仮面ライダーウィザード 第53話 最終回★アマダム倒してディケイドの旅は続く!?

0
    仮面ライダーウィザード 第53話
    最終回 特別企画・後編「終わらない物語」


    皮肉なことに第51話までの本編より、オマケ企画の2回の方が賑やかで画面に華があります。
    −◆−

    少年(竜跳)こよみ(SALA)も間もなく怪人に変身してしまう運命。
    とくに”こよみ”が逼迫してる様子。

    こっそりと仁藤(永瀬匡)から「ファルコ」と「ドルフィ」の指輪を受け取った晴人(白石隼也)。

    バインドで怪人やアマダム(田口トモロヲ)を制止し、コピーで分身して少年(竜跳)とこよみ(SALA)を抱えてビーストの指輪を使って逃走。

    その際、箱に入っていた13ライダーの指輪のうち、フォーゼの指輪を ちょろまかしていった晴人(白石隼也)。

    小生のように動体視力の衰えた中高年オヤジには、仁藤との指輪のやりとりやフォーゼの指輪をパクっていった場面は何が起きてるのか目で追いきれないわ。なんだか分かりにくい。


    で、アマダムが「いでよディケイド。リングを取り戻せ。」

    龍騎でもカブトでも誰でも良さそうなものだけど、そこは大人の事情でディケイドを選んだアマダム。
    ナイス・チョイスではあります。
    −◆−

    港の側の建物に晴人と少年(竜跳)とこよみ(SALA)が一時避難しています。

    布団に伏している”こよみ”は怪人への変身も近づき、希望を失ってる様子。

    晴人「今を生きてるコヨミを救いたい。そう願ってたのに、あの子たちをここから出したら・・・。」

    心を痛め悩んでいる晴人の前にディケイドが現れ「それが13個目のライダーリングか?」

    変身を解除した士(井上正大)は晴人の苦悩に耳を傾けたうえで「すべての怪人が現実にあふれ出したらどうなると思う? 怪人大戦でも起こすつもりか?」

    士(井上正大)は、晴人(白石隼也)よりは目力があるし、なんか雰囲気は持ってる。

    っていうか、晴人(白石隼也)がオーラなさ過ぎなのかな・・・。
    −◆−

    アジトでテンション上がってるアマダム(田口トモロヲ)。

    「カモン、カモン、カモン、カモーン!」
    魔法石のトーテムポールみたいなものから虹色の光るが飛び出てきて平成ライダーが実体化。

    密かに監視していた仁藤(永瀬匡)に、烏帽子を被った派手な衣装のアマダムが話しかけてきます。

    「知っていたかねビースト。君たち仮面ライダーもここがふるさとだっていうことを。」

    仁藤「ここは倒された怪人の楽園ではなかったのか!?」

    アマダム「仮面ライダーは怪人になり損なったものに過ぎない。ウィザードはファントムを生み出すサバトによって誕生し、君も体内にファントムを飼うことで魔力を得た。」

    バッタの能力を持つ改造人間にする手術で、脳を改造される前に脱出した「本郷猛=仮面ライダー1号」も、ある意味”怪人になり損なったもの”であるからして、そんなことも含めてのアマダムの主張なのかな・・。

    アマダム「仮面ライダーとは、悪と同じものでおじゃる。おっほっほっほ。」

    どんだけ衣装持ってるのかと思うほど次々とお色直しするアマダム、キャラが立っていてイケてる。

    田口トモロヲさんのアングラな感じが何とも言えずイイ感じ!!
    ワイズマン、白い魔法使いには、この怪しげな匂いが足りなかったんだと思うなぁ・・・。

    アマダム「仮面ライダーの力の源、それをクロス・オブ・ファイアという。炎の十字架。悪から産まれたという罪の証し。おじゃる。おじゃる。おじゃる。おじゃる。」

    卒塔婆を持って十字架を作る仏教とキリスト教のクロスオーバー!!
    烏帽子は神職だから神仏混淆だし、アマダムのこの無茶苦茶感がナイス!!


    だいたい『イナズマイレブン』とか『聖闘士星矢』の技の名前みたいな”クロス・オブ・ファイア”って御大層なものは何なの!?

    しかしマイペースなアマダムは「ホーホホッホ、お前の力ももらおう!」

    晴人なんかよりズーーっとキャラが濃い方の仁藤(永瀬匡)もアマダムの前ではおとなしく見えちゃう。

    仁藤「へんーーーしん」

    アマダム軍団のライダーたちに割と簡単にグサッとやられて倒されちゃったビースト。
    変身が解けて「あとは頼んだぞ、晴人・・・。」

    この後の展開は、本当に晴人頼みっぱなしになってしまい仁藤(永瀬匡)はホッタラカシ。

    アマダムの世界から消えて元の世界に戻ったんだろうか・・・。

    せっかく主役の晴人よりもテレビ的には頑張ってきた仁藤なのに、このあと彼がどうなったかは視聴者の想像にお任せ!?!?
    −◆−

    あれやこれやがあって・・面倒くさいから省略・・・フォーゼのリングを持ってきた士(井上正大)がアマダムの秘密アジトに現れました。

    アマダム「これで13個すべてそろった。」
    2話しかない企画だから、指輪が13個必要な意味付けだとか必然性だとかの説明は特にないままドンドン話が進みます。

    とりあえず、13個目がフォーゼのリングだったことに特に意味はなく、13個揃えばよかったらしい・・・。

    少年(竜跳)に「この世界の外に出たいんだろう。願いを叶えてやる、さあ祈るんだ、昨日のように。私もともに行く。」

    士(井上正大)が「怪人たちをあふれ出させるんだな?」

    アマダム「ようやくライダーリングを堀り当てたんだ。私をここに封じ込めた外の世界に復讐するために!」

    するとどこからともなく晴人が現れて「それがお前の正体か、かつて罪を犯し魔法石に封印された魔法使い。こどもたちをそそのかし、この世界から抜け出すつもりだったんだな。」

    ウィザードを倒すべく平成ライダーを召還したアマダムは「リングの持ち主の命令に従う、ライダーなど所詮その程度の存在だ。」と余裕綽々。

    ところが電王=モモタロスが「何言ってんだ、バカかお前! 俺たちはリングの力で子供たちに従ったんじゃねえ。弱い者を守っただけだ。」

    アマダムは少年(竜跳)を指し示して「この子は怪人に変身する存在だ。それを守るのがお前たちの正義か!!!」

    本日の主役・士(井上正大)が「ある人が言った。俺たちは正義のために戦うんじゃない。俺たちは人間の自由のために戦うんだと・・。」

    人類の自由を守るためにショッカーと戦うことを誓った本郷猛のスピリットを継承する平成ライダー!!


    アマダムは「なんだ! お前たちは一体何だ!」と、わざわざ士に”お約束の台詞”を言わせたそうなセリフを吐いてしまいます。

    案の定、士(井上正大)は「通りすがりの仮面ライダーだ、覚えとけ。」と決め台詞。

    影が薄い晴人も一緒に変身。

    アマダムが怪人軍団を召喚して平成ライダーと怪人軍団の戦闘開始。

    ウィザード「さあ、ショータイムだ。」と、一応は主人公らしいセリフ。

    フォーゼ「タイマンはらせてもらうぜ。」
    キバ「ウエイクアップ」
    オーズ「トリプル・スキャニングチャージ」
    龍騎「ストライクベント」
    「ジョーカー マキシマムドライブ」

    平成ライダー、それぞれちょっとずつ出番。

    怪人軍団が壊滅状態で、アマダムは少年(竜跳)を連れ去りながら「いでよ我が最強の戦士たち。」

    今度はCGの巨大モンスターがウジャウジャ出現。

    早速、デンライナーがガーーっと飛来。

    響鬼「魔化網でこういうのには慣れてる。」
    カブト「そんなスピードじゃ俺には付いて来れない。」
    「これで決まりだ。」

    好き勝手に自分をアピールする平成ライダーたち。

    フォーゼ「ロケットオン。宇宙キターーーーーっ!」
    ブレイド「なんだキターーーーーって?」

    「ちょっとくすぐったいぞ。」
    ディケイドにファイナルフォームライドされて道具扱いされてるクウガとアギト。
    −◆−

    ようやくウィザードに順番が回ってきて「オールドラゴンプリーズ」

    恐竜型CGも斃されたアマダムが天頂の地球に手をのばし、少年(竜跳)に「祈れ!外の世界に出たいと。それがおまえの希望だったんだろ!」

    ディケイド「ここまでだアマダム」と古典的なセリフ。

    不適な顔つきのアマダムが「私を倒せるつもりか」と古典的なセリフのお返し。

    オーズ「俺たち 仮面ライダーの力があれば。」
    個人的にオーズは好みじゃないから前に出てこないで欲しいな・・・。

    アマダムが変身して仮面ライダーの力を次々奪っていきます。

    アマダム「これはもともと私の力だ。」
    もともと私の力って、何を言いたいのか、よく分からん。

    アマダム「13人の仮面ライダーの力の源、クロス・オブ・ファイアが私の中に有る。」
    だから、何を言いたいのか、よく分からんって・・・。
    −◆−

    平成ライダーたちが力を奪われ、ただ一人残ったウィザードとアマダムの対決に・・・。

    アマダムがライダーキックしてきて、ウィザードがランドのディフェンドでブロック。
    しかし簡単に破られ「俺の魔法が通じない!」

    アマダム「お前たちにもともと正義などなかったのだ。」
    もう、その話はケリがついたから・・・。

    少年(竜跳)に「お前の望みをかなえてみろ!」とアマダム。

    ウィザード「たとえ俺たちの力が悪と同じだとしても、俺は絶望を希望にかえた! そして、なったんだ!」

    少年(竜跳)が言葉を引き継ぎ「なったんだ、仮面ライダーに。」

    ウィザード「俺たちだけじゃない。たとえ悪と同じ存在から生まれても、仮面ライダーとなるものが現れる。次々と・・。」

    イラついてるアマダム「世界の壁を壊せ! 外に出してやる!」

    少年(竜跳)がライダーリングの箱を開いて「おれも、なれるかな。」

    この時点で先の展開が読めそうなものなのに、勘違いしてるアマダムは「ハハハハ、私の勝ちだ。」

    天頂に空間の亀裂が生じ始めます。

    少年「もしかしたら、俺も仮面ライダーに・・・。」

    少し焦り始めたアマダム「何をしたというのだ?」

    少年「この世界を壊すんじゃない。呼んだんだ。」

    天空から光球がドカン!!!
    「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーーン」とハクション大魔王が現れるはずもなく、やって来たのは鎧武。

    アマダム「なんだ、こんな仮面ライダーが居たというのか!?」

    鎧武「ん? 俺が仮面ライダー?」

    ウィザードが「全ての人の自由を守る戦士の名前だ。」
    鎧武「ふーん、なら俺は仮面ライダー鎧武ってことか・・」

    こうして鎧武は、”変身忍者・嵐”の仲間ではなく、仮面ライダーの一員になりました。
    −◆−

    鎧武にボコられたアマダムから光が溢れて、平成ライダーに力が戻りました。

    復活したディケイド「俺たち仮面ライダーの力を見せてやる!」

    ライダーたち全員が最強フォルムになってます。
    (ディケイドのコンプリートフォームは格好悪いなぁ・・・。)

    テッカテカのインフィニティになったウィザードが「フィナーレだ。」

    クウガとアギトのライダーキックに始まって、次々とライダーキックする平成ライダーたち。

    ラストはインフィニティと鎧武のライダーキック!!

    平成ライダーたちの100倍返し!!
    たった一人の魔法使い相手に大人げないぞ!

    アマダム「何が違うっていうんだ、私とお前たちと同じ石から生まれた・・・。」

    最後まで訳の分からんことを言い続けたアマダム、ドッカーーーン。
    −◆−

    モモタロス「あばよ。」

    皆さん店じまいしてお帰りになりました。
    鎧武も帰り、士(井上正大)も「俺たちはいつも旅の途中だ。またどこかで出会ったら、そんときもいっしょに戦おう。」

    またどこかで出会ったとしても、ウィザードは今度は完全な脇役、その他大勢ライダーやな・・・今回で言ったら、仮面ライダー剣とかの立ち位置。
    −◆−

    少年(竜跳)に「ここからだしてやることができなかった、ごめんな。」と晴人。

    ライダーリングが消えたことが悔しいと言う少年の指に、晴人が指輪をはめて「いつでも呼べ。必ず駆けつける。俺が最後の希望だ。」

    締めのセリフにしては今一かなぁ・・・。
    バイクで帰っていった晴人。


    こよみ(SALA)を背負った高校生・瞬平(戸塚純貴)とスケバン凜子(高山侑子)、輪島(小倉久寛)がやって来ました。

    凜子たちは晴人の名前を聞いていなかったことに気づきます。
    輪島さん「でも、なんだか知ってるような気がするなぁ。ずーっと前から。」

    少年が「こよみ!」と駆け寄っていきます。

    なんとなくオチが見えてきた気がしますが、少年は一生懸命走り寄ってきます。

    野っ原で手に手を取りあい少年の顔を見つめた”こよみ”が
    「はると。」

    少年はると(竜跳)の手にはインフィニティの指輪がはまっています。
    −◆−

    オチが映画に持ち越しになって放送倫理・番組向上機構(BPO)で審議される始末になった『ディケイド』とは対照的に、実質的な最終回の後にさらに映画みたいな最終回を加えた『仮面ライダーウィザード』でした。

    今回はそういう過去の罪滅ぼし企画かな・・・・。


    で、『終わらない物語』ってサブタイトルですが、キャラ造形がクッキリしないしエピソードも内向きなウィザードは恐縮ですが『終わって欲しい仮面ライダー』でした。


    ミカン・ライダー鎧武に期待。




    °☆°。★。 仮面ライダーウィザード感想 。★。°☆°
    第52話(9/22) 第51話(9/15) 第50話(9/8)
    第49話(9/1) 第47-48話 第46話(8/4)


    ◇◆◇ 「半沢直樹」 感想 ◇◆◇
    #10(終) #9 #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1









    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:特撮

    スポンサーサイト

    • 2020.01.25 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      今回は第53話「終わらない物語」。 ストーリーは仮面ウィザード第53話「終わらない物語」で! とうとう終了してしまった仮面ライダーウィザード。 最後の最後は劇場版のような展開でしたね。 まぁ、話しの展開はいつもの流れって感じですね。 仮面ライダーというのは
      • OPUS MAGNUM
      • 2013/10/03 7:18 PM
       まあそりゃあね、最後もかませ扱いだったし、本人より指輪の方が活躍しちゃってたりだけど、せめて誰か気づいてあげようよ。それともアレか、劇場版で何事もなかったように現れて、「あっちの世界のお前から託されたんだ。コレが必要だろって」とインフィニティリン
      • 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
      • 2013/10/01 7:43 PM
      ウィザード真の最終回。お約束のラスボスいじめ。
      • さすがブログだ、なんともないぜ!
      • 2013/09/30 9:55 PM
      ・獣電戦隊キョウリュウジャー第31話 『バーカンス! えいえんのホリデー』  脚本:三条陸 監督:加藤弘之 ノッさんが秋祭りの準備に忙しい中、 デーボ・バーカンスによって人々が休日気分でダラける騒動が勃発、 他の獣電戦隊までもがホリデー人間となってしまい
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2013/09/30 1:25 AM
      仮面ライダーは正義の味方!
      • HIKO's memo
      • 2013/09/29 11:53 PM
      仮面ライダーウィザード 第53話 「終わらない物語」 突如現れたアマダムそこから少年達を連れ出す為に晴人と仁藤が連携仁藤が自分の指輪をこっそり晴人に渡しバインドで敵を拘束→コピーで分身→ファルコ・ドルフィで離脱こういうの本編でもっと観たかったなぁ〜(
      • 絶対無敵?ラリアット日記!(分家)
      • 2013/09/29 5:57 PM
      「終わらない物語」 怪人達を一気に片付けた鎧武、取り込み中だったという事でいきなり連れ去られるように消えてしまいます。 その代わりにアマダムがやってきます。 少年とこよみを拘束したアマダムは、まもなくその2人も怪人に変身する事になり、外の世界に
      • 地下室で手記
      • 2013/09/29 3:30 PM
      仮面ライダーウィザード 第53話 「終わらない物語」。仮面ライダーは円環構造を持った物語だって制作会社で頂点にまで登り詰めたエライ人がいってた(爆) そんな最終回でした(笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。
      • Kyan's BLOG V
      • 2013/09/29 3:12 PM
      最終話「終わらない物語」 鎧武さんは何をしに来たんでしょうね〜 「助けて」という声を聞いてやって来ましたが、怪人数体をサクッと倒して取り込み中だと戻って行きましたけどw マダムの目的は願いの力で外への通路が開くかどうかの実験でした。 アマダ
      • いま、お茶いれますね
      • 2013/09/29 3:10 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten