あまちゃん 第126回★「ミズハグ!!」「ありがと」「クランクイン」

0
    連続テレビ小説「あまちゃん」第126回(8月24日)

    オーディション合格を告げられたアキ(能年玲奈)が劇場から出てきました。
    『潮騒のメモリー』主演決定とは言え、出待ちのオタク青年3名はアキに見向きもしません。

    駆けつけてきた水口が、思いっきりアキちゃんをハグ。
    強くハグ。
    種市先輩も未だ肩に手を置いたことしかないのに、ミズタクがぎゅ〜〜〜っっとハグ。

    ”人間発電機ブルーノ・サンマルチノ”のサバ折りなみに強くハグ。(この前「マサ斉藤」ネタがあったくらいだから、プロレスの例えもOKやんね。)

    アキ「痛てっ。」
    水口「うるさい、何も言うな。」

    「水口さん、泣いてんのかぁ?」
    「うるさい。もっと泣くぞ。」

    ”土あま”のミズハグで”ミズタク萌え”でした。

    で、アキちゃんが「あれ? ミサンガ2本になってた。」
    ミサンガが切れて願いが1つ叶って、ミサンガがあと2本に・・・。

    あと二つ、何を願うことになる??
    −◆−

    アキちゃん電話でユイちゃんに電話。

    もの凄くビックリし、そして大喜びのユイ(橋本愛)ちゃん、超・爽やかなビジュアル。

    笑顔が半端なく可愛い。
    父の病気と母親失踪でアイドルへの夢を絶たれた不運をクリアして、モヤモヤから突き抜けた感じが凄く出てる。

    リアスにいた勉(塩見三省)さんも大喜び。

    電話をかわって「でかしたぞ水口。よくやった。」と勉さん、感極まってる。

    ミズタク(松田龍平)も涙。
    男二人の涙、沁みるものがあるなぁ。
    −◆−

    夏ばっばが退院して自宅療養。
    さすがに少し弱ってるかな。

    組合長(でんでん)以下、いつもの面々がオールスターで退院に付き添っていてお祭り騒ぎ。
    退院してきた夏ばっぱ(宮本信子)はアイドル状態!?

    そんなさなか、アキから電話。

    春子「嘘でしょうぉ!!!」
    みんなに「受かったってぇ、あの子、映画出るんだって。鈴鹿ひろ美とW主演で、どうしよう、アキ、主題歌『潮騒のメモリー』歌うかもしれない。春子。へたりこんでます。

    春子が言うようにアキが主題歌も歌うの!?!?

    大吉たち大喜び、大盛り上がり。

    菅原「足立君、早速ホームページのアップ画面さトップするか・・。」

    「暑が夏い」的、且つ、「恋人が仕事です」並みにひっくり返ってる。菅原らしいボケ。
    −◆−

    ヒロシが電話に出ますと、アキが「ストーブさんにもお礼言わねば。」
    太巻が”本気獲り”の動画を見たことが決め手になったことを感謝。

    「なんか、アキちゃんが、遠くさ行ってしまったみてえだ。」
    種市先輩(福士蒼汰)が、ヒロシと電話してるアキを気にしてチラ見。

    ヒロシ「でも、俺の気持ちは変わんねえがら。今も好きだから。」

    「ごめん、全然聞こえね。」

    弥生(渡辺えり)さんゴム鞠のようにビヨンビヨンと跳ねてたり、とにかくヒロシの周りが大騒ぎなので声が聞こえなかったのか、それとも聞こえていたけどそう言ったのか・・・。

    ヒロシは思い直して大声で「オメデト」
    「ありがとう。」アキちゃん笑顔。
    −◆−

    台本が届き、役名が”鈴鹿あき”になっていて <なんだか、鈴鹿さんの養子になったようで、嬉しいような、こっぱずかしいような感じです。>

    社長の椅子に乗っかってそんな事を思っているアキちゃんの声と読み方が可愛らしいのなんのって。

    北三陸では夏ばっばもベッドの上で台本に目を通してます。

    春子が「凄いと思わない。あのアキが鈴鹿ひろ美とW主演だって。地味で暗くて・・・あれ何だっけ? 地味で暗くて・・・。」

    「思い出さなくていい。」
    「そうだねヒロインだし。」


    この前は、アキちゃん自身が「私は、地味で、暗くて、向上心も協調性も・・・あれ?」って言ってた。

    母娘ともに”かつてのアキ”を忘れるほど、今のアキちゃんはポジティブに変化・成長したってコトですね。
    −◆−

    アキが本気獲りで一個だけウニを獲ったときのことをを思い出して大笑いしている夏ばっば。

    春子が「麦茶でも飲む?」
    夏ばっば「おっ、ありがとう。」

    「あれ、何か言った? 言ってないよね。」春子、聞きたかった言葉をちゃんと聞き取れなかった。

    で、今年は病気療養中で”本気獲り”に行けない夏ばっばが
    「あ〜〜〜潜りてえなぁぁ。」

    春子「来年は潜ってるよ。絶対。」

    夏ばっば、ぽつりと「どうだか。」

    ”来年”は震災明け。
    春子が言うような「絶対」なんてなくて、夏ばっばが言う「どうだか」の方が当たってる。

    夏ばっばが東京で”橋幸夫”に会って帰ってきて、病気で倒れたときに弥生さんが「急に東京さ行きたいって言ったのも、今思えば”虫の知らせ”だったかもしれねえな。」と縁起の良くないことを言ってたけど、もしかしたらあのセリフには意味が有ったのかも!?

    病気で倒れることに関しての”虫の知らせ”ではなくて、東日本大震災に関しての”虫の知らせ”だったのかも??

    ドキドキする。

    春子が麦茶を「はいどうぞ。」
    ベッドの夏ばっば「ありがと。」

    今度こそ気づいてギョッとする春子。
    「絶対『ありがとう』って言ってもらうんだ。『お帰り』と『すまなかった』は聞いたから。」と言っていた春子の願いが叶いました。

    夏ばっば、ぶっきらぼうに「ところでおめえ、いつまで居る気だ?」

    「いつまで居て欲しい?」
    「ふん、居たいだけ居ればいい。」

    「じゃあ、そうする。」
    「おう。」


    『お帰り』と『すまなかった』と『ありがとう』が三つ揃い、完全に過去のわだかまりがリセットできた母と娘。

    宮本信子とキョンキョンの二人っきりの場面、すごく良い感じ。
    さすがだわ。


    ヒロインは能年ちゃんだけど、母娘3代の物語だから、ここではキョンキョンが娘役のヒロイン。
    キョンキョンは表情が豊かで魅力的で、40代半ばを過ぎてもやっぱりアイドルだって思っちゃった。

    春子(小泉今日子)と夏(宮本信子)さんの物語は東日本大震災でどう向かうのか・・・。
    −◆−

    10月からの撮影に向けて準備が始まったアキちゃん。

    <映画のロケ中は、他の仕事は入れられないので、怒濤の20本撮りです。それと並行して連日のリハーサル。>

    「NG40回」のアキちゃんが、『見つけて こわそう』を「20本撮り」するまでになった。

    奈落にしつらえられた仮セットでは、鈴鹿ひろ美と本番さながらのリハーサルが行われ、太巻が演技チェック。

    <鈴鹿さんの集中力は凄まじく、おら ついて行くのがやっとでした。>

    ついて行くのがやっとだとしても、ついて行ってるから大したもんです。
    太巻は、アキへの変なわだかまりは無さそうで、作品に集中してる感じ。


    <ボイストレーニング、発声練習、素潜りの特訓、和服の所作、日舞、習字、ペン字、生け花、料理など、このままお嫁に行けるくらいの習い事をやり、膨大な資料を読まされ・・・>

    『八重の桜』が始まる前にメイキングみたいなのをNHKが流していたときの綾瀬はるか状態。

    和服で生け花してる能年ちゃん、ナチュラルで可愛らしい。
    −◆−

    いよいよクランクインして鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)がアキに「女優が一人の女を演じるために、どれだけ努力をするものか、よく分かったでしょ。」

    民放連ドラに7クール連続出演しながら映画の吹き替えの仕事も受けて、『大河ドラマ』と『月9』を掛け持ちし、『友達より大事な人』でCDデビューして漫画の実写化映画に連続出演するほど仕事をしまくっていたら、鈴鹿ひろ美が言うような”努力”なんてしてる暇がなくて、”役作り”も何もあったもんじゃない・・・ね、G3号。 10月からはまたTBSで連ドラ、刑事役・・・。


    役に合わせて髪の毛をひっつめて後ろでくくってるアキちゃんに、鈴鹿ひろ美「よし、じゃあね、今まで勉強したこと、1回全部忘れよ。」

    アキ「え?」怪訝そう。

    鈴鹿ひろ美「リセットしてゼロからはじめてみよ。それが芝居、それが映画です。」

    「いや、いや、いや、いや、じぇ・・じぇじぇぇ!?」

    <潮騒のメモリー、いよいよ撮影スタートでがす。>


    終盤は、クドカンの演劇哲学??
    準備が大層で念入りなリハーサルしまくりのNHKを、チクッと当て擦った??
    −◆−

    アキ、春子、ミズタク、ユイちゃんに”何かを乗り換えた感じ”が出ていた『あまちゃん』第126話でした。


    能年ちゃんが好きな人は能年ちゃん。
    ミズタクが好きな人はミズタク。
    小泉今日子や橋本愛ちゃんも・・・。

    脇役さんまでも、みんなキチンとキャラ付けされているから、誰かしらお気に入りの演者さんや思い入れのある登場人物の様子を幅広く楽しめますね。今更ですねどね。

    半ば分かっていても「どうなる、どうなる」って思えるのも魅力ですし・・・。

    さて、次週も「どうなる、どうなる」

    アキちゃん歯磨きしていて・・・。
    種市先輩、TOSHIYA(勝地涼)に先を超される!?
    「どうなる、どうなる」






    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.08.15 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      先週の視聴率は、最高視聴率でしたが、昨日のレビューをご覧下さい。水口さん、アキの合格、大喜びで、抱きしめて泣きました♪ちょっとこれ、雑誌に写真撮られたら、誤解されて、C...
      • ショコラの日記帳
      • 2013/08/26 8:29 AM
      さて、いよいよ終盤戦である。 放送予定によれば最終回は9月28日(土)・・・。 つまり、第21週〜第26週までの六週間であり、すでに今週が終わって、残り五週間になっている。 終盤から逆算すると、(21)(22)、(23)(24)、(25)(26)の序破急、もしくは(21)(22)(23)、(24)(
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/08/25 8:47 PM
       アキ、ヒロインに決定!そのニュースを知ったミズタク(松田龍平)は、すぐに駆けつけました。 ついに・・・ついに、「ミズタク無邪気ハグ」の時が来ましたよお〜!! :*.;".*・; ...
      • トリ猫家族
      • 2013/08/25 6:05 PM
      小野寺ちゃんは主役 アキは潜るシーンの吹き替え という計画が大逆転! いや 本当に大逆転するなら アキは潜るシーンの主役 小野寺ちゃんは潜るシーン以外の吹き替え になるんじゃ?>なりませ...
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2013/08/25 2:16 PM
      小野寺ちゃんは主役アキは潜るシーンの吹き替えという計画が大逆転!いや本当に大逆転するならアキは潜るシーンの主役小野寺ちゃんは潜るシーン以外の吹き替えになるんじゃ?>なり...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2013/08/25 2:16 PM
      「うるさい、何も言うな」 「水口さん、泣いてるのか」 「うるさい、もっと泣くぞ」「よし、もう大丈夫だ。行こう」 「でかしたぞ、水口!」 「一生懸命磨いた甲斐がありました。原石、やっ...
      • 青いblog
      • 2013/08/25 12:16 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten