あまちゃん 第154回★合同結婚式。神父は勉さん

0
    連続テレビ小説「あまちゃん」第154回(9月26日)

    鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が「三代前からマーメイド 親譲りのマーメイド♪」と、感動の『潮騒のメモリー』を披露した場面のリピートから始まった『あまちゃん』第154回。

    舞台袖でうっすら浮かんだ涙で目が潤んでるアキ(能年玲奈)ちゃんの表情が素敵。

    薬師丸ひろ子も見事に輝いてたし、驚いたようなホッとしたような表情をして見せた小泉今日子も何とも言えず良かった。

    「三代前からマーメイド 親譲りのマーメイド♪」を聞いて春子と夏ばっばが柔らかい微笑みを浮かべていたのも素敵だった。

    そして、震災前は登場人物の誰かの死亡フラグなのかと思わせた「三途の川のマーメイド♪」という”トンデモ歌詞”を、このタイミングで「三代前からマーメイド 親譲りのマーメイド♪」という”情感こもる歌詞”に変えてきたクドカンに脱帽・・・クドカンに見事にヤラれた。
    −◆−

    忠兵衛さんを宮古まで送ったので遅れて海女カフェに到着した正宗(尾美としのり)さん、リサイタルの本編が終わったあとでした。

    吉田君「ご心配なく。まだアンコールありますから。ま、民話の読み聞かせですけどね。」

    正宗「歌が聴きたかった〜〜〜〜。」
    大吉さん「最高だったな。」

    吉田君「さすがブランクを感じさせない歌声でしたね。」

    マジな感想として、薬師丸ひろ子の歌声は、『セーラー服と機関銃』の時の『夢の続き』を彷彿とさせる”あの頃”のままで、まさに”ブランクを感じさせない歌声”って感じだった。

    で、鈴鹿ひろ美が完璧に歌うなんて想像も付かない正宗は「春子さんがでしょ。春子さんが歌ったんでしょ。」

    吉田君「なんぼ声だけでも鈴鹿ひろ美と春子さんの違えぐらい分かるベ、バカにすんな!」

    それでも正宗さんは春子が歌ったと信じて疑いません。
    −◆−

    太巻(古田新太)と春子(小泉今日子)、鈴鹿ひろ美に賞賛の眼差しを向けております。

    太巻「たいした人だよ。」
    春子「ホントだよね。」

    太巻「うまくいったからいいようなものの、脇汗すごいよ。押さえないと溢れちゃうよ。」
    ”あまウケ”の有働アナを意識した脇汗ネタか??(考えすぎ?)

    鈴鹿ひろ美がアキとユイちゃんをステージに呼んで「海女カフェを作った天野アキちゃん、北鉄のミス ユイちゃん。」と観客に紹介して拍手喝采を浴びてます。

    本当は「ミス北鉄のユイちゃん」なのに「北鉄のミス ユイちゃん」と言っちゃったお茶目な鈴鹿ひろ美。

    で、春子は「わざとだっりして・・・。」
    歌手志望じゃなかった鈴鹿ひろ美が、歌の仕事を断り切れずにわざと音痴に歌って見せたのではないかという推理。

    ちょうどステージの鈴鹿ひろ美が「初めてなんです。初めて自分の意思でステージに立って歌を、ずーっと封印してきた歌を歌いたい。皆さんに笑顔を届けたいと思って来ました。」

    本当は上手く歌えることを封印してたってことか!?

    自分の推理と鈴鹿ひろ美のステージでのコメントが結びついたのか春子が「プロだわ。」

    観客に語りかけている鈴鹿ひろ美、ステージ上で堂々たる立ち居振る舞い。

    無頼寿司で酒を飲んで、アキにタメ口叩かれてる面倒くさい鈴鹿ひろ美とは別人です。
    やっぱ、そういう部分もプロ。

    昨日から復活したアキ(能年玲奈)のナレーションで < 果たして本当に猛練習の成果なのか、たまたま大当たりか、あるいはもともと歌える人だったのか、真相は本人にしか分かりません。>
    −◆−

    会場をウロウロしている夏ばっぱ(宮本信子)が「忠兵衛さんが見当たらなくて。必ず行くからっていうから待ってたのに・・・。」

    数時間前、天野家にやってきた正宗(尾美としのり)と忠兵衛(蟹江敬三)さんの会話が回想されます。

    忠兵衛「また漁さ出るのよ。」
    海開きと北鉄開通、その前夜祭を前にしてどうして言ってしまうのかと問いかける正宗さん。

    忠兵衛さん「だから今日なんだ。地震も有ったし心細いかと思って帰って来たのによ、みんな忙しくておらなんかホッタラカシだ。頭さ来たから誰にも会わねえで行くわ。はっ、ざまぁみろだ!」

    男ってのは子供っぽいからへそを曲げているだけなのか、あるいは北三陸の面々が前向きに活動してることを目の当たりにして安心して海に帰るのか・・・。

    そんな忠兵衛さんに正宗が「僕たちやり直すことにしました。」と再婚の挨拶。

    忠兵衛さん「そうか。正宗君も苦労するなあ! 春子は俺のDNAと夏さんのDNAのブレンドだからよ、一筋縄ではいかねえもんな。」

    たとえば「血を引いてる」などの古いフレーズを使わず、忠兵衛さんに「DNAのブレンド」って言わせたクドカンの感覚、人物造形の徹底ぶりが良い!!

    忠兵衛さんは「油断すんな。人生を航海に例えると1回目より2回目の方が危険を伴うからよ。」

    で、場面は数時間後の海女カフェに戻って、心配顔の夏ばっばが忠兵衛さんを探しに浜の方へ行きます。

    鈴鹿ひろ美の歌がBGMになって流れます。
    音符「置いていくのね さよならも言わずに 再び会うための〜〜約束もしないで〜〜〜北へ行くのね ここも北なのに 寒さ こらえて波止場で待つわ〜〜♪」

    今の夏ばっばの心境そのものの歌詞・・・・・。

    気丈に見える夏ばっばだけど、心細くなっていたのかもしれないなぁ・・・。

    <私と正宗さんが忠兵衛さんを探しているその頃・・・>
    あ、宮本信子さんのナレーション!
    昨日は能年ちゃんのナレーションが復活して、今日は宮本信子さん・・・。


    仮設の漁協でウエディングドレスを見せられた春子。

    鈴鹿ひろ美のでも安部ちゃんのでもないと聞かされ「これだれが着んのよ?」

    「春ちゃんだ」

    鈴鹿ひろ美&太巻と合同結婚式を挙げる大吉さんが、二組も三組も同じだとして発注してたのです。

    弥生(渡辺えり)さん「衣装代まけっからよう。」
    ブティック今野の商品なのかい!?

    春子「いや いや いや 無理 無理 無理 無理 無理」

    かつ枝さん「着ろって、夏ばっばの喜ぶ顔見たくねえのか。」

    そういえば、1回目の結婚は夏ばっばと春子が絶縁状態だった時だったし、今度は娘の花嫁姿を見たいんじゃない?

    素直になれない春子は「今更こんなの着ても喜ばないってば。」


    アキがやってきて「ママ、お座敷列車の練習するから見て。」

    春子さんは「アキ、ママの花嫁姿みたい?」
    自分で素直にOKできないから、娘に背中を押して欲しいの?

    アキちゃん「見でえ!!」

    まだ素直になれない春子さん、ユイちゃんに矛先を向けて「ユイちゃん、見たくないもんね?」

    ユイちゃん、思いっきり表情豊かに「見でえ!!」となまって答えました。
    −◆−

    合同披露宴。
    太巻&鈴鹿ひろ美、大吉さん&安部ちゃん。
    そして、ベールが八重(綾瀬はるか)のウエディングドレスと少し似ている春子と正宗さん。

    夏ばっば、春子の花嫁姿に 感慨ひとしおなのかハッとしてます。

    アキ(能年玲奈)ナレーション<バージンロードを歩く6人の中年。みんななんとなく半笑いでした。おらもこんな面白え結婚式そうねえと思う。>

    勉(塩見三省)さん神父さんとなって進行。

    <パパとママと夏ばっばはどんな顔して良いか分がらねえようです。>

    勉さん「それでは誓いの口づけを・・」

    春子「ないから、ないから! ないから、ないから!」

    勉さん「じゃあ、指輪の交換です。」

    海底を象った10インチ四方くらいのトレーに、水色のウニ型のリングスタンドがあって、結婚指輪が準備されています。

    三組が指輪交換。

    アキ(能年玲奈)ナレーション < とりあえず、『おめでとう!!』しかいえねえ。>

    大吉さんが安部ちゃんにプロポーズした回の”春子(小泉今日子)ナレーション”と同じフレーズ。
    −◆−

    以上。『あまちゃん』第154話

    昨日も今日も”大人たち”が中心のエピソードで、アキ(能年玲奈)ちゃんとユイ(橋本愛)ちゃんは脇役。

    今回の合同結婚式で”大人たち”に一区切り付いたから、いよいよラスト2話はアキ(能年玲奈)ちゃんとユイ(橋本愛)ちゃんをジックリと見せてくれる??

    先日は映画『フォールド・オブ・ドリームズ』がネタに使われていたけど、最後はアキ(能年玲奈)とユイ(橋本愛)ちゃんの『スタンド・バイ・ミー』になりそうな予感・・・。(あの映画も線路伝いだったから・・・。)

    めっちゃ楽しみ。
    −◆−

    蛇足ですが・・・。

    鈴鹿ひろ美が「皆さんに笑顔を届けたいと思って来ました。」と言ってましたでしょ、言葉の選び方がとても良いと思います。

    よく「東北に元気を与えたい」とか「勇気を与えたい」「希望を与えたい」ってコメントする著名人やスポーツ選手が居るけど、”与える”って表現には悪気はなくてもどことなく上から目線みたいで違和感があるんですよねぇ・・・。

    だから鈴鹿ひろ美が「笑顔を届けたい」って言ったのが凄く感じよかったです。

    小生の個人的な言語感覚だけかもしれないですけど、こう言う部分でもクドカンの脚本は素敵だと感じました。




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.07.04 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      何何何〜!わざと〜?ヽ(゚Д゚;)ノ!!イノッチも言ってましたけど、『潮騒のメモリー』デモテープ。検証してみたら奇跡的にハモレたって…どんだけマニアック〜(≧∇≦)ノ彡バンバン!いや〜毎回、イノッチの目の付けどころには感心してたんですけど、まさか鈴鹿ひろ
      • 美容師は見た…
      • 2013/09/27 3:07 PM
      アキ(能年玲奈)や春子(小泉今日子)が見守る中、会場に鈴鹿ひろ美 (薬師丸ひろ子)の歌声が響きわたる。 かつて鈴鹿の替え玉としてこの曲を歌った春子は、過去の記憶と複雑な思いがよみがえる。 一方、コンサートに来ると言っていた忠兵衛(蟹江敬三)の姿が見え
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/09/27 2:06 PM
      忠兵衛じーちゃんを探す夏さんの映像の下に 『潮騒のメモリー』の歌詞が流れる これってカラオケ映像のパロディ? …ひじゅにですが何か? 「あ、時間余っちゃった」by正宗 アバンもまた鈴鹿さんの歌声&歌詞字幕だったけど こっちはtoo much
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2013/09/27 1:14 PM
      忠兵衛じーちゃんを探す夏さんの映像の下に『潮騒のメモリー』の歌詞が流れるこれってカラオケ映像のパロディ?…ひじゅにですが何か?「あ、時間余っちゃった」by正宗アバンも...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2013/09/27 1:13 PM
       鈴鹿ひろ美リサイタルは大成功!終了まであとわずかって時に、やっと正宗さんが飛びこんできました。 で、春子が歌ったってしつこく言うもんだから、こっからまた話広がったら ...
      • トリ猫家族
      • 2013/09/26 6:27 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten