『八重の桜』第40回「妻のはったり」★新島襄の自責の杖

0
    『八重の桜』第40回「妻のはったり」

    高額納税者を有権者とする選挙において上京区で51票獲得した覚馬(西島秀俊)は府議会議員に当選。

    で、明治12年3月30日の第一回京都府議会。
    議長選出の入れ札が行われ、45票の覚馬が初代議長に・・・。

    イライラしてる槇村府知事(高嶋政宏)が思わず立ち上がって「な! な!」
    議会開会後、ずっと一人でイライラしていて浮きまくっております。

    演出過剰、演技も過剰・・・。

    覚馬が議長として所信を述べます。
    自己紹介の後「これまで日本では世の中の仕組みを変えるために人を殺め 町を焼き 戦が繰り返されてきました。だが、今日からは違う。武器を持たぬ者が 議論によって政治に関われる場がこの府議会なのです。」

    槇村府知事、思いっきり頭をかきむしっております。

    覚馬「議員諸君には府民の代表としてお覚悟を持ってお勤め頂くことを切にお願い申し上げます。」

    議場から「よっ!」と賛意のかけ声。そして拍手喝采。

    槇村府知事は苦々しげに「厄介な奴が議長になりよって!」

    この人が登場してからずっと思うけど、一人だけ演技がデフォルメされているから浮いてる。

    普通の『ガンダム』を見ていたら、1機だけSDガンダムが混じってるみたいな感じ・・・。
    どうして槇村だけを際立たせちゃうのか意味が分かりません。

    イライラしている槇村にイラッとしちゃう。
    −◆−

    覚馬が所信を述べた後、議員の一人が「わたしは覚悟をもってお勤めするつもりです。せやけど、府の予算を見せられても何がなにんや分からしません。」と、やや唐突な質問をします。

    覚馬「予算を審議すれば、府がどのような事業をするのか おのずと見えてきます。これによって府政を監視することができます。」

    予算書を見ても訳が分からないという議員に、審議したらおのずと分かるという覚馬の回答はやや抽象的で、質問者が求めた具体的な答えになったのかどうか微妙だと思うけど、ナレーションが始まって <議会とはなにかを理解していなかった多くの議員達にとって、覚馬はさながら議員学校の教師のようであった。>

    このナレーションにつなげたいがために「府の予算を見せられても何がなにんや・・」云々という質問をさせた脚本家の手法は安直すぎて苦手です。

    もっと丁寧に場面をこしらえるか、逆にナレーションだけで端的に済ませちゃうかの方が良いと思います。
    −◆−

    同志社英学校の創設から4年。
    習熟度別の学級編成のもと、金森通倫 (柄本時生)ら上級生が指導もしていて、下級生と揉めて学級崩壊!?

    襄(オダギリジョー)がやって来て騒ぎが収まるやに思われたとき、風間俊介っぽい生徒・杉田勇次郎(礼保)が席を立って襄に近づいてきて「俺は同志社学校をやめさしてもらいます。医者になりたいんです。」

    一応授業中なんやから、ここで退学希望・進路変更について述べるなよ!!
    放課後とか、タイミングを見計らってキチンと襄に伝えろよ!!


    これも、府議会で議員がわざとらしい質問をしたのと同じで、外国人教師との一悶着に”繋ぐため”のセリフ。

    で、職員室では杉田勇次郎を引き留めない新島襄を外国人教師が吊し上げ!?

    襄は穏やかに「無理に引き止めることはできません。我が校では彼の望む医者になれないのですから。」

    ゴードン先生「アメリカは失望しています。今度の卒業生のうち牧師になるのはたった6人だけかと・・・」

    スタークウェザー先生「なぜこの学校が資金援助を受けているのか分かっていますか。」

    デイヴィス先生「せめて10人は牧師になるよう・・・」
    「牧師は説得されてなるものではないでしょう。」と正論を述べます。

    ゴードン「校長がそういう考えではアメリカンボード(海外伝道組織)に援助をやめるよう報告するしかありません。」
    脅しかよ!!

    挙げ句の果てはスタークウェザー先生が「襄は校長には向いていません。」

    さすがに八重が反応して「お言葉が過ぎるのではねえですか。襄はキリスト教を目の敵にする者たちから必死にこの学校を守っていんのです。」

    それでもスタークウェザー先生は「アメリカのお金が無くなったら守っても意味がありません。」

    お前ら宣教師のくせに”地獄の沙汰も金次第”ってか!!

    こいつら、キリスト教原理主義者が集まった秘密結社かぁ!!

    八重(綾瀬はるか)が一言言い返しはしたけど、イライラするばかりで面白くも何ともない場面。
    −◆−

    明治12年6月12日 同志社英学校第1回卒業式。

    校長の送辞「この国は多くの尊い命を犠牲にして、今まさに生まれ変わろうとする道の半ばです。この先もきっと予想もつかない困難が、みなさんを待ち受けているでしょう。Go,go,go in Peace. Be Strong. Mysterious Hand Guide you! (行け、行け、心安らかにいけ。強くあれ。神の見えざる手が、君たちを助けてくれる。) 同志諸君、己の信じる道を歩いていきましょう。」

    新島襄の”名言”を耳にした卒業生、すすり泣き。

    参列していた覚馬がゆっくり拍手。
    八重たちや下級生たちも拍手しはじめました。

    静寂を破って誰かが拍手して、それが広がって行くという良くあるパターンであります。

    カビ臭い演出の中にあって、涙目の綾瀬はるかの存在が唯一の救いです。
    −◆−

    卒業式後、学校の一角では、前回ラブラブ・フラグが分かり易すぎた伊勢時雄(黄川田将也)と、みね(三根梓)が別れを惜しんで向き合っております。

    あちゃ〜〜〜、たまたま通りがかった佐久(風吹ジュン)さんが、ミタではない方の家政婦(市原悦子)みたいに物陰から二人を見つめています。

    二人が一通りもどかしい会話をして、みねが伊勢に身を寄せ・・・現代じゃないから濃厚なキスなんてことはしません・・・手編みの靴下が入った巾着袋を手渡してその場を立ち去っていきました。

    佐久さんは最初から最後まで覗いておりました。
    孫の淡い初恋を温かく見つめていたという設定だとは思いますが、長時間覗き過ぎ。
    −◆−

    ナレーション<そうして 1年近くが過ぎた。>
    12文字で未来へタイムスリップ。

    生徒たちがカルタ取りに興じております。
    なんとなく正月っぽく見えますが、1880年4月であります。

    その後、ティータイムになって生徒たちが雑談。
    徳富初子「新島先生がビシッと言わんから外国人の先生らが幅を利かせとっとよ。」

    徳富猪一郎 (中村蒼)「新島先生も情けなかぁぁ。校長のくせに気が弱すぎたい。」

    八重「それは違う! えっっと、あ・・・襄の額に傷痕があんべ。あれは函館からアメリカの船に密航する時役人と戦って出来た傷だ!」

    勢いで架空の武勇伝を口にしてしまった八重さん。表情が可愛らしいべ。

    でね、この”八重のはったり”以前の問題として、新島襄の奥方がおられる場で「新島先生がビシッと言わんから」「情けなかぁぁ」「校長のくせに」「気が弱すぎ」などと陰口をたたきまくるって徳富兄妹はバカじゃないの!

    どんなに無神経な人間でも、八重に聞こえるところで陰口言いますか!?
    注意力不足で八重さんが居ることに気づいてなかったの??

    要するに、脚本家さんは八重に”はったり”を言わせるために、わざわざ八重に聞こえる陰口を連発させたってことですよね・・・。

    うまく伏線を敷くならともかく、無理筋のセリフでエピソードを繋いでいく脚本は好きじゃないです。
    −◆−

    外国人教師たちの意を汲んだ市原 (永岡佑)の発案を承諾した襄は習熟度別クラスを解体し、新たに伝道専科のクラスを設置することに。

    これに学生たちは激怒して2年上級組が全員で無届け欠席。
    懐かしの学生運動のルーツか!?
    全学連のご先祖様か!?

    たいがい面倒くさくなってきたので詳細はスルーして、とにかく襄が生徒と外国人教師を教室に集め、まずは「皆さんへの説明が不十分なまま合併を決定した事は誤りでした。申し訳ありません。」と謝罪。

    さらには「学生が授業を放棄するのも重大な過ちです。忘れないで下さい、教育を受ける事はあなたたちの大切な権利です。過ちを犯した罰は受けねばなりません。全ての過ちの責任は校長の私にあります。よって、私が罰を受けます。」と襄。

    なんか、微妙に文章の繋がりが良くないような・・・。

    「全ての過ちの責任は校長の私にあります」の前に「生徒にも教師にも責任はなく」とか書き加えた方が意味が分かりやすいんじゃないかな。

    そてと権利にしか触れていないのも気持ち悪い。

    で、襄はおもむろに杖を取り出して教壇の上に置いた左手を激しく打擲し始めます。
    11打目まで誰も止めず、12打目にようやく猪一郎 が「やめてください。」

    それでも杖で手を叩き続けた襄を、ストライキしていた生徒や市原が羽交い締めにするようにしてようやく抑えました。

    この《新島襄・自責の杖》が今回のハイライト。

    NHKの番組HPにも「襄を演じるオダギリさんの迫真の演技をお見逃しなく!」と書いてある。

    たしかに迫真の演技であはるけど、ついつい『半沢直樹』の堺雅人や香川照之と比べちゃう・・・。

    『半沢直樹』に於ける演者の濃厚な演技と比べると、オダギリジョーには泥臭さがなくて熱も低い感じに見えちゃいました。

    あと、左手を打ち据える襄をただ見つめていた八重さんの気持ちも理解するのが難しかったです。

    普通の感覚だと止めに行くと思うんだけど、止めに行かなかった八重さんは、やはり武家の娘だから襄の責任の取り方を受け止めることができたのかなぁ・・・。

    それとも自ら十字架にかかったイエスのような新島襄の振る舞いについてキリスト教精神で受け止めたのか??

    『八重の桜』的には、八重がでっち上げた武勇伝のよって引くに引けなくなった新島襄が、ヘタレではないことを示したという形みたいで、本物の新島襄には少し気の毒な感じがしないでもない脚本であります。
    −◆−

    騒動を起こした責任と、新聞記者になるというドリームを叶えるために中退を決意した徳富猪一郎 (中村蒼)は、自らが発行する学校新聞の白紙部分に襄の言葉とサインを記入してもらいました。

    <大人(たいじん)とならんと欲せば 自ら大人と思うなかれ 新島襄>

    《自責の杖》よりも、この言葉の方が興味深いというか、心を打ったというか・・・。

    比喩が低レベルになりますが、朝の『とくダネ!』の某キャスターだとか、出演自粛中の『朝ズバ!』の某キャスターだとかは、昔ラジオに出ていたときと違って、なんだか”大物づら”するようになったから苦手でね・・・。

    こんな下らない例とは関係なく、マジでおごることを戒めた新島襄の言葉はナイスだと思いました。


    以下省略で、次回へ続く・・・。
    −◆−

    「Go,go,go in Peace. Be Strong」でも《自責の杖》でも心が動かず退屈だったのは、小生がキリスト教徒ではないからなのか、あるいは感受性に欠けるのか??

    一時期主人公らしくなった八重(綾瀬はるか)は、また徐々に脇役になりつつあるし・・・。

    覚馬の府議会と、襄の同志社英学校が並行して進む展開も散漫で、襄の両親も半端な扱い・・・。

    こんな感じでシャキッとしない『八重の桜』第40話で、「妻のはったり」より「旭国のとったり」の方がキレが良い・・・って、古いなネタが。50歳以上の相撲ファン限定だわ。


    綾瀬はるかの魅力を引き出すために「妻は まったり」ってエピソードはどうかな・・・。

    ハリセンボン春菜主演で「妻は ぽっちゃり」とか、矢口真里主演で「妻は こっそり」とか・・・。
    本編が退屈だから何か変になってきた・・・・。


    とりあえず、12月までこの調子なんでしょうね・・・。






    ◇◆◇ NHK『ガラスの家』感想 ◇◆◇
    #6 #5 #4 #3 #2 #1

    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #13-14 #9 #8 #7 #6 #4 #3 #1








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2017.12.17 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      第40話『妻のはったり』 「Go! Go! Go in peace!」by襄 先回、イキナリ分かりやす〜い始まり方をした みね&伊勢時雄の恋。 今回、卒業してゆく伊勢に、みねがプレゼントしたのは 靴下。 …何故に靴下? なんてことは置いといて 「目も見
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2013/10/16 12:58 PM
      第40話『妻のはったり』「Go!Go!Goinpeace!」by襄先回、イキナリ分かりやす〜い始まり方をしたみね&伊勢時雄の恋。今回、卒業してゆく伊勢に、みねがプレゼントしたのは靴下。…何故...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2013/10/16 12:57 PM
      大河ドラマ「八重の桜」第40話は同志社英学校が創設されて4年になった襄だったが外務省から廃校を命じる文章が届き襄は政府を説得して何とか存続させる事ができたものの以前厳し ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/10/08 6:08 AM
      廃校にされそうだったり、学生がストライキをしたり、前途多難な同志社英学校。校長の新島襄もたいへんそうです・・・
      • 風のうわさ
      • 2013/10/07 11:18 PM
      OP怖!!! 白い人形みたいなの……夢に見そう……!!(;゜ロ゜) OPは桜と墨のやつが一番良かったけどなぁ〜。 さて、生徒のラブストーリーや、 学校のもめごとがメインになっていて、 朝ドラっぽくなっております。 冒頭でのやりとりは、こ
      • 青いblog
      • 2013/10/07 10:27 PM
      妻のはったり
      • 悠雅的生活
      • 2013/10/07 10:12 PM
      同志社英学校創設から4年が経った。 襄は宣教師として外国人教師から伝道教育の強化を迫られ、一方で政府からは、アメリカの教団からの資金援助を受けている学校として廃校を迫ら ...
      • 宴の痕
      • 2013/10/07 8:55 PM
      同志社学校も4年たち、第1の卒業生が出てくる中で、京都府からは廃校を命ぜられ、外国人教師からは伝道教育の強化・・・と無理を言ってくる。 襄(オダギリジョー)は優柔不断なところが多いからねえ。 そんな弱々しいところが弱点か。 欧米人らしくひげもはやした
      • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
      • 2013/10/07 8:35 PM
      公式サイト . 短く書きます。 立候補しないで議員に選ばれる・・・その町の旦那衆
      • 昼寝の時間
      • 2013/10/07 7:39 PM
      40回までやってきた。今日は同志社英学校の話が中心。しかし山本家も、新島家も、少しずつ変化していく。 まず覚馬は、新たに開かれた京都府議会の初代議長に選出された。覚馬 ...
      • 虎哲徒然日記
      • 2013/10/07 7:00 PM
      同志社英学校の創設から4年がたとうとしていたころ。 教団からの資金援助を危険視する日本政府からは廃校を命じられ、外国人教師たちからは 伝道教育の強化を迫られ、襄(オダギリジョー)は板挟みになっていた。 学生たちは、苦悩する襄を弱腰と非難。八重(綾瀬
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/10/07 6:51 PM
      2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛力彩芽 綾野剛 稲森いずみ 玉山鉄二 池内博之
      • 新ドラマQ
      • 2013/10/07 6:09 PM
      第三十九話「私たちの子ども」はこちら。 前回の視聴率は13.3%と予想よりもちょ
      • 事務職員へのこの1冊
      • 2013/10/07 5:47 PM
      明治11年(1878年)7月22日、府県会規則、郡区町村編制法、地方税規則の地方三新法が公布される。 府県会規則第1条は「府県会は地方税を以て支弁すべき経費の予算及びその徴収方法を議定する」と府県会の目的を定めている。 第13条に定められた議員資格は「満25歳以上の男
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/10/07 4:36 PM
      罪と罰… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310060002/ 【送料無料】八重の桜完結編価格:1,050円(税込、送料込)
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2013/10/07 1:18 PM

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten