安堂ロイド A.I. knows LOVE? 第8話★サプリ(本田翼)が帰って来た

0
    安堂ロイド A.I. knows LOVE? 第8話

    公安上層部の幹谷(鶴見辰吾)が御簾のよう幕の中にいるオッサン(井上真樹夫=キャプテン・ハーロック・石川五ェ門)に事態を報告しています。

    謎のオッサン「旧型のロボットだという話じゃないか。」

    ケプラ「旧型だからこそ 危ないのです。最新型のアンドロイド警察用機体には品性がインストールされている。知識や良識に優れたいわば 人間の完成形を目指して作られているからです。しかし ヤツには品性がない。人殺し好きの軍人や傭兵など下品をベースにプログラムされている分 危険は大きい。放っておけば あなたもいずれ命を狙われます」

    謎のオッサン「そもそも そのアスラシステムとは何だね? ウルトラマンや仮面ライダーの変身のようなものかな?」

    幹谷「アスラシステムとはインドの科学者が作ったOSで哲学的コマンドが多く 演算処理速度が異常に速いのですが、その分 コントロール不能になることが多く2066年にはバグを起こし各国の首脳を暗殺しています」

    謎のオッサン「暗殺とは穏やかじゃないね」

    「ここは超法規的手段もやむを得ないと考えます」

    謎のオッサン「う〜ん」

    幹谷「犠牲者が出てからでは遅いですよ。」

    この場面、まずオッサンが何者かが分からない。
    公安関係の偉いさんなのか、2113年のポリスクラウドと結託している秘密結社(ショッカーみたいな)の首領なのか、はたまた総理大臣か・・・。

    あと、説明する側にケプラ(伊達暁)がいたけど、これもゼッケンか名札でも付けてもらわないと、容易には誰なんだか分かりにくいことこの上ない・・・。

    敵の存在について「謎めかす」ってことと「分かりにくい」って事は別物だと思うんだけど、この場面は後者だった印象。

    誰が誰に何を言ってるか分からない状態では、ドラマについて行く気力が失せちゃいます。
    −◆−

    麻陽(柴咲コウ)が七瀬(大島優子)を訪ねて黎士の写真を見ていましたら、突然七瀬が襲いかかってきて思いっきり麻陽の首を絞めちゃいます。

    危ない表情の七瀬は「お前が私から兄さんを取り上げた。兄さんの気持ちを独り占めして。お前がいなければ兄さんを知ることもなかった、死ね!!」

    同じ七瀬が「やめろレイコ!」と叫んで気絶。

    そのまま七瀬(大島優子)は病院に搬送されました。

    担当医(嶋田久作)が麻陽に「実は七瀬さんは深刻な心の病に侵されているんです。分かりやすく言うと多重人格障害といわれるものです。七瀬さんの中に複数の人格が存在してるんです。中には 凶暴な人格もいて兄の黎士さんを双子だと言いレイコと自分を名乗っています。このままでは 凶暴な人格のレイコに体を乗っ取られてしまうことも考えられます。医者の立場からは入院をお勧めします。」

    画面には檻のような物で仕切られた病棟が映ります・・・。

    担当医「事は急を要します 今回の件が刑事事件などになれば我々 医師の判断で強制措置入院も可能なのですが」

    医者が”嶋田久作”であること自体が怪しい。
    ”嶋田久作”が ただの医者の筈がないように思えるけど・・・・。
    −◆−

    病室にいる麻陽の背後に突然、面倒くさい白セーラー服少女 (桐谷美玲)が出現して麻陽の首を絞めます。
    ロイド(キムタク)がテレポートしてきて白セーラー(桐谷美玲)を阻止。
    で、撮影がしやすい屋上に両者がテレポート。

    「お前何者だ?」

    白セーラー「私の事忘れちゃった? お兄ちゃん・・って初対面だけどね。」

    二人の真ん中に東京タワーが見える構図。

    ロイド「お前2013年製か?」

    「正解。最近作られたできたてホヤホヤの女子高生だよ。未来から来たあんたのデータを基にね」

    誰が作ったかという「主語」が無いんだけど、一体誰が白セーラー・アンドロイドを作ったの??

    未来からの設計図があれば、現在のテクノロジーで簡単に新型機を作れるのなら、どんどん新型をこしらえてロイドや麻陽を襲撃したら良いのに、なぜ白セーラー・アンドロイドだけしかいないの??

    その辺の設定が見えてこないよぉ〜〜〜。

    で、調子こいてる白セーラーは「ねえあんた記憶無くしたんでしょ。なのにどうして安堂麻陽を守るの?人間なんて下らないじゃん。地球を汚し自分のことしか考えてない。裁定最悪の劣等動物、それが人間。あんたが記憶を無くしたのは人間との記憶なんて必要ないってAIが判断したからだよ。ねえ、兄妹でこの地球の人間、絶滅させちゃわない?」

    「安藤麻陽が死ぬことは禁じられている。」
    このフレーズでは流行語大賞はもらえそうにありません。

    白セーラー(桐谷美玲)がお注射して『AsuraOS ver.7.1.0』を起動。

    『AsuraOS ver.6.0.5』のロイドと戦闘開始。
    流石にバージョンが新しい白セーラー(桐谷美玲)は、スピードが凄まじく、ロイドを圧倒。

    桐谷美玲とスタントとの切り替えがコッキリしすぎて白セーラーのアクションはパッとしない。

    ロイドは軸回転のアクションなどキレがあったけど、『牙狼<GARO>』シリーズのアクションには及ばないね・・・。

    白セーラーが圧倒的に有利に戦っていましたが、何故か消えちゃいました。
    ロイドは「全く別の物理定数世界に逃げ込めるということか?」と驚いてます。

    君らもしょっちゅうテレポートしてるのに、なんで驚いちゃうの?

    でね、桐谷美玲って可愛いんだけどキャラクターとしての魅力が薄い感じがします。
    −◆−

    顔が骸骨のクマの縫いぐるみにデータ化されている角城(平岡祐太)が入っている様子。

    で、ケプラ(伊達暁)とメンデル(谷田歩)が麻陽のマンションから縫いぐるみを攫っていきましたが、角城が密かに5Dプリンターで再生したアンドロイド(本田翼)が縫いぐるみを奪還して麻陽のマンションにテレポート。

    そしてロイドを認知した”無表情サプリ”は「ARX供檻隠海竜憶回路を修復します。」

    サプリが長い爪みたいなのをロイドに突き刺して感情や記憶を再生・・・。

    麻陽「ロイド?」

    「そうだ 俺は安堂ロイド。」

    麻陽は「よかった〜!」とロイドを抱きしめちゃいます。

    そしてロイドの目を見つめ「私のこと 覚えてる?」

    「当たり前だ 俺が破壊されるまで 君を忘れるわけがない。」

    麻陽「ウソつき。すっかり忘れてたわよ 私のこと。」

    ロイド「物理的なトラブルは やむを得ない」

    「心配したんだから。」と半泣きの麻陽。

    「すまなかった。もう これからは心配をかけないようにする」

    麻陽が「ウソだね」と甘えるような口調。

    「俺にウソをつく機能はない。約束する」

    大きな目でロイドを愛おしそうに見つめて「約束だよ。」「お帰りなさい ロイド」と抱擁。

    竹内マリアの曲がバックで流れてイチャイチャ・モードの二人・・・トレンディドラマか!?!?
    −◆−

    新たにダウンロードされたサプリは記憶も感情も消えちゃっていて「私はSRX−ラッキー7Rです。サプリではありません。」と、『あさきゆめみし』の時の前田敦子みたいに無表情

    サプリに恩義を感じているロイドは「サプリからもらった感情のプログラムで俺は色々なことを知ることができた。今 俺に必要なのは ただの支援機ではない。」

    ロイドは、サプリの耳に指から伸びた針を突き刺し「俺が預かった心を お前にも分ける。戻ってこい サプリ。」

    (ヴァルカンのカトラみたいな感じ??)

    白目になったサプリ、目元から涙・・・。
    無事にデータが蘇り「ちょっと触んないでよ、エッチ!」とサプリらしいノリに変化。

    麻陽「感情が戻った」

    サプリ「ていうかさ ウザいんだけど。何で返すわけ、こっちは感情がなくなってせいせいしてたのにムカつく にゃ〜ッ!」

    可愛らしいサプリが戻ってきました。

    ロイド「うるさい 黙れ」
    「うるさくしたのは お前だろ?」

    ロイドは「そうだ。だが お前が そうじゃないとこっちの調子が狂う。」と、人間的な格好いいセリフ。

    サプリ「そうっ 余計な思いまでくれちゃってさぁ。まあ、ありがとう。むっつりスケベ」
    ロイド「殺すぞ」

    やっぱサプリ(本田翼)が居た方が、このドラマは潤いが出る。
    −◆−

    サプリがPCを操作すると5Dプリンターで角城(平岡祐太)が実体化。

    麻陽が角城に「どうしてあいつらは私の命を狙うの?」

    「それは 沫嶋黎士の思いです。沫嶋教授のあなたへの思いが2113年ト2013年をつなぐゲートを閉じているのです。沫嶋教授は思いが時空を超えるという研究をしていました。そして 思いが素粒子であるということを発見した。2011年3月11日。東日本大震災が起こったとき 多くの人達が願いました。自分の生活のことよりも 自分の命のことよりも。誰かを救いたいと強く思った。そのとき 素粒子観測装置に反応がありました。今までに発見されていない全く新しい素粒子の反応が。沫嶋教授はそれを”思いの素粒子”ではないかと推論し素粒子の発見に至った。沫嶋教授は その素粒子を使い100年後の未来と通信するゲートを開いた。しかし それは危険だと判断したのでしょう、彼は ほどなくゲートを閉じた。それは恋人である安堂麻陽のいる2013年の世界を守りたいという 強い思いからだったようです。」

    説明長いな・・・。
    新素粒子発見にかかる「空想トンデモ科学技術」の説得力も弱すぎるし・・・。
    虚構であっても、なんとなく得心出来る程度の嘘八百を並べて欲しいわ・・・。

    あと、震災での「願い・思い」をネタにしたフレーズには深みが足りないと思いました。(『あまちゃん』は大震災の扱いが真摯だったけどなぁ。)

    で、角城「沫嶋教授は一度は殺されましたが、その思いが残り 時空転送用のゲートを閉じている。その思いの先にあるのは安堂麻陽 あなただだからポリスクラウドはあなたを殺せば沫嶋教授の思いが消え再びゲートが開くと考えています。」

    麻陽「黎士は今 どこにいるの?」

    「沫嶋黎士は ポリスクラウドの手によって殺されましたが その脳がデータ化され100年後の2113年に運ばれました」

    麻陽「じゃあ 黎士は?」

    「最近入った情報によれば沫嶋教授の脳データは未来で破壊されたとか。にもかかわらず ゲートが復旧しないのは 科学的には あり得ないことです。どこかに脳データが分散して隠されているのか 他の誰かが何らかの方法でゲートを閉じているのか?」

    麻陽「黎士は死んでない きっと生きてる。だって まだ感じるもの黎士の存在を」

    角城「沫嶋教授が一度殺されたのも策略だったと思われます。彼は殺されたあと脳がデータ化され2113年に運ばれることを予想していた。そして100年先の未来から戦闘用アンドロイドや5Dプリンターなどのテクノロジーを使い あなたを守ることを考えていたのでしょう。」

    「黎士は、、そこまでして 私を・・」

    思いっきり説明パートだった終盤の場面でした。
    −◆−

    こんな感じだった『安堂ロイド A.I. knows LOVE?』 第8話。

    この期に及んで七瀬(大島優子)が解離性同一性障害で入院したり、謎のオッサン(井上真樹夫)が現れたりですけど、ちゃんと最終回で物語は収れんするのかなぁ!?

    結末は映画で・・・なんてのはヤメテよね。

    とにかく、話しの全体像が見えにくく、かといってアクションをガンガン押し込んで来る訳でもなく、登場人物はクッキリしないし、キムタクと柴咲コウのラブストーリーも中途半端だし、見ていてスッキリしない『安堂ロイド A.I. knows LOVE?』であります。





    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #61 #60 #58-59 #54 #50 #48 #46

    ◇◆◇ 『ハードナッツ!』感想 ◇◆◇
    #8回(終) #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1







    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2017.10.23 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      12/15(日)の第10話が最終回です。 第8話の視聴率は、10.7%でした。
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2013/12/11 9:17 PM
      「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第8話はロイドは見事にシステムが復活したもののどうしても記憶だけが戻らなかった。その為に色々な手段を探そうとするも何の手段も見つけられず ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/12/05 12:48 AM
      『想いは奇跡をうむ、誕生の夜』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2013/12/03 7:52 PM
      ロイド(木村拓哉)は、強制初期化された結果、すべての記憶をなくしていました。 自分を助けるために尽力してくれた葦母(遠藤憲一)や星(桐谷健太)にまで銃を突き付ける始末ですw それでも麻陽(柴咲コウ)は、今までの記憶がロイドの内部のどこかに眠ってい
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2013/12/03 3:57 PM
      「鉄腕アトム/手塚治虫」(1952年)の主人公には「7つの力」があると言われる。 長期にわたるアトムの発展によってその能力は変遷していくのだが、原作にはあるがアニメ化ではない能力がある。 それは「アトムの電子頭脳にはよい人とわるい人の見分けがつく」という能力だ
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/12/03 3:28 PM
      TBSテレビ『安堂ロイド 〜A.I. knows LOVE?〜』(公式) 第8話『想いは奇跡をうむ、誕生の夜』の感想。 強制初期化の結果、ロイド(木村拓哉)は記憶をなくしていた。麻陽(柴咲コウ)は衣朔(遠藤憲一)と星(桐谷健太)を殺そうとするロイドを必死で説得す
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/12/03 2:27 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten