35歳の高校生 第9話★追放選挙 米倉涼子がセンター!?

0
    35歳の高校生 第9話
    「オバサン涙…サバイバル修学旅行」


    3年A組が、特別カリキュラムで2泊3日の自然体験サバイバルキャンプ。

    小泉(溝端淳平)が全生徒の携帯を召し上げ、食事はすべて自給自足。

    そして、なぜか食事が終わるごとに不要だと思う人間を投票で選ぶ追放選挙が行われて、なぜかキャンプ施設にある牢屋に入れられるという荒唐無稽なエピソード。

    (追放選挙って、『AKB総選挙』の裏番組であることを意識した設定なの??)

    なんで大自然に臨みながら、インドアの牢屋なのか今一つ意味不明だけど、そういうドラマだから仕方ない。


    で、オバサン馬場(米倉涼子)が魚を獲ったり食事の支度を先導したりすると、案の定、不快王・土屋(菅田将暉)らが気の弱そうな”2・3軍生徒”を脅して票固めして、投票で馬場(米倉涼子)を追放。

    「ティーンズコート」の回でも投票だったのに、また今回も同じような投票ネタかぁ・・・。
    −◆−

    2度目の投票では、これまで抑圧されていた3軍生徒たちが水面下で摺り合わせして票を投じ、土屋(菅田将暉)が追放!!!

    指原土屋では、どっちが意外!?

    3軍生徒は、キャンプが終わったあとで仕返しされてもいいと決意しての投票行動なのか、積み重なった憤懣によって後先考えずに土屋を追放したのか、どっちなんかなぁ??

    この時点でキャンプ後のことまで織り込んで土屋追放に票を投じたのなら、スクールカーストの根本が崩れかねないんだけど、その辺は精緻には描かれておりません。
    −◆−

    備蓄食料が捨てられ、集めてあった携帯が奪われる事件発生!!

    小泉(溝端淳平)は外部の人間による犯行だと断定。

    あんた、それでも元・工藤新一か!!

    誰も居そうにない山奥だし、普通なら内部犯行を疑うやろ!?
    生徒もなぜか誰も疑いを挟むことなく「外部の人間による犯行」で納得!?

    思いっきり雑な脚本です!!

    で、食料を奪われてもキャンプを中断して帰れば飢え死にすることもないし、携帯はもともと教師が没収してたから生徒には大きな影響ないですよね??

    嵐が来て孤立するとかだったら、食料と携帯が失われたシチュエーションが活きるかもしれないけど、今回のエピソードのなかでは必然性のある事件だったのかどうか良く理解できませんでした。

    次回以降、盗まれた携帯に入ってる個人情報や画像・メールを使って、事件が起きるんでしょうか??
    −◆−

    3軍の5人も追放されたあと、敗者復活戦を行うと小泉(溝端淳平)が宣言。

    復活候補に土屋(菅田将暉)が名乗りを上げ、山下(水野絵梨奈)らシンパが馬場(米倉涼子)を推薦。

    これで候補2名が決まり、復活させたい候補に味方する生徒が川からバケツで水を運び、ドラム缶を先に水で満たした方が勝ちとなる復活ルール。

    土屋の為に水を運ぶのは、東(高杉真宙)、湯川(野村周平)、梨花子(オスカー・プチゴリ押し宮香蓮)ら1軍生徒の他に、土屋(菅田将暉)にビビらされた気の弱い生徒たち。

    馬場(米倉涼子)側には、三枝(西井幸人)、大竹(上遠野太洸)、山下(水野絵梨奈)らシンパに加えて、美月(新川優愛)も・・・。

    で、必死のバケツ運びが続くうちに土屋にビビらされて渋々参加していた気の弱い生徒たちの怒りが頂点に達し、掟破りの反乱勃発。

    なんと、気の弱い生徒たちが東(高杉真宙)を凹りだしたのです。
    多勢に無勢でマウントポジションを取られて殴られ続ける東(高杉真宙)・・・。

    さらに、バケツ運びの中で、馬場(米倉涼子)の涙にほだされた梨花子(宮香蓮)ら土屋側から寝返って、馬場(米倉涼子)が復活!!

    なんという予定調和!!!
    ありきたりな展開!!!


    そもそも、気の弱い生徒たちが東(高杉真宙)をボコボコにするみたいな『数の勝負』になるんだったらスクール・カーストなんて関係ないのにね。

    『ライアーゲーム』みたいに頭脳戦や裏切りやらが複雑にからんで数を制すシチュエーションなら面白いんだろうけど、こんな雑な展開じゃあねぇ・・・。
    −◆−

    せっかくサバイバル・キャンプという舞台で話を進めたのに、大自然の脅威にさらされてのピンチに見舞われるでもなく、なんとな〜くヌルい自然体験・・・。

    テレビドラマで『バトルロワイヤル』『ハンガーゲーム』みたいな壮絶なサバイバルゲームが出来るとも思いませんけど、もう少しハラハラするとか、感動できるとか、なにか情緒に響くような中身にならないもんですかねぇ。

    「10年後の自分へ」という手紙と「サバイバル・キャンプ」を雑に絡めた意味もよく分からないし、さえない脚本でした。

    米倉涼子にコスプレさせてるだけ・・・。

    基本的に、荒唐無稽なのが悪いと言ってるのではなく、荒唐無稽でも視聴者を納得させ惹きつけるだけの計算が施されたストーリーを求めてるのであります。
    (設定さえシッカリしていたら、むしろ荒唐無稽歓迎!)





    ◇◆◇ 「あまちゃん」感想 ◇◆◇
    #66(6/15) #65(6/14) #64(6/13) #63(6/12)
    #61-62(6/10,11) #60(6/8) #59(6/7) #58(6/6)






    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.05.27 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      第9話「遂に最終章!!オバサン涙…サバイバル修学旅行」2013年6月8日放送 野田校長(榎木孝明)は「今の若者に必要なものは未来を思い描く力です」と、阿佐田教育長(渡哲也)の講演の受け売りで、生徒たちに“10年後の自分への手紙”を書かせることを提案。さらに、
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/06/10 4:55 PM
      「35歳の高校生」第9話は10年後の自分への手紙を書かせる事にしたが、その過程で3年A組には特別カリキュラムで2泊3日のキャンプを行う事となった。そのキャンプはサバイバ ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/06/09 8:25 PM
      日本テレビ系ドラマ『35歳の高校生』(公式)の第9話『遂に最終章!!オバサン涙…サバイバル修学旅行』の感想。 キャンプを通してクラスの絆が深まったらしい… キャンプを通してクラスの絆が深まっ...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/06/09 2:18 PM
      AKBの総選挙を見ていたために、最初の10分は見逃しましたw 亜矢子(米倉涼子)たち3年A組は、特別カリキュラムで2泊3日のキャンプに行くことになります。 キャンプ初日、小泉(溝端淳平)は「このキャ...
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2013/06/09 12:46 PM

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten