よろず占い処 陰陽屋へようこそ 第1回★倉科カナ!?

0
    よろず占い処 陰陽屋へようこそ 第1回

    内容がどうのこうのと言うほどのドラマではなさそうで、ジャニーズにAKBも加えた そういうドラマかな・・・。

    『スターマン』ほど辛気くさくはないけど、時間拡大するほどでもない・・・。
    −◆−

    錦戸亮のバーターであろう知念侑李くん、演技が少し硬いなぁ・・・。

    で、知念侑李くんの母親役が南野陽子で、すっかりオバサンになっているのが小生の世代には衝撃的かも・・・。

    小泉今日子と薬師丸ひろ子は『あまちゃん』で存在感を見事に発揮したけど、南野陽子はただオバチャン化してるだけみたいに見えちゃう役どころで気の毒な・・・。
    −◆−

    鈴木梨央ちゃん、やっぱり可愛いなぁ。演技も上手やなぁ。

    『八重の桜』に出たのが今年の1月だったのに、かなり昔みたいな気がする。

    今思うと『八重の桜』は鈴木梨央ちゃんが出てた時が一番面白かった。
    −◆−

    倉科カナ・・・ん? 一瞬倉科カナだと気づかなかった。

    顔変わってない??
    んんんん???

    剛力彩芽じゃないだけマシか・・・。
    −◆−

    効果音とBGMで どんだけ鈴鳴らすねん、って感じ。

    ポプラ社のピュアフル文庫から出ている『よろず占い処 陰陽屋シリーズ』だから、本来的には中高生向けなんでしょうね。

    昔NHKが得意としたジュブナイル原作のドラマみたいなターゲットなんでしょうけどね・・・。


    『半沢直樹』も『あまちゃん』も『DOCTORS2 最強の名医』も『WOMAN』も共通項は主役がジャニーズやオスカーゴリ押しタレントではないこと。
    これで自ずと視聴者が観たいドラマの質は分かりそうなものなのに、ジャニーズ主役のドラマを押してくるからテレビ局ってのはどのくらい本気で視聴率が欲しいのかよく分からんです。




    ◇◆◇ NHK『ガラスの家』感想 ◇◆◇
    #6 #5 #4 #3 #2 #1

    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #9 #8 #7 #6 #4 #3 #1

    ◇◆◇ 「半沢直樹」 感想 ◇◆◇
    #10(終) #9 #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1

    ◇◆◇ 「あまちゃん」感想 ◇◆◇
    最終回 #155 #154 #153 #152 #151 #150











    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2019.08.16 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      第一話「元ホスト占い師、含み笑いで謎を解く!?」2013年10月8日 東京都北区王子の下町風情ただよう商店街。 高校1年の沢崎瞬太(知念侑李)は、担任の只野路子(倉科カナ)から留年確実と宣告された帰り、占い好きの母親・みどり(南野陽子)に連れられて、新しくで
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/10/10 5:11 PM
      それが一番楽な解決の仕方だからじゃねぇのか? 自分の非を認めて素直に謝るのは大人になるほど難しいからな。 だけど、全部たたりのせいにしてしまえば謝りやすいし、相手のことも 寛大な心で許せんだろ。 よろず占い処 陰陽屋へようこそ 第1話    
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/10/10 12:07 AM
      『元ホスト占い師、含み笑いで謎を解く!?』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2013/10/09 7:41 PM
      ここまで・・・秋ドラマは「ダンダリン」→「ハクバノ王子サマ」→「ノーコン・キッド」→「49」→「刑事のまなざし」とやってきてもっとも脚本に破綻がないのが・・・「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」である。 ここまでの作品は谷間候補だったわけだが・・・それにふ
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/10/09 6:32 PM
      陰陽師とは、オカルトか?と思いきや、実は元カリスマ・ホストで、洞察力には優れてるけれど、毒舌でひょうひょう。霊能力ナシな主人公。 下町感との不思議バランス。ちょっとトボけて、きちんとオチのつく、ゆるゆる感、キライじゃないなぁ… と思ってたら 天野
      • のほほん便り
      • 2013/10/09 5:47 PM
      関西テレビ『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』(公式) 第1話『元ホスト占い師、含み笑いで謎を解く!?』の感想。 なお、天野頌子氏の原作小説『よろず占い処 陰陽屋シリーズ』は未読。 東京・北区の王子稲荷商店街に、陰陽師の格好の占い師・祥明(錦戸亮)
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/10/09 5:35 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten