不義の噂」


    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #63 #61 #60 #58-59 #54 #50 #48

    ◇◆◇ 『ハードナッツ!』感想 ◇◆◇
    #8回(終) #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1






    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2017.07.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      大河ドラマ「八重の桜」第49話は政府が清国と戦争になろうとする直前の状態で学生を徴兵し戦に備えようとするムードが国中に広まっていた。そんな中で同志社英学校では学生の入 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/12/11 6:09 AM
      公式サイト 1890(明治23)年に教育勅語が発表されると、覚馬(西島秀俊)は天
      • 昼寝の時間
      • 2013/12/10 8:35 PM
      大河ドラマ「八重の桜」。第49回、再び戦を学ばず。 山本覚馬の最期。 日本は日清戦争へと向かう。
      • センゴク雑記
      • 2013/12/09 11:39 PM
      「再び戦を学ばず」 次回(12/15)、最終回です。 第49回の視聴率は、前回よ
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2013/12/09 10:24 PM
      明治23年に教育勅語が発表されると、覚馬(西島秀俊)は、天皇への忠義を課す一節に 懸念を抱いていた。 そんな覚馬のもとに、東京から健次郎(勝地涼)が訪ねてきた。 兄・浩(玉山鉄二)に代わって幕末の戦記を仕上げるため、京都でどのように薩長と戦って いた
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/12/09 10:12 PM
      覚馬のもとに山川健次郎が現れる。 かつて尚之助が記した「会津戦記」を仕上げるべく、覚馬に当時のことを詳しく聞きにきたのだった。 覚馬は、会津藩だけでなく薩長にも志があっ ...
      • 宴の痕
      • 2013/12/09 8:25 PM
      みんな傍にいてくれる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312080002/ 【送料無料】鶴ヶ城 プロジェクションマッピング はるか価格:1,418円(税込、送料込)
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2013/12/09 7:44 PM
      早くもエピローグのような趣。 襄の死後、覚馬の衰えも激しくなった。日本は帝国憲法の制定から、対外戦争も視野に入れた、富国強兵の道を進んでいく。教育勅語に疑問を呈する覚 ...
      • 虎哲徒然日記
      • 2013/12/09 7:38 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten