ドラマ10「真夜中のパン屋さん」第1話★ほっこりするドラマ メロンパンを食べたくなった

0
    ドラマ10「真夜中のパン屋さん」
    第1話「謎の女子高生来たる」


    BSでやってたときは見逃していたので、試しに観ることに・・・。
    −◆−

    暮林陽介(滝沢秀明)は、海外をかけまわるエリートサラリーマンから一転、亡き妻・美和子の遺志をつぎ、半年前からパン屋さん「ブランジェリークレバヤシ」のオーナーに転身し、暮林の妻・美和子がつないだ縁で結ばれたブランジェ(=パン職人)の柳弘基(桐山照史)と二人で店を営んでおります。

    オーナーではありますが、パン職人としては新人なので柳弘基からパンづくりの指導をうける日々・・。

    で、店の営業時間は美和子の遺志により「23時から5時まで」

    『深夜食堂』をハイカラにしたような感じの物語なのかな??
    −◆−

    ある日の営業時間中(夜中)に制服姿の女子高生(土屋太鳳)がが店に入ってきて「暮林美和子さんて人居ますか?」

    暮林「美和子は私の妻ですが・・。」

    一人称が「俺」や「僕」ではないのがこの人の性格を反映してる。
    優しそうで知的な雰囲気もあって印象が良い。

    女子高生「あの、はじめまして。私 篠崎希実と言います。」「私、妹です。美和子さんの。腹違いの。実はいろいろ事情がありまして、しばらくこちらでお世話になりたく、まいりました。」

    困惑する暮林たちに「美和子さんに会わせてもらえばわかると思います。」と希実。

    「実は美和子、亡くなったんだよ。半年前事故でね。」

    常連客の斑目(六角精児) がやってきたので、とりあえず2階で待っておくよう指示した暮林は「妹なんです、義理の・・・。」と斑目に話しかけます。

    詳しい話も聞かず、希実の話を信じて義理の妹だと認めちゃう暮林の大らかさが感じ良い。

    現実世界ではそんなことはあり得ないけど、寓話の人物としての暮林の人柄に温かみを感じます。

    これが希実と暮林たち最初の出会いとなりました。
    −◆−

    2階にあがった希実が柳に「私相当怪しい奴だと思うんですけど。逆の立場なら私絶対信じないと思う。こんな簡単に家にあげたりとか・・・。」

    「まぁそういう人だからクレさん。」

    2階に暮林の部屋がないことに気づいた希実が「あの人、ここには住んでいないんですか?」

    「クレさんは、ここからすぐのアパート住まい。海外生活の荷物が多すぎて、この家に入りきらないんだって。」と柳・・・。

    他にも理由がありそうな気配??

    で、家出してきたのかと柳が問うと、親が居なくなってしまったかたこういうことになってるのだと家庭事情を大雑把に説明・・・。

    希実も暮林も口にはしない複雑な事情を抱えていそうな雰囲気です。
    −◆−

    希実の母・篠崎律子に美和子が書いた手紙を持ってきていて栗林にこれを読ませます。

    <私に妹がいたと言う事実は、私にとって嬉しい知らせでした。もし私にできることがあるようなら力になりたく存じます。広い家ではありませんが、例えば希実さんにわが家に住んでもらうこともできます。希実さんさえよければいつでもいらしてください。>

    平成24年9月28日付けの消印を見た柳が「この手紙投函した後、美和子さん事故にあったんだ・・・」

    こんな感じで希実(土屋太鳳)は三軒茶屋のパン屋「ブランジェリークレバヤシ」で住まうことに・・・。
    −◆−

    高校2年生の希実(土屋太鳳)の学校生活・・・。

    トイレに入ると個室の上からバケツで水をバシャーーーッ。
    どうやらイジメに遭っている様子です。

    水浸しになって帰宅するも、イジメられたことは口にしない希実。


    で、ある日、同級生の三木涼香(小島藤子)と希実が教室で喧嘩したため、保護者として暮林(滝沢秀明)と柳(桐山照史)が学校から呼び出されます。

    完全に被害者ぶってる涼香。
    希実は「スミマセンでした。ごめんなさい」と謝って済まそうとしてます。

    謝罪を受け入れない涼香は凍り付いたような表情で固まってます。

    暮林「これうちのパンなんです。喧嘩したって聞いたんでもしかして腹が減って気が立ってるんじゃないかと思って・・・。いっぱい食べればきっと機嫌もなおる。」と教師や涼香たちに紙袋に入ったパンを配ります。

    涼香「私お腹すいてないんですけど。子供じゃあるまいし。こんなパンでごまかされるわけないじゃん。バっカみたい」

    涼香の前で中腰になっ視線を合わせた暮林は「だったら何が減ってるのかな?」 

    涼香「え?」
    暮林「何が足りなくてそんなに気が立っちゃうのかな。何が足りなくてそんなに辛そうにしてるの?」

    泣き始めた涼香・・・。
    この状況に少し驚いた様子の希実。

    ツンケンして厭な感じの涼香を包み込むような暮林(滝沢秀明)の優しさが温かい・・・。
    −◆−

    生徒指導の面談が終わってパン屋さんの自動車で帰る3人。

    希実「あの子とは小学校の時から一緒で。いつも誰かと一緒にいて、自分がその中心になきゃ気が済まないの。てか、いつも誰か側にないと嫌な子。だから私みたくいつもひとりでいても平気な奴は気に食わないんだよ。」

    「居るよなあ、そういうの。」

    希実「その子が持っていないものを私が持ってたりすると、それをみんなの前で馬鹿にしたり、わざと目の前で壊したり踏みつぶしたり・・・。」

    で、教室での喧嘩が回想されます・・・。

    希実(土屋太鳳)の机からパンが入った紙袋をさっと持ち去り「へえ、これがお昼ご飯?」と からかう涼香。

    「だからなに、返して。」

    涼香は、わざと紙袋を床に落として「ごめ〜〜ん手が滑った。」

    さらには希実が拾おうとする紙袋を踏みつけて「ごめん足も滑った。」

    陰湿な女子!!
    朝ドラでは和枝(キムラ緑子)がめ以子(杏)を虐め、夜は涼香が希実(土屋太鳳)を虐めちゃう・・・。

    回想が終わって・・・。
    希実「あの子だって本当はそういう自分が自分で嫌なんだと思う。」

    「友達なんだったら びしっと言ってやりゃいいだろう。」

    希実「しないよそんなこと。そうやって放っておけば、あの子勝手に自分で自分を苦しめるの一生そうやって苦しんでりゃいいのよ。」

    土屋太鳳ちゃんの横顔がイイわぁ。
    この子、若いけどシブ芝居するなぁ・・・。
    鈴木先生(長谷川博己)が惚れちゃっただけあって、さすがに存在感があるわ。
    −◆−

    寄り道して公園に行った3人。
    希実「いいんですか、これからあのパン屋さんに住まわせてもらって?」

    暮林は「嬉しかったよ。俺に妹がいたなんて。可愛いし。」

    素敵すぎるセリフ!


    涼香に踏みつぶされた紙袋からパンを取り出して3人並んで食べ始めます。

    メロンパンを口にした希実が「おいしい。すっごくおいしい。」

    母親からほっとかれて、いつも一人でパンを食べていたという希実が、優しい暮林(滝沢秀明)たちと一緒にパンを食べることが出来て心に染みるモノが有った様子で、涙を拭っています。

    そんな希実に「お前さ『いってきます』『ただいま』ぐらい言え。」と柳。

    暮林(滝沢秀明)も「そうだね俺たちもさ『いってらっしゃい』『おかえり』って言いたいもんなぁ。」

    これまた良いセリフ!!!

    笑顔が戻った希実(土屋太鳳)は、翌日学校から帰ってきて「ただいま。」と言えました。
    −◆−

    こんな感じで、地味ながら温かい感じだった『真夜中のパン屋さん』第1話。

    ジャニ・ドラなのに、ジャニーズの臭いがあまりしないのが良かったです。

    『ごちそうさん』が、こんなムードだったら良いのになぁ・・・。

    で、メロンパンが上手そうだったので、食いたくなってしまいました。





    ◇◆◇ 橋本愛ちゃん『ハードナッツ!』感想 ◇◆◇
    #4 #3 #2 #1





    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2017.03.12 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ・実験刑事トトリ2第4話(11.2) 動画のLIVEを利用して殺人を犯したビリヤード選手楠木@成河の計画を 都鳥@三上博史が暴いていったという話 酷い内容ということもないのだけど、なんというか普通の刑事ドラマだったな 実験刑事や元動物学者であるトトリ君らしさを感じ
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2013/11/08 2:11 AM
      2013年4月28日から6月16日までNHK BSプレミアムのプレミアムドラマ日曜22:00 - 22:49(JST)枠で放送された。また、2013年11月からNHK総合テレビジョン「ドラマ10」枠内で放送中。主演は滝沢秀明。 キャッチコピーは「あたたかい食卓や家族がなくても、パンはいつでも
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/11/06 11:18 PM
      タオちゃん(土屋太鳳)がご出演でしたので贔屓目もありますけどいいドラマでしたよ。
      • エリのささやき
      • 2013/11/06 4:04 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten