町医者ジャンボ!! 第1話★眞木大輔が・・・

0
    町医者ジャンボ!! 第1話
    肩痛から命の危険が…病の謎を解き明かす!


    辺鄙な港町にある『馬場医院』では、院長・馬場公平が急逝し、一人娘で新米看護師の飛鳥(忽那汐里)が後任の医師を必死に探しますが、引き受け手が見つからず休院の日が続きます。

    若い飛鳥(忽那汐里)が後継者探しって、この設定からしてなんかピンとこないなぁ・・・。


    この窮状につけいるように市議会議員・西川(大谷亮介)がやってきて、『白根総合病院』の傘下に入って当番制で医師を配置することを提案。

    そこに突然、カモフラ・パンツのジャンボ(MAKIDAI)が現れBBQのボンベが破裂して大怪我をした若い男を担ぎ込みます。

    飛鳥「ジャンボ先生。」
    ジャンボ「あいさつはあとだ。」

    怪我人を治療するジャンボと飛鳥。

    飛鳥「わたし、この日を待ってたんです。ジャンボ先生の下でこうやって働く日を。」
    ジャンボ「ふ〜ん、それはちょうどよかった。俺、今日からここの院長だから。」

    『一億円の借用書』と『土地と建物の権利証』を持っているジャンボ鶴田(眞木大輔)が、なぜか横柄な態度で院長に収まっちゃう経緯はさておき、眞木大輔のセリフが・・・・。

    一生懸命頑張ってる方にたいして誠に恐縮なんですが、演技レベルが最低限の水準に届いていないですわ。

    5月に放映された金曜ロードSHOW! 『ハンコック』で、眞木大輔がレイ役のジェイソン・ベイトマンの吹き替えをしたときも『異様に単調』で映画が台無しだったのだけど、このドラマでも突然上手くなってるようなことはなくて、やはり『単調』なセリフ回し。

    駅のホームで電車の発着を告げる”電子音声”よりは上手いけど、ドラマの主演を張るにはまだ熟度が足りない。

    たとえば『となりのトトロ』糸井重里なんかは素人なりに「味」が出たんだけど、眞木大輔は無味無臭の平板さ・・・。

    そもそも『役作り』は衣装とサングラスだけ!?
    役者ってのは、立ってるだけ、部屋を右から左に歩くだけでも役に応じた佇まいがあるものだけど、そういうのも希薄の極み。

    最初から上手い人はいないから上達を見守るという考え方もあるかも知れないけど、EXILEに特別な思い入れがある訳でも無いから『演技の練習』を観る気にはならないです。
    −◆−

    場面変わって、ミニスカートの女(千種・吉田羊)が、漁港で一人腰掛けてます。

    この女が苦しそうにしてる訳でもないのに、通りがかった三沢(山口大地)が「どうしました!」

    うっ、取って付けたような不自然なシチュエーション!!

    リアルな設定なら、突然声を掛けてきた男を不審に思うところですが、女(吉田羊)は何食わぬ顔でヒールの取れた靴を差し出し「これ。」

    三沢(山口大地)は「大丈夫ですか、足くじいてません?」と言うやいなや、女の足首やら素足を触ってチェック。

    知らない人が見たら《足フェチの変態男》だと勘違いするぞ。

    で、突然足を触られても平気な女(吉田羊)は「あなた、ドクター?」

    三沢「ええ、白根総合病院で研修医やってます。」

    相手に聞かれてから研修医だと答えるんじゃなくて、先に医者であることを名乗ってから足を問診しろよ。

    そうでもしないとドラマが不自然で見てられないじゃないの・・・。


    で、この少しエロ・ケバイ女が、鶴田が連れてきた看護師・長尾千種(吉田羊)なのであります。

    ジャンボ(MAKIDAI)や飛鳥(忽那汐里)をフォローする役どことの吉田羊ですが、吉田羊がドラマ全体を何とか支えてる印象を受けました。

    彼女が居ないと、ドラマとしての体をなさない感じです。
    −◆−

    西川市議(大谷亮介)が、自らの後援会メンバーである『太川酒店』の女店主・雅美(大島蓉子)とその夫・太川星児(川渕良和)の家で突然苦悶の表情になって倒れます。

    馬場医院に電話。

    ジャンボは、人造人間のような口調で往診を拒否し、救急車を呼ぶように言います。

    しかし熱血女子・飛鳥は「父なら患者さんを放り出したりしない!どんな事があっても!」と主張して研修医・三沢とともに『太川酒店』に駆けつけ、西川市議を診察。

    三沢(山口大地)は、西川市議の肩の痛みは重い荷物を持ったため、嘔吐は疲労とアルコールによるものとのだと診断。

    素人が考えても怪しい診断結果!!!
    ヤブ医者にも程がある!


    案の定、寝ていた西川市議が突然ゲボを吹き出して容体が急変!!

    アワワ状態の飛鳥たちが救急車を呼ぼうとしたら、既に救急車のサイレンが近づいてきます。

    亡くなった馬場公平・院長が残していたカルテなどからジャンボが西川市議の病状を推察して先手を打った・・・。

    横柄で強欲で性格も悪そうだけど、腕は確かだし判断力もピカイチの名医ジャンボ・・・・って、なんかありふれた設定やねぇ。


    ジャンボ鶴田(眞木大輔)の風体から、医療版『GTO』みたいに見えなくもないし、『Dr.コトー』『医龍』『ドクターHOUSE』を足して水で割ったような印象も・・・。


    設定に新味がないなら、エピソードの面白さか、登場人物の魅力にかかってくるんだけど、初回を見る限りでは吉田羊の役者力が目を引くぐらい・・・・。


    視聴中止決定。





    ◇◆◇ 「あまちゃん」感想 ◇◆◇
    #82 #81 #80 #79 #78 #77 #76 #75
    #73-74 #70-72 #68-69 #66 #65 #64
    #63 #61-62 #60 #59 #58 #57








    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.07.15 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      棒読み加減が……とっても「GTO」です(><) それでも「GTO」なら見せ場は乱闘、ダンス仕込みの美しい動きを楽しめるってもんですが。手術もしない医者の見せ場は、火傷の治療に ...
      • ドラマでポン
      • 2013/07/11 3:21 PM
      第1話「肩痛から命の危険が…病の謎を解き明かす!」 7月4日(木) よる11時58分〜0時53分放送 海辺の風見町にある『馬場医院』では、院長・馬場公平が急逝し、一人娘で新米看護師の飛鳥が後任の医師を必死に探していた。一刻も早く診療所を再開しなければ…。しかし、オ
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/07/06 5:56 PM
      やはり、原作は同名コミックだったのですね。納得! 忽那汐里のキャスティングに惹かれてみてみたのですが、軸をなす、破天荒・医者、ジャンボ役の方が、 役者さんにしては、やや地味目、というか当世風にしては、マッチョ系だなぁ… と思ってたら、なんと「EXIL
      • のほほん便り
      • 2013/07/05 4:28 PM
      ジャンボ鶴田(1951-2000)は日本人初のAWA世界ヘビー級王者であり、全日本プロレスでジャイアント馬場(1938-1999)の後継者として完全無欠のエースと呼ばれた男である。 生ける伝説と呼ばれるライバル天龍源一郎(1950〜)との抗争を制し、鶴田越えを目指す弟子の三沢光晴(1
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/07/05 2:32 PM
      日テレ『町医者ジャンボ!!』(公式) 第1話『肩痛から命の危険が…病の謎を解き明かす!』の感想。こしのりょう氏による原作漫画は未読。 もっとドタバタとやるのかと思いきや… 亡くなった前院...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/07/05 11:38 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten