あまちゃん 第58回★GMT47計画とミニスカ・ユイ(橋本愛)ちゃん

0
    連続テレビ小説「あまちゃん」第58回(6月6日)

    琥珀採掘坑道で水口(松田龍平)が、坑道を掘り進むと宮古に繋がっていて、宮古から電車に乗ってオレとユイは東京にいくんだと、スティーブ・マックイーンの『大脱走』もビックリみたいな話しをします。

    純真無垢なアキ(能年玲奈)はこれを真に受けてるようで、息を呑むように耳を傾けています。

    ユイ(橋本愛)が「冗談だよ。」
    琥珀色の照明の中でも、やっぱり橋本愛ちゃんは美少女だわ。

    水口「ウチの荒巻が上野に劇場作りまして・・・。」

    ユイが一応「本題入ってるから。」とアキに補足説明。
    アキちゃんは、通訳が要るほど無邪気だから・・・。

    上野に日本全国からアイドルの卵を集めてアイドルを育成するプロジェクトを水口が説明。

    荒巻太一(古田新太)は、上野は東日本の玄関口だからだと語っております。
    (石川さゆりの『津軽海峡冬景色』でも起点駅となった上野だものね。)

    西日本の玄関口は品川だとして、秋には品川にも劇場をつくるんだって。

    これが、47都道府県のご当地アイドルを集めて国民的アイドルグループを作る『GMT47計画』

    ピンとこないアキに「地元って意味じゃない。ダジャレだよね。」とユイ(橋本愛)ちゃん。

    ジモト=GMT。
    どっちかというと、ウルトラマンを助ける防衛チームっぽい感じがしなくもないけど・・・。
    (ウルトラマンファンの小生は『ティガ』のGUTSと『ジャック』のMATが頭の中で合わさってGMT)

    インタビューを受けてる癖のある秋元康みたいな荒巻太一(古田新太)は「東京は田舎者のたまり場なんです。マスに向けてコアを放つ的な・・・」「コアというのは地元意識ですね。1億人の地元意識。東京を舞台に、コアを集めてマスを形成する、みたいな・・。」などと分かったような分からないような持論を展開。
    (設立当初は網羅的なマス展開ではなく、秋葉原の劇場での「コアな活動」で「コアなファン」を開拓したAKB48を意識してるのかな?)

    このオッサン、怪しくて胡散臭そうに見えるけどなぁ。
    (なにしろ顔がガネーシャに似てるから・・・)
    −◆−

    アキは水口に「本当に業界の人なんですか?」「何で嘘つくんですか?」

    水口「理由は色々あるけど、君のお母さんの歌きいたから。」

    スナックで歌う春子(小泉今日子)を回想する水口。
    「潮騒のメモリー 17才は 寄せては返す 波のように 激しく〜〜 来てよ その火を 飛び越えて〜♪」

    やっぱりキョンキョンの『潮騒のメモリー』にはがあるなぁ。

    アキ(能年玲奈)&ユイ(橋本愛)の”潮騒のメモリーズ”も可愛くて捨てがたいけど、キョンキョンの歌声には勝てないわ。

    で、水口が「驚きました。あんな場末のスナックで聞く歌じゃない。うまい下手じゃなくて説得力というか、本物感があった。」

    巧いこと表現するねぇ。
    キョンキョンの歌声を説明するには「うまい下手じゃなくて説得力というか、本物感があった。」という表現がピッタリ。

    このセリフを言わせるために本物のアイドルだった小泉今日子を起用したのかと思えるほどフィットしたセリフだわ。

    (今のアイドルは、一人だけではキョンキョンみたいな説得力が出せないから、大人数で勝負するのかな・・・。)
    −◆−

    お座敷列車で歌う二人を東京のスタッフが見て「ゴー」が出て、いよいよ交渉を始めようとした矢先に、ユイ(橋本愛)の方から琥珀採掘坑道にやってきて「アイドルになりたいんです!!!」と申し出た経緯を水口は説明。

    お座敷列車が回想されて、アキ(能年玲奈)&ユイ(橋本愛)の『潮騒のメモリー』
    今回はキョンキョン版と両方を聞かせて貰って、これだけで満足かも・・・。

    水口の話をおとなしく聞いてたアキが突然「なにしてるんですか? こんな暗闇にユイちゃん連れ込んで!!!」と叫び始めます。

    そうだ、そうだ!!!(小生の心の叫び!)

    ユイちゃん低めのテンションで「相談に乗って貰ってたの。最短距離で夢を実現する方法を一緒に考えて貰ったり、夕方のテレビに出るようになったのも水口さんのアドバイスなんだよ。もうすぐ18じゃん、決して若くないし、顔と名前覚えて貰った方が良いって。」

    視線をアキに向けたり水口に向けたりする橋本愛ちゃんの目の芝居がとっても良い感じ。
    動きの無い場面なのに、目だけで演技が出来ちゃうから大したものだわ。


    水口「二人とも良いキャラだし、本当は君も東京に連れて行きたいんだけど、何か忙しそうだし、興味ないんじゃね。」

    アキ、「本当は君も東京に連れて行きたい」という言葉で頭が混乱したのかフリーズ状態。
    −◆−

    スナックで大吉(杉本哲太)が「春ちゃんが帰ってきて町が動き出した。ありがとう。」としみじみ・・。

    春子「私も変わったでしょ。去年の今頃は話し相手も居場所も無くて、いっつもイライラしてた。ま、今もイライラはするんですけどね。」

    小泉今日子は『最後から2番目の恋』での中井貴一とのコンビネーションも良かったけど、こういう会話シーンをさせたら絶品ですね。

    キョンキョンの「歌」の説得力と、小泉今日子の「会話セリフ」の説得力には共通点があるのかな・・・。

    で、春子「昔のダサかった自分が嫌いで、嫌いな自分が居たこの場所が嫌いで、イライラしてた。だから、目の前に居る人とか、景色とか海とか見えてなかったんだよね。でも、最近思い出さなくなってきたよ、昔のこと。目の前のことで いっぱい いっぱいでさ、何か毎日あるじゃん。イライラをぶつける相手も居るし、うちとか こことか居場所もあるし、なんか景色も変わった気がする。」

    ちゃちゃを入れても仕方が無いけど、朝ドラだから「何か毎日ある」のが当然で、「何か毎日ある」から『あまちゃん』は面白い。

    クドカンが毎日何かを用意してくれてるから・・・。

    大吉「アキちゃんのお陰だな。」
    春子「うん、そうだね。」

    ゆったりした良い雰囲気がスナックに流れてるんだけど、
    「アキちゃんのお陰」ってフレーズは、ひょっとすると先々への『伏線』になってる??

    アキ(能年玲奈)が居るお陰で北三陸に春子(小泉今日子)の居場所が見つかったんだとしたら、もしもアキが居なくなったら春子の心に穴が開いちゃうんじゃ無いかって思わせるでしょ。

    春子は、夏(宮本信子)の存在が大きいことにも言及・・・。
    −◆−

    アキ(能年玲奈)が琥珀採掘坑道から帰ってくると、夏(宮本信子)さんが思いっきり目を開けて眠っています。

    団扇で夏さんを扇いであげてるアキちゃんは、琥珀採掘坑道での会話を思い出して悩ましげです。

    そして、防波堤の灯台の脇から海に飛び込んだとこを思い起こすアキは、夏(宮本信子)さんが「しゃっこいとが足が着くとか着かねえとが考える暇無かったべ! そんなもんさ。飛び込む前にあれこれ考えたって、どうせその通りにはなんね。だったら何も考えず飛び込め、なんとかなるもんだ。死にてくねえからな。」とアキに言ったことを思い出します。


    結局、北三陸が大好きなアキは<やっぱり無理だ。ここを離れるなんて。>と考えます。

    だけど「何も考えず飛び込め」と言う夏さんの言葉は、東京でチャレンジしろと背中を押しちゃいますよね・・・。
    −◆−

    春子(小泉今日子)が帰宅すると、アキが夏さんとWで目を開けて眠っていました。

    母が帰ってきた気配で目を覚ましたアキに「お婆ちゃんに似てきたねぇ。」と春子。
    隔世遺伝か!?

    目を開けて寝ていたと聞かされたアキは「じぇじぇ!」
    やっぱ、一日一回は「じぇじぇ」を聞かないと落ち着かないわ。

    春子「将来はあれだね、”アキばっば”だね。」

    目を開けて眠るのが似てるだけでなく、思考も似てきたのだとしたら「何も考えず飛び込め、なんとかなるもんだ。」の精神を受け継いで東京行きだべ。
    −◆−

    アキがふと気がつくと春子のトートバッグに映画『潮騒のメモリー』のビデオテープ。

    春子の目を盗んでビデオを再生機にセットしようとしたら携帯着信。

    今から会いたいというユイちゃんからです。
    「大事な話があるの」と携帯で話してるユイちゃん、初めてミニスカ!!! 珍しくミニスカ。

    制服のスカートも膝丈にしてるユイちゃんが長澤まさみみたいに短いスカートをはいてるのは何やら意味ありげです。

    東京ファッション!?


    ユイちゃんのミニスカも気になるし、この前から少しずつ出てくる映画『潮騒のメモリー』のビデオも意味ありげで気になっちゃう。


    以上、動きの少ないエピソードだけど、何やら意味ありげなエピソードでもあった『あまちゃん』第58話でした。













    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.02.17 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       さて、ユイ(橋本愛)が心配になっちゃったのか、何かが起きていることに不安になっちゃったのか、アキ(能年玲奈)はミズタク(松田龍平)とユイがいるという洞窟へ向かいまし ...
      • トリ猫家族
      • 2013/06/06 6:27 PM
      NHK総合の連続テレビ小説『あまちゃん』(公式)の第10週『おら、スカウトされる!?』の第58回の感想。 琥珀(こはく)の坑道で、アキ(能年玲奈)は、ユイ(橋本愛)と水口(松田龍平)を見つける...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/06/06 4:02 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten