ドクターX〜外科医・大門未知子(2期) 第4話★「黒革の手帖」を涙を流しながら食い尽くすエンケンさん

0
    ドクターX〜外科医・大門未知子(2期) 第4話
    成功したら、あなたに手帖をあげる。
    蛭間の秘密がぎっしり詰まったあの手帖…


    番組冒頭。如何にも水商売って感じの毛皮のジャケットを羽織ったミニスカの女(釈由美子)が帝都医科大学付属病院に現れました。

    廊下で大門(米倉涼子)とすれ違った女が「あら? クラブ・カルテのママじゃありません?」

    大門「ママじゃないけど。」
    「こんなとこでお会いできると思わなかった・・。お店潰して夜逃げされたって聞いてたから心配してたのよ。」

    大門「夜逃げもしてないけど。」

    というわけで、今回はこの女・・・銀座の人気クラブ『中園』のママ・四条留美子(釈由美子)が今回の患者。(店名がいきなり脚本家・中園ミホさんそのまんまというギャグになってる。)

    かつてはメカゴジラを操縦していた彼女は、今では政財界や医学会をはじめ各方面に太いパイプを持つ銀座の女帝なんだそうです。

    蛭間も、ママのお陰で統括部長になれたようなものだと感謝の念を伝えてますから、過去に何やら訳ありだった様子。

    で、留美子にすい臓の進行ガンが見つかるのですが、ステージが進んでるうえに周囲の血管や神経に癌が浸潤しており腹部大動脈に動脈瘤も見つかって 海老名教授(遠藤憲一)は手術困難だと留美子に説明。

    蛭間(西田敏行)は留美子に化学療法の選択を勧めますが、彼女は思い詰めたような顔になった「手術して。蛭ちゃん、あなたになら出来るでしょ。」

    リスキーな手術に腰が引けてる蛭間。

    留美子がカバンから”黒革の手帖”を取り出し「これが何だか分かるでしょ。この中に眠っているあなたの黒い秘密を全部世間にバラすわ。あなたがどういう手を使って統括部長に上り詰めたか・・。私が死ねば医者としてはあなたも死ぬ。」

    蛭間「死にたくない。」

    ちゅうことで、”黒革の手帖”というアイテムが出てきたってことは、米倉涼子が主演し釈由美子も出演していた『黒革の手帖(原作・松本清張)』に思いっきり引っかけたネタなのであります。

    これで、番組の冒頭で釈由美子と米倉涼子が廊下で出会ったときの会話にも得心がいきました。

    『黒革の手帖』では「カルネ」だった店名を、医者のドラマだから「カルテ」に変えてたりして、ある種のパラレルワールドみたいな感じですねぇ。
    −◆−

    さて、蛭間(西田敏行)はお気に入りの近藤(藤木直人)と一人娘の裕華子(藤岡沙也香=宝塚時代は月野姫花)を引き合わせたくて、近藤を夕食に招きます。

    エヘラエヘラとご機嫌の蛭間が「どうだ、シャンパンでも開けるか?」

    妻・華子(藤真利子)が「そうね、ドンペリのゴールドがあったわ。」

    蛭間「ちょっと待ちなさいよ、ゴールドはよしなさいい。ロゼでいいんじゃないか、ロゼで・・・。」

    西田敏行、絶好調で可笑しいです。

    両親が部屋を離れ、近藤と二人きりになった裕華子は、おもむろにカーディガンをサラリと脱いでノースリーブのワンピースだけになって肩などを露出。

    さらには何故か椅子から降りて床の上に色っぽく座っちゃった裕華子(藤岡沙也香)。

    なんじゃそれ・・・まだ9時台なのに机の下に潜ってエロいことをし始めるのか!?

    近藤が机の下から覗き込むと「パパより上に行かなきゃ駄目よ。私が欲しかったら。」とスケベな口調の裕華子。

    親が親なら、子も子ですわ。
    こんなエロい娘を演じるなんて、宝塚ファンの人にはショックなのかな??
    −◆−

    海老名教授(遠藤憲一)が病室に詰めていたとき、昏睡から覚めた留美子(釈由美子)

    「私の手術して、エビちゃん、成功したらあなたに手帖あげる。蛭間の秘密がぎっしり詰まったあの手帖。あれさえあれば、蛭間を失脚させることも出来る。蛭間の顔色に合わせて太鼓を叩いてる人生からサヨナラ出来るわよ。ううん、使いようによってはあなたが外科統括部長の椅子に座ることも出来るわ。成功者はみんなここってタイミングで博打を打ってるの。あなたにとって今がそのタイミング。

    手を握られた海老名教授は「私のような人間が教授になれたのもすべて蛭間統括部長のお陰です。失礼します。」と病室を去って行きました。

    こうして海老名には、蛭間に忠誠と尽くすか、反旗を翻して蛭間の椅子を狙うかの葛藤が生じることになります。

    自分が蛭間に一番近しい関係にあったはずなのに、蛭間が近藤を重用し始めたことも海老名の心に迷いを生じさせます。
    −◆−

    中盤は省略気味に・・・。

    蛭間は留美子(釈由美子)には死んでもらって手帳だけ回収できれば良いと思ってる様子でしたが、蛭間が学会に出かけている間に大門が留美子の難手術を成功させました。

    大門には手術させるなと釘を刺していたのに手術が無事に終わったことを知った蛭間が激怒。

    学会から帰ってくるなり海老名教授を叱責!!

    すると海老名教授は「全てはこれを手に入れるために・・」と”黒革の手帖”を取り出します。

    手帖を見て呆然とする蛭間は「海老名、お前、俺を脅すのか? お前が今教授で居られるのは誰のお陰だと思ってるんだよ・・・。」

    海老名教授(遠藤憲一)、直立して目に涙を浮かべています。

    蛭間「恩を仇で返すのか? 俺を裏切るのか、虫けら−!! 答えろ海老名!」

    海老名が手帖を開き、黒い秘密を暴露し始めるのかと思った瞬間、「敵は本能寺にあらず。」と呟き、おもむろに手帖を破いてムシャムシャ食べ始めました!!!

    「敵は本能寺にあり」として信長を討った”明智光秀”とな逆で、とことん蛭間(西田敏行)の忠臣であり続けることを宣言する意味合い!!

    手帖から次々とページを破って、山羊もビックリしそうな勢いで紙を食べる食べる・・・。

    涙を流しながら手帖を食い尽くすエンケンさんの表情が何とも言えない!!
    熱演であります。


    さっきは「虫けら」とまで蔑んでいた蛭間(西田敏行)は、途端に態度を変えて「なんて素晴らしい奴なんだ。」と呟き、海老名に近づいていって顔を両手で挟むようにして頬にキスしちゃう有様。

    蛭間に抱きしめられた海老名が「光栄至極にございます。」

    蛭間「君はういやつだぁ。」
    側に居た大門「なにこれ? 時代劇?」

    蛭間「かたじけない。」

    西田敏行エンケンさんのベテラン俳優2名の濃厚な演技で、面白い場面になりました。

    セカンドシーズンは西田敏行の味のある面白さが目立っておりますが、エンケンさんを脇に配してることでさらに芳醇な味わいになっております。


    ってことで、『黒革の手帖』の完結編みたいになった『ドクターX〜外科医・大門未知子(2期) 』第4話。面白かった。
    −◆−

    わちゃ〜〜〜。裏番組が酷いことになってる!!
    『夫のカノジョ』の第3話の平均視聴率が遂に3.7%まで・・・・。
    打ち切りレベルやね・・・。

    3週連続3%台だった前田敦子の『あさきゆめみし』が4.2%という高視聴率(?)をたたき出したから、『夫のカノジョ』がゴールデンタイムのドラマではどん尻じゃ・・・。

    企画の悪さや魅力に欠けるキャスティングが原因でしょうか??

    今回エンケンさんを上手く使った『ドクターX』と、鈴木砂羽の使い方が成功していない『夫のカノジョ』の差を感じさせます。


    そういえば、『ドクターX』は好調だから、大門が手術後に銭湯で入浴するサービスカットも必要なくなったのかな・・・。



    ◇◆◇ ドクターX〜外科医・大門未知子2感想 ◇◆◇
    #3 #2 #1







    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.06.06 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      病院にも隠然たる力を持つ銀座のママ四条留美子@釈由美子がガンで入院、 蛭間外科統括部長@西田敏行が密かに留美子が助からないのを望む中、 大門未知子@米倉涼子は見事留美子のオペを成功させたと 黒革の手帖パロディ回 今の『ドクターX』にはパロディやっても楽し
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2013/11/11 2:44 AM
      銀座の人気クラブ・中園のママ・四条留美子(釈由美子)が、外科統括部長の蛭間(西田敏行)を訪ねて来ます。 留美子は、政財界は言うに及ばず、芸能界、スポーツ界、そして医学界にも太いパイプを持っていて、どうやら蛭間の出世にも一枚かんでいるみたいです。
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2013/11/08 2:11 PM
      テレビ朝日『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜(第2シリーズ)』(公式) 第4話『成功したら、あなたに手帖をあげる。蛭間の秘密がぎっしり詰まったあの手帖…』『(ラテ欄)黒い手帖招かれざる患者は銀座の女帝』の感想。 ‘銀座の女帝’と呼ばれるクラブの
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/11/08 11:09 AM

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten