「都市伝説の女Part2」第1話★美脚に鉄腕アトムみたいな赤いブーツの長澤まさみ

0
    「都市伝説の女Part2」第1話

    FBIに出向して手柄を立てて名を上げた月子(長澤まさみ)が一時帰国し、ハリウッドの大スターが来日した時みたいに御大層な記者会見が行われマスコミも大挙して取材。

    月子は取材陣に「富士山の洞窟はなんと100キロ先の江ノ島まで繋がってるという説が・・・。」と、断幕みたいなものに書かれた洞窟の経路を示しながら説明する月子(長澤まさみ)・・・。

    出たーーー美脚押し!!!
    なんの脈絡も無く白いミニワンピでスラッとした美脚満開!!!

    下から舐めるようなアングルで露わな美脚を映し出しちゃってる!!

    『幽かな彼女』で教師なのに超ミニスカだった前田敦子は『あさきゆめみし〜八百屋お七異聞』ではさすがに足を剥き出しにすることができす大苦戦してるけど、長澤まさみは女優としての武器である美脚を出し放題だべ。

    ミニスカ月子「このように神秘に満ちた富士山の世界遺産登録を祝って、今回 各国から研究家たちが集まってシンポジウムを開くことになりました。」「UMA 未確認動物。UFO 未確認飛行物体。その他様々な いまだ解明されていない不可思議な謎を研究する人々が集まって語り合うんです。富士山に関する都市伝説を。」

    一時よりは演技レベルが上がったとはいえ、長セリフになるとまだまだ抑揚が足りないのだけど、美脚に加えて胸も豊かだし顔も綺麗からテレビ向き。

    そういう角度で考えると『クロコーチ』の警部補・清家(剛力彩芽)は、演技力が不十分な上にビジュアルが足を引っぱってるからキツイわぁ・・・。

    で、満島ひかりの演技力が「AAA」レベルだとしたら、長澤まさみと剛力彩芽は「B」、前田敦子は「C」。
    (女優ではないけど町医者ジャンボのMAKIDAIは「Cの下」)
    −◆−

    富士山シンポジウム会場。

    出ましたローアングル!!!!
    フォーマルな黒いミニワンピ姿の長澤まさみを超ローアングルで足から舐めちゃうカメラさん!!

    ここまで徹底的に美脚押しするって、あざとさを超越して もはや潔いわ。

    「長澤まさみには美脚しかない」っていう制作側の考えが滲んでる。
    −◆−

    会場となってるホテルで警視総監になった武(伊武雅刀)が月子に「形だけのリーダーは丹内君にお願いしたよ。」

    月子「なるほど、名ばかりのリーダーが居てくれた方がわたしも動きやすいかも。」と屈託のない笑顔で結構酷いことを言っております。

    そばに居た丹内市生(竹中直人)が「名ばかりのリーダーとは一体どういうことですか?」

    武警視総監「この世には科学では証明できない不可思議な謎がある。」として非科学事件捜査班Unscientific incident investigation unit(略称UIU)の初代班長に任命したことを告げました。

    小生が子供の頃(昭和43〜44年)に見て、先日からは新シリーズの放映も始まった『怪奇大作戦』には科学捜査研究所Science Research Institute(略称 SRI)って組織があって、ちょっぴり被る部分も・・・。
    −◆−

    本栖湖の湖畔に出かけた月子(長澤まさみ)と鑑識課員・勝浦(溝端淳平)。

    青いノースリーブに白いミニパンツ、そして鉄腕アトムみたいな赤いブーツを履いた長澤まさみのビジュアルが良い!

    で、ここで死体発見!!
    主人公が死体を見つけるというアニメ並みの御都合主義も、このドラマなら許容範囲かな・・・。

    25年かけて辿り着いた富士山の謎の真実を発表する予定だったUMA研究家・中野修二(瀬川亮)の死体でした。

    遺体の手には古代文字らしきものが書き記されています。

    月子は「ご存じでしょうか? 富士の樹海には自ら命を断ちに来たものの死ぬに死にきれなかった人たちが集まって住むという噂を。地図にも載らない村で、独自の法律、独自の言語で身を隠すように暮らしているそうです。」と樹海の民の伝説を披露。

    さらに「被害者の中野さんは25年前、ここでモッシーを目撃して以来、富士山の謎について研究されている方です。」

    勢いでモッシー伝説と樹海の民の伝説を一括りにしちゃいましたねぇ・・・。

    とにかく、話の中身より、美脚押しのビジュアルがキュート。

    もう長澤まさみには演技力は期待してないから、カラフルで健康的なお色気を見せる企画で充分。
    −◆−

    管轄外のUIUの仕事を手伝ってる勝浦(溝端淳平)に文句を言いにやってきた上司・高田潤子(大久保佳代子)。

    月子の美脚を粘着質の視線でチェック。

    勝浦とエレベーターで二人きりになった高田(大久保佳代子)は「勝浦、わたしの香水なにか分かる? 鑑識の訓練。 もっと近くに来て良いから。」

    嫌がる勝浦に身を寄せて香水チェックを強要。

    勝浦「ストップ! 勘弁してください! 勘弁してください!」

    完全に身体を密着させてきた高田(大久保佳代子)。

    勝浦「ああ、近い近い近い近い! 当たった!?」

    本筋とは全く関係ない場面ですが、さすがに『あまちゃん』にも出演した大久保佳代子のアラフォー・オーラは凄い。
    −◆−

    月子が自宅マンションに勝浦(溝端淳平)を招き入れて事件のお話。

    職場でもミニスカ、自宅でもミニスカの月子が遺体の手の古代文字を解読。

    「チ・カ・ヨ・ル・ナ」
    少し悪ノリ気味のリーガルハイみたいに「オモテナシ」ネタに仕立て上げる様子も無く、なんか淡白に先に進みます。

    月子の妹・都子(秋月成美)が帰宅してきて、勝浦に「お名前 何でしたっけ?」

    勝浦「しぇしぇしぇ!」
    「じぇじぇじぇ」ではなく濁音のない「しぇしぇしぇ!」

    ギャグが滑ってます。
    −◆−

    本編と関係ない部分が時折出てきます。

    配置転換で荷物を運ぶ丹内(竹中直人)と、丹内を見下す郷原(宅間孝行)がいつもの調子で応酬。

    丹内「ちょっと太ったんじゃねえのか?」
    郷原「それ言わないで!」

    この会話になる直前、マジで「宅間孝行肥えたなぁ・・」と思った矢先の竹中直人のセリフだったので笑えました。

    宅間孝行、ほとんど彦摩呂レベルに丸くなってるんだもの・・・。
    −◆−

    富士の樹海に現地調査に向かった月子(長澤まさみ)と勝浦(溝端淳平)。

    迷子になって森の中で一晩過ごします。
    さすがに美脚の上に左右色違いのタイツを履いていますが、軽装でほぼ遭難状態。

    しかし、ごく普通に目覚めた月子たち。

    ミズタク(松田龍平)が見つけた恐竜の小さな骨みたいな小石を見つけた月子。

    ヘンゼルとグレーテルの「パン屑」のように小石が置かれていて、月子が小石を辿ると洞穴が・・・。

    で、洞穴の中に血痕と毛髪があって、UMA研究家・中野の殺害現場であることが判明。
    −◆−

    事件の顛末は面倒くさいから省略。

    被害者の幼馴染の安田隆(窪塚俊介)が怪しげな雰囲気を放っていたけど、真犯人は婚約者・大西恭子(須藤理彩)でした。

    25年前、大西恭子の母親が殺人事件を起こしたことを中野がシンポで発表しようとしたため、これを止めようとして大西恭子が撲殺したのでした。

    で、事件が解決して勝浦が「結局、モッシーも謎の民もいなかったってことですね。」

    月子「何言ってんの? 勝浦君。誰が私たちを洞窟まで導いてくれたと思ってんの? 全てを知り尽くした樹海の民が、あの石で犯行現場を教えてくれたんだよ。」


    伝説と事件の繋がりを巧く処理したセリフになりました。

    ファーストシーズンでは都市伝説と事件とお関連性が希薄で半端なエピソードになることもありましたが、”樹海の民が私たちを洞窟まで導いてくれた”みたいなオチは良いんじゃないですかね・・・。

    とにかく『クロコーチ』を見た後だから、かなり評価が高くなっちゃってるかもしれないけど、少なくとも『クロコーチ』で感じたような不快感はなかったです。

    ”モッシー”はともかくとして”樹海の民”は良いネタだったし・・・。


    ファーストシーズンでは回が進むに連れ伝説の内容がショボくなって(『お天気お姉さん』でも気象との関連が段々薄まってましたねぇ)いきましたら、今シリーズでは伝説マニアや陰謀マニアをくすぐる伝説ネタが続くように願ってます。


    『ウルトラセブン』第42話「ノンマルトの使者」みたいなエピソードができたら最高なんだけどなぁ・・・。





    ◇◆◇ NHK『ガラスの家』感想 ◇◆◇
    #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1

    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #13-14 #9 #8 #7 #6 #4 #3 #1








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2019.08.16 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      都市伝説の女 Part2 金曜 23:15 テレビ朝日 2013年10月11日〜 [キャスト] 長澤まさみ 溝端淳平 竹中直人 平山浩行 大久保佳代子 高月彩良 秋月成美 小泉麻耶 風間亜季 宅間孝行 伊武雅刀 ほか [スタッフ] 脚本:後藤法子 倉持裕 渡
      • 新ドラマQ
      • 2013/10/14 2:15 PM
      音無月子、絶好調に帰国しての新シリーズです。 旬の富士山を背景に、本栖湖のモッシーだの樹海に隠れ住む民だのw アマゾンならともかく樹海程度の広さでどう隠れ住むのw 縁が切 ...
      • ドラマでポン
      • 2013/10/14 12:25 AM
      さすが、金曜ナイトドラマ。パート2の最初は、今が旬の富士山。「んなアホな」な展開や、すちゃらかさ、ヒロインの美脚見せも“徹して”て楽しかったです。好感が持てました。 音無月子(長澤まさみ)、ますます無敵状態を、容赦なく(周囲を振り回し)イケイケドン
      • のほほん便り
      • 2013/10/13 11:23 PM
      『富士山の都市伝説が死を呼ぶ!?』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2013/10/13 7:34 PM
      2013年10月11日 第1話 富士山編 ラテ欄「富士山の伝説!!No.1パワースポット殺人!?樹海の女」  FBIに出向していた都市伝説オタクの美人刑事・音無月子(長澤まさみ)が一時帰国した。月子の目的は、富士山に関する都市伝説を語り合うシンポジウムに参加
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/10/12 10:43 PM
      本当の足長キター!・・・である。 さて、金曜日は「週刊漫画ゴラク」連載のドス黒いマンガ原作の「クロコーチ」もあるわけだが・・・ま、マンガを読めばいいと思うので・・・谷間があれば言及したい。 初回の見どころは神奈川県会議員 郷田(石丸謙二郎 )の愛人・金本真
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/10/12 3:19 PM
      テレビ朝日『都市伝説の女 Part2』(公式) 第1話『富士山編』『(ラテ欄)富士山の伝説!!No.1パワースポット殺人!?樹海の女』の感想。 なお、『都市伝説の女 Part1』は鑑賞済み。 FBIに出向していた‘都市伝説オタク’の刑事・月子(長澤まさみ)が
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/10/12 2:56 PM
      千円札の富士山が見える場所。本栖湖のモッシー。富士樹海に住む樹海の民……。 都市伝説の女 第1話         2012年。平均視聴率9.7%だった「都市伝説の女」の復活である。 事件その物は毎回しごく生真面目に作られているけれども、ツッコミ所
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/10/12 1:15 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten