あまちゃん 第64回★不思議の国の北リアス(橋本愛)と、そこそこ じぇじぇじぇのアキ(能年玲奈)

0
    連続テレビ小説「あまちゃん」第64回(6月13日)

    『海女〜ソニック』では、海女さんたちがステージでそれぞれ見せ場を作ることになっていて、ヒロシ(小池徹平)が事前チェック。

    栗原(安藤玉恵)さんが”レディ・ガガ”に扮して登場・・・唄って踊るのか!?
    『深夜食堂』のストリッパー・マリリン(安藤玉恵)のように妖艶に??

    美寿々(美保純)さんも”レディ・ガガ”でネタ被り。

    にっかつロマンポルノ『制服処女のいたみ』で主演デビューした昭和35年生まれなのに、セクシーなガーターベルト着用で50過ぎとは思えない美保純。さすが80年代エロアイドル!!

    で、レディ・ガガは東日本大震災復興支援してくれたから、なんぼでも《レディ・ガガ押し》しても良いのであります。


    次、ヒロシ(小池徹平)が花巻(伊勢志摩)さんのエントリーシートを見てまた”レディ・ガガ”だと思ったら、なぜか花巻さんは男装で、髭とタンクトップからはみ出た胸毛!!

    ヒロシがエントリーシートを良く見直すと「レディオ・ガ・ガ」と書かれていて、花巻さんは「クイーンのな、分かるヤツだけ分かれば良い。」

    花巻さん、フレディ・マーキュリーかよ!!

    春子(有村架純)が家出して上京した1984年に発売されたQUEENの曲が『Radio Ga Ga』
    1984年にまつわる凄い因果じゃなぁ。


    次は弥生(渡辺えり)さんの昭和ヒットメドレー。
    どこからみても美空ひばり!!!(体型は違うけど)

    弥生さん「ああ〜〜〜川の流れのように〜〜〜♪」
    この前が『ヨイトマケの唄』だったし、存在が既に昭和ヒットメドレー!!

    弥生さんはリサイタルする気満々で「休憩入れて2時間半(2ずかんはん)」

    声を荒げたヒロシが「お腹いっぱいだよ!!! 潮騒のメモリーズに辿り着く頃にはお腹いっぱいだよ!!」

    番組開始1分ちょい、OP曲が始まる前で、”レディ・ガガもどき”が2名、”フレディ・マーキュリーもどき”に”太い美空ひばり”でお腹いっぱい・・・大爆笑!!!

    恐るべし、北三陸の女性たち!!!
    −◆−

    海女さんたちが”潮騒のメモリーズ”のバックダンサーとして踊ることになって、元気が出たユイ(橋本愛)ちゃんの指導でダンスレッスン。

    なぜか流れの中で弥生(渡辺えり)さんがセンターポジションに徐々に移動してきて、3頭身の身体でノリノリ!!!


    ユイがかつ枝さんに「上手(かみて)です!!」と立ち位置を厳しく指摘。

    上手(かみて)がどっちがどっちか分からなくなってる”かつ枝さん”に、弥生さんが「中川家の弟がいる方だベ。」とマニアックに上手(かみて)を解説。

    かつ枝さん「どっちが弟だあ。」と、誰もが一度は思うような疑問を口に。

    体型的には既に弥生さんの域に達してる新人海女・坪井が「つうか、さっきから弥生さん前出過ぎ!」と、思いっきりセンターポジションに立ってる弥生(渡辺えり)さんにクレーム。

    弥生「うるせえ!!」
    ヒロシがマイクで「弥生さん、下がってください。」

    弥生さんはしれっと「気のせいだぁ、遠近法だべ。全体的にデッカいから前にいるふうに見えんだべ。」と、目の錯覚だと主張しますが、引きの画面になって、ど真ん中の”騒音ばばあ”が皆より一歩前にいることが明々白々!!

    ヒロシは最初から理詰めの説得はスルーして再びマイクで「下がってくださ〜い。」

    これでも言うこと聞かない場合は、警視庁から”DJおまわりさん”を呼んで説得して貰うところですが、なんとか引き下がってくれた弥生(渡辺えり)さん。

    終盤を迎えた『北三陸編』で、海女クラブの弥生(渡辺えり)さんたちの可笑しさ全開であります。
    −◆−

    今日も自宅のテレビで映画『潮騒のメモリー』を見て涙ぽろぽろのアキ(能年玲奈)。

    仄暗い部屋で「蛇を飛び越えてこい」の映画を毎日見て泣いてるアキは、テレビから貞子が出てきたら頭をぶつけそうなほど画面の近くで見てるものだから目を悪くしそうで、オジサンは心配しちゃうわ。

    そんなアキ(能年玲奈)の様子を垣間見ちゃった春子(小泉今日子)は、喫茶リアスで油を売ってる吉田君(荒川良々)にビデオを返却。

    映画『潮騒のメモリー』にハマりすぎてるアキ(能年玲奈)が、かつての春子(有村架純)のように芸能界に憧れを抱くことを怖れたから、映画『潮騒のメモリー』とアキを引き離したのかなぁ・・・。

    (映画『潮騒のメモリー』は、春子にとっては『リング』の”呪いのビデオ”並みなのかもしれない・・・見たらアイドルになりたくなる呪いのビデオ。)


    で、春子が最近ヒロシを見ないことを口にすると、大吉(杉本哲太)、吉田君、菅原(吹越満)がヒロシは『海女〜ソニック』で忙しいことを説明。

    さらに、『海女〜ソニック』について全く知らないという春子(小泉今日子)に、”潮騒のメモリーズ”復活のことまで男どもはペラペラと話します。

    急にスピンかけられても泣かない北の冷血女・春子は「初耳、聞いてない!!」と言って、たまたま手にしていた包丁をまな板にガツッ!!!

    ヒ〜〜〜!!!
    −◆−

    海女カフェには”潮騒のメモリーズ”復活を喜ぶヒビキ(村杉蝉之介)ら、シャツをズボンにインしたオタクの皆さんがわんさかとやって来ております。


    控え室でデッカいリボンを頭に着けたアキ(能年玲奈)が「緊張するなぁ、何ヶ月ぶりだ?」
    このリボンが似合う子は、そうそう居ないぞ。

    ユイは「ありがとね、前もアキちゃんに励まされて、また借りが出来ちゃった。」

    笑顔をキラキラ輝かしてるアキは「貸し借りじゃねえべ、友達だもん。おらも得した気分だ。」

    クドカンはギャグの可笑しさもあるけど、こういう一言がサイコーに良いわぁ!!

    『貸し借りではない』『自分も得した気分』だという発想や心の持ち方が素敵すぎる。

    アキ(能年玲奈)の尋常ない爽やかさも素敵すぎる!!

    で、アキ「本番前のこの緊張感と、ワクワクする感じ? おら好きだ。なんかクセになりそうだ。」と遠足前日の幼稚園児みたいに無邪気な笑顔。

    映画『潮騒のメモリー』に引き込まれ、出番前の緊張感とワクワク感に魅了されてるアキは、海女として海に潜ることよりも気分が高揚してる様子がありあり・・・。
    −◆−

    フレディ・マーキュリーもどきの花巻(伊勢志摩)さんがやってきて、控え室のアキ(能年玲奈)に「良い塩梅に温めておいたぞ。」と舞台を盛り上げたことを息を弾ませて報告。

    アキ「ありがとうフレディ。」

    ファーストネームだけ聞くと、”QUEEN”ではなく『エルム街の悪夢』の方を連想しそうなフレディ・モドキだけど、なんしか面白いわ。
    −◆−

    遂に”潮騒のメモリーズ”の出番。

    「来てよ その火を 飛び越えて〜♪ 砂に書いた アイ ミス ユー♪」

    オタクの皆さんがケミカルライトを振りながら、「Y! U! Iラブ 不思議の国の北リアス! ユイの可愛さ、じぇじぇじぇじぇじぇ。」と声を合わせてユイちゃんに大声援。

    ユイ・パート)「北へ帰るの 誰にも会わずに・・・♪」

    ひたすら『潮騒のメモリー』を聞いていたいのに、夏さんが”もぎり”をしてる海女カフェ入り口前に画面が変わっちゃって、ヤバい雰囲気の春子(小泉今日子)が現れて、アキ・パートの「ジョニーに伝えて 1000円返して♪」という歌詞のタイミングで会場に入っていきました。

    「潮騒のメモリー 17才は 寄せては返す 波のように 激しく〜〜 来てよ その火を 飛び越えて〜♪ 砂に書いた アイ ミス ユー♪ 来てよ タクシーつかまえて♪ 波打ち際の マーメイド 早生まれの マーメイド♪」

    お座敷列車の時より場所が広いからか、動きがダイナミックに感じられるアキ(能年玲奈)&ユイ(橋本愛)。

    バックダンサーの海女さんたちも登場してステージは最高潮!!!
    さすがサマソニ・・ではなく”海女ソニ”らしく観客熱狂!!!

    オタクの皆さん「ユイ、ラブ、まめぶ、やませ、ユイ、ラブ、アキもそこそこ、じぇじぇじぇじぇじぇ。」

    かけ声、オモロ過ぎ!!!!

    「好〜きよ〜〜♪」と可愛い声で締めの歌詞にさしかかったアキの目に、会場後方に立っている春子の姿が見えて、歌の最中なのに「じぇ!」

    曲が終わってユイちゃんが「ありがとう皆さん・・・」

    世良修蔵(小沢仁志)なみに嫌い怖い母にビビって目が点になって固まってるアキ。

    春子(小泉今日子)が観客をかき分けステージに歩み寄ってきて・・・次回へ続く。
    −◆−

    ここまでアキの芸能活動に反対する春子(小泉今日子)は、東京でトラウマになるような出来事でもあったのかなぁ・・・。

    その辺は『東京編』で明かされる??


    で、小ギャグの数々も面白い上に、『潮騒のメモリー』を聞くと妙に惹きつけられちゃう!!

    オタクの皆さんと同じくらい高揚しちゃう。

    NHKさん、出し惜しみしないで『スタジオパーク』とかでアキ(能年玲奈)&ユイ(橋本愛)にフルコーラスの『潮騒のメモリー』を唄わせてくれないかなぁ・・・。

    『北三陸編』が終わる節目で、どうにか実現できないものか・・・。

    (昔なら、最終回に小泉今日子が出演したNHKの懐かしの歌番組『レッツゴーヤング』に”潮騒のメモリーズ”が出演しただろうになぁ・・・。)




    ◇◆◇ 「あまちゃん」感想 ◇◆◇
    #68-69(6/19) #66(6/15) #65(6/14)
    #63(6/12) #61-62(6/10,11) #60(6/8)
    #59(6/7) #58(6/6) #57(6/5)



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.07.13 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      栗原レディー・ガガから美寿々レディー・ガガからの 花巻レディオ・ガガ・・・・ 「わかる奴だけわかればいい!」 ついでにフレディー・エトウ 「いいあんばいに、あっためといたぜ!」って 花巻・フレディー、まじステージ見たかったな・・・ すでに琥
      • Wolrd sled hockey from japan
      • 2013/06/14 10:34 AM
       さて、『海女〜ソニック』まで、あと1週間。 実行委員ヒロシ(小池徹平)からステージの出しものの確認がありましたョ〜  まず、栗原ちゃん(安藤玉恵)の「レディ・ガガ」 ...
      • トリ猫家族
      • 2013/06/13 9:36 PM
      ユイ(橋本愛)は、アキ(能年玲奈)や町の人々の励ましで元気を取り戻した。 春子(小泉今日子)にないしょで「海女〜ソニック」のステージに立つことも決まり、連日、 練習に大張り切りだ。 イベント当日...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/06/13 2:30 PM
      NHK総合の連続テレビ小説『あまちゃん』(公式)の第11週『おら、アイドルになりてぇ!』の第64回の感想。 ユイ(橋本愛)は、アキ(能年玲奈)や町の人々の励ましで元気を取り戻した。春子(小泉今...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/06/13 1:14 PM
      海女〜ソニックに、フレディ・マーキュリー!キタ━ヽ(゚∀゚)ノ━!!珠子は絶対、洋楽が大好きだべ!珠子のお陰で、今日も書かない訳には行かねぇべ!(笑)レディ・ガガは、クイーンの曲『レディオ・ガ・ガ』に由来する芸名。そこを上手く繋げて見せて来たことにも感激〜
      • 美容師は見た…
      • 2013/06/13 1:10 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten