福島第一原発 相次ぐミスで「停電」「汚染水漏れ・被爆」

0
    10月7日、福島第一原子力発電所で配電盤の点検中に、作業員が誤って電源の停止ボタンを押して停電になり、1号機の冷却水注入ポンプが止まった。

    バックアップが稼働して大事には至らず。(すでに大事に至ってしまっているけど)


    10月9日、こんどは汚染水を淡水化する装置で、作業員が誤って配管の接続部を外して放射性物質が1リットル当たり約3700万ベクレル含まれた高レベルの汚染水が漏れてしまい、作業員6人の皮膚に放射性物質が付着。


    これが人間というものです。
    ミスしない人間はいない。


    ましてや現場が疲弊しているとも言われているし、ミスは許されないけどもミスが続いて当然。
    (とはいえ、東電に免罪符を出すわけではありませんよ。)
    −◆−

    どれほど堅固なハードウエアを作っても、設計したのもミスをする人間だし、稼働について審査する監督当局もミスをする人間だし、運用する電力会社の社員もミスをする人間・・・。

    だから他の原発で再稼働審査においてハード面で合格点を取っても、人間が運用する限りは絶対というものはないのであります。

    作業や設計ミスだけではなくて、危機管理の想定という面でも3.11の津波は想定外だったというミスをしでかしたんだもの・・・。

    制御しきれない原子力はミスをしない全知全能の神にしか任せられない代物だと思います。

    何かがあったときに制御が容易なものを使う方が社会に為だと思います。






    JUGEMテーマ:時事ニュース



    スポンサーサイト

    • 2020.07.04 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten