半沢直樹 第6話★古里(手塚とおる)のニタニタ顔にムカムカ

0
    半沢直樹 第6話
    5億から120億!東京で、倍返しなるか


    大和田常務(香川照之)と岸川業務統括部長(森田順平)と、不本意参加の半沢(堺雅人)の3人が高級料理屋で一献。

    大和田常務が合併後の派閥争いについて話題にしていて「頭取の椅子に中野渡さんが座ってる限り我々は日の目を見ることはないだろう。」と、旧産業中央銀行出身者の不遇を愚痴っています。

    頭取を追い落としたいのね・・・。

    そんなこんなで、地酒を口にしながら「鳶姫に限るね。昔金沢支店に居たとき飲んで以来、私はずっとこれ一筋でね」

    悪代官の側近っぽい雰囲気の岸川業務統括部長が、半沢が金沢出身だと大和田常務に話します。

    大和田常務「それは奇遇だねぇ、やはり私と君は縁があると言うことかなぁ。」
    縁があるのだ!!!

    半沢「実家が”半沢ネジ”という小さな工場をやっております。」
    わっ、言っちゃった。なんかドキドキするなぁ・・・。

    しかし料理を食ってる大和田常務は「ネジ、ふ〜〜ん、そう。まあ今は厳しい時代だからね。工場の経営もさぞ大変だろう。しかし君ががこうして立派な銀行員になったことをご両親もきっと喜んでるんじゃないかなぁ。」

    ”半沢ネジ”が金沢支店時代の取引先であった過去を完璧に忘れてる!?

    目つきが変わりつつある半沢が「父は25年前に他界しました。」首を吊った父を思い浮かべています。

    雑談風の口調で「ああ、そうか。君も大変な苦労をしてきたんだねぇ」と大和田常務。

    ヒヤヒヤ、ヒリヒリするわぁ。

    半沢の顔に徐々にカメラが近づき、怒りを押し殺した表情。
    目が光っています。
    −◆−

    半沢の同期で法務部のホープ・時枝(高橋洋)が担当していた伊勢島ホテルが資金の運用失敗で120億もの損失を出すことが判明。

    東京中央銀行は200億円の融資をしたばかりででした。

    で、営業第二部・内藤部長(吉田鋼太郎)から時枝に代わって半沢が伊勢島ホテルを担当するよう指示が出ます。

    『7つの会議』に続いて「池井戸潤ドラマ」出演の吉田鋼太郎、髪の毛が黒いから、一瞬別人かと・・・。

    要は、「金融庁検査」までの2週間で120億の損失穴埋めと経営再建案策定という無理難題を言い渡されたのです。

    手を付けていない夏休みの宿題を今週いっぱいで仕上げるより難しい。

    そしてこの案件は頭取命令であると内藤部長が告げました。
    −◆−

    頭取室に呼ばれた半沢。
    頭取が「よろしく頼む。」

    半沢は45度で腰を折って最敬礼。

    これまでも”時代劇のノリ”を感じると感想を書いてきましたが、頭取に最敬礼した所作も殿様から重大な使命を仰せつかった家臣のような絵面。

    半沢は背広ですが、まるで裃(かみしも)姿の武士のように見えます。

    最敬礼から顔を上げた半沢は向かって左からの照明で顔の半分に濃い影。

    半沢直樹で多用される照明手法、コントラストが際立っており、堺雅人らの濃厚な演技をひときわ引き立て雰囲気がでます。
    −◆−

    伊勢島ホテルを訪ねた半沢直樹(堺雅人)。

    社長不在で羽根専務(倍賞美津子)が対応。

    半沢が「120億の運用失敗は見過ごせません。このままでは金融庁検査で問題アリと仕分けされて融資が継続できなくなる可能性がございます。」と指摘。

    しかし「そうならないようにするのがあなたたちの役目でしょ。」と、にべもない返事。

    半沢が事業計画の練り直しが急務だと言っても「大袈裟ね何もそこまで心配する必要ないでしょ。運用の失敗はホテル経営とは関係ないことなの。」

    さすがアントニオ猪木の元妻だけあって少々のことでは動じない羽根専務(倍賞美津子)。


    半沢の部下・小野寺「それでは金融検査は乗り切れません。」

    羽根専務「それはそちらの勝手な都合でしょ。うちは銀行さんの都合で事業してる訳じゃないの。」

    完全に逆ギレ!? 

    半沢が融資した200億円の引き上げに言及しますと、羽根専務は「おかしなこと言うのね。財務内容は全て書類で出したはずです。運用を隠したつもりはありません。失敗を見抜けなかったのはあなたたちの責任でしょ。それをそっちの都合で勝手に返せなんてまるでヤクザね。」

    神経太すぎ!!! 面の皮厚すぎ!!

    こりゃ凄いオバハンや。東田(宇梶剛士)なんかとはスケールが違うわ。
    −◆−

    出向先のタミヤ電機への融資を頼みに東京中央銀行・京橋支店に出向いた近藤(滝藤賢一)。

    今月末までに融資がないと立ちゆかなくなるという近藤に対して、融資課課長代理の古里(手塚とおる)が半笑いの顔でネチネチ、ネチネチと問題点を指摘。

    近藤が「どうか融資を通して頂けないでしょうか。この通りです」と頭を深々と下げてお願い。

    古里「近藤さん、あなたそれでも元銀行員ですか。みっともない。」
    古里のニタニタ顔が、ワンショットでアップになります。
    ムカムカします。

    古里から執拗にいたぶられている近藤は青白い顔で涙目。

    すると、黒いインクのような液体が垂れそうになる映像が挿入されます。

    なんか怖い。壊れかけている近藤の内面が恐いほど伝わってきます。
    −◆−

    東京中央銀行の古里から融資に必要だと求められた中期事業計画書の件を、近藤が田宮社長(前川泰之)に持ち出しますが、社長は「そんなものなくたって今までは融資が取れていたんだよ。君に原因があるんじゃないの。」

    感じ悪っ!!!

    さらに「事業計画書なんかいちいち書かなくてもこれくらいの会社なら問題ないんだよ。」「とにかく、少しは頭を使って下さいよ。」と言って、指で近藤のこめかみをつつく田宮社長。

    「銀行の知り合いに裏から手を回してもらうとか、あんたは、そのためにここにいるんですよ。」と駄目押しのセリフ。

    独りよがりで最悪の経営者!!!

    近藤は東京中央銀行の古里にいたぶられ、田宮社長は真面目に取り合わない。

    厭な奴らの板挟みになった近藤に同情せずに居られないわ。
    −◆−

    経理課に戻った近藤。
    古巣の東京中央銀行から融資を引き出せずに針のムシロ状態。

    野田経理課長「マジでやばいぞ、東京中央はもう頼るな。」

    小川「あ〜あ、融資の計画一つも決められなくて部長だもんなぁ。良いよな、元銀行さんは。」とあからさまに嫌味。

    野田経理課長「そういう言い方をしたら失礼だろ、元銀行さんにぃ。ま、そんなもんだからここにいるんだろうけど、元銀行さんは。」

    社長が社長なら社員も社員。
    このカルチャーではこの会社はダメだわ。
    −◆−

    廃棄物処理場で働く戸越(小林隆)を訪ねた半沢。

    戸越は伊勢島ホテルの元経理担当だったのですが、120億損失を内部告発したためクビにされたのです。

    サブバンクの白水銀行は内部告発を聞き入れて融資を中止したのですが、東京中央銀行は逆に内部告発を伊勢島ホテルに通報したためにクビ。

    だから東京中央銀行への不信感は強烈なのですが、これを知ってすぐさま真摯に謝罪した半沢には心を開いた様子の戸越・・・。
    −◆−

    融資話のリターンマッチに出向いた近藤(滝藤賢一)。

    またまた対応する古里(手塚とおる)が「こんなできもしない嘘の計画書を作ってきやがって。」

    出向になった近藤を「銀行を出される訳だ。」と見下し、さらには指でカウンターの上の書類を叩きながら「いいか、もっと正確な数字を入れてこい。でなきゃ、死んでも融資は実行しねえぞ。」

    机バンバンの小木曽(緋田康人)が居なくなったのに、今度は古里が指で机を叩き続けちゃう!!

    目一杯 陰湿にいたぶられた近藤、また黒いインクのイメージが・・・。

    とうとう銀行を出たところで崩れおち、頭を地べたに擦りつけるようしてアルマジロみたいに丸まってしまいます。

    あれでは心が折れるわ・・・。

    京橋支店に向かう半沢がそんな近藤を発見。

    涙する近藤を剣道場に連れて行って防具をはめて剣道開始。
    思いっきり近藤を打ち据える半沢。
    近藤、打たれっぱなし。

    半沢「大学時代を思い出せ!」
    大学時代の体育会系の厳しい練習に耐えてきたことを思いだしたのか、この言葉で息を吹き返した近藤が「ウォーーウォーーー」と打ち返していきました。

    慶應大学体育会恐るべし!?
    −◆−

    戸越が古里を呼び出して、とある居酒屋で話しをしています。

    古里が生中を何杯か飲んだタイミングで「金融庁検査で伊勢島が槍玉に挙がってるらしいな。120億の損失がでることを俺はあんたに伝えたはずだ。」と戸越。

    古里「もうその話は終わったんだよ。あんたが全部悪いんだよ、内部告発なんて大それたコトをするから。」

    「もみ消して俺のことを羽根専務にリークしたんだろ。」

    少し酔いが回り始めているのか舌が滑らかになっている古里が「誤解だって言ってんだろ。俺はキチンと上に報告したんだ、隠蔽したのは俺じゃなく上の人間だ。」

    すると間仕切りの向こうの隣席から声。
    「最近の銀行員には間抜けが居るなぁ。隣にどんな客がいるか分からないのに内部情報をでかい声でペラペラ話して平気なんだからなぁ。」半沢です。

    近藤も一緒です。

    半沢「損失が分かっていて報告しなかったなんて、それは拙いんじゃないの古里君。」
    もはや完全優位に立ったので君付け!!

    しっかり古里の話は録音もしてあります。

    他の客が驚くほどの大声で半沢に怒鳴りつけられて「申し訳ない」と古里。小者感がナイス!!

    弱いものには強いけど、強いものには思いっきり弱い古里!!!

    で、もはや言いなりの古里は、貝瀬支店長(川原和久)に上げた内部告発をもとにした報告書が、疎開資料として京橋支店の金庫室に保管されており、今夜10時には貝瀬の自宅に移動させることを白状しました。

    まさか『半沢直樹』で伊丹(川原和久)にお目にかかろうとは・・・。
    −◆−

    疎開資料が貝瀬の自宅に移されると手の出しようがないので、大急ぎで京橋支店に向かう半沢、近藤、古里。

    半泣きで同行してる古里、オモロイ。

    で、金庫室の暗証番号やら鍵やらをあれやこれやでクリア。(書き切れん)
    ま、『ミッション・インポッシブル』とか『オーシャンズ・イレブン』みたいなドキドキ・ハラハラがあって、見事に内部告発隠蔽の証拠となる報告書を入手。


    一息ついたところで半沢直樹が古里に「もう一つ言っておく。タミヤ電機への融資の稟議、書き渋ってるそうだな。どこがダメなんだ、言ってみろ。」

    古里「支店長が金融庁検査の前に簡単に融資は・・・モゴモゴモゴ」

    「全部他人のせいか!!」と、半沢直樹名物のニラミが入ります。

    半沢は「お前みたいな奴に与信判断する資格はない。」とにじり寄って顔をぐっと近づけ「明日中に書け、いいな。」と命令。

    古里、ヘロヘロで服従。
    小者・古里へは倍返しとまでは行きませんけど、1.5倍返しくらいかな・・・。
    −◆−

    ホテルに復帰できた戸越。

    旧弊に縛られた悪しき伝統からの脱却を心底進めようと考えている湯浅社長(駿河太郎)に半沢が戸越復帰をお願いしていたのです。

    慎之助(笑福亭鶴瓶)の息子が半沢(堺雅人)で、鶴瓶の息子が駿河太郎だから、堺雅人と駿河太郎はドラマ的な義理の兄弟!?

    で、伊勢島ホテルを救って下さいと半沢に願う戸越は「歴代京橋支店長と伊勢島の関係は黒い闇だ。貝瀬はその闇の入り口に過ぎない。」

    歴代京橋支店長・・・大和田(香川照之)、岸川(森田順平)はダークサイドね。
    −◆−

    近藤がタミヤ電機に帰社して融資が下りた件を経理課員に伝たえます。

    そして野田経理課長に「今後の詳細な計画書を作りたいので前期までの決算書を出してもらえますか。」

    野田(利重剛)は「何度言ったら分かるんですか。余計なマネはしないでください。あなたは、銀行からお金を引き出すことだけを考えてればいいんだよ、元銀行さんなんだからぁ!」

    経理課員一同で哄笑。

    近藤、また脳内黒インク!!!

    しかし半沢の<大学時代を思い出せ近藤>という言葉を思い起こした近藤は「野田さん、お願いします。決算書を持ってきて下さい。」

    近藤(滝藤賢一)の目元だけを映した映像が良い。
    滝藤賢一の脆くて危なそうな目の演技、凄い!!!



    近藤の変化に気づいていない野田が「くどいな、そういうことはやめてくれと言ってんだろう!!」と毒づきます。

    近藤、とうとう野田!!!! 決算書を持って来いと言ってるんだ! 一つだけ言っておく、今の私はタミヤ電機の経理部長です。二度と元銀行さんなどと呼ぶんじゃない!」とどやしつけます。

    戸惑ってる野田に「返事は!」

    野田、不本意そうな顔をしながらも「はい。」

    えらそうにしていた経理課員・小川にもお前もだ。」

    「はい」

    近藤の黒インクが消えて行きました。

    近藤の、プチ「倍返し」完成。
    スっとしたぁ。
    −◆−

    大和田常務が半沢を呼び出して「京橋支店で不正を調べてるという噂を聞いたんだが。」

    半沢は、伊勢島ホテルで120億の損失が出たことを銀行に内部告発した人物がいたが、貝瀬支店長と古里が握りつぶし、200億の融資が実行されるよう仕向けた旨を説明。

    この不正の裏には、貝瀬支店長に指示を出した別の人物がいる疑いがるので、証拠はあるが今は見せられないコトも話します。

    自分らに疑惑の目を向けられてることを承知してる大和田はとぼけた口ぶり「まいりましたね。このままじゃ、容疑者にされてしまうよ。」


    徐々に顔が厳しくなり始めた半沢は「どこかの誰かが伊勢島ホテルの内部告発をもみ消した。それが誰なのか、何故そんなことをしたか、今は分かりません。ですが今回の件で、伊勢島ホテルが大きなダメージを被ったのは事実です。私は担当としてどんなことをしても伊勢島ホテルを守ります。たとえ地べたを這いつくばり”土下座”をしてでも伊勢島を再建してみせる! そのためにはたとえ相手が誰でも全力で戦う覚悟です。覚えておいて下さい。」と啖呵を切ります。

    顔の片側から照明が当たり、全体に暗めの画面で半沢の顔半分が上弦の月のように浮かび上がっています。

    大和田常務は「土下座? そんなものは情に訴えるだけの下らないパフォーマンスだよ。確かに散々私の足にすがる輩を見てきたが、わたしはどうもピンとこなくてねぇ。そうするやつらは、どいつもこいつも無能な奴らばかりだったよ。」

    半沢「あなたには分からないでしょうね、土下座をする必死さも、悔しさも。」

    大雨の中、産業中央銀行の担当者・大和田に”土下座”する半沢の両親の姿が回想されます。

    半沢は「大和田常務、もし私が伊勢島ホテルを救えなかったときは、あなたに対するこれまでの非礼を土下座してお詫びいたします。ですがもし、隠蔽を指示した人物があなたなら、私に土下座して詫びて下さい。」

    大和田常務「いだろう。そんなことができるものなら。やってみたまえ。」

    原作からの大きめの改変点が絡む部分、上手く収まりが付くか・・・。
    −◆−

    金融庁検査初日。

    東京中央銀行に仰々しく現れた一団のなかから現れたのは黒崎(片岡愛之助)。

    よっ!松嶋屋!!

    黒崎「ただいまより金融庁検査を行います。ヨロシクね。」
    顔の筋肉、目や眉、口元などが動く動く!!

    歌舞伎の隈取をしていなくても、隈取をしているような表情!!!!

    頭取の前から半沢の前に寄って行って黒崎「お久しぶりね」

    ラブリン面白すぎるーーーーー!!!
    −◆−

    半沢にも非協力的で、近藤をいたぶった古里(手塚とおる)の不快キャラが面白かった『半沢直樹』第6話。

    自分が有利なときと、立場がヤバくなったときの豹変ぶりったらね!!


    とりあえず小者・古里はクリアしたけど、伊勢島ホテルの羽根専務(倍賞美津子)、貝瀬支店長(川原和久)、岸川部長(森田順平)、大和田常務(香川照之)、黒崎統括官(片岡愛之助)など、クリアすべき敵キャラ満載。


    あとね、内藤部長を吉田鋼太郎が演じてるのが怪しいわ。
    吉田鋼太郎だから、毒にも薬にもならないその他キャラの筈がない。


    なんにせよ、拡大版だった第6話。隅から隅まで面白かったぁ。


    あ、忘れかけてたけど、奥様会に場違いなミニスカで現れた花(上戸彩)の”美脚押し”が凄いわ。



    ◇◆◇ 「半沢直樹」 感想 ◇◆◇
    #10(終) #9 #8 #7 #5 #4 #3 #2 #1






    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.11.25 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      25分拡大。 東京中央銀行 頭取室 金融庁の長官から中野渡頭取に金融庁検査が入ると知らせが来た。 <半沢直樹が東京中央銀行大阪西支店から本部の中枢 それもエリートが集う精鋭集団と言われる営業第二部に栄転して1年が経とうとしていた。 かつて5億の融資失敗の
      • まぁ、お茶でも
      • 2013/08/31 8:15 PM
      5億から120億!東京で、倍返しなるか 本店に異動した半沢は巨大な敵と戦う!! 視聴率は 29.0%・・・前回(29.0)と同じ
      • ドラ☆カフェ
      • 2013/08/28 1:42 PM
      「半沢直樹」第6話は本店に栄転してから1年を経た時に半沢は頭取の指名により老舗ホテルである伊勢島ホテルの経営再建を担当する事となった。しかしその損失は東京中央銀行が融資 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/08/28 5:40 AM
      公式サイト 半沢(堺雅人)が東京中央銀行本部、営業第二部次長に栄転し、既に1年が
      • 昼寝の時間
      • 2013/08/27 11:10 PM
      待ちに待った第二部が始まりましたよ〜♪ヽ(‘ ▽‘ )ノ 東京勤務になって1年後…ということで登場人物がちょこちょこ代わったけど、全然パワーダウンしてません! しかも国税局だったラブリンが金融庁へ異動に...
      • ドラマ de りんりん
      • 2013/08/27 10:33 PM
       さて、半沢が東京本部営業第二部に異動してから1年が過ぎたようです。 半沢が会議で見せた確信に満ちたきりりとした表情、それに応える部下たちの目を見ているだけで、この一年 ...
      • トリ猫家族
      • 2013/08/27 8:55 PM
      半沢(堺雅人)が銀行本部の営業第2部次長に栄転して、既に1年が経とうとしていました。 そんな時、半沢は部長の内藤(吉田綱太郎)に呼ばれて、大和田常務(香川照之)との会食へ行ってほしいと言われます...
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2013/08/27 2:22 PM
      あなたには分からないでしょうね。 土下座をする人間の必死さも。 悔しさも…。 半沢直樹 第6話        第二部東京編の初回。 端折り気味のあらすじと簡単感想で。 半沢直樹が東...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/08/27 1:55 PM
      らぶりん、キター!! 最後の最後に持ってかれたわwww 前半でさようなら、じゃなかったのねーw またまだ、半沢との対決が楽しみです! さて、後半戦はホテルの融資額も半端ないっすよ。120億です。10倍返しなんてもんじゃないわ。そして、敵はホテルのいけすかない女
      • シフォンなキモチ
      • 2013/08/27 1:26 AM
      近藤の倍返し!o( ̄▽ ̄)b グッ 予告で、目を真っ赤に充血させてワナワナしてる近藤を見るたびに心が痛かった〜 更には劇中にて、近藤の脳内でインクのような真っ黒な液体が1滴・・・また1滴と どんどん広がってくサマが心配で心配で・・・ そんな崩壊寸前の近藤を
      • あるがまま・・・
      • 2013/08/26 8:16 PM
      『5億から120億!東京で、倍返しなるか 本店に異動した半沢は巨大な敵と戦う!!』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2013/08/26 7:55 PM
      いよいよ東京編スタート! あらすじは公式HPで。 東京中央銀行、営業第二部次長、すごいね〜花形部署!! やる気まんまんで頑張る半沢。 そこになぜだか120億の損失が出ることになった伊勢島ホテル...
      • よくばりアンテナ
      • 2013/08/26 7:28 PM
      第6話「5億から120億!東京で、倍返しなるか本店に異動した半沢は巨大な敵と戦う!!」 2013年8月25日放送 半沢(堺雅人)が東京中央銀行本部、営業第二部次長に栄転し、既に1年が経とうとしていた。ある日、部長の内藤(吉田鋼太郎)に呼び出された半沢は、突如
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/08/26 5:49 PM
      TBS・日曜劇場『半沢直樹』(公式) 第6話『5億から120億!東京で、倍返しなるか本店に異動した半沢は巨大な敵と戦う!!』の感想。なお、池井戸潤氏の原作小説は未読。 “復讐劇”だから、“復習”は少...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/08/26 4:43 PM
      思い切りましたね。第二章・東京編のスタート。キャラが立ちまくってた大阪編から一新。顔ぶれも変わりましたが、黒役の憎々しさは、あいかわらずです。 (予告編で、らぶりん・黒崎、再びキター!と嬉しくなったのは私だけ? (^^;)) 扱う額も二桁違いと、ぐん
      • のほほん便り
      • 2013/08/26 4:13 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << November 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten