『八重の桜』第22回「弟のかたき」★Vシネマ顔の世良修蔵(小沢仁志)が怖すぎる!

0
    『八重の桜』第22回「弟のかたき」

    江戸の会津上屋敷。
    会津にむけて出立する容保(綾野剛)が家臣団に「わしは今から国元に戻る。江戸引き揚げのこと、よろしく頼み入る。皆を置いて大坂を出たこと、今でもただただ恥じ入るばかり。

    綾野剛の目が潤んでいて、メチャクチャ雰囲気があります。

    山川大蔵(玉山鉄二)が兵士に号令「Garde-a-vous!(気を付け)」「saluez!(敬礼)」

    思わず大蔵に「欧米か!!」とツッコみたくなっちゃう。
    −◆−

    江戸から帰ってきた尚之助(長谷川博己)が、山本家の面々に弟・三郎(工藤阿須加) と兄・覚馬(西島秀俊)が落命した旨を報告。

    なかなか受け入れられない八重(綾瀬はるか)は、何かに対して怒りを持ったキツイ顔つき。

    父・山本権八(松重豊)は三郎については「討ち死には武士の本懐、未熟者だけどもお役に立ったならば、三郎は本望だべ。」

    覚馬については「無念であったべ。目を痛めたのが戦ゆえなら、やむを得ねえ。」

    そして尚之助に頭を下げ「息子たちの最期、確かめてくれて、ありがとうごぜえました。」と、涙だけでなく鼻水も流しながら謝意を述べた権八(松重豊)さん。

    松重豊さんの抑えた演技が素晴らしかった。
    権八(松重豊)さんの涙の場面は印象に残りました。

    今回は、三郎を思い、敵討ちを口にする綾瀬はるかの「動」の演技と、松重さんの「静」の演技が対になっていて芝居のクオリティが高かった。
    −◆−

    会津では重臣が会議。

    新政府への恭順もやむなしとする頼母(西田敏行)と、徹底抗戦を説く官兵衛(中村獅童)らが議論を戦わせて紛糾。

    頼母「新政府とやらに弓を引けば、賊軍とされっぞ!」
    官兵衛「勝てばいいのです!!」

    官兵衛は、脳みそまで筋肉で出来てるタイプやな。

    神保内蔵助(津嘉山正種)は「戦に敗れたままで武士の一分がたちましょうや。朝敵の汚名を被ったままで会津の面目が立ちましょうや」

    大殿・容保(綾野剛)が「皆の考えよく分かった。わしの存念を述べる。会津はあくまで恭順を貫く!」とドスの利いた声。

    脳みそ筋肉男・官兵衛が不満を表明。

    容保は官兵衛に取り合うこと無く「もとより朝廷に刃向かう心はない。 ただしッ、攻めてくるならば、全藩をもってこれと戦う。」とキッパリ。

    頼母「お言葉を返しまする。今、長州、薩摩相手に戦すんには、あまりにも無勢にございまする。」

    容保は決意を込めた声で「軍制改革を行う! (数秒間を置いて)逃げる所はもうどこにもない。戦はこの会津で起こるのだ。」

    冒頭シーンで慶喜とともに先に逃げたことについて「皆を置いて大坂を出たこと、今でもただただ恥じ入るばかり。」と述べていましたが、その悔恨の思いが、今度は一歩も退かないという不退転の決意に繋がったようですね。

    家臣を残して退いたことへの慚愧の念が強すぎて、冷静な政治判断が出来なくなってるのかも!?

    江戸を去る冒頭のシーンと、全藩徹底抗戦を決めたこのシーンがリンクして、重要な場面となりました。


    で、軍制改革で産まれた年代別の「玄武隊」「青龍隊」「朱雀隊」「白虎隊」

    恥ずかしながら会津の「白虎隊」は知名度が高いので昔から存じ上げておりましたが、年代別で四神の名を冠した隊が他にも有ったことは知りませんでした。
    −◆−

    都では左大臣・九条道孝(河原健二)を奥羽鎮撫総督に据え、奥羽鎮撫使が出陣しようとしていました・・・って、参謀の世良修蔵(小沢仁志)が見た目に怖すぎる!!!

    ワイルドな髪型と、Vシネマ顔!!!
    もはや人間離れした印象さえ!!!

    内容に関係なく、目に焼き付いちゃった!!!!
    おそるべし小沢仁志!!

    で、九条道孝が会津が降伏してきたらどうするか問いかけますと、世良修蔵(小沢仁志)は「降伏の条件は容保の首を差し出すこと、ただそれのみにございます。」と、声まで怖い。

    会津はこんなモンスターを相手にするのか・・・。
    こいつは鉄砲は当たっても死にそうに無いぞ。

    心臓に杭を打つか、銀の銃弾で撃つか・・・。(西洋のモンスターは関係ない)
    −◆−

    勝(生瀬勝久)が単身で西郷(吉川晃司)のもとを訪ね、いわゆる『江戸城無血開城』について談判。

    江戸が火の海になり、家や人に大きな被害が及ぶと言う勝の言葉に西郷が反応し、総攻めを回避することに。

    西郷「さて、そげんなれば、振り上げた拳をば、どけえ降ろすかじゃな。」

    江戸攻め中止のガス抜きとなる矛先を考え始めておりますねぇ。
    とばっちりを受けるのは・・・。

    後日、西郷と会談した大久保(徳重聡)が「こいから奥羽討伐にかかることを思えば、江戸での大戦は避ける方が得策でごわす。」

    いよいよ会津にしわ寄せが・・・。
    −◆−

    覚馬(西島秀俊)の嘆願書を読んだ西郷が牢にやって来ました。

    アブグレイブ収容所の捕虜みたいに髭ボウボウでやつれ果てた覚馬は、昔の高見山みたいなしゃがれ声で「敗者が恭順を示しているとき、これを殺すことは世界の法に背きまする。薩摩のお方にお願い申し上げる。なにとぞ奥州討伐おとどまり下され。会津に朝廷に歯向がう心はございませぬ。」と万国公法を踏まえた意見を述べました。

    やつれ果てていても背筋は伸び、誇りを捨てていない様子。

    西郷(吉川晃司)も覚馬(西島秀俊)の見識に一定の敬意を表し、牢番に医者に診せるよう指示を出し「処刑は取りやめじゃ。」

    目が見えず、声でようやく西郷だと気づいた覚馬は「討つな、会津を滅ぼすな!」と牢に縋り付きます。

    西郷が覚馬の願いを聞いておけば、西南戦争など後の運命も変わったかも・・・・。
    −◆−

    新撰組の残党が会津に集結し、大久保が危機感を募らせます。

    西郷「やはり、討たんならんか・・。」


    で、日新館でけが人の応急手当を手伝っていた八重(綾瀬はるか)斎藤一(降谷建志)が出会います。

    新撰組と八重の出会いはある意味”新鮮”でした。
    −◆−

    以上、松平容保(綾野剛)の政治決断の背景と、西郷(吉川晃司)の行動の背景が描かれ、それぞれの心模様が滲んだ『八重の桜』第22話。

    松重豊、西島秀俊、綾野剛、吉川晃司、綾瀬はるか、それぞれ熱演・好演でした。


    ただ、江戸から帰ってきた家族と城下で再会した竹子(黒木メイサ)なんかは、無くても良い場面だった気もします。

    そういう場面を徹底的に削ぎ落としたほうが良いと思うのですが、今後に向けた伏線にでもなっているのでしょうか????












    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.07.13 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      弟のかたき
      • 悠雅的生活
      • 2013/06/04 11:00 PM
      八重の弟・三郎の死は、尚之助から直々に伝わる。 皆々悲嘆にくれる一方、八重は最初は否定するものの三郎の死を受け入れ、仇を取る方法を尚之助に求める。 会津全体が朝敵となり、降伏することもできたけれ...
      • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
      • 2013/06/04 9:19 PM
      本日も、重い展開の「八重の桜」です。江戸から戻った尚之助さんから、兄・覚馬と弟・三郎が命を落としたと聞いても、すぐには受け入れられない八重さん。父・権八は、二人は武士の勤めを全うした、といって耐えていました。つらい場面ですよね・・・中でも、二人の最期
      • 風のうわさ
      • 2013/06/04 9:10 PM
      「弟のかたき」第22回の視聴率は、前回の14.1%より下がって、13.3%でした。覚馬は、捕らわれて、牢で生きていましたが、四条河原で処刑されたと、山本家に伝わりました。三郎の戦死...
      • ショコラの日記帳
      • 2013/06/04 5:26 PM
      「弟のかたき」 第22回の視聴率は、前回の14.1%より下がって、13.3%でし
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2013/06/04 5:26 PM
      NHK大河ドラマ「八重の桜」 先日の第22回「弟のかたき」は特に良かったです。 息子たちの死を知った八重の父権八の(鼻水を流しながら)礼を言う立派な態度・・・     その後、釜戸で1人咽び泣くその後ろ姿に、こちらまで
      • 主任のひとり言 別館
      • 2013/06/04 12:51 PM
      大河ドラマ「八重の桜」第22話は新政府軍は旧幕府軍を倒すために江戸に兵を進めていた。その頃容保は会津に戻り、そこで軍備を整え始める。八重は三郎の形見を見ても信じられず ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/06/03 11:29 PM
      第二十一話「敗戦の責任」はこちら。 前回の視聴率は14.1%でめずらしく正解。
      • 事務職員へのこの1冊
      • 2013/06/03 10:12 PM
      公式サイト 八重(綾瀬はるか)のもとに、弟・三郎(工藤阿須加) と兄・覚馬(西島
      • 昼寝の時間
      • 2013/06/03 9:21 PM
      山本家に、覚馬と三郎が命を落としたという知らせが入ってきた。 悲嘆にくれる権八たち。しかし三郎の遺品があるのに対して覚馬の遺品がないことに八重は疑問を抱き、覚馬は死ん ...
      • 宴の痕
      • 2013/06/03 8:53 PM
      八重(綾瀬はるか)の元へ、鳥羽・伏見の戦いで弟・三郎(工藤阿須加)と兄・覚馬(西島秀俊) が落命したとの知らせが届く。 三郎の遺髪や形見の衣服はあったが、覚馬の遺物は無い。 そのことを不思議に...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/06/03 6:11 PM
      「万国公法」(Elements of International Law)は米国の法律家・ヘンリー・ホイートン(1785-1848)の1836年刊行の著書である。 日本に伝来した時期は不明だが幕末の志士たちの必読書となっていた。 オランダに留学した津和野藩士の西周(にしあまね)が1866年頃にすでに
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/06/03 5:37 PM
      会津に藩士たちが還ってきた。京都へ旅立ってから6年。今や、新しい政府によって朝敵とされ、まさに落ち延びてきたといってもいい状況である。 家族の無事を喜ぶ会津の人々。同 ...
      • 虎哲徒然日記
      • 2013/06/03 5:37 PM
      仇は、討つ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306020005/ 八重の桜 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2013-05-30売り上げランキング : 142Amazonで詳しく見る by G-Tools
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2013/06/03 4:00 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten