あまちゃん 第50回★橋本愛ちゃん、歌が上達しないと「ホルスタイン柄のカットソー」

0
    連続テレビ小説「あまちゃん」第50回(5月28日)

    天野家を訪ねてきたユイ(橋本愛)ちゃんが、離れに逃げ込んだアキ(能年玲奈)に謝っています。

    そんなユイちゃんに、春子(小泉今日子)が「謝らなくても良いんじゃ無いの。ユイちゃん一つも悪くないでしょ。ただ種市君にとってアキよりユイちゃんが魅力的だったって話しさ・・・。」

    離れでは泣きそうな顔で聞き耳を立ててるアキ(能年玲奈)。

    家に入って春子(小泉今日子)と話しをするユイ(橋本愛)ちゃんは「彼氏とか必要ない人なんです、私。だから、浮ついてるアキちゃん見てイライラしたし、ちょっと嫉妬したのかもしれません。『なんでユイじゃ無くてアキちゃんなの』って思ってたし、見た目カッコイイし、普通に。あと、東京行くって言うし。」と、心の内を明かします。

    普段はクールなユイちゃんは「アイドルへの憧れ・東京への憧れ」が絡む時だけは妙に熱くなって、嫉妬したり、アキと気まずくなるのを承知で種市先輩との交際をOKしたりして「黒ユイ」になっちゃうんやね。

    隠していたわけでもないのだろけど、ユイ(橋本愛)ちゃんが内面を吐露したのは大きな前進。
    本日のハイライトでした。


    『純と愛』でも、愛(風間俊介)の特殊能力でもって人には裏表があることを陰鬱に描いていましたが、そんなことをしないでも普通にユイ(橋本愛)ちゃんの二面性が描けちゃっています。
    −◆−

    ユイ(橋本愛)ちゃんの言い分を聞いた春子(小泉今日子)は「ああ、東京にぃ、彼氏がぁ、欲しかったのね。」と言ってから「ゴメン、私ユイちゃんのお母さんじゃ無いからさぁ、どうしてもアキ寄って言うか、キツイ言い方になっちゃったよねぇ。でもねぇ、やっぱり自分の娘は可愛いのよ。」

    以前、水口(松田龍平)がアキを「普通に可愛い」と評したときにも、春子は「普通に可愛いって言われて喜ぶ親が居ると思う? 親はね、異常に可愛いと思ってんのよ。」と怒鳴っておりましたですねぇ。

    我が子が可愛くて、どんなときも我が子の味方で居る春子(小泉今日子)さんの母性ですねぇ。

    親が我が子を無条件に愛すって当たり前なんだけど、愛情の注ぎ方として大事なことだと思うな。
    −◆−

    アキ(能年玲奈)がお座敷列車に乗りたくないと言ってることを喫茶リアスで夏(宮本信子)さんから聞いた大吉(杉本哲太)が
    「じぇーーーーーーーー!!!!」と、過去最大級の「じぇ」

    杉本哲太の表情が可笑しいです。

    『ストロベリーナイト』で竹内結子と対決していた倉田役を演じた時と顔を使い分けている杉本哲太は役者やねぇ。


    お座敷列車のピンチについて弥生(渡辺えり)さんは「男の取り合いで泥沼だもんな。泥沼列車だぁ。

    渡辺えりさん、可笑しい!!
    −◆−

    観光協会に種市先輩(福士蒼汰)を呼び出した大吉(杉本哲太)、吉田(荒川良々)、菅原(吹越満)、ヒロシ(小池徹平)が4人で1人を取り囲んでいます。

    吉田君が「まったく、偉いことしてくれたよな種市君よ。」とヤクザみたいな言い回しですごんで見せています。

    今更なんだけど、秘密結社『鷹の爪団』の吉田君のフルネームは「吉田“ジャスティス”カツヲ」で、北鉄の吉田君は「吉田正義」

    英語にしたら吉田“ジャスティス”・・・フロッグマンさんとクドカンはどこかで繋がりがあるのかなぁ??


    話を戻して・・・大吉「おとなしくアキちゃんと付き合ってれば良いモノをよ。」
    菅原「今からでも遅くない、より戻せ。」

    大の大人が高校生を囲んで無茶苦茶!!

    種市君「無理っす。ずぶん(自分)の気持ちに嘘は付けねぇっす。」と、フォーゼに戻ったようなムードです。

    種市君の言葉を聞いた大人4名が声を揃えて「ハハハハハハハハ」

    そして吉田君が「自分の気持ちなんかどうでも良いべ!!!!!」と理不尽に怒鳴りつけます。

    吉田君は、ユイちゃんたち女子にはからきし弱いくせに、大勢で男子と向き合うと気が強くなる性質を持ってる。

    菅原に促されて栗原(安藤玉恵)さんが運行中止になったら1500万円の損害が出ることを説明。

    大吉「間違いなく北鉄は廃線だべと言う現実を踏まえて、もう一度聞く。」
    吉田「アキちゃんとユイちゃん、君が好きなのはどっち。」

    種市君は、大人の脅迫じみた吊し上げにも怯まず「ユイです!!!」
    さすが正義の味方!!
    宇宙キターーーーーーーーーー!!

    あきらめが悪い菅原はヒロシを引き合いに出して「足立君は今でもアキちゃんのことが好きなんだよ。いかもユイちゃんの実の兄だ。複雑すぎてワケ分かんなくなって、たまたま近くにいた栗原ちゃんと今職場恋愛中で〜す。その複雑な足立君がアキちゃんとの交際ば全力で勧めてんだ。気持ち汲んであと3,4日、こっちさ居る間だけ彼氏になれ。」

    栗原(安藤玉恵)さん複雑顔。

    それでも屈しない種市フォーゼは「無理っす。俺だって北鉄好きだし、なぐなってほしくねっす。でも、無理っす。第一いまさら天野に交際申し込んだってOKしねぇと思う。不器用でバカだけど人の本心を見抜く勘の良い奴です。

    アキのことを『不器用でバカだけど人の本心を見抜く勘の良い奴』と分析した種市君、なかなかシッカリしてるではないか。

    ああ見えて、ちゃんと人を見てる。

    しかし、”不器用でバカ”な朝ドラヒロインって、今まで居たっけ???


    さすがの大人4名も諦めムードになったとき、ユイ(橋本愛)ちゃんが飛び込んできて「私一人でもやります。アキちゃんの分まで頑張れます。」
    −◆−

    ユイが歌のレッスン「潮騒のメモリー 17才は 寄せては返す 波のように 激しく♪」

    お師匠さんの弥生(渡辺えり)が「感情ってものがねぇのかって!!」と叱責。

    ユイ「スミマセン」
    弥生「謝るのも無表情か!!」

    たしかに、ユイ(橋本愛)ちゃんはポーカーフェイスやね。
    泣いたり、笑ったり、怒ったり、拗ねたり、子供みたいに感情が顔に出るアキ(能年玲奈)とは真逆。


    弥生大先生は無表情なユイに「マネキンか、マネキンなら飾るど、ブティック今野に。この、ホルスタイン柄のカットソー着せて、立たせんぞ!!」と、自分のホルスタイン柄の衣装を差してお怒りです。

    そこいらの女子高生なら「あのホルスタイン柄を着るぐらいなら、何でもします。お許し下さい」って感じで号泣やな。

    さすがに父・功(平泉成)が「優しく指導して下さい。」
    母・よしえ(八木亜希子)は「ユイは褒められて伸びる子だもんね。」

    しかし弥生大先生は「うるせー!! ここはおらの独壇場だ。」
    自分の独断場だと言えるだけのスキルを持っている弥生さんが羨ましい。

    父・功「ユイ頑張れよ。」
    ユイ(橋本愛)ちゃん「大丈夫、叩かれても伸びる。」

    いままでのクールなユイちゃんとは少し様子が違って堪え忍んでる感じ。
    橋本愛ちゃん、上手い。
    −◆−

    喫茶リアスからユイちゃんの『潮騒のメモリー』が聞こえてくる駅の待合室で、拗ねて意地を張ってるアキ(能年玲奈)に水口(松田龍平)が声を掛けてきます。

    「フラれたんだって。」
    怒り顔になったアキが「何で知ってんだ。」

    水口「ここの町の人は、口を開けばアキちゃんユイちゃんだもの。」
    なんか、町の感じが良く出てる。

    水口はネット動画の話題を持ち出し「感動したよ、もっと浅瀬でチャプチャプやってる感じだと思ってたから。」

    拗ねていたアキがこの話題に食いつき「あれは本気獲りつって、1年に一回沖さ出て・・・」と説明開始。
    本当に海に潜るのが好きなんやね。

    水口「怖くないの?」

    ノリノリのアキは「そりゃ、怖ぇべ。あの日は特に潮の流れが速かった・・・」として、脳みそを使うと酸素を使って息がもたないので、何も考えないで潜る話しを可愛らしい顔で披露し「今年の夏もやるから蛇口さんも来ると良い。」

    水口「惜しい、水口。 蛇口から出る方ね。」
    天然発揮のアキ「アハハハハ」と輝く笑顔。

    ところが水口が東京の話題の話題を口にした途端にアキのテンションダダ下がりで「東京の話しはしたくねぇ。東京なんか行くヤツはバカだ。浅草寺の鳩に襲われて死ねば良い!

    よりによって『浅草寺の鳩』とは、もの凄い発想!?
    平和の象徴なのに、人食い鳩あつかい!!!

    水口「えっと、それは誰に対しての暴言だろう?」

    そう聞かれたアキは、種市先輩が「なんか天野と喋ってると、東京さ行きたくなくなるな。」と言ってた時のことを思い出していましたから、浅草寺の鳩のターゲットは種市先輩!?
    −◆−

    浅草寺の鳩に襲われるなんて露ほども想像していない種市先輩がたまたま待合室に現れ、アキに東京の住所を教えようとしましたが、アキは逃げるように立ち去り、帰宅後はベッドで塞ぎ込んでます。

    つづく・・・・・。


    ユイちゃんが春子と腹を割って話し「黒ユイ」も含む内面を垣間見せるなどしたシリアスな部分もヨカッタし、「ホルスタイン柄」「蛇口さん」などなどのギャグも冴えてる。

    クドカンが行間に込めてるあれやこれやは毎回盛り沢山で、本当に見所満載・退屈知らずの『あまちゃん』であります。












    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.07.04 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       さて、ユイ登場! アキ(能年玲奈)は、ユイを突き飛ばし、うに小屋に立てこもってしまいました。 「アキちゃん ごめん! でも、つきあってはないの!本当に!種市先輩が誤 ...
      • トリ猫家族
      • 2013/05/28 10:30 PM
      種市(福士蒼汰)に振られたショックで真冬の海に飛び込み、寝込んでしまったアキ (能年玲奈)。 心配したユイ(橋本愛)が訪ねてきても、アキは一切、口をきこうとしない。 さらにお座敷列車のイベントに...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/05/28 5:09 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten