「パシフィック・リム」ロボもマッチョなアメリカ映画★★★★

0
    パシフィック・リム

    お盆だからか映画館は盛況。

    どうやら小生の隣に陣取ったオバチャンらは、盆休みの時間つぶしに「パシフィック・リム」を観に来ている門外漢だったようで、笑う場面じゃないところで笑ったり、ペチャクチャとおしゃべりしたりで迷惑この上ない。
    −◆−

    さて、映画本編。

    海溝に出来た時空の裂け目からKAIJYU(怪獣)出現。

    人類は二人一組で脳をシンクロさせて操縦する人型巨大兵器イェーガー(ドイツ語で狩人)で怪獣に対抗。

    バロム1、ウルトラマンA、仮面ライダーWなどなど、二人で合体するヒーローと、搭乗型ロボを融合させたような雰囲気。
    −◆−

    怪獣を阻止するために『進撃の巨人』みたいに巨大な壁を築く人類。
    しかし深海からやって来た超巨大怪獣が壁を破って都市を破壊する。

    もしかして、津波と防波堤??
    −◆−

    香港での対決が中盤の山場。

    ロシア製のチェルノ・アルファ、豪州のストライカー・エウレカ、アメリカのジプシー・デンジャー、中国のクリムゾン・タイフーンがカテゴリ4の巨大怪獣を迎え撃ちます。

    巨大ロボ・イェーガーも怪獣も、とにかくヘビー級。
    がっつんがっつんパワー対決。

    ムキムキ・マッチョが肉弾戦を繰り広げるアメリカのプロレスのような面白さ。

    この映画の、「搭乗型・巨大ロボ」や「怪獣」は日本が源流になってるんだと思うんだけど、日本のプロレスとアメリカのド派手なプロレスの違いと同じで、アメリカさんの作る『巨大ロボ VS 怪獣』は繊細さのカケラのもない無骨なパワー勝負。

    イェーガーのフォルムもゴツくて、日本のロボのような美しさとは無縁。
    様式美より、ひたすらマッチョ。

    日米の文化の差や感覚の差。
    −◆−

    終盤の山は、海溝の時空の裂け目を閉じるべく出撃したジプシー・デンジャーとストライカーが、3体の怪獣と最終決戦。

    なかなかの盛り上がり!!
    バトルがあってストライカーが怪獣もろとも自爆。

    時空の裂け目を爆破するために、動力の原子炉を自爆させるジプシー・デンジャー(胸部はガンダム00の太陽炉みたいな)から危機一髪ポッドで脱出するスリリングな展開。

    英雄の自爆や、時間が迫る中での主人公の必死の脱出も、何ら目新しいものはありませんが、とにかく勢いで見せちゃう力業。

    結局、アメリカ人が英雄的な行動で地球を救うというハリウッド的なお約束の展開。
    −◆−

    何かと話題になっていた芦田愛菜ちゃんは、ひたすら泣きじゃくりながらも怪獣に踏みつぶされることなく成人して菊地凛子になりました。

    芦田愛菜ちゃん、日本のテレビに出始めた頃みたいな”泣き芸”に終始しました。

    低学年から習っている英語を行かす場面は残念ながらありませんでした。
    −◆−

    中盤以降、香港を拠点にした戦いになるので、『ブレードランナー』的な東洋趣味の都市が映ってコテコテの映像。

    物語も大味でB級味の超大作。
    ホルモン焼きみたいな映画。(褒め言葉のつもり)

    「ロケット、パーーンチ!」
    −◆−

    ロボも怪獣も、CGで何とでもなる時代だと今更ながら再確認。

    資本さえあれば日本のクリエーターに作らせたいなぁ。
    『GODZILLA・ゴジラ』もまたアメリカでしょ・・・。

    老舗・円谷プロによる最新テレビシリーズ『ウルトラマンギンガ』でも、ものすごく低予算な感じが滲み出ているものなぁ・・・。

    アメリカ、ハリウッドの資金力には悔しいけど勝てないわ。
    −◆−

    吹き替え版ではアムロの古谷徹さん、シャアの池田秀一さん、綾波レイの林原めぐみが起用されていて、「巨大ロボもの」への思いが詰まってる感じが嬉しい。

    その他にも玄田哲章、三ツ矢雄二、千葉繁、浪川大輔ら安心できる声優さんがズラリで、声優さんのキャスティングはけっこう良心的。(門外漢も混じっていたけど・・・。)

    菊地凛子の吹き替えが、あの”剛力彩芽”だったりしたら目も当てられない・・・。


    というわけで、傑作という訳ではないけど、それなりにマニアの心をくすぐる濃厚な映画でした。

    『ウルトラQ』以降、怪獣ブームをリアルタイムで体験した人間として、白黒テレビで『鉄人28号』からロボットアニメを見てきた人間として、そして『ゴジラ』を生んだ日本国民として見ないで済ますわけにいかないもの・・・。

    エンドロール途中に出てきた映像もちゃんと見て帰還したのであります。







    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:映画

    スポンサーサイト

    • 2020.10.22 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンティヴァース」)から次々と送られてくる巨大な怪獣(“kaiju”
      • 映画的・絵画的・音楽的
      • 2013/09/23 6:17 AM
      15日のことですが、映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。 IMAX 3Dにて 世界各国を襲撃する謎の巨大生命体 kaijuを倒すべく 人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの戦いを描く これは面白かったの一言!  評判も良く、デル・トロ監督ということで
      • 笑う社会人の生活
      • 2013/09/09 8:45 PM
      こんにちは(*´−`*)ノ映画を観てきましたー大注目のSF映画『パシフィック・リム』怪獣とロボットが戦う映画ですねーとても迫力のある映画でした(*´−`*)ノロボットの重量感がすごかったですね!そしてかっこい...
      • 嶋津球太の映画主体のレビュー日記.。.:*・゚☆.。.:*・゚
      • 2013/09/01 3:20 PM
      ギレルモ・デル・トロが怪獣映画を撮る。 もうこれだけで期待に胸がブレストファイヤ
      • 事務職員へのこの1冊
      • 2013/08/21 8:47 PM
      何たって、監督が ギデルモ・デル・トロ! 前作「パンズ・ラビリンス」の文学的なキモ怪しさは勿論、ユーモラス満載で超キモい悪役たちを最高峰に面白く演出した「ヘルボーイ」が素晴らしい。 実は彼、子供のころは初日に駆けつけるほど東宝物・大映物の特撮ファン。
      • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
      • 2013/08/20 8:29 PM
      『パシフィック・リム』を観に行ってきました。 原題は『PACIFIC RIM』で、“環太平洋地域”とか、そんな感じ。 誰でも知っている超有名な出演者がいなくて、地味な配役。 2013年、太平洋深海の“裂け目”から、“奴ら”は現れた。 軍がようやく倒したが、サ
      • すぷのたわごと。
      • 2013/08/19 11:07 PM
      '13.08.09 『パシフィック・リム』@丸の内ピカデリー 見たいと思って試写会応募しまくったけどハズレ・・・ DVDでもいいかなぁと思っていたのだけど、TLでの絶賛のtweetや、ギレルモ・デル・トロ監督の日本愛に感動! 別件の前売り券買いに行ったら、今作もあったので
      • ・*・ etoile ・*・
      • 2013/08/19 6:23 PM
      平成25年8月13日(火)。 映画:「パシフィック・リム」。 最強盛り上がって、力入った二の腕がなにげに筋肉痛(笑)。 小学生の頃、朝5時に起きて見ていた「宇宙刑事シャイダー」とか 「ウルトラマン」とか「ヤッターマン」とか 色んな戦い物が、ギレルモ・デ
      • ☆みぃみの日々徒然日記☆
      • 2013/08/19 4:37 PM
      パシフィック・リム ユナイテッドシネマ浦和 8/9公開 IMAX3D(字幕)にて鑑賞 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。 それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破...
      • 単館系
      • 2013/08/18 11:05 PM
      「パシフィック・リム」は太平洋の底から突如怪獣が出現した事により人類は絶滅の危機に瀕する。怪獣に対抗するために人類は2人がシンクロして操縦する巨大兵器を開発して対抗する ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/08/18 10:40 PM
      【監督】ギレルモ・デル・トロ 【出演】チャーリー・ハナム/イドリス・エルバ/菊地凛子/チャーリー・デイ/ロブ・カジンスキー/マックス・マーティーニ/ロン・パールマン 【公開日】2013年 8月9日 ...
      • シネマをぶった斬りっ!!
      • 2013/08/18 10:16 PM
      人形巨大兵器「JAEGER(イエーガー)」  VS 怪獣「KAIJU(カイジュー)」のド突き合い 公
      • ヤジャの奇妙な独り言
      • 2013/08/18 9:09 PM
      ─ ギレルモ・デル・トロ監督『パシフィック・リム』 ─ お盆休みに帰郷中、1日自由時間ができたので『風立ちぬ』と一緒に観たのがこの作品。会社の同僚に話したら「普通、風立ち ...
      • Prototypeレビュー
      • 2013/08/18 8:23 AM
       【ネタバレ注意】  ジャンボーグA対大悪獣ギロン!  『パシフィック・リム』には冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。  映画『風立ちぬ』はそれだけでも充分素晴らし...
      • 映画のブログ
      • 2013/08/17 2:56 PM
      パシフィック・リム さて、この映画には、あの子役が出演しているそうです。 それは、芦田愛菜。 どうりで、見ないと持ったら、アメリカに渡っていたのか? 英語できた? また、菊地凛子も出ている。 菊地凛子と言う名も久しぶりに聞いたけど。 2013
      • 映画情報良いとこ撮り!
      • 2013/08/17 5:59 AM
      『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』シリーズなどのギレルモ・デル・トロ監督による怪獣巨大ロボット映画『パシフィック・リム』。出演はチャーリー・ハナム、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜、他、怪獣や巨
      • 映画雑記・COLOR of CINEMA
      • 2013/08/17 12:53 AM
      ロボットとメッセージ 【Story】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われ、世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科...
      • Memoirs_of_dai
      • 2013/08/17 12:51 AM
      原題:Pacific Rim監督:ギレルモ・デル・トロ出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊池凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー
      • ハリウッド映画 LOVE
      • 2013/08/16 5:46 PM
      2Dでも十分だろうと思っていたのだけど、3Dとは相性のよいロボットものだし、何より吹替の声優陣が豪華というか珍しいメンツが集っていたので、それを楽しみにあえて”3D吹替”で鑑賞。(俳優陣に思い入れのあ
      • たいむのひとりごと
      • 2013/08/16 4:18 PM
      見てきましたよ〜〜!! 「KAIJU対巨兵イエーガー大決戦」ww 怪獣もの、ロボットものと敬遠しようものなら、今で照らし合わせてみると、「進撃の巨人」が面白いと思う人は絶 ...
      • nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
      • 2013/08/16 4:13 PM
      ツッコミ満載で興奮度は低い・・・。  
      • Akira's VOICE
      • 2013/08/16 4:04 PM
      巨大ロボットVS怪獣、それは男の子ならば観てみたいと一度は思うもの・・・。 それ
      • はらやんの映画徒然草
      • 2013/08/16 4:03 PM
      古き怪獣映画から発展させて近未来的にした人型ロボットとの対決を描いている。怪獣は海溝の中の異次元から出現するものすごく強く、対決するロボットもそれに負けないくらい巨大で威力がある。ガンダムやエヴァの世界を実写版でやってしまうとはハリウッドのスケールの
      • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
      • 2013/08/16 3:53 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten