あまちゃん 第131回★太巻「申し訳ない 春ちゃん」 アキはソロで「潮騒のメモリー♪」

0
    連続テレビ小説「あまちゃん」第131回(8月30日)

    いよいよ主題歌『潮騒のメモリー』のレコーディング。

    オリジナルよりやや濃い口になった演奏をまず試聴。

    太巻「どうですかぁ?」
    春子「いいんじゃないかしら。」

    太巻「社長じゃなくて、本人に聞いたんです。」
    アキ「あ、大したもんだと思います。」

    クランクアップの辺りから「大したもんだと思います」ってフレーズを多用するアキちゃん、可愛らしい。

    録音ブースに入って歌い始めたアキ(能年玲奈)ちゃん。

    春子の目には20数年前の春子(有村架純)が歌う姿がアキに重なっています。

    「彼に伝えて、今でも好きだと♪」アキ、素朴な歌唱。
    鈴鹿ひろ美みたいに致命的な音痴ではないものの、いまいち艶のない歌唱。

    結局5回録音したようで、河島(マギー)らが1時間かけて確認作業。
    太巻は、時折携帯をいじってる。

    思案顔の春子をチラチラ見てるアキちゃん<一番気になるのがこの人の反応なんですが、はぁ〜(ため息)、聞くまでもねえ感じです。>


    河島がテイク5までの”良いとこ取り”で編集する方針を伝えますと、携帯をいじり、腕時計を気にする太巻が「いいんじゃないですか。」と気のない返事。

    氷の表情になった春子が低い声で太巻に「ちょっと、なんなのよさっきから、チラチラ時計見たりメール見たり。どうでもいいの? 早く帰りたいの? 次になんか入ってんの? ふざけないでよ。」

    メガネが直ってる水口(松田龍平)、ヒヤヒヤ。

    春子「初主演映画の主題歌なのよ、一生に一度のことなのよ。アキにとっては人生を左右する大事な曲なんです。真面目にやって。」

    抑えた口調なのが逆に怖い。

    太巻「それじゃ、もういっぺん歌ってみますか。」
    アキ「はい」

    さらっと太巻、「アキちゃんじゃなくて社長。」

    春子「え?」
    太巻「この歌、歌えるでしょ。」
    春子「冗談じゃない、何で私が。」

    本気だという太巻は「歌唱指導は我々にも出来ますけど、この歌のお手本を示せるのはあなただけですよ。」

    福士蒼汰君を動揺させたキラキラの目で「おらも聞きてえ。」とアキちゃん。
    「もともと、おらの原点はママが歌った『潮騒のメモリー』だ、ママの歌聴けば何か掴めるかもしんねえべ。」

    短い逡巡の後、黙ってブースに入っていく春子。

    カツ、カツ、カツ、カツとヒールを響かせてマイクの前に立ち、おもむろにヘッドホンを装着。
    ピカード艦長みたいにジャケットの裾を直して「アキ、1回だけだからね。失敗してもやり直さないから。」

    「来てよ その火を 飛び越えて〜♪ 砂に書いた アイ ミス ユー♪」

    落ち着き払った堂々たる歌唱。
    小泉今日子のオーラのせいか、なんだか鳥肌もの・・・。
    半ば土に埋まっていた宇宙戦艦ヤマトが地面を割って発進するときとか、アムロが初めてガンダムに乗って立ち上がったときとか、その手の鳥肌。
    −◆−

    春子が歌い始めた頃、黒いコートとサングラスで黒ずくめの鈴鹿ひろ美が建物内に・・・。

    スタジオでは春子が「北へ帰るの 誰にも会わずに 低気圧に乗って 北へ向かうわ♪」と歌い続けています。

    何も知らない河島が「似てるなぁ、鈴鹿ひろ美そっくり。」

    ミズタク「えっ! 河島さんご存じなかったんですか?」

    そのとき扉が開いて「おはよう。」と鈴鹿ひろ美が調整室に入ってきました。

    アキ「じぇじぇ」 ミズタク、オロオロ。

    太巻「いいんだ水口。オレが呼んだんだ。」

    そっか〜〜、度々携帯をいじってメールしていたのは、鈴鹿ひろ美を呼び寄せるメールだったのかぁ。

    時計を気にしていたのは、鈴鹿ひろ美がスタジオにやって来るタイミングを計っていて、それにあわせて春子に歌うよう仕向けたのかぁ・・・。

    「来てよ その火を 飛び越えて〜♪ 砂に書いた アイ ミス ユー♪」

    驚き顔で録音ブースの春子を見つめる鈴鹿ひろ美。

    コンソール前の太巻「ずっと打ち明けられないまま時間が経ってしまいました。もう、とっくにご存じだと思いますが。歌、歌を差し替えてしまいました。」

    「波打ち際のマーメード・・・・・・・・・♪」
    春子の歌声が途切れました。

    鈴鹿ひろ美に気づいた春子、切ないような、戸惑ったような、なんとも言いようのない表情。
    声が出ません。

    見つめ返した鈴鹿ひろ美も無言のまま、春子から視線を外します。

    壁際の椅子に腰掛けてから「どうして今更?」と太巻に問いかる鈴鹿ひろ美。

    太巻「分かりません。騙し通すことも出来ましたし、鈴鹿さんが騙され続けることを覚悟をしていたのも知っています。だから、墓場までもっていこうと思っていましいた。この子に会うまでは。」

    「じぇ、お、おらが!?」

    調整室の扉のすぐ外で話を聞いている春子。

    「お前が天野アキをスカウトして俺に会わせるからこういうことになったんだ。」と水口に矛先を向けた太巻。

    水口「すいません。」
    「もうちょっと声張れ。」
    「すいません。」


    こんなシリアスな場面なのに、松田龍平が”滑舌・発声”が良い方の役者じゃないことを小ギャグにした??
    (松田龍平は、独特の雰囲気が生命線の個性派だから、セリフが聞き取りにくくてもOKなタイプ。)

    水口「鈴鹿さんは知ってたんですか?」
    アキちゃん「知ってましたよね。」 いつになく大人な発言。

    無頼寿司で鈴鹿ひろ美と春子が「私と似てる気がする、声が。」「似てませんよう。」などと会話していた”長回しのエピソード”を思い起こしてるアキちゃん。

    アキ「いつからですか?」
    鈴鹿ひろ美「いつかしら、ずっと前のような気もするし、今のような気もするし。」

    ドアの外で立ち尽くしていた春子が、おずおずと入室。

    鈴鹿ひろ美が春子を指さし、ことさら明るい口調で「あっ、私だぁ。」

    3歩ほど春子に近づき「ごめんなさいね。私のせいで表舞台に出られなかったんですよね。」

    大写しの鈴鹿ひろ美の向こうの方に、小さくアキちゃんが映ってるのが良い。

    「ごめんなさい」と頭を下げられた春子「やめてください、そんなんじゃないですからぁ。」

    太巻「俺が君に声を掛けなければ。」

    若き日の老け顔の太巻がタクシーの中で「歌ってくれないかな、鈴鹿ひろ美の代わりに・・」と春子(有村架純)に頼むシーンが回想されます。

    太巻「申し訳ない、春ちゃん。」と頭を下げました。
    昔のように”春ちゃん”と呼んだ・・・。
    『Woman』で小春(満島ひかり)が紗千(田中裕子)のことを「植杉さん」ではなく「お母さん」と呼んだのと同等の出来事。

    夏さんから「お帰り」「すまなかった」「ありがとう」という言葉を聞くことができ、今度は鈴鹿ひろ美の「ごめんなさい」と太巻のケジメ「申し訳ない」を聞くことが出来た春子(小泉今日子)。

    これで過去を清算できた??
    溜まっていた澱を洗い流せた??
    わだかまりは希釈できる??


    過去の諸々を硬い表情のまま思い起こす春子が「歌いなさい、アキ。ママ歌ったよ、今度はあなたの番でしょ。早く!」

    ”今度はあなたの番”ってのは、1984年から続いてきた”自分の番”にピリオドが付いたと言うことかも。吹っ切れたのかも。

    アキちゃんがブースに入っていき、春子は良い表情で椅子に座ります。

    アキちゃん、『潮騒のメモリー』を歌い始めます。
    「来てよ その火を 飛び越えて〜♪ 砂に書いた アイ ミス ユー♪」

    真顔で一生懸命歌おうとしてるアキちゃん。
    普段の能年ちゃんの”素”に近い顔つき。

    「置いていくのね さよならも言わずに 再び会うための 約束もしな〜〜いで♪  北へいくのね ここも北なのに 寒さこらえて 波止場で待つわ〜〜♪」

    ホッコリ顔で感慨深げな春子が「感謝しなくちゃ。アキのお陰で鈴鹿さんに会えました。」

    鈴鹿ひろ美「フフフッ、良い娘さんね。」

    うっ、泣くほどの場面じゃないと思うのに目頭が熱くなってきた。

    アキちゃん「Aマイナーの アルペジオ 優しく〜〜♪ 来てよ その火を 飛び越えて〜夜空に書いた アイムソーリー♪」

    アキちゃんの歌に映画『潮騒のメモリー』の最後に撮影したシーンが重なります。
    「バカ。東京さ行ってからだ。」
    「母ちゃん、ゴメン、母ちゃん。」



    「来てよ その川 乗り越えて 三途の川のマーメード 友達少ないマーメード マーメード 好きよ〜 嫌いよ♪」

    上手じゃないけど、一生懸命歌ってるアキ(能年玲奈)ちゃんの歌声を聞いていると、余計に目頭が熱くなってくる。

    贔屓の引き倒しになるけど、ソロで通して歌うのを初めて聞いた感じの能年ちゃんの素朴な歌声に痺れちゃった。
    デジタル加工してあるんだろうけども、飾りっ気のない素朴感が滲んで かなり良い感じで心に染みます。
    −◆−

    映画のラストシーンになって、そのまま”関係者試写”の会場に・・・。
    ミズタク、感慨ひとしおの顔。

    太巻も感動して涙。
    春子の目も潤んでる。

    アキちゃん、エンドロールが流れるスクリーンを見つめる目がキラッキラ。

    次回へ続く・・・。

    満島ひかりの『Woman』で泣かされるのは想定内だけど、『あまちゃん』でウルウルさせられちゃうとは・・・。

    昨日、予定外の芝居をした鈴鹿ひろ美にアキちゃんが「ずれえ(ずるい)、ずれえよ鈴鹿さん!」と言ってたけど、今日は「ずれえ、ずれえよクドカン!」って思うほど、まんまとウルウルさせられちゃった・・・。

    クドカン、色んな技を出してくるなぁ・・・。





    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      映画の撮影を無事に終えたアキ(能年玲奈)は、主題歌のレコーディングに臨む。 春子(小泉今日子)や太巻(古田新太)が立ち会う中で必死に歌うが、なかなかOKが出ない。 そこで手本を示すため、春子が歌う...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/08/31 11:40 AM
      朝から泣けて泣けて(/_;)この日が来るのを待ってたんですよ〜。影武者春子のレコーディングシーンには、いつもウルウル来ちゃうんですけど、今日の春子の『潮騒のメモリー』から涙腺ヤバし!鈴鹿ひろ美の、太巻の、春子の何とも言えない表情が上手し!それぞれが苦しん
      • 美容師は見た…
      • 2013/08/31 11:34 AM
      9/2(月)のスタパに、テーマ曲等の大友良英さんが出演予定だそうです。 既にお伝
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2013/08/30 11:47 PM
      ついに春子が影武者だったことが、鈴鹿さんにばれてしまう! いつ知ってたのかと聞かれて、 「ずっと前だったような、今だったような…」 と言ってたけど、 あれ、今まで鈴鹿さん気づいてなかったよね...
      • 青いblog
      • 2013/08/30 10:53 PM
       2010年暮れ、『潮騒のメモリー』のレコーディングが行われました。 歌詞を渡された時のアキ、春子、水口の、それぞれ思うところある表情が印象的でした。 で、テイク5まで、歌 ...
      • トリ猫家族
      • 2013/08/30 5:57 PM
      今日は歯医者… 待合室で『NARUTO』を読んでるんだけど 呼ばれるのが早いので全然進まない(笑) …ひじゅにですが何か? 「申し訳ない、春ちゃん」by太巻 『潮騒のメモリー』主題歌レコー...
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2013/08/30 12:28 PM
      今日は歯医者…待合室で『NARUTO』を読んでるんだけど呼ばれるのが早いので全然進まない(笑)…ひじゅにですが何か?「申し訳ない、春ちゃん」by太巻『潮騒のメモリー』主題歌...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2013/08/30 12:28 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten