安堂ロイド A.I. knows LOVE? 第5話★切ないサプリ(本田翼)の思い

0
    安堂ロイド A.I. knows LOVE? 第5話

    ”ロイド”と名付けたアンドロイド(キムタク)との共同生活を楽しみ始めた麻陽(柴咲コウ)。

    気安く「ロイド」と呼んで将棋に誘う様は、「賢いペット」が手に入ったような雰囲気に見えなくもないような・・・。

    この奇妙にテンションが上がってる麻陽のメンタリティってどうなってるのかなぁ・・・。

    前回ロイドが「沫嶋黎士は死んでいない。必ず帰ってくる。」と言ったことから、黎士の生存を確信して 麻陽は希望に満ちた顔をしてるのか?

    はたまた心が芽生えているロイドの存在が沫嶋黎士の代替え品として充分だから沫嶋黎士が居なくなった悲しみを乗り越えちゃってるのか??

    とにかく、妙にあっけらかんとしている麻陽(柴咲コウ)の深層心理は簡単には読み解けません。
    −◆−

    麻陽(柴咲コウ)が出社すると、星(桐谷健太)が沫嶋黎士についてあれやこれやと詮索してきます。

    密かに麻陽に思いを寄せる天才ハッカーなんだそうだけど、イマイチ魅力に欠けるキャラで、面倒くさくてイラッときます。

    三枚目を演じてるときの桐谷健太は好きなんだけど、このドラマみたいに無理して標準語を口にしてる明るくない役柄を演じる桐谷健太は魅力半減・・・。

    で、事務所の机の引き出しから顔を出して麻陽の様子を見ていたサプリ(本田翼)が「なんであんな女がモテるのかさっぱりだニャ。」

    麻陽にヤキモチ焼いてる??
    −◆−

    パソコンを打ってる七瀬(大島優子)。

    Run time errorが表示されると、過呼吸みたいになって頭を抱えながら「ハァハァハァハァ」(壇密のハァハァとは別物。)

    引き出しに死ぬほど薬が入っていて、何粒か取り出して服薬。
    精神安定剤飲んだの?
    それとも七瀬はジャンキーかぁ?

    謎の白セーラー服少女 (桐谷美玲)との会話を思い出して頭をかきむしる七瀬(大島優子)。

    魅力を発揮できていない桐谷健太と同様に、大島優子も魅力を出せず、役柄とのギャップが痛々しい。

    沫嶋黎士の妹役には、アイドルではなく本職の女優を充てた方がドラマに締まりが出るように思います。

    ここまでの感想はことごとく否定的でネガティブや〜〜〜トホホ。
    −◆−

    ロイド(木村拓哉)が大学で講義。

    伝言と称して「未来はすでに決定している」「すべての生命には終わりがあり。次の世代へバトンが渡されてゆく。そのことだけは忘れるな。」などなどと長口舌を振るいました。

    SFドラマとして成功させるには、こういう部分で心引かれる言葉を積み上げなきゃいかんのだと思いますが、ロイドが連ねた御託にはSFマインドを満足させるような要素は希薄でした。

    記憶障害になってる沫嶋黎士の講義が開講されてること、また受講生が得心して話を聞いていることへの単純な違和感の方が勝っちゃってます。

    またネガティブ感想や〜〜〜。
    −◆−

    バグが発生したロイド(キムタク)が倒れちゃいます。
    (我が家のパソコンが勝手にシャットダウンするみたいな感じ??)

    修理に来たサプリが「修復のしようがないんだもん。あんたに芽生えた感情のプログラム。戦闘特化プログラムと干渉しあって論理的エラー起こしてる。」

    ロイド「修復しろ。」
    サプリ「初期化するしかないよね。すべての記憶が消えてしまうけど。いいよね?」

    麻陽のことを思い起こすロイドは、記憶が消えることを躊躇い黙り込んでしまいます。

    サプリは やさぐれた口調で「決めてから呼んでね。私忙しいから。」

    CMに入ったのでロイドはとりあえず難を逃れております・・・。
    −◆−

    暗殺アンドロイドに乗り移られた冨野刑事(日野陽仁) が暴れはじめたのを察知したロイドですが、またバグが発生してダウン。(うちのパソコンと同じ頻度でダウンするなぁ・・)

    記者コスプレで麻陽を取材していたサプリが看護師コスに変身して修理に来ました。

    動かないロイドが声だけで「早く修理しろ」

    「うっせぇな。私はあんたのメイドでも彼女でもねえんだよ。」

    ロイド「早くしろ。」

    サプリ「この前言ったでしょあんたに芽生えつつあった感情がアプリケーション化し始めている。簡単に言うとアンタの戦闘特化プログラムに感情のプログラムが岩のように無秩序に侵食しはじめてる。」

    「説明はいい修理しろ」
    「だから初期化するしかないのよ。すべての記憶を消して」

    ロイド「ダメだ」
    「なに言ってんの。壊れちゃうよ。」
    ロイドを心配しているサプリの本心が垣間見えたセリフ。

    そのとき突然アスラ・システムが起動。

    麻陽にピンチが迫っていたから強制的にAsuraOSが立ち上がる仕組みなのかな・・・。

    ロイド、テレポート。
    サプリ「やめて、殺されちゃう!」
    −◆−

    ロイドは、麻陽に放たれた銃弾を左手でガードし「安堂麻陽が死ぬことは禁じられている。」

    この決まり文句も最初は新鮮だったけど、5話目にもなると聞き飽きてきたかなぁ。

    半沢(堺雅人)の決まり文句である「倍返し」「10倍返し」「100倍返し」は聞けば聞くほど面白味が増したのになぁ・・・。

    バグもあって”冨野アンドロイド”に追い詰められるロイド。

    麻陽が割って入りロイドを庇う盾になります。

    ロイドが「逃げろ。」
    麻陽「私だけ逃げるわけにはいかない。」

    「俺は破壊されるのが前提の消耗品だ。君には代わりが居ない。」
    麻陽「あんたにも代わりは居ない。」

    ロイドの「破壊されるのが前提の消耗品」ってセリフは結構切ないし、麻陽のセリフも心打つ部分があるんだけど、今一つ沁みてこない・・・。
    −◆−

    危機一髪のロイドと麻陽。

    いよいよヤバくなった瞬間にサプリがテレポートしてきて身体ごと”冨野アンドロイド”にぶつかって行きます。

    ”冨野アンドロイド”が倒れている間にバグってるロイドの修復にかかるサプリ。

    指の先から金属製の長い爪みたいなのが出て、それをロイドの身体に差し込んでプログラムをインストール。

    ”冨野アンドロイド”から緑色の魂みたいな光球が飛び出してサプリに入り込んじゃいます。

    サプリが苦しげに「これが敵の本体・・。あーーチックショウ!」

    再起動したロイドにはサプリに頭の中に入った敵の本体が見えていますが「撃てない。なぜだ!」

    サプリ「感情のプログラムをインストールした。あなたの人格を残したままバグを直せる唯一の方法よ。ごめんね。」

    サプリは皮膚のラテックスを大きなボール状にして敵を閉じ込め「あんたの手で この私ごと原子還元処理して。早く! ハ・ヤ・ク、ロイド・・。」と必死で声を絞り出します。

    逡巡の後、ロイドは「原子還元の許可を申請する。」

    苦渋の顔で原子還元の許可を申請したロイドは「サプリ。お前を忘れない。お前がくれたこの心の痛みを 俺は破壊されるまで ずっと大切に抱えていく。」

    原子還元処理実行。

    サプリ、戦死のエピソード。
    『スター・トレック ネメシス』で自分を犠牲にしてピカード艦長たちを救ったデータ少佐のようなサプリちゃん!

    サプリも本田翼ちゃんも頑張ったなぁ〜〜!

    このドラマの中では比較的キャラが立っていたサプリが、マジで居なくなっちゃうの??
    勿体ないなぁ・・・・。
    −◆−

    寝室でベッドで寝てる麻陽に「1つ尋ねてもいいか?安堂麻陽にとって沫嶋黎士は何だった?」とロイド。

    麻陽「難しいこと聞くな」
    「撤回する。忘れてくれ。」

    麻陽「あのさ、ちょっと嫌なこと言うね。サプリから貰った感情のプログラムの中に、今の質問に似た何かがあったんじゃない? サプリにとってあなたは何だったのか。私にとって黎士はね、運命の人。たぶん生まれる前から ずっとずっと一緒に居たんじゃないかなって。一生忘れられないかけがえのない存在。サプリにとっては、あなたはそういう存在だったのよ。

    ロイド「俺達には前世は無い。運命もない。データを移植したかどうか。ただそれだけだ。」

    麻陽「でもさ そのデータって呼んでるものが、思いとか思い出になってるんじゃないの? うちの母さんねものを捨てない人なの。モノにも命がある心がある。大事に使っていればいつまでも長持ちするって。母さんね。毎年ひな人形飾るの。私が小さい頃からずーっと同じのを飾ってるのよ。麻陽がちっちゃい頃からの思い出がぎゅーって詰まってるって大切にとってあるの。そのひな人形見るたびにね私が過ごしてきた時間とか母さんの思いとか感じられるんだ。別にロイドが人形と一緒だって言ってるわけじゃないのよ。私 黎士が居なくなって『どうしよう もう生きていけない』って思ってたけど、あなたが現れて あなたの思いを感じて救われてる。私にはあのサプリってこの気持ちわかる、気がする。」

    「俺たちのことをそんな風に思ってくれた人間は君が初めてだ。今の言葉 サプリにも聞かせてやりたかった。」

    麻陽「大丈夫。ロイドの思い届いてるよ。」

    本当は良い場面なんだろうけども、やや冗長だったかなぁ・・・。

    動きのない場面でセリフのみに頼ったこの場面に魅力を感じませんでした。
    −◆−

    こんな感じで、あまり良い印象が残らない『安堂ロイド A.I. knows LOVE?』第5話でした。

    本田翼=サプリのエピソードには魅力を感じましたが、その彼女も原子還元されちゃったし・・・。

    全体的に登場人物の魅力が薄いです。
    ストーリーも同じ事の繰り返しで面白味に欠けます。

    まだ5話なのに・・・・。
    頑張って面白くして頂戴な!




    ◇◆◇ 『ハードナッツ!』感想 ◇◆◇
    #5 #4 #3 #2 #1








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


    スポンサーサイト

    • 2019.12.16 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      麻陽が、会社に行くと、星が帰宅もせず、ずっと会社にいた。報告をいろいろして、沫嶋黎士の件になった。一度も医者にかかった履歴が無いと言い出した。頭を殴られてから一度も医者に見せていないのかと聞かれた。知り合いの医者に往診を頼んでいると苦し紛れにこたえて
      • まぁ、お茶でも
      • 2013/11/16 6:22 PM
      公式サイト 親友だった暗殺者・ナビエ(藤本隆宏)との攻防を終えたロイド(木村拓哉
      • 昼寝の時間
      • 2013/11/15 12:09 AM
      「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第5話は親友の暗殺者との攻防からロイドと麻陽との間にそれぞれ消せない大切な記憶がある事知り、麻陽がロイドと呼び始める。そして麻陽は未来か ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/11/14 12:39 AM
      今日は泣けない気分かも〜って見てたら、やっぱりサプリに泣かされた〜(/_;)前回のナビエとの友情と言い、ロイドとは長いつき合いのサプリ。それ以上の恋心を見せていたサプリが健気で可愛らしくて、本田翼ちゃんがピッタリで楽しませて貰いました。やっぱり違和感の妹
      • 美容師は見た…
      • 2013/11/13 2:09 PM
      えぇーっ!? やっぱりサプリは死んじゃったのか〜?(´;ω;`) しかもロイドに恋してた風の、最後は自らが体を張ってロイドを助けるとか、切ない結末…。 翼ちゃんのキュートなナース姿が見られなくなるのも、寂しいわ〜。 で、やはり感情はインストールされて
      • ドラマ de りんりん
      • 2013/11/12 10:04 PM
      TBSテレビ『安堂ロイド 〜A.I. knows LOVE?〜』(公式) 第5話『今夜衝撃の第5話!愛を知ったロイドが涙を流す…。怒涛の展開への序章』の感想。 感情が芽生え始めたロイド(木村拓哉)と麻陽(柴咲コウ)の距離は、確実に縮まりつつあった。麻陽を心配する
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/11/12 5:13 PM
      あらすじ 2013.11.10 onair 第5話「今夜衝撃の第5話!愛を知ったロイドが涙を流す…。怒涛の展開への序章」 親友だった暗殺者・ナビエ(藤本隆宏)との攻防を終えたロイド(木村拓哉)と麻陽(柴咲コウ)は、互いに消してはならない大切な記憶を抱えていることに共感
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/11/12 4:52 PM
      親友だった暗殺者ナビエ(藤本隆宏)との攻防を終えたロイド(木村拓哉)と麻陽(柴咲コウ)は、お互いに消してはならない大切な記憶を抱えていることにも共感し合っていました。 そんな二人の心の変化は、奇妙な共同生活に少しずつ変化をもたらしていました。 麻
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2013/11/12 2:42 PM
      アンドロイドという言葉から小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?/フィリップ・K・ディック」(1968年)を連想する人はそれほど多くはないが少なくもないだろう。 そもそもアンドロイドは・・・「人間そっくりのロボット」というニュアンスを持っている。 ただし、そ
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/11/12 1:47 PM
      『愛を知ったロイドが涙を流す…怒涛の展開への序章』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2013/11/12 12:36 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten