あまちゃん 第98回★北三陸の濃厚「ガールズバー」を手伝うユイ(橋本愛)ちゃん

0
    連続テレビ小説「あまちゃん」第98回(7月23日)

    鶴ヶ城を明け渡す会津の女性達のように、合宿所の床を拭き掃除してるアキ(能年玲奈)。

    「潮騒のメモリー」を歌いながら一心不乱に雑巾がけしていたらマメりん(足立梨花)のキャリーケースに頭をごっつん。

    無愛想な有馬めぐが「この歌 誰?」

    アキ「鈴鹿ひろ美の『潮騒のメモリー』でがす。」
    心の中で<本当は「天野春子の」だけどな。>と呟いて誇らしげにニンマリ微笑んでます。

    母・春子を誇りに感じてるアキちゃんの内面が、可愛らしいニンマリ顔に滲み出てます。

    ペーペーだとはいえ役者だからこのくらいの表情が出来て当然なんだけど、それでも能年ちゃんの表現力は大したものです。

    (同系統の若手女優”桜庭ななみ”とか”川島海荷”ではこの表情をは出せないんですよねぇ。)

    で、合宿所から出かけようとする有馬めぐは「当分、彼んち泊まるから。」と大胆発言。

    アキ「有馬さん、奈落にも一応門限はあるし、恋愛御法度だ。」
    マメりんは素っ気なく「バレなきゃ良いんでしょ。」

    <すげえ、この子 おらのこと敵ともライバルだとも思ってないんだな。>

    ミニスカでスラッとしたマメりん(足立梨花)より、だぶだぶのパンツとかをザックリと身につけてる飾りっ気のないアキ(能年玲奈)ちゃんの方が可愛らしい・・・。
    −◆−

    「おかわり!!」と茶碗を春子(小泉今日子)に差し出す大吉(杉本哲太)

    押しかけ亭主か!!
    春子も文句言わずにご飯をついてあげてるから不思議な感じ。

    夏ばっば(宮本信子)から最近太ったと指摘された大吉は「いや〜バレた。1日5食なもんで。朝、朝、昼、晩、晩だ。家で朝飯食って、ここで2度目の朝飯た。正直全然腹減ってねぇ。」

    そんなドタバタを尻目に、春子は心ここにあらずで考え事してる様子。

    で、夏ばっばに「あんときさぁ、私に何言ったか覚えてる? 私が上野から電話したとき・・。」

    平成元年のあのとき、上野からどうして世田谷にもどったかを思い出そうとしてるようです。

    夏ばっばは「覚えてるわけ無えべ。」

    春子「夏さんになんか言われて、『やっぱ帰るのや〜めた』ってなったワケじゃん。」

    夏ばっば「そんな昔のことどうでも良いベ。」

    話しに入ってきた大吉が「いや良くねえぞ夏ばっば、その電話の中身次第では春ちゃん20年前に帰ってきたかもしれね。そしたらあのタクシー野郎じゃねぐ、おらと一緒になったかもしんねえ! 一日3食で済んだかもしんねえ!」

    湯気が立ちそうな勢いの大吉さん可笑しい。

    しかし夏ばっばが「おめえさ、安部ちゃんと婚約してたべぇ。」

    大吉「じぇ、そうだった、朝昼晩まめぶ生活だったぁ。」

    そうだったっけ!?
    北三陸の面々の男女関係は大らかなので把握しにくいんだけど、大吉と安部ちゃんのことは頭に入ってなかったなぁ・・・。
    じぇじぇじぇだわぁ。

    兎にも角にも、狂言回しとしての大吉さん大活躍だベ。


    で、春子は上野の電話を思い出せずに「なにしゃべったんだろうねぇ・・・。」
    −◆−

    とある番組で出演映画『猫に育てられた犬』を宣伝トークしてる鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が「実話をもとにした感動的ストーリー。今回は主人公の母親を演じたわけですが、フフフ、演技じゃなくて泣いちゃいました。猫の気持ちも犬の気持ちも分かるんです。」

    『おめでた弁護士』というドラマもナンセンスで可笑しかったけど、『猫に育てられた犬』という映画も輪を掛けてバカバカしくてメッチャ可笑しい。

    収録が終わった鈴鹿ひろ美が廊下を早足で歩きながら「全く何よあの司会者、まだ5分も残ってるのに『最後に一言』ってどういうことよ! あんなつまんない映画の宣伝5分も出来ません。」と思いっきりブー垂れています。

    アキ「えっ!つまんないんですか!?」

    鈴鹿ひろ美、プンプン顔で「最悪よ! 猫の気持ちも犬の気持ちも分かんない。猫アレルギーだもん! 実話をもとにすりゃヒットすると思ったら大間違いよ!! 現実なんて退屈。」

    映画『わさお』とか、動物じゃないけど映画『奇跡のリンゴ』とか、そういう感じの映画がクドカンはお嫌い??
    現実は退屈だから、非日常を描きたい??

    (阿部サダヲなんか、リンゴの気持ちまで分かっちゃいそうな・・・。)

    そのまま『無頼鮨』になだれこんだ鈴鹿ひろ美は、最近は母親役ばかりだと愚痴っています。

    アキ「やりだぐねえのが?」
    ”なまったタメ口”が日本一可愛らしいアキちゃん。

    ここが「やりたくないんですか?」だったら味も素っ気もないしねぇ・・・。

    鈴鹿ひろ美「だってつまんないじゃない。ドラマの中の母親ってさ、肝っ玉かぁ、良妻賢母で少し病気がち、2パターンしかないわけ。」

    クドカンは類型的なドラマが嫌いなんや・・・。

    そんな話から、鈴鹿ひろ美が「天野さんのお母さんってどんな人?」

    アキは俯いちゃって< い、言えねぇ。あんだの影武者で潮騒のメモリー歌ってたなんて。>

    アースカラーで身体の線が出ないパンツと厚手のウールを組み合わせた猫背のアキちゃん可愛らしいなぁ。

    なんだか思い詰めた顔で鈴鹿ひろ美に迫り寄って「歌が・・・歌がうめえお母さんです。」「歌がうめくて、かっけえお母さんです。今は地元でスナックやってます。」とアキちゃん。

    鈴鹿ひろ美「海女さんじゃないの?」

    アキ「海女は祖母です。母は海女になるのがイヤで東京さ出て、か・・・歌手を目指してた時期もあります。」

    男子みたいな喋り方をするときのアキちゃんも可愛らしい。

    鈴鹿ひろ美が何か思い出しそうな顔つきをしたので息を呑むアキ(能年玲奈)。

    しかし鈴鹿ひろ美は「ああそうなのぉ。」「じゃあ、お母さんの夢を託されてきたのね。」「自分の果たせなかった夢を娘に叶えて欲しいのよ。頑張んなきゃねぇ。」

    腹の中が読めないタイプの鈴鹿ひろ美だから、額面通りの言葉なのか、色んなことを知った上での言葉なのか分かんないなぁ・・・。

    素直なアキは心の中で<考えもしながったが、確かにそうだ。そしたらなして最初はあんなに反対したんだ?>

    春子に強烈なビンタを食らったときのことを思い起こすアキちゃん。

    <だが無理もねぇ。この世界でやっていく難しさを誰よりも知ってんだもん。そんなママの期待を背負ってるとしたら・・・。>

    アキは「重でえ・・・。」と声に出します。

    『無頼鮨』の裏口から顔を出したお久しぶりの種市先輩(福士蒼汰)が「天野。」

    先輩を完全スルーのアキちゃんは自転車を押しながら<あんなに歌がうまくて器量がよかったママですら、通用しねがったのに、おらなんか・・・。>

    種市先輩「天野。無視すんなよ、天野。」

    アキは振り向きもせずに「無視じゃねえ、聞こえだけど聞こえねえふりしただけだぁ。」

    種市先輩「それが無視だ。」

    アキがようやく振り返ったかと思うと「何すか先輩! 手短にお願いします。」

    相変わらずの種市先輩へのタメ口が超・面白くて超・可愛らしい。

    ぎこちなくアキに近づいてきた種市先輩が「ユイに会ってきたんだべ?」

    アキが顔をしかめて「そっちも重でえ・・・。」

    種市先輩「重でえ?」
    アキ「いや、元気だった。スナック手伝ってた。」

    仰天した種市先輩「え!!ユイが、スナック!?」

    アキが携帯を取り出してアキとヤンキー・ユイのツーショット写真を見せますと、種市先輩が思わず「うわっ! ダセえ。ダセえっ!」

    アキは種市先輩を睨みつけ「ダセえくらい我慢しろ。ようやく立ち直ったんだぞ。」

    種市先輩「そうか、そうだよな。」
    −◆−

    画面が”スナック梨明日”に切り替わって、水割りを作ってるダサいユイ(橋本愛)ちゃん。

    でも、表情は柔らかくなってます。

    カウンターでは吉田君(荒川良々)磯野先生(皆川猿時)が会話してます。

    吉田君「”ガールズバー”って知ってる?」

    口調と素振りが微妙に女形の磯野先生が「ああ、東京で流行ってるぽいね。」

    ユイちゃん「何それ、知らない。」

    かつては東京の情報を真っ先に知っていたユイちゃんが、東京で流行ってる”ガールズバー”が分からなくて、田舎のおじさんの吉田君&磯野先生に尋ねるというのは大転換!!

    アイドルになることを完全に諦めて、東京への思いが吹っ切れたのかな・・・。


    吉田君「カウンターの向こうにガールズが居て、一緒にお酒飲んだり喋ったりカラオケ歌ったりするんですって。」

    磯野先生がしなを作って「すごく楽しいんですって。」

    吉田君&磯野先生からカウンターの中にカメラが切り替わると、ユイちゃんしか居ないと思われたカウンターの中に弥生(渡辺えり)さんと春子(小泉今日子)と美寿々(美保純)が並んで凄まじい存在感を放ってる!!!

    オーバーエイジの弥生さんたちがガールズかぁ!?!?

    弥生さんは”ブティック今野”のダサダサ・ファッションのボーダーが膨らんじゃってるし、春子もユイちゃんも揃いに揃ってダサダサ!!!

    北三陸のガールズ、濃厚すぎるーーーー。
    会津が降参して鶴ヶ城を明け渡すよりインパクトが強い!!

    で、ケバイ春子が「スナックと何が違う訳?」

    顔が固まった吉田君が「何も言えねぇ。」と北島康介して磯野先生と乾杯。

    ユイちゃんの「今」を描くだけなのに、凄まじい場面になったなぁ・・・・。
    −◆−

    しおり(松岡茉優)、真奈(大野いと) 喜屋武(蔵下穂波)ちゃんとアキ(能年玲奈)が恒例の反省会。

    なぜか寮母さんみたいになってる安部ちゃんが”まめぶ推し”したりしてワーワーやってると水口(松田龍平)が駆け込んできて「重大発表がある。太巻さんがGMTのデビュー曲作ってる。」

    一同「じぇじぇじぇじぇじぇ!」


    次回へ続く・・・・。
    −◆−

    こんな感じの『あまちゃん』第98話。

    散りばめられた笑いの中に色んな要素が埋め込まれていて、やっぱりクドカンは凄い。

    フジテレビの今期の残念ドラマを見てると、余計にクドカンの力量に舌を巻きます。



    ◇◆◇ 「あまちゃん」感想 ◇◆◇
    #100-101 #99 #97 #96 #95 #94 #93
    #91-92 #90 #88-89 #87 #86 #85 #84 #83
    #82 #81 #80 #79 #78 #77 #76




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.08.05 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「重大発表がある!太巻さんが、GMTのデビュー曲作ってる」  水口(松田龍平)から、どすごい発表がありましたが・・・ 予告でさ〜太巻がさ〜「絶対潰す!」とか言ってたじ ...
      • トリ猫家族
      • 2013/07/23 6:47 PM
      アキ(能年玲奈)は、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)に、春子(小泉今日子)が 歌手になりたかったことを話す。 すると、鈴鹿から、アキは春子の夢を託されているのではと指摘され、プレッシャーを感じる。 種...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/07/23 6:34 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『あまちゃん』(公式) 第17週『おら、悲しみがとまらねぇ』 [第98回] アイドルを目指していた春子(有村佳純)は、太巻(古田新太)とともに抱えた秘密のため、...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/07/23 1:41 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten