ごちそうさん 第54回★あなたは、僕が手に入れたたった一つの宝物

0
    連続テレビ小説「ごちそうさん」第54回(11月30日)

    喫茶店「こおひい うま介」にやって来た暗い顔の悠太郎(東出昌大)。
    彼が少年の頃、父・正蔵(近藤正臣)が出奔した経緯をボソボソと語りはじめます。

    正蔵が首でも括るのではないかと心配したら、女のところに居て、これを怒ったお静(宮崎美子)さんと和枝(キムラ緑子)は罵り合うようになり、希子は隅で震えてたんだそうな。

    で、悠太郎「僕は言うしかありませんでした。『僕が この家を守る』 これからはあの人は死んだと思ってやっていこうって。」

    さらに「傷ついた姉さんとお静さんはその矛先を相手に向けました。僕は迂闊なことを言わないように何か言う前に口に手を当てて考える癖がつきました。姉さんの料理をほめればお静さんの料理はまずいと言うてることになる。お静さんの料理をほめれば、姉さんたちの総攻撃が始まる。そんな中で、僕にできる事は何も表情に出さず食べるということでした。そんな中で、僕がすがったのは安全な街を作るんだという志と”父への憎しみ”でした。見返してやるんやと。そうやって僕はずっと生きてきたんです。せやけどあなたに会って、あなたの家族に出会ってゴールは少し違うんやないかって思いだしたんです。こんな食卓が欲しい。こんな家庭が欲しいと思い始めました。それもまた父を見返すひとつの形だと考えたところもあります。」

    小生の実家も諍いが絶えず、人には言えないほど”ややこしい家庭”だったので悠太郎の気持ちが痛いほど分かります。

    常に言葉を選び、黙り、家庭内で衝突が起きないように気を配り続ける生活・・・。
    子供時代にそんな日々を過ごしたら性格歪んで、いつも防衛本能が働いて自分の殻に引きこもり、他者との人間関係を構築するのに人一倍 神経を使う・・・。

    『ごちそうさん』の脚本はあまり好きじゃないけど、悠太郎の独白は妙にリアルで説得力がありました。
    −◆−

    悠太郎の言葉はまだ続きます。
    「相手の幸せを考えることが愛情やと言うならば、僕はあなたの手ぇを離すべきなんやと思います。それは何度も何度も考えて、せやけど、それをしないのは、僕は嫌だからです。あなたは、僕が手に入れたたった一つの宝物ですから。せやから、他の人に取られやしないかと、いつもヒヤヒヤしています。私はこんな掃き溜めにいる人間ではないと言い出しはしないかと不安で。くだらん、ほんまにくだらん人間やと思います。せやけど僕を、僕を見捨てないでください。」

    過日源太から「けつの穴の小さい男」だと非難されていましたが、それもこれも過去のトラウマが原因だった・・・。

    悠太郎みたいな子供時代を過ごすと、結婚して理想に叶う新しい家庭を作ることへの願望が強くなるんですよねぇ・・・。

    め以子は「悠太郎さんってバカだったのね。私の事、宝物だなんて思う人 他にいないし。バカで子供で。わかろうと思えば、合図はいくらでも出てたのにね。」と言って涙。

    机に頭を擦りつけるようにして許しを請うてる悠太郎に歩み寄っため以子は 夫の手を握り「私もバカで ごめんね。 1人にしてごめんね。」と涙をポロポロ流します。

    め以子はようやく「ごめんね。」と謝ったけど、謝り足りない気がするなぁ・・・。

    だって先日市役所で「それは私の気持ちより、自分の気持ちの方が大事ってことですよね? 私より自分の方が大切ってことですよね?」などと自己中心的な発言をしまくって悠太郎を思いっきり傷つけたんだから「ごめんね。」では言葉が軽いし、微妙に”上から目線”みたいな感じがしないでもないし・・・。

    しかし納得していないのは小生だけで、悠太郎とめ以子は和解の抱擁を交わしております。

    そして画面には溶けた焼氷が大写しに・・・。
    −◆−

    帰り道。肉屋によってビフテキ用の肉を購入

    悠太郎は希子(高畑充希)に「せやけど よう歌えたな希子。」

    希子「ちい姉ちゃんのこと考えたら歌えた。ちい姉ちゃんの焼き氷 食べてもらうんやって思ったら。お兄ちゃんもいつか変わるよ。お父さんのこと許せる日ぃが来ると思う。」

    希子が主人公をリスペクトする わざとらしいセリフは苦手です。
    (小生は過去のことを死ぬまで許さない。溶けない氷です。)

    ぬか床<そうだよね希子ちゃん。氷はいつか溶けるもんね。>
    焼き氷と悠太郎の心をかけたナレーション・・・分かり易い。


    そんなこんなで西門の家にめ以子が戻って元の鞘に・・・。

    久々の帰宅はかなり気まずいと思うけど、め以子はさすがに”朝ドラヒロイン”だけあって 案外とマイペースな感じで和枝と接しております。
    −◆−

    「焼き氷」と、希子が「歌」が上手いこと件は今週のエピソードで使い捨て??

    中途半端??

    『ごちそうさん』に限らず、今期は面白いドラマが少ないなぁ・・・。




    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #50 #48 #46 #43-44 #42 #41 #40


    ◇◆◇ 『ハードナッツ!』感想 ◇◆◇
    #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1







    >>フィリピン台風緊急募金 ユニセフ緊急支援>>


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2017.10.23 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      NHK総合・連続テレビ小説『ごちそうさん』(公式) 第9週『君をあいス』【第54回】の感想。 焼き氷が最後の1つになったところに現れた悠太郎(東出昌大)は、め以子(杏)に、少年の頃に正蔵(近藤正臣)が去って以来、西門家を守ってきた苦しみや、め以子
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/11/30 7:26 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten