満島ひかり「Woman」第4話★犬を探す陸と栞(二階堂ふみ)の衝撃の告白とウーギークック

0
    満島ひかり「Woman」第4話
    「ぼく、おとうさんに会いたいよ」


    今回もすごかった。

    迷子犬と陸を巡る話、栞(二階堂ふみ)と衝撃の告白、そして小春(満島ひかり)の病気とウーギークック

    どこをとっても濃密で、すごいクオリティ。

    視聴率が1桁に沈没した『ショムニ』を大逆転。
    −◆−

    言葉の遅れがあるのではないかと託児所の職員に指摘された陸(盒勤)。

    ある夜、陸が布団の中でシクシクと泣いています。

    どうしたのかと小春(満島ひかり)が陸に尋ねますが、彼は「どこに行ったの? どこに行ったの? ブンどこに行ったの?」

    その翌日、親子3人で<この犬探してます。>という貼り紙を見に行きました。

    陸が心を痛めていたのは”迷子犬ブン”のことでした。

    貼り紙には犬の特徴に加えて「本当に本当に探しています。」

    陸は「迷子なの、おうちの人いないの。一人なの、迷子なの。かわいそうだよ。」と、心のなかの思いをそのまま言葉に出します。

    小春「泣いていても見つからないよ。探してあげる?」

    陸が顔を輝かせて「探す!!」(陸くん、めっちゃ可愛い。)
    母子3人笑顔。

    その後、公園など街の至る所を探しまわる3人。
    犬探しにテーマ曲とクレジットがかぶります。

    (毎週、毎週、同じタイトルバックの長〜いOP曲に辟易とする”大河ドラマ”も、こんな風にした方が少しでも退屈な時間が減ると思うなぁ。)
    −◆−

    ブンが見つからず、飼い主の内村(濱田マリ)さん宅を訪ねた母子3人。

    デッカイ家です!!

    内村さんが玄関に出てきて、奥には中学生くらいの姉妹。
    私学っぽい制服で、姉らしい方の子が犬を抱いてます。

    陸が内村さんに「帰ってきたぁ?ブン。公園いなかったの。自転車置き場にも居なかったの。」と一生懸命尋ねます。

    ところが内村さんは「でももう大丈夫なの。新しい子買ってきたから。ちょうどペットショップ行ってきた帰りなの。可愛い子がいてよかったわ。」

    夢にまで出てきてシクシク泣いちゃうほど陸が心配してるのに、お金持ちの内村さんはすぐに代わりの犬を買って解決しちゃってる。

    内村さんでも、「探してくださったんだから何かお礼しなきゃね。」と自由が丘で買ったクッキーを差し出そうとします。

    子供ならパッと手が出そうなものですが、陸(盒勤)と望海(鈴木梨央)は手を出そうとしません。

    内村さんはなおも「美味しいよ。」と声をかけますが、陸は「ブンは? ブンどこにいますか?」

    内村さん、面倒くさそうに「大丈夫じゃない。」

    「どこにいますか?」

    「多分、保健所で殺処分されたんだよ。」

    意地悪なことを言うつもりはなく、答えてあげなきゃいけないと思って口にしたのかもしれないけど残酷な言葉です。
    −◆−

    帰宅した陸は、元気がありません。

    宿題もせず悄然としていた望海が「保健所ってなに? 殺処分ってなに?」と小春に問いかけてきます。

    台所仕事の手を止め何秒か考えてから、保健所が市民の健康を所管する旨を望海に説明。
    しかし、殺処分については触れずじまい。

    得心できない望海が再び殺処分について質問しますが、小春は「お母さんにもわからないなぁ。」

    そんな残酷な話を説明のしようがないですよね。

    「ブンはどこに行ったの?」
    小春「ごめん、分からない。」

    飼い主は新しい犬を買ってケロリとしていたのに、飼い主でもない陸が泣き始め「ブンを探してください。」

    ATARUのような口調です。
    心に汚れのない者の口調。

    さらに陸は「ブンは犬です。犬の3歳のです。内村さんのお家の犬です。色は白のところがあります。茶色のところもあります。(嗚咽して声をつまらせながら)白のとこは多いです。尻尾があります。」

    口にしている言葉を紙にクレヨンで書いてる様子。
    「遠き山に日は落ちて」がバックで流れています。

    「鼻のは黒いです。ヒゲがあります。耳が折れています。かわいいのところです。遊ぶのはボールです。走ります。走るときにはベロが出ます。かわいいのところです。手を舐めます。噛まないです。優しいです。とても捜しています。とっても捜しています。探してください・・・。(嗚咽) お願い、お願いです。」

    少し辿々しい言葉遣いが、かえって陸の強い思いをにじませます。

    陸は紙を仏壇に持って行き「捜してください。お願いします。捜してください。」

    陸のつぶやきは、父・信(小栗旬)への願い事だったのかぁ・・・。

    陸が小春に「お母さん、お父さん捜してくれるかな。陸、お父さんと会ったことないよ。お願い聞いてくれるかなぁ。」

    涙で目をうるませた小春が「聞いてくれるよ。聞いてくれる! お父さん陸のお願いなら聞いてくれるよ。会ったことがなくても大好きな人は居るの。会ったことがなくても、愛されてることはあるの。お父さんはね、陸のこと大好きなの。」

    お腹の中の陸に声をかける信(小栗旬)の回想シーンを挟んで、小春が「お父さんに会うことできないけど、手をつなぐこともできないけど、お父さんを思うことはできるの。」と陸の胸(心)に手を当てます。

    「一緒に遊べなくても、ギュ〜ってできなくても、愛すことはできるの。」

    陸は「嫌だ。思うのだけじゃ嫌だ。お父さんと手つなぎたい。お願いするのだけじゃ嫌だ。お父さんと遊びたい。」

    普段は聞き分けのいい子なのに、このときは駄々をこねた陸。

    「そうだね。」「会いたいね。会いたいね。」と答えながら目を拭う小春。


    薄情ですぐ犬を買える金持ちの内村さんの家庭と、お金はないけど情が深い小春たちのコントラストが際立ってますねぇ。

    あと、陸の言葉が遅いというのは、優しさとかの情緒が人一倍強くて思考世界に入り込んでしまい、他者とのコミュニケーションがうまくいかないってことじゃないでしょうかねぇ。
    −◆−

    千紗(田中裕子)と栞(二階堂ふみ)がカラオケルームに・・・。

    デパートで買い物した時のことを口にする栞(二階堂ふみ)が「さっき、お母さんに似合うバッグあったよ。そんな高いやつじゃないよ、4万円くらい。」

    千紗「高いじゃない。」

    「エアコンと同じくらいだよ。そんくらいしたでしょ。工事費入れたらもっとかな。」

    先刻、紗千がエディオンでエアコンを買ったのをこっそりチェックしていたのです。

    紗千はお父さんに頼まれたのだと言い繕います。

    このエアコン。もしかすると望海(鈴木梨央)と陸(盒勤)がまた遊びに来る時のことをも考えての購入かな??


    栞が唐突に「私、あの人苦手。苦手っていうか嫌い。暮らして行けないならウチに頼らないで再婚すればいいと思う。」と小春の話題。

    千紗「亡くなった旦那さんのことが好きなんでしょ。」

    栞が独特の口調で「それが気持悪いんだよ。死んだんだよ。死んだ人だよ。」「結構バカだと思う。ずっと1人でいるの? おかしいよね、後ろ向き過ぎでしょ。新しい人好きになればいいのに。」と、ことさらに刺々しいことを言います。

    二人だけなのにムダに広いカラオケルームでの薄暗くて赤茶色が強めの画面と、二階堂ふみの不思議な存在感がない混ぜになって異次元的な雰囲気さえただよいます。
    −◆−

    突然インターホンに向かって『孤独のグルメ』の井之頭五郎もビックリするほど半端ない数の食べ物などを注文する栞。

    情緒が不安定??

    インターホンから振り向いた栞が出し抜けに「あの人、痴漢なんだよ。そうなんだよ。被害者わたしだから。あの人、私の前で電車に轢かれたんだから。」

    これだけでもセリフにインパクトが有るのに、これだけで留まりません

    小中学校でイジメにあっていたことを初めて明かした栞が核心部分を告白します。
    「1年の時、高校。グループがあったの。5人とか6人の。いつの間にか私もその中の一人で、で、何をするかっていうと、サラリーマンの人の手つかんで『この人痴漢です』って言うの。嘘で。お金もらうために。」「上手くできたらみんなに褒められて、あ〜居場所できたなみたいな感じっていうか、嬉しくて。」

    グループの他の子が鼻の骨をおられたことを契機に、痴漢被害を装って金をせびる行為は沙汰止みになり、また居場所を失った栞は再び虐めのターゲットにされる前に「死のうかなとか考えた」のだと言います。

    「その時だったの、あの人が来たの。青柳小春さんの結婚相手の人。楽しそうにしてたよね、お母さんもお父さんも。3人でご飯食べてたでしょ、栞のいないとこで。」
    「ずっと聞いてたんだよ。ホントはお姉ちゃんがいたこととか、結婚して子供、お母さんに孫いて。それ聞いた時お母さん、ちょっと声変わってさ。20年ぶりに会うとか、会わないとか、そういう話になって。『へぇ〜、栞、ここでも居場所なくなるんだ〜』って。」


    母親や自分の居場所を姉に奪われると思い詰めてしまったんかぁ・・・。

    絵の才能にも自信を持てなかったように、自分の存在意義にも自信を持てずに自分で自分を追い込んでいったのかなぁ。
    嫉妬とか劣等感とかのネガティブな感情も働いたかな・・・。

    「お母さん、あの人が帰る時に梨持たせたでしょぉ。『小春は梨が好きだから』って言って。あの人、青柳信さん、梨持って帰ったでしょ。栞、あの後をつけたの。同じ電車乗ったの。」

    黒を強い目に写されたモノクロの静止画で電車内を回想。

    やるせない表情を顔に浮かべた栞は「あ・・・こういうふうに笑う人がいるんだ。こういうふうに笑う人が世の中にはいるんだ。幸せな人なんだろうな、栞みたいな思いしたことないんだろうな。こういう人達がうちに来たら、栞 どこに行けばいいんだろう。もう行くとこ無いのにな、腹立つなって。」

    二階堂ふみの目の泳がせ方が、栞の不安定な内面を見事に表現してる!

    モノクロの静止画の中に、栞に手を掴まれた信(小栗旬)。

    声が震え、すすり上げながら栞は「あの人、ビックリしてた。でも、今までお金くれた人達とは違ってた。自分の心配じゃなくて、私のこと心配するみたいに見てた。『どうしたの?』って。」

    信(小栗旬)は次の駅で電車から引きずり降ろされて酔客などから殴られたり蹴られたり・・・。

    歯止めが効かなくなって嗚咽している栞は「あの人の手から梨が落ちて転がって。あの人、それ拾いに行こうとして。お母さんがあげた梨、お姉ちゃんに、あ、あ、あげようとしてた梨。そしたら誰かが『逃げるな』って、誰かが背中ドンて押して・・・線路に。」

    なんという苛烈な顛末でしょう!!

    栞が声を絞り出すようにして「死にたいぃ・・・消えたいぃ・・・・死にたいぃ。」

    紗千が死を口にする栞を張り飛ばし、そして抱きしめます。強く抱きしめます。

    前半では小春が陸を抱きしめ、今度は紗千が栞を抱きしめてる。
    紗千と小春は断絶していても、結局は同じように強い情を見せています。


    激しく号泣する二人。

    んんーーー言いようのない凄まじいストーリー!!
    これは凄い!! 圧倒的!!


    モノクロの静止画と、カラオケルームの薄暗くて赤茶色の映像が効いてるし・・・。
    −◆−

    待合室で『ウーキークックのこどもたち』という絵本を読み聞かせる小春。

    「その子どもたちはみんな病院に住んでいました。病院で朝ごはんを食べ、昼ごはんを食べ、病院で夜ごはんを食べます。」「・・・・ボイラー室の扉を開けると、暗闇の向こうからくちゃくちゃと何やら食べる音がしてきました。”るる”は言いました、あなたがウーギークック?」

    小春が診察室の呼ばれたので、望海が陸に続きを読み聞かせます。

    「わたしはるる。一体何を食べてるの? あなたはどうして子どもたちの魂を食べるの? お願い食べないで。ウーギークックはひとつの目をパチクリさせて言いました。」

    診察室内では澤村(高橋一生)が検査結果を小春に告げているようですが音声は無く、望海が絵本を読む声が被せられています。

    「次に”るる”は赤いお花と黄色いお花をもってきました。ウーギークックは赤いお花を一口かじってぺっと吐き出し、黄色いお花を一口かじってオエっともどしました。」

    検査結果を聞いてる小春は表情を変えること無く大きな目で澤村を見据えています。

    「いいか、わたしには命が見える。人間の命がどこから来て、どこに行くのかも知っている。いつ生まれて、いつ消えるかも知っている。」

    絵本の暗示的な文章と並行して、小春の顔に憂いが浮かんでいます。

    「るるは、ききました。私の命がいつ消えるかも知っているの? ああ知ってるともさ。るるは、ききました。教えて、いつ死ぬの? どこへ行くの? そこはどこなの? ウーギークックは、またまたひとつの目をパチクリさせて言いました。その夜、百年に一度の雷が病院の屋上に落ちました。」

    診察室に声が帰ってきて澤村が「今日はお帰りいただいて、次回、検査と今後の治療方針についてご相談しましょう。」

    画面には澤村の言葉を聞いている小春の背中が大きく映しだされていて、澤村の顔も小春の顔も写っていません。

    意図して両者の表情が読み取れない形での映像。
    −◆−

    診察室から出ようとする小春が少しふらつきます。

    澤村「手を貸してさし上げて。」
    砂川藍子(谷村美月)が手を貸そうとしますが小春「いいです。結構です。」

    人の手助けを求めない小春。

    僅かな時間で一層やつれたように見える小春は、乱れた感情を整えようとするように大きく息をついています。

    望海が絵本を読み続けています。

    「わたしはもうじき灰になる。その前にお前にこれをあげよう。そういってウーギークックは長い長いヒゲが伸びた手を”るる”にさしだしました。」

    ”もうじき灰になる”というフレーズは、小春の病状を仄めかしてる??

    診察室から出てきた小春。

    望海「終わった?」
    表情を隠して平気そうに「うん、終わった。」と小春。
    −◆−

    視聴率を稼ぎそうにない重たい物語だけど、脚本とキャストのクオリティが凄くてますます見逃せなくなりました。

    「陸と犬」「栞の告白」「小春の病気」の濃厚な3本のエピソードを詰め込んでも、欲張りすぎた感じがせずにドラマが進んでいくのも凄い。


    今期はフジテレビの視聴者を舐めたようなドラマは箸にも棒にもかからないけど、そのかわりに『Woman』『七つの会議』『半沢直樹』には大満足。(『あまちゃん』は別格)



    ◇◆◇ 満島ひかり『Woman』感想 ◇◆◇
    #11(終)  #10 #9 #8 #7 #6 #5 #3 #2 #1


    ◇◆◇ 「半沢直樹」 感想 ◇◆◇
    #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2017.09.19 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ぼく、おとうさんに会いたいよ 視聴率は 13.9%・・・前回(11.4)より
      • ドラ☆カフェ
      • 2013/07/28 6:26 PM
      夏休みが近く、望海と話が弾む小春。ガードの壁に訪ね犬のポスターが貼られていた。陸は、それをじっと見ていた。小春はその横のラジオ体操のポスターしか目に入らなかった。綱を切った犬は、踏切を渡っていた。
      • まぁ、お茶でも
      • 2013/07/27 5:29 PM
      公式サイト 言葉数の少ない陸(?橋來)に言葉の遅れがあるのではないかと託児所の職
      • 昼寝の時間
      • 2013/07/26 10:39 PM
      何といっても、今回は陸君の破壊力…(ノ__
      • ドラマ de りんりん
      • 2013/07/26 6:33 PM
      最悪…((((_ _|||))))ドヨーン 小春もやっぱり白血病とやらのようで・・・そげなぁ・・・ 今回は初っ端から、急性骨髄症白血病を宣告されるシーン・・・まぁこれは引っ掛けで 宣告されてたのは小春じゃなかったけど、それを患者に伝える際の先生の表情や ひどい手
      • あるがまま・・・
      • 2013/07/25 9:58 PM
      『ぼく、おとうさんに会いたいよ』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2013/07/25 7:54 PM
      「Woman」第4話は言葉数の少ない陸に言葉遅れがあるのではないかと指摘される。気にした小春は陸が最近犬を気にしているのを感じその犬を探すが見つからず飼い主は既に新しい犬を ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/07/25 7:36 PM
      第4話「ぼく、おとうさんに会いたいよ」 2013年7月24日放送 言葉数の少ない陸(?橋來)に言葉の遅れがあるのではないかと託児所の職員に指摘された小春(満島ひかり)。 そんな中、小春は、陸が犬に興味を持っていることを知り、犬が散歩で立ち寄る早朝の公園へ陸と
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/07/25 5:29 PM
      陸の名演技に涙(・・、)黙々と食事する陸も、迷子犬の貼り紙を見つけ、じっと見入る陸も、どれも可愛らしくて♪大人目線の掲示板でも通り過ぎてしまう小春たちの目には止まらず…犬が大好き以前に、その犬のことが気になって仕方ない様子。「新しい子買って来たから」っ
      • 美容師は見た…
      • 2013/07/25 5:22 PM
      聞いてくれるよ! 聞いてくれる。 おとうさん、陸のお願いなら聞いてくれるよ。 会ったことがなくても大好きな人は いるの。 会ったことがなくても愛されてることはあるの。 おとうさんはね、陸のこと...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/07/25 3:41 PM
      水曜日の朝、「あまちゃん」は高校を卒業してしまったのだ。 月曜日はお正月だったのに・・・。あっと言う間に1年前になってしまっている。 あの日の朝・・・だれもその夜の恐ろしさを知らなかった。 同様に、人々は明日、富士山が噴火し、明後日、東海地震が起きるかも
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/07/25 3:36 PM
      日テレ『Woman』(公式) 第4話『ぼく、おとうさんに会いたいよ』の感想。 いろんな意味で、観てるのが辛い…(その1) そんなこと言うなら「観るな」と言われるだろうが、その2つの理由を書...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/07/25 3:27 PM

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten