『八重の桜』第34回「帰ってきた男」★襄(オダギリジョー)が女紅場の授業で勝手に賛美歌を‥

0
    『八重の桜』第34回「帰ってきた男」

    タイトルバック、また変わった?
    ”みね”はあっという間に大きくなってるし・・・。

    で、あまり感想らしい感想が思い浮かばなくなってきて、唯一、井戸の淵に座って、穴の中に足が入る形でお裁縫していた八重(綾瀬はるか)が可愛らしかったかなぁ・・・。

    (夏ってこともあるし、やっぱ井戸は”お岩さん”の専売特許なんだけどなぁ・・・うらめしや〜。)
    −◆−

    覚馬に耶蘇教の勉強を始めるよう指示された八重(綾瀬はるか)。

    宣教師ゴードン先生から色々教えてもらってるけど、「汝の敵を愛せ」「敵のために祈れ」「右の頬を打たれたら左の頬も出せ」などという教えが会津の常識とかけ離れすぎていて合点がいかない八重。

    ブッシュ大統領なんてキリスト教原理主義者から支持されていたようだけど、「汝の敵を潰せ」「敵の殲滅を祈れ」「右の頬を打たれたら倍返し」って感じじゃん・・・と、ドラマの感想ではない感想。


    襄(オダギリジョー)がアメリカで学んだ頃、まだブッシュ親子は生まれてなかったからイイっか・・・。
    −◆−

    襄(オダギリジョー)が女紅場の見学。

    彼が英語の授業を見にいってほどなく教室から歌声が聞こえてきました。

    授業を見るだけではなく、歌で英語に親しむためだとして女生徒に賛美歌を歌わせているのです。

    「Jesus loves me! This I know, For the Bible tells me so♪ 」

    見学に来てるはずなのに、お構いなしで勝手にこんな歌を唄わせている襄(オダギリジョー)にイラッときちゃう。

    何様のつもり!?
    部外者が勝手なことするな!!

    襄はアメリカ帰りでフランクなんだけど、そこを強調しすぎると不躾に見えます。


    生徒たちは襄の後を追うようにして歌ってる・・。
    「Yes, Jesus loves me! For the Bible tells me so♪ 」
    初めて聞いた歌だとは思えないほど見事に声を合わせて上手に歌ってる。
    不自然なほど楽しげに歌ってる。

    女紅場だから、今ならNKB48!?
    本家より歌うまいかも。

    −◆−

    覚馬さん、襄と話している内にかつて佐久間象山の蘭学所で出会った少年・七五三太だと気づきました。

    「あの時の・・・」
    毒にも薬にもならないエピソードなんですけど、運命的すぎてイラッときました。

    森三中・大島がトボトボと歩いて帰ってくるのを日本武道館のステージ上のみんなが歌を唄いながら待ってるのと同じくらいわざとらしい感じがしました。
    −◆−

    アメリカへ留学をしていた山川健次郎(勝地涼)は、5年間の留学を経て、日本に帰ってきていた。山川浩(玉山鉄二)や巡査になっている佐川官兵衛(中村獅童)らも健次郎との再会を喜ぶ・・・。

    とりあえず、「それがどうした」って感じでしかない場面。

    今後次第なんだけど、今のとこと健次郎(勝地涼)は登場人物として魅力的じゃない。
    −◆−

    最後は襄が「八重さん、私の妻になって頂けませんか」とサラッとプロポーズ!

    洋行帰りにハイカラさんで、古い常識をかなぐり捨てようとしてる人物だとは分かっているんですけど、浮いてる感じに馴染めない〜〜〜。

    なんか分からんけど、新島襄(オダギリジョー)にイラッとする〜〜〜。


    というわけで『八重の桜』、盛り下がってまいりました・・・トホホ。





    ◇◆◇ 「半沢直樹」 感想 ◇◆◇
    #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7

    ◇◆◇ 満島ひかり『Woman』感想 ◇◆◇
    #9 #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.08.13 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      第34話『帰ってきた男』 「悲しいことなんかない方が良いに決まってる」by八重 八重の心の傷の深さを想像させる台詞だな… 八重が餅を切っていたかと思うと 襄はクッキーを例えとして摘み上げる...
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2013/09/03 8:49 PM
      第34話『帰ってきた男』「悲しいことなんかない方が良いに決まってる」by八重八重の心の傷の深さを想像させる台詞だな…八重が餅を切っていたかと思うと襄はクッキーを例えとして...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2013/09/03 8:49 PM
      ★ 会津の教え = キリスト教 「今この国には心が傷ついた人が増えています。 日本人にはキリスト教が必要なのです」 もうちょっとサラッといくかと思いましたが、 ガッツリとキリスト教来ました...
      • 青いblog
      • 2013/08/29 10:01 PM
      大河ドラマ「八重の桜」第34話をは1875年に新島襄がアメリカから帰国し日本で学校を設立するために覚馬と槇村の元を訪れた。そこで襄は京都で学校の設立をお願いすると覚馬 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/08/28 5:40 AM
      「帰ってきた男」 第34回の視聴率は、前回の15.9%より下がって、13.4%で
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2013/08/27 1:05 PM
      江藤新平は天保五年(1834年)の生まれで明治七年には40歳だった。 征韓論に敗れ、西郷隆盛らと下野した後に佐賀の士族を率いて佐賀の乱を起こす。 一方、陸軍少佐となった元斗南藩大参事・山川大蔵(浩)は弘化二年(1845年)の生まれで29歳である。 政府軍の熊本鎮台に所属
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/08/27 12:36 AM
      大河ドラマ「八重の桜」。第34回、帰ってきた男。 アメリカから日本に帰ってきた男・新島襄。 と、そんなことは八重には関係ないんだから もう少し性格とかに関係あるタイトルの方が よかったのではないかと思った第34回。
      • センゴク雑記
      • 2013/08/26 11:33 PM
      はるばるアメリカから 日本に帰ってきたのは、新島襄出て行くときは密航だったのに、木戸孝允 の力添えで、立派な帰国。持つべきものは コネですね。
      • 風のうわさ
      • 2013/08/26 10:12 PM
      公式サイト 1875(明治8)年、アメリカ留学から新島襄(オダギリジョー)が帰国
      • 昼寝の時間
      • 2013/08/26 9:09 PM
      第三十三話「尚之助との再会」はこちら。 前回の視聴率は予想をはるかに超えて15.
      • 事務職員へのこの1冊
      • 2013/08/26 8:55 PM
      明治8年になって新島襄がアメリカから帰ってきた。 襄は槇村や覚馬の援助を受け、京都に英学校を作るために動き出す。 一方で、八重もまた、覚馬に促されて耶蘇教を学び始めてい ...
      • 宴の痕
      • 2013/08/26 8:42 PM
      1875年。 新島襄が帰国し、いよいよ本編に本格的に登場。 キリスト教の教えに基づく学校を開こうとするが、大阪では頓挫。木戸に勧められて、京都でそれを試みようとする。 ...
      • 虎哲徒然日記
      • 2013/08/26 8:31 PM
      学校を、作りたい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308250002/ 【送料無料】八重の桜・襄の梅 [ 本井康博 ]価格:1,995円(税込、送料込)
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2013/08/26 7:20 PM
      明治8年、襄(オダギリジョー)は覚馬(西島秀俊)や槇村(高嶋政宏)の援助を受け、 京都に英学校を作ろうと動きだす。 そのころ、八重(綾瀬はるか)は覚馬に促され、耶蘇教(キリスト教)の勉強を始...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/08/26 5:59 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten