ドクターX〜外科医・大門未知子(2期) 第3話★蛭間(西田敏行)が「じぇじぇじぇ」

0
    ドクターX〜外科医・大門未知子(2期) 第3話

    帝都医大の教授夫人会、通称“白薔薇会”が可笑しかった『ドクターX〜外科医・大門未知子(2期) 』第3話。

    “白薔薇会”は一枚岩ではなくって内科と外科の真っ二つに割れていて、何かというとすぐに対立。

    神原晶(岸部一徳)曰く「外科グループと内科グループ、顔を合わせるたんびにぶつかり合うのよ。まるでハブとマングース。」

    大門(米倉涼子)「暴走族の縄張り争いじゃあるまいし。」
    −◆−

    で、今回はその“白薔薇会”の蟹江外科教授夫人(明星真由美)と内科教授夫人の三村寅子(山本未來)が患者さん・・・。

    蟹江夫人は1年前に壊死した小腸の切除手術を受けるも、術後の調子が芳しくない。
    三村夫人は腎不全の持病。

    大門(米倉涼子)は、蟹江夫人の腎臓と三村夫人の小腸を互いに交換する『生体腎小腸交換移植』を思いついて近藤(藤木直人)にアイデアを話しますが、彼は手術のリスクを考えると臓器の交換は無理だと・・・。

    ところが、その翌日のカンファレンスで近藤(藤木直人)はあたかも自分のアイデアであるように『生体腎小腸交換移植』を提案。

    前話まで影が薄かった近藤(藤木直人)って、人の手柄を平気で持って行くようなタイプなの!?

    裏表のある男前か!?


    で、この場面、超ミニスカの大門がソファで寝そべりながら伸びやかな美脚を見せつけるサービスカット付きでありました。
    −◆−

    近藤が三村夫人は腎移植、大門が蟹江夫人の小腸移植手術を並行して開始。

    大門はいつものようにチャチャッと片付けちゃいますが、近藤は患者の出血が止まらなくなって立ち往生。

    城之内(内田有紀)が大門に助けを求め、またチャチャッと出血を止め、臓器も交換。

    結局、ほとんど大門一人で『生体腎小腸交換移植』を済ませちゃいました。

    近藤(藤木直人)、男前で世渡り上手だけど手術の腕は二流!?
    −◆−

    結果的に初症例を成功させた近藤に外科統括部長・蛭間(西田敏行)が「君はここまでできる男だとは思ってなかったよ。」

    近藤「次の学会で発表させてもらってもよろしいでしょうか。」

    もちろんだと快諾した蛭間ですが「大門君がいなかったら、この手術一体どうなってたのかなぁ・・・」

    近藤は顔色一つ変えずに「もともと2人でやるつもりでしたので。」とサラリ。

    蛭間「フハハハ。いや、僕は君を少し見くびっていたなぁ。実にいいねぇ。うちの娘に合わせたいなぁなんて思っちゃうよ。」

    近藤(藤木直人)は手柄を攫い、上司の覚えもめでたくなっちゃった・・・。
    −◆−

    近藤と入れ替わるようにメロンと請求書を持って神原(岸部一徳)がやって来ました。

    蛭間「君のとこの馬は実によく走る馬だねぇ。」

    神原「先程の近藤先生とはレース経験が違いますから。」

    蛭間「いいのいいの、あれはあれでいいの。教授になるのに手術の腕は関係ないでしょ。」

    腹立つけど ナイスなセリフ!!
    どこの世界でも、仕事はそこそこでも出世街道だけは順調な奴がいるんでしょうねぇ。


    突然話題を変えた蛭間が「術式が確立されず、成功例の少ないオペにも果敢に挑戦し、患者の命を天秤にかけ、自らをドクターXとうそぶき、危険な手技に挑戦する輩が居る。その1人かね? 大門君は。警視庁の公安から電話があってな、ロシアのダヴィデンコ記念病院で無許可で生体肺移植をした女医がいるって・・・・。」と呟いちゃいます。

    神原は「さっぱりわかりません。」

    蛭間「もう一度聞くよその女医は大門か?」
    神原「全然分かりません。」

    とうとう公安まで絡んできた!?!?
    蛭間の口ぶりからしてドクターXって一人の人間を差すのではなく複数の医師なのか??
    −◆−

    請求書を目にした蛭間が「じぇじぇじぇ、高いなぁ300万。」

    (フジが『海の上の診療所』で福士蒼汰君に「じぇじぇじぇ」と言わせたよりは許せるわ。)

    神原「初症例。論文付き。秘密厳守。格安です。」

    蛭間「確かに安いよね。フハハハ・・・」

    西田敏行と岸部一徳、何とも雰囲気のある場面になりますねぇ・・・。
    面白いです。

    番組序盤で秘書・照井珠緒(笛木優子)との浮気が妻・華子(藤真利子)にバレないようにしていた西田敏行の仕草も可笑しかった。
    −◆−

    大まかには こんな感じだった『ドクターX・大門未知子(2期) 』第3話。

    「じぇじぇじぇ」は言わずもがなの『あまちゃん』なんだけど、もしかして白薔薇会は『半沢直樹』の奥様会とかかってるのかなぁ・・・。


    ま、それはそれとして、今回は近藤(藤木直人)が存在感を発揮し始めたエピソードでした。

    大門の初症例の術式は自分の手柄にするし、蛭間から歓心を買うし、美人看護師・橋本理沙(水沢エレナ)はバスタオルがハラリだし・・・。

    ただゴルフのパットは馬淵・内科統括部長(三田佳子)に蹴飛ばされてたけど・・・。
    なんで馬淵には頭が上がらないのかな??


    とりあえず、安定した面白さです。




    ◇◆◇ ドクターX〜外科医・大門未知子2感想 ◇◆◇
    #2 #1


    ◇◆◇ 橋本愛ちゃん『ハードナッツ!』感想 ◇◆◇
    #3 #2 #1


    ◇◆◇ NHK『ガラスの家』感想 ◇◆◇
    #9(終) #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1





    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.11 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      犬猿の仲の外科教授夫人と内科教授夫人が互いに持病のドナーであると知り、 生体肝移植を思いつく大門未知子@米倉涼子、 そんな未知子の話を一蹴しつつ、 カンファレンスで自分のアイディアとして提案した近藤@藤木直人は 助手に指名した未知子にオペをさせた上で手柄
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2013/11/05 1:15 AM
      テレビ朝日『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜(第2シリーズ)』(公式) 第3話『生体腎小腸交換移植、私ならできます!』『(ラテ欄)教授夫人会の仁義なき戦い!!』の感想。 小腸の手術を受けた外科教授夫人・三香が、術後の経過が思わしくなく、再入院す
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/11/02 7:17 AM
      OPE.3 2013年10月31日 「生体腎小腸交換移植、私ならできます!」 ラテ欄「教授夫人会の仁義なき戦い!!」  帝都医大の教授夫人会、通称“白薔薇会”の会長を務める蛭間華子(藤真利子)が、夫の蛭間外科統括教授(西田敏行)に、蟹江外科教授夫人(明星真由美)の
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/11/01 4:59 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten