渋谷のDJおまわりさんと、江頭2:50を約9時間事情聴取した警察

0
    テレビで見ましたけど、サッカーファンでごった返した渋谷で見事なマイクパフォーマンスを見せた《DJおまわりさん(あるいはDJポリス=第9機動隊広報係所属)》の人心把握術には敬服です。

    20歳代でこの説得力は凄い。

    「目の前にいる怖い顔の警察官も、日本代表のW杯進出を喜んでおります。」「本当はおまわりさんたちも嬉しいんです。みなさんは12人目の日本代表です。みなさんもフェアプレーの精神で、交通ルールを守って帰りましょう」

    自分たちのことを「我々は」等ではなく「おまわりさんは」と言ってる時点で、なんか親近感が湧きますよね。

    その上、群衆と同じ気持ちでW杯出場を喜んでると言われたら、共感が湧きますもんね。

    この話術は、たとえば”人質事件”でのネゴシエーションなどで用いる交渉術や群衆誘導のスキルをトレーニングされてるから出来るのか、《DJおまわりさん》の個人の資質なのか知りたいところです。

    おりしも、航空自衛隊の広報を題材にしたドラマ『空飛ぶ広報室』が放映されていますが、《DJポリス》が所属する『機動隊広報』の活動にも興味が湧いてきました。

    で、小生が立て籠もり犯だったとして、あの《DJおまわりさん》に説得されたらすぐ自首しますわ。
    −◆−

    そういう親近感を湧かせてくれる警官もおられる一方で、下半身露出の”江頭2:50”が午前9時から夕方6時過ぎまで「約9時間の事情聴取」されたなんてニュースを見ちゃうと、親近感も吹っ飛びます。

    わいせつ物陳列では危険人物である”江頭2:50”ではありますが、約9時間も警察に留め置いたのはなんか行き過ぎを感じます。

    勿論、法律は守らなきゃイカンのですが、江頭2:50から9時間もかけて何を聞くのか理解不能。

    どうせ書類送検するのなら、チャッチャと事情聴取して、お灸を据えて放免したらいいやん。

    9時間も留め置いたことがお仕置き!?

    ”江頭2:50”が自分で撒いた種だから仕方ないし、そのぐらいの覚悟はもってやらかしてるんだろうけど、「お上のやることは怖い」と思わせる出来事で、《DJおまわりさん》と対照的ですね。



    ◇◆◇ ラスト・シンデレラ感想 ◇◆◇
    #9 #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1










    ・ふるさと納税〜総務省HP
    JUGEMテーマ:時事ニュース




    スポンサーサイト

    • 2017.05.13 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten