ダンダリン 労働基準監督官 第1話 ★じぇじぇ! でんでん逮捕

0
    ダンダリン 労働基準監督官 第1話
    「働く人を守りたい…ブラック企業に制裁を」


    次週から同時間帯で堺雅人の『リーガル・ハイ2』が始まるから、よほどの面白さがないと苦戦する羽目になる『ダンダリン』

    面白い部分もあるけど、雑な部分もあって、なんとも中途半端な感触・・・。
    −◆−

    ある日、融通の利かない段田凛(竹内結子)と東大卒・南三条(松坂桃李)が町中で揉めていて、はずみで南三条が道路に飛び出したところにバイクが・・・。
    (バイクとぶつかりそうになる場面、あまりにも嘘っぽい映像で好きじゃありません。)

    バイクを避けて転倒して頭を打った南三条は病院送り。
    剛力彩芽と共演した映画『ガッチャマン』が大コケし、さらにバイクにはねられそうになって道路でもコケちゃった松坂桃李、お気の毒。


    で、バイクを運転していた営業マン・西川(渡辺いっけい)が病院にやってきて、今流行の土下座をしながら「本当に申し訳ありませんでした。」と平謝り。


    小生だったら、道に飛び出してきた南三条に文句の一つも付けたいところだけど、西川さんはとにかく平謝りで「仕事でトラブルがあったものですからつい余計な考え事を・・・。」

    西川さんは土下座までして謝ってるんだから南三条も道に飛び出したことを謝れよ!

    西川「同僚もこの前事故を起こしたばかりで気を付けようと思ったのに・・・。」

    西川の言動から気づくことがあった様子の段田凛が「お仕事大変なんですか?」と尋ねます。

    西川は「ノルマ、ノルマで毎日朝7時から夜中までです。それも全部サービス残業ですからね。」と、ドラマのエピソードが膨らむように長時間労働と残業手当不払いに関して思いっきり具体的に語っちゃいました。

    わざとらしい脚本ですが、コメディタッチだからこんなもんですかね・・・。

    で、段田凛(竹内結子)が労基法違反の疑いで勤め先の『鴨光ハウジング』を調査する意向を述べますと、西川は「絶対やめてください!!」


    子供の教育費や、透析を受けている父親、半分寝たきりの母親、両親の介護でパートにも出られない妻を抱えているのに、役所にチクったと思われたら、前の勤め先が倒産してようやく就職できた会社なのに『鴨光ハウジング』に居られなくなることを恐れているようです。

    同情して涙をポロポロ流した段田凛ですが、それはそれとして後日『鴨光ハウジング』に乗り込み、鴨光社長(でんでん)と一悶着・・・。
    −◆−

    リフォーム詐欺まがいの契約を取り損ね、段田凛(竹内結子)の関心を引いてしまった西川(渡辺いっけい)は、社員たちの目の前で正座させられ「自分の不手際で(契約を)解除されてしまい・・。」と手にした紙を読み上げています。

    社長がふんぞり返って「おい! はっきり喋ってくれよ!」

    西川「自分の不手際で解除されてしまい、本当にクビになっても仕方ない役立たずです。私はバカで愚図で、本当にご迷惑ばかり・・」

    社長「声が小さいと言ってんだよ!!」

    漁協の組合長(でんでん)、『あまちゃん』が終わっていきなりブラックになってしまった!!

    西川「私みたいなクズを拾ってくれた鴨光社長にお世話になっているにもかかわらず、このような失敗をして本当にすみませんでした。」

    近年話題のブラック会社で辛酸をなめる西川・・・”渡辺いっけい”さん、役柄が妙にハマってるなぁ・・・。
    −◆−

    段田凛(竹内結子)に西川(渡辺いっけい)の妻から彼が自殺未遂したと連絡が入りました。

    踏切で自殺を図るも、頭部の怪我だけで済んだようです。

    つい2日前に、横浜市緑区の踏切でうずくまっていた高齢男性を助けようとした会社員の女性が死亡するいたましい事故があったばかりですが、特に自粛やセリフのカットはせずに放送。

    妻からの電話で駆けつけた段田が労基署として対応する旨を口にしますと、西川が声を張り上げて「絶対やめてくれ! 生きて行くにはお金が要るんだ。そのためには会社から目を付けられるようなことは絶対駄目なんだ!」

    病院に駆けつけた段田「バカですね。会社にしがみつくより、命にしがみついたほうがいいと思います。お元気そうでなによりでした。」

    このくだりで、過去の回想シーンが挟まりました。
    誰かのお葬式で、段田が10代とおぼしき少年から花を投げつけられるシーン。

    過去のお葬式は『家政婦のミタ』とちょっとだけ被りますね・・・。
    −◆−

    西東京労働基準監督署の会議。

    『鴨光ハウジング』のブラックな体質について発言する段田。
    真鍋署長(佐野史郎)らは面倒ごとを避けたい様子ですが、段田は「臨検」「是正勧告」を飛び越えて「逮捕」を主張。

    労働基準監督署に労基法違反についての逮捕権があるって知らなかったなぁ・・・。
    国税の黒崎(片岡愛之助)でも逮捕権持ってないのにね。


    で、あれやこれやと議論した末に「逮捕」を選択した西東京労働基準監督署の面々。

    田中 (大倉孝二)が真剣な顔で「刑事ドラマでは逮捕した犯人を後部座席の真ん中に乗せ、その両側に捜査員が座るんですが、やっぱり我々もそういう感じで行くんでしょうか?」

    やっぱ大倉孝二は可笑しいね。
    −◆−

    鴨光社長を逮捕するあたって労基署の面々が警察と検察に協力を求めて根回し行脚するのですが、反応が芳しくありません。

    しかし小宮 (トリンドル玲奈)による絵に描いたような”泣き落とし作戦”で警察と検察が折れて協力を得られることに・・・。

    コメディですからいいんでしょうけど、『ショムニ』のベッキーと同じで、トリンドルはトリンドルにしか見えないのがチョッとね・・・。

    『山田くんと7人の魔女』くらいのドラマならギリ・セーフだけど、労働基準監督署の監督官役はキツイかも・・・。
    −◆−

    いよいよ逮捕当日。大雨です。

    未舗装の広い敷地内の社屋に居る鴨光社長(でんでん)を逮捕しようとして、真鍋署長(佐野史郎)、土手山 (北村一輝)、南三条(松坂桃李)、田中 (大倉孝二)、温田(水橋研二)、段田(竹内結子)、小宮 (トリンドル玲奈)が物陰に待機。

    社長に見つかって逃走されると拙いので、雨でドロドロになった地面を匍匐前進する段田(竹内結子)。

    最初はスーツが汚れるのを嫌っていた他の面々も段田にほだされてドロドロになって匍匐前進。

    ナンセンスで可笑しいと言えば可笑しいのですが、ただバカバカしいだけにも見える微妙な場面です。

    鴨光社長がでも持ってるなら匍匐前進する必然性がありますけど、身を隠すためだけに匍匐前進って!?

    そもそも余計に目立つ気もするし・・・。

    あと、雨なんだけど日差しと影が目立っていて、フィルター越しの”嘘の雨”であることが丸バレなのも惜しいわ。
    −◆−

    小生が文句を言ってる間に鴨光社長を逮捕。
    (なんか知らんけど雨止んでるし・・・。)

    雇用主が逮捕されて戸惑い気味の西川(渡辺いっけい)に、段田が「労働基準法の採取にこう書かれています。『条件は労働者と使用者が対等の立場で決定すべきものである。』」

    この場面にこのセリフがフィットしてるかどうか微妙やなぁ・・・。


    結果的に、クソ偉そうにしていた鴨光社長(でんでん)が懲らしめられて「ざまみろ」と思えるような展開ではなったので、『半沢直樹』のよな痛快さとは無縁でした。
    −◆−

    社長逮捕後の『鴨光ハウジング』

    サービス残業の調査をしなければならなくなったので、副社長みたいな人が社員を集めて聞き取りをしています。

    「サービス残業などという行為はこれまでもなかったとは思いますが、万が一。万が一、うっかり申告していなかった残業があるという方は?」

    社員にプレッシャーがかかる口ぶりですから、誰もサービス残業があったことを言い出しません。

    短く逡巡した西川が勇気を振り絞って挙手してサービス残業があったことを申告・・・。


    これでとりあえず第1話は終わり。

    西川さん、ザービス残業だけではなく、土下座を強要されたパワハラについても訴えて『倍返し』を狙ったら面白いんだけど、そこまでは突っ込んでいきませんでした・・・。
    −◆−

    竹内結子、佐野史郎、北村一輝、大倉孝二、風間俊介、松坂桃李ら、なかなかのキャスト。

    上手くいけば『デカワンコ』レベルの面白いドラマを作れる気もするけど、ミスると井上真央が主演だった『トッカン』みたいなことになっちゃう危険性も孕んでるのかな・・・。

    初話を見た限りでは、雑だったり御都合主義的だったり詰めが甘かったりで、不安が残る出来映え。

    バイクの西川と南三条がぶつかりそうになるのがキッカケになるというドラマみたいな偶然は好きじゃないんです。


    ずば抜けたものはないし、コメディなのかそうでも無いのかも判断しづらいけど、かといって箸にも棒にもかからないほど酷いドラマでもないので、1回見ただけでは『リーガル・ハイ2』と並行視聴するほどのドラマかどうか決めかねます。









    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.07.15 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      もう少し、シリアスで考えさせられるドラマかと思っていたんですが、軽めでコメディち
      • 山吹色きなこ庵・きままにコラム
      • 2013/10/08 12:11 PM
      お仕事ドラマ。 主人公段田凛(竹内結子)が普段から行進する様に歩いたり、不満がつのると唸ったり。およそアリエナイ描写が戯画的ながらも、労働基準法の遵守をガンガンと主張 ...
      • ドラマでポン
      • 2013/10/04 7:56 PM
      参院選で当選した方がブラック企業の会長だとか、ネットでどこどこがブラック企業だとか、頻繁に「ブラック企業」という言葉がメディアでも取りあげられています。個人的にはやく ...
      • 自分なりの判断のご紹介:ミラー
      • 2013/10/04 6:54 PM
      「ダンダリン 労働基準監督官」は田島隆原作の漫画「ダンダリン」をドラマ化した作品で労働基準監督官の段田凛が基準に違反する業者に対して厳しく接して正していく曲った事を許さ ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/10/04 6:10 AM
      「労働基準法」。読んだことあります? 労働基準法の最初に、こう明確に書かれてます。 「条件は労働者と使用者が対等の立場において決定すべきものである」 ダンダリン 労働基準監督官 第1話      簡単感想のみで。 ダンダリン……。 何か
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/10/03 11:46 PM
      原作はモーニングで連載中の漫画だそうですが、原作未読 カバチタレの原作者の作品ですか。なるほど。 曲がったことが許せない労働基準監督官段田凛@竹内結子の活躍を描く話 初回はサービス残業を強いられている営業マン@渡辺いっけいの 愚痴を聞いた凛が彼の勤める会
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2013/10/03 11:07 PM
      さて・・・フジテレビ水曜日夜10時にドラマ枠が再開して・・・。 日本テレビ水曜日夜10時のドラマと激突中である。 「家族ゲーム」13.0% VS 「雲の階段」*9.3% 「ショムニ2013 」11.1% VS 「Woman」13.6% ・・・と血みどろの争いを繰り広げて一勝一敗である。 フジテレ
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/10/03 9:25 PM
      『働く人を守りたい…ブラック企業に制裁を』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2013/10/03 7:38 PM
      第1話「働く人を守りたい…ブラック企業に制裁を」2013年10月2日 働く人を守るルールを遵守するためには曲がらない、融通の利かない女、労働基準監督官の段田凛(だんだ・りん)(竹内結子)が、すべ ての働く人を守るために立ち上がる! 「ブラック企業」「名ばかり
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/10/03 5:47 PM
      日本テレビ『ダンダリン 労働基準監督官』(公式) 第1話『働く人を守りたい…ブラック企業に制裁を』の感想。 なお、原作:田島隆氏/作画:鈴木マサカズ氏の原作漫画『ダンダリン一〇一』は未読。 つかみはOK! 「ダンダリン」って労働基準監督官であ
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/10/03 2:29 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten