「都市伝説の女Part2」第7話(最終話)★柴咲コウがドラキュラに噛まれていないのは‥

0
    都市伝説の女Part2 第7話(最終話)
    「ドラキュラ編」


    ミュージカル『ドラキュラ』の開幕を2日後に控えた劇場の楽屋で、ヒロインを演じる女優・彩名りえ(大谷英子)が殺害され、被害者の首筋にはドラキュラに噛まれた痕のような赤い点が2つ。

    今回はこんな事件です・・・。
    −◆−

    月子(長澤まさみ)が勝浦(溝端淳平)に1975年12月22日、アメリカテキサス州で何十頭もの牛が死んでいた事件を説明し「一滴の血も残っていなかった・・。」

    勝浦は「それは宇宙人の仕業じゃ?」とキャトル・ミューティレーションではないかと指摘。

    実際の事件は1975年12月22日ではなく11月22日じゃないのかな・・・。
    キャトル・ミューティレーションかチュパカブラの方がドラキュラよりは微妙に真実味がありそうな気がしないでもないような・・・・。

    しかし月子は「あれは吸血鬼、ドラキュラの仕業なのよ。」と強弁。

    勝浦「美しい女性の血しか吸わないっていうイメージですけど。」

    月子「そうなの、でも、その日ドラキュラはもの凄くお腹がすいてて、ただそこがテキサスじゃん。美人が居ないのよ田舎だから。でも、男の血を吸うわけにはいかないじゃん。で、目に飛び込んできたのが牛だったの。牛だったら食べても美味しいわけだし。ま、いっか的な感じで腹ぺこだったし、もうチューチュー吸いまくったわけ。というわけでドラキュラは存在する。」

    今回は、謎解きや犯人あてはどうでも良い感じで、ひたすらナンセンスなノリで押して来ています。
    −◆−

    スター俳優・大河内(眦萓宏)の正体がドラキュラで、彼が事件の犯人だと推定した月子は「大河内はドラキュラに姿を変えておもむろに首もとにガブッ! 致死量にあたる血液の量、約2リットルを飲むためにグイグイ吸い込む。」と犯行状況を思い浮かべながら勝浦に説明。

    勝浦「それ2〜3分で終わりますかねぇ?」

    月子「いや、もの凄い勢いで吸い込むからね。ダイソンを遥かに上回る吸引力でグイグイ吸い込む。」

    ここでもナンセンス・ネタを畳みかけてきました。
    −◆−

    マジメな・柴山刑事(平山浩行)はドラキュラ説を疑っていて「ドラキュラとかさ、本当に居たらさ、世の中の綺麗な人噛まれてないのおかしいだろ。な、柴咲コウとか噛まれてないのおかしいだろ!」

    前回はアンドロイドが出てきて、今回は柴咲コウ・・・・テレ朝なのに『安堂ロイド A.I. knows LOVE?』の番宣!?

    とりあえず、柴山刑事の発言は可笑しかったです。

    そんなこんなで、月子が「ドラキュラ都市伝説、キターーーー!」

    ごくオーソドックスなドラキュラ伯爵を「都市伝説」にカテゴライズするのは微妙だと思うけど、月子は言い切っちゃうからなぁ・・・。
    −◆−

    警視庁に運び込まれていた彩名りえの死体が消えて大騒ぎに・・・。

    鑑識・高田(大久保佳代子)が「私が囮になります。私が楽屋に泊まってドラキュラを呼び寄せます。私責任をとってドラキュラの餌食になります。」

    ベタだけど大久保の存在感が可笑しい。
    −◆−

    死んだはずの彩名りえが劇場に現れて、また殺されて舞台用の棺桶で発見されます。

    で、この期に及んで月子が首にあった噛み傷だと思われた2つの赤い点について「あれ火傷だよね。要するに電気ショック。」

    勝浦「そうですよね、電気ショックで死んだ人間はごくごく希に生き返るという・・・。」

    月子「注射器で(血を)吸い取って最後にメーク。完全にドラキュラ伯爵の仕業に仕立て上げた。」

    二人は納得してこんな会話をしているんですが、仮にも警視庁が死亡を確認した死体が生き返ったなんて突飛すぎますわ。

    サプリ(本田翼)がお注射したとしても死体は生き返らないでしょ・・・。

    それに、彩名りえからは致死量だというほどの血が抜かれていたんでしょ。
    これで生き返ったら、もはやドラキュラ伝説どころかゾンビ伝説だべ!?

    そもそも噛み傷かスタンガンによる火傷痕かも見分けられず、傷メークで誤魔化された鑑識・検死官は給料泥棒でがす。

    こんな感じで、ドラマ終盤にかけて、エピソードがメチャクチャ雑になってグダグダに壊れちゃいました。

    部分的に会話の可笑しさはあったんだけど、最終話とは思えない残念な事件でした。

    「都市伝説」という言葉が持っている怪しげな雰囲気をドラマに描くのは難しいんですかね・・・。

    前回、アンドロイドとモビルスーツを混同していたように、「伝説」と「都市伝説」をも混同してる節があって、どうも巧く収まらないですね・・・・。
    −◆−

    月子がCIAの意向で中国に派遣・・・。

    台湾ドラマに出ていたキャリアを活かして長澤まさみが中国語を流ちょうに操ってセカンドシーズンはお終い・・・。

    長澤まさみの美脚と美貌で目の保養にはなりました。





    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #48 #46 #43-44 #42 #41 #40 #38

    ◇◆◇ 『ハードナッツ!』感想 ◇◆◇
    #5 #4 #3 #2 #1








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


    スポンサーサイト

    • 2020.07.11 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      たぶんに、こちらの慣れもあったのかもしれませんが、個人的には、パート2の方が気楽に脱力ぶりを楽しめました。 (今回の脚本は、あのヨシヒコの福田雄一だったんですね。な〜るほど! ナンセンス度が、よりパワーアップ?!) オープニングからして、トボケて
      • のほほん便り
      • 2013/11/27 8:30 AM
      『吸血鬼の伝説 美人女優は二度死ぬ』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2013/11/24 12:22 PM
      2013年11月22日 最終話 ドラキュラ編 ラテ欄「さよなら美人刑事!!吸血鬼に殺される!?」  ミュージカル『ドラキュラ』の開幕を2日後に控えた劇場の楽屋で、ヒロインを演じる女優・彩名りえ(大谷英子)の死体が見つかった。だが、死体の状態を見た鑑識課員・勝
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/11/23 10:49 PM
      テレビ朝日『都市伝説の女 Part2』(公式) 第7話 最終回『ドラキュラ編』『(ラテ欄)さよなら美人刑事!!吸血鬼に殺される!?』の感想。 ミュージカル「ドラキュラ」の初日を控えた劇場の楽屋で、ヒロイン役の女優・りえ(大谷英子)の死体をメーク担当の
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/11/23 10:29 PM
      亜空間と言う意味では・・・テレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」はいわゆるゴールデン・タイム(もしくはプライムタイム)枠と深夜番組枠の間の時間帯に存在する特殊な時空に存在する。 そのために・・・実験的な作品も可能であり、同時に深夜番組よりやや予算がある。 そこ
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/11/23 2:37 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten