ドクターX〜外科医・大門未知子2 第1話★三田佳子「逆らったら殺処分にするわよ」

0
    ドクターX〜外科医・大門未知子〜第1話
    このまま閉じたら、三ヶ月以内に命落としますよ


    北海道旭川の競馬場。
    大門(米倉涼子)が一般席で競馬に興じている時、デラックスな個室の馬主席では馬淵一代(三田佳子)と近藤(藤木直人)が一緒にがレースを眺めております。

    顔が真っ白で何百年も生きてる魔女みたいな顔をした一代が「ねーあなたも走ってくれない。私の為に死に物狂いで走ってちょうだい。」と近藤に変な雰囲気で話しかけます。

    近藤「御意。」
    久々に”御意”が出ました!

    で、進路妨害がキッカケになって一代の持ち馬・レジェンドクイーンが転倒。

    ちゃんと転ける芝居をする馬の演技力は大したもんですねぇ。

    レジェンドクイーンは骨折して安楽死させられそうになりましたが、大門が馬の骨折を手術して治しちゃいました。

    セカンドシーズンは、どこの馬の骨ともわからないフリーの医師・大門未知子(米倉涼子)が馬の骨を治してスタート。
    −◆−

    帝都医科大学付属病院の外科医が集合して、馬淵教授(三田佳子)ご紹介の特患に関するカンファレンスが行われています。

    馬淵教授が説明を始めようとしますと50人ほどの医者が一斉に起立。

    馬淵「どこかの国の軍隊みたい。」
    蛭間外科統括部長(西田敏行)が「私の外科ではね、軍隊並みに厳しい教育してますから・・・。」

    あんた将軍様か?

    馬淵「時間のロスだわどうぞどうぞ着席して。」

    しかし医師たちは直立したまま誰も着席しません。

    蛭間が「着席」と声をかけると、ようやく医者たちは着席。

    この階級制度がコッキリした絵面が面白いです。
    −◆−

    死体にお化粧を施したような顔の馬淵が患者について説明を始めます。

    「患者は58歳女性。名前は明かせません。極秘での入院、手術を強くお望みです。」「左大腿骨遠位部前方から後方に存在する骨外性軟骨肉腫 8センチ大の腫瘍。早期の手術を要します。」

    名前がないのは不自由だからと、蛭間外科統括部長が「山口淳子」という仮名で呼ぶことを提案。

    山口百恵桜田淳子を足したかな・・・森昌子はスルー??

    蛭間に意見を求められた海老名教授(遠藤憲一)は「ここまで進行していたら、下肢温存は不可能でしょう。大腿部を切断する選択しかないと思います。」

    それなら整形外科の水野に執刀させようという蛭間。

    会議室後方から「異議あり!」
    いつの間にか入り込んでいた大門です。

    「なんだあの女」と、ざわめく会場

    周りの医師たちを意に介さず、掲示されていた断層写真をチェックし始めた大門は「私ならAO療法を行います。切断なんかしたら歩行に障害が残るでしょ?だからまず骨血管を温存しながら、腫瘍を切除。さらにAO溶液を術野に散布して光線を照射。つまり、わずかに残した腫瘍を追加切除する。患者の負担を考えたら切断なんてありえない。絶対にAOにするべきです。」

    蛭間外科統括部長や烏丸事務長(笹野高史)が大門を追い出そうとしますと、馬淵内科統括部長(三田佳子)が「私が呼んだんです。」

    蛭間は「こんな素性もわからんフリーの医者なんかに任せられるわけないでしょ!」

    医師たちが口々に「御意! 御意!」

    ショッカーの戦闘員が「イーー!! イーー!!」って言うのと良い勝負です。

    馬淵「この患者は後遺症を残さずに根治することを強く望んでいます。そしてドクター大門を執刀医に示したのも患者さんご本人です。」

    規則だけは守るようにと言う蛭間は大門に「まずその下着姿で院内を歩き回るな。」

    大門「これ下着じゃなくて私服ですけど。」
    ローアングルから撮影で美脚を映し出しちゃいます。

    蛭間の腰巾着・海老名(遠藤憲一)が「口答えするな。医者ならもっと面積の広い幅を着ろとおっしゃってるんだ。」

    大門「それ、医師免許と関係ありませんよね。そんなことより、あんなプアな画像じゃ血管や神経と腫瘍との関係がわからない。検査やり直してください。」

    海老名「誰に指図してるんだ! 調子に乗るな!!」
    大門「怖あ」 海老名「何が!」 大門「顔が。」

    この後、廊下に出た海老名が「そんなに強いのかこの顔?」

    確かに刑事みたいに強面であります。
    エンケンさん、オモロイです。
    −◆−

    とりあえず臨時雇いになった大門ですが、医局で徹底的にハブられるます。

    唯一近藤(藤木直人)だけが会話に応じたりパソコンを使わせてくれたり・・・。

    おっして、大門が食堂で昼食を摂っているときには「(手術を)助手でいいからやらせてください。お願いします。」と頭を下げる近藤。

    北海道で馬淵内科統括部長(三田佳子)と何故か一緒だった近藤(藤木直人)って??
    −◆−

    蛭間が大門の履歴書をチェックしています。

    <キューバクバナカン医科大学へ編入>
    <僻地医療、軍医、船医、獣医・・>
    <特技:手術、趣味:手術>

    漫画みたいで面白い。
    −◆−

    大門は患者を直接診たいのですが、どうしても患者とは合わせられないと言う馬淵は「診断は統括部長の私が責任もってします。あなたは私の診断に従って私の指示通りに執刀すればいいのよ。」

    大門「私、あなたの馬じゃないんですけど。」

    大門を一瞥する馬淵の顔が真っ白で凄い。
    −◆−

    エレベーターを待っている馬淵。

    大門がピンヒールに注目して「いつもそんなに高いヒールを?」

    馬淵「10センチ以下のヒールはかない主義なの。」
    この年齢で10センチのピンヒールかぁ!?

    大門「手術の時はネイルはがしてくださいね。患者さんにそうお伝えください。」

    意味ありげな会話でしたねぇ。
    −◆−

    手術の日・・・。

    大門が手術室まで患者を待っていますと海老名たち数人の医師がやって来て「急遽、水野教授が執刀することになった。患者の容体が急変した。外部の君には任せられないと蛭間統括部長が判断なさった。」

    大門と海老名が押し問答してると、麻酔をされた患者がストレッチャーに乗せられて手術室に入ってきました。
    患者はなんと、馬淵統括部長本人でした!!

    麻酔が効いてるせいか、白い顔が一層白くなっております。

    まさかの患者に上階の観察室から見ていた蛭間統括ビックリ。

    他の医師たちも一様に驚いていますが大門は「やっぱりね。」
    −◆−

    手術から大門を排除しようとする海老名たち。

    患者は後遺症を残さずに根治することを望んでいたと大門は主張しますが、海老名たちは大門が行なおうとしているAO療法ではリスクが高いとして一歩も引きません。

    唐突に大門が「術式を変更します。至急 液体窒素を持ってきて、早く!」

    そして「患者の許可をもらってます。」

    時同じくして事務長が観察室飛び込んできて「術中は術式の変更も含め全て大門未知子医師の判断にお任せします。」と記された同意書を蛭間統括部長に手渡します。

    これで得心せざるを得なくなり「液体窒素を用意しなさい。」と蛭間統括部長。
    −◆−

    手術を始めた大門は「大腿骨顆部(膝のすぐ上)を完全に露出します。まずは側副靱帯の露出から・・・」

    海老名が、大門に説明を求めます。

    大門「取り出した骨をマイナス196度の液体窒素に浸して腫瘍細胞を凍死させる。これなら骨内の浸潤腫瘍があってもクリアできる。処理した骨は元の場所に戻して再建させる。以上。 」

    海老名「そんな手術、見たことも聞いたことも無いぞ。そんな無謀な手術 手伝うわけにはいかない!」

    海老名の手下の亀山(猪野学)も「内科統括部長を実験台にする気か!?」

    同じく鶴田(野間口徹)は「やめさせてください!」

    海老名は「こんな手術したら責任問題だぞ。いいか? 我々には一切責任ないからな!」と、分かり易く責任回避発言をして手術室から出て行ってしまいました。

    取り巻き連中もみんな出て行ってしまい、仕方なく麻酔科医・城之内(内田有紀)と二人だけで手術を進めようとする大門。

    そのとき近藤(藤木直人)と研修医の鮎川、田中、バンハーン・ハホンボンユハセーナーらが手術室に入ってきて、勉強を兼ねて手伝いたいと申し出。

    在り来たりではない術式で”医療モノ”としての面白さもあるなぁ・・・。
    −◆−

    剥き出しになった大腿骨を液体窒素に漬ける怖い手術が成功し、さっさと病院を後にした大門(米倉涼子)は銭湯に・・・。

    湯船の中で大股開きで足をあげたり、片足を高々と上げてマッサージしてみたり、お約束のサービスシーン。

    最近では男優の入浴シーン・シャワーシーンの方が多くなっているものなぁ・・・。
    −◆−

    蛭間統括部長は理事長達と一緒に岩盤浴みたいな温浴施設で横になっています。

    今回の手術は外科の手柄にしようとしています

    で、蛭間が寝そべったまま「そういえば理事長、近々主任教授選が始まります。また、札束が飛び交うことになりますな。」

    顔の見えない理事長「今度は何十束落ちてくるのかな?」

    西田敏行は所詮は外科統括部長でしかなく、院長や理事長などボスキャラが隠れてる・・・。

    黒組の蠢き方もイイ感じです。
    −◆−

    馬淵統括部長の病室で、手術を放棄した件について海老名が近藤に口止めをしようとしています。

    近藤「わかっています。外にはもれません。」

    海老名が病室を出て行った直後、馬淵統括部長の目が覚めて近藤の手を軽く握り「私の手術中に何があったの?」

    こんなオバハンに目を付けられてイケメンは辛いなぁ・・・。
    −◆−

    今度は蛭間統括部長が病室に来ていて「手術うまくいってよかったね。」

    馬淵「私が見つけてきたドクターのおかげよ。それに引き換え、おたくの部下たちはオペの途中で逃げ出したそうじゃない。」

    近藤(藤木直人)から聞いたのね・・・。
    彼は外には漏れないとは言ったけど、本人に話さないとは言ってなかったものね。

    蛭間「あ、いや 、ちょっと待って・・だ、だ、だれがそんなデタラメ・・・。」とオロオロしちゃってます。

    馬淵「査問委員会にかけあおうかと思ってるの。」

    蛭間「ちょっと冷静になろう、ねぇ、一代ちゃん。査問委員会だけはちょっと勘弁してくれないかな。」

    馬淵「それじゃあ私もお願い聞いてくださる。」
    こうして馬淵は蛭間に大門(米倉涼子)を雇わせました。
    −◆−

    歩行のリハビリができるまで回復した馬淵は、手術前から患者の正体に気づいていたのだろうと大門に問いかけます。

    ヒールの高さで自然にわかったという大門は「右は10センチ、左はそれより2センチ低かった。落差をつけなければ大腿骨の腫瘍により、歩行困難が生じたんじゃないですか? 両足10センチのヒール履けるように置けしましたから。じゃあ、お大事に。」

    馬淵「それだけ? 他に言う事は? あなたのようなフリーターが誰のおかげで一流の大学病院に雇ってもらえたのか、忘れないでね。」

    「私、そういうしがらみ苦手なんですけど。」

    馬淵「ハハハ、調子に乗らないで。あなたは競争馬の1頭にすぎないのよ。ここに来たからには、私のために死に物狂いで走ってもらうわ。」

    「それ、医師免許なくてもできますよね?」

    馬淵「だから何? 逆らったら殺処分にするわよ。フフ・・・」

    死体みたいな顔色してますけど怖いオバハンです!!

    ちなみに58歳の馬淵統括部長を演じる三田佳子は72歳。

    古稀を過ぎてるのに還暦前の役・・・14歳もさばを読んでる状態です。


    馬淵が立ち去った後、蛭間統括部長がやって来て「聞こえちゃった。はははは。女は怖いねぇ大門未知子くん。私の外科へようこそ。」と握手を求めてきますが大門は「いたしません。」とお約束のフレーズを口にして次回へ続く・・・。
    −◆−

    こんな感じだった第2シーズン第1話。

    第1シーズンからメンバーががらっと入れ替わりましたが、全く違和感なく(三田佳子の年齢は別にして)楽しめました。

    (柴咲コウが吉高由里子に変わっただけでがらっと雰囲気がおかしくなった『ガリレオ』とは大違いの安定感。)


    権威におもねることのない大門(米倉涼子)。長いものに巻かれない大門(米倉涼子)。大きな組織内での旧弊に縛られることのない大門(米倉涼子)が相変わらずイイ感じでした。

    現実社会で、ズルい奴、悪い奴、ゴマすり、茶坊主などに辟易としているので、大門(米倉涼子)の言動が痛快です。


    ◇◆◇ ドクターX〜外科医・大門未知子2感想 ◇◆◇
    #3 #2


    ◇◆◇ NHK『ガラスの家』感想 ◇◆◇
    #9(終) #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1






    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.11.25 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      復活!!!!失敗しないハケンの女オペは1億の競走馬 視聴率は 22.8%
      • ドラ☆カフェ
      • 2013/10/21 10:40 PM
      ・ドクターX 外科医・大門未知子2第1話(10.17) 組織や肩書に媚びないフリーランスの外科医大門未知子@米倉涼子の活躍を描くドラマ 中園ミホの脚本と米倉涼子の存在感が小気味よく、1期は面白かったな。 視聴率も良かったし、この作品は絶対続編が作られると思ってま
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2013/10/21 1:57 AM
      北海道旭川の競馬場で、大門未知子(米倉涼子)が一般席で競馬に興じていると、馬主席では近藤忍(藤木直人)と一緒に馬渕一代(三田佳子)がレースを眺めていました。 すると、一代の持ち馬が転倒し骨折して安楽死を迫られることに・・・ 1億円の馬を簡単に安楽
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2013/10/19 1:22 PM
      OPE.1 2013年10月17日 「このまま閉じたら、三ヶ月以内に命落としますよ」 ラテ欄「復活!!!!失敗しないハケンの女オペは1億の競走馬」  北海道・旭川の競馬場。フリーランスの外科医・大門未知子(米倉涼子)が、医師紹介所を営む晶(岸部一徳)と共に一般席で
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/10/18 10:53 PM
      テレビ朝日『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜(第2シリーズ)』(公式) 第1話『復活!!!!失敗しないハケンの女オペは1億の競走馬』の感想。 フリーランスの外科医・未知子(米倉涼子)は、依頼を受けて帝都医科大学付属病院本院の外科のカンファレンス
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/10/18 6:19 PM
      いきなり、「ハケンの品格」真っ青に「私、獣医のライセンスもあるんですぅ」と馬の手術をやって、命を救うあたりからトバしてます。 パート2になり、大物投入。キャスティングも豪華になったのと同時に「そんなバカな!」度もパワーアップ。 白い巨塔に乗り込む
      • のほほん便り
      • 2013/10/18 5:31 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << November 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten