家族ゲーム 第6回★元同僚・丸川先生、西口先生、羽間先生がペラペラと

0
    家族ゲーム 第6回
    「緊急家族会議!議題は家庭教師解雇の件」


    番組HPに載っている”あらすじ”の結びが可笑しいの。

    『・・・ついに慎一は吉本の決定的な弱みとなる証拠を手に入れることに成功し、家族会議を開くことにした。果たして吉本の運命は----』

    これじゃ、主客転倒でしょ。
    本来的には「吉本に翻弄される沼田家の運命は----」じゃないかな??

    番組を作ってる側がこういう記述をするんだから、小生がどこに”ドラマの軸”があるのかを理解できなくても仕方ないですわ。
    −◆−

    一度は茂之(浦上晟周)を裏切った園田(松島海斗)君との関係が正常化して、親友として日々を過ごすようになってる。

    その上、イジメグループの三井君と市原君も、リーダー格の山尾とつるむのをやめて、茂之(浦上晟周)と一緒に”太鼓の達人”で遊びはじめたり・・・。

    これも全て吉本の仕込みで、何かのキッカケでまた茂之(浦上晟周)が裏切られてイジメの集中攻撃を受けるとか、そこまでは行かないのかな・・・・。
    −◆−

    櫻井君を家庭教師につけるという父・一茂(板尾創路)に抵抗する慎一(神木隆之介)。

    櫻井翔君は、慎一が万引きしてる写真や例の切り出しナイフをチラつかせてて、慎一が承諾するように誘導。

    吉本(櫻井翔)の態度や言葉や顔や仕草など、全てが一々鬱陶しいわ。

    櫻井翔君の演技が上手いから吉本という人物の面倒くさい雰囲気が滲み出ているのか、あるいは微妙にふっくらしてシャープではない顔つきや、大仰なセリフ回しや語尾の伸ばし方などが鬱陶しいのか、そのへんの線引きはよく分からないけど、とにかく『ガリレオ』の吉高由里子より余程鬱陶しい。

    鬱陶しいついでに・・・沼田家が広くて階段とかも傾斜が緩く、とにかく家が立派なのも鬱陶しい。
    腹が立つほど良い家だから妬ましいわ!!!
    −◆−

    高津(平間壮一)君、生きてました!!

    首にガーゼか何かを当てているけど、命に別状無い様子で学校に復帰しています。

    校内で高津とすれ違った慎一(神木隆之介)は「俺のせいじゃないよな。」

    高津は懊悩を滲ませながら「うん。」

    高津君は早期復帰できてヨカッタのですが、人間の心ってそんなに簡単に整理できるものなのかな??

    悩みに悩んで思い詰めて部室で首を吊った生徒が、自殺未遂で終わって回復しても、そうそう簡単には学校に復帰できないように思うけどなぁ。

    首を吊る原因が存在し、首を吊った場所でもある学校に復帰するには精神的に高いハードルを乗り越えないといけないもの。

    そもそも、陸上部内での人間関係を充分に描いてこなかったのに高津の自殺未遂と慎一(神木隆之介)を絡める展開は、ドラマ的に伏線不足。
    −◆−

    櫻井翔君が高津の自殺未遂の件を持ちだして「君が自殺に追い込んだんだろ。」と慎一(神木隆之介)にプレッシャーを掛けます。

    あれやこれやと釈明する慎一(神木隆之介)ですが、櫻井君は慎一を壁に押しつけチョーク攻撃(プロレスならファイブカウントで反則負けだぞ!)を加えてきて「これより苦しかったんだぞ、彼の心の中は。お前の無神経な一言で彼がどれだけ傷ついたか考えたことがあるか! 部室のパイプにロープを縛ったときの彼の絶望を考えたことがあるか! 彼の気持ちを想像してみろよ優等生!」

    なんか自己矛盾を感じさせるセリフ・・・。

    やってることと言ってることが違う気がするけど、このドラマのオチを見て吉本の真意を知るまでは整理がつかないわ。

    あと、前回は「沼田慎一は、家族が生み出したモンスターだ。」と言ってたのに、今回は「優等生」だって・・・。

    だいたい、慎一をモンスターだと表現すること自体が大袈裟。
    モンスターはどこに消えた!?
    −◆−

    慎一(神木隆之介)と真希(忽那汐里)が井上病院を訪ねて、生命維持装置に繋がれている昏睡状態の吉本荒野(忍成修吾)に付きそう多恵(佐藤直子)に再び話を聞きます。

    口の重い多恵でしたが、カバンから写真を取りだして「これで最後にしてください。息子の叔父です。名前は高柳。8年前に息子と同じ中学の教頭をしていました。今は退職してます。」

    (多恵さん、いつもカバンに高柳さんの写真を入れて持ち歩いてるの!?)

    スーツ姿の高柳の向こう側には櫻井翔君も写っていました。

    多恵「あの男も同じ中学校の教師でした。」

    こうして手がかりをつかんだ慎一(神木隆之介)は、高校生探偵・工藤新一みたいに調査を開始。(同じ「しんいち」でも字が違う・・・・でも忽那汐里は実写版で”蘭ちゃん”役をやってたなぁ。)

    高柳・元教頭に話を聞きに行って、吉本荒野(忍成修吾)が階段を転落した事件や、櫻井君が本当は「田子雄大」という名前であること、田子雄大教諭(櫻井翔)は吉本(忍成修吾)と関係が良くなかったことなどを教えてもらえました。

    さらには個人情報への意識が薄い高柳・元教頭は当時の教員名簿まで貸してくれた模様。
    親切です。
    −◆−

    弱みを写された画像を回収すべく、櫻井翔君がサウナに入っている間に服のポケットからUSBメモリを奪った慎一(神木隆之介)は、「これで、あんたから解放される。」と清々した顔つき。

    どうして東大を狙うほど賢い慎一(神木隆之介)が、あのUSBメモリに問題の画像が入ってると確信し、またバックアップされていないと思い込んじゃうかなぁ・・・。

    迂闊にも程があるわ。

    しかしテンションが上がってる慎一(神木隆之介)は家庭教師の解雇処分について家族会議を開始。

    櫻井翔君が田子雄大であることや、吉本(忍成修吾)を突き落とした疑惑があること、教え子だった真田宗多君を田子雄大がイジメていたkとなどを説明。

    さらには田子教諭(櫻井翔)の元同僚・丸川先生、西口先生、羽間先生がペラッペラと証言する様子が映ったDVDを再生する慎一(神木隆之介)。

    丸川先生、西口先生、羽間先生は、よくもまあ見ず知らずの慎一(神木隆之介)相手に顔出しで録画を許してまで証言してくれたなぁ。

    真実を隠蔽するのは良くないんだけど、どこの馬の骨ともわからない慎一(神木隆之介)にペラペラ喋るのは軽率じゃ無いか!?!?

    このドラマは細部のリアルにはこだわりがないから、気にしないで前に進むべし??
    −◆−

    証言を総合した慎一(神木隆之介)の説明によると、真田宗多君は家庭内暴力に悩んでいて担任の田子教諭(櫻井翔)に相談したんだけど解決せず、次善の策として吉本教諭(忍成修吾)に相談。

    これを田子教諭は曲解して、自分のことを告げ口されたと解釈し、あろうことか真田君をパンツ一丁にして転がして蹴りを入れたりホースで水攻めにしたりのイジメに及んだと・・・。
    (華奢な男子生徒がパンツ一丁で暴行を受ける場面は、何度見ても不快千万。)

    さらには、そのイジメの事実が教頭にバレることを恐れて吉本先生(忍成修吾)を階段から突き落とした。

    流石に一茂(板尾創路)も疑惑のデパート・櫻井翔君に不審を抱き、「子供たちが君に不信感を抱いたのは事実だ。このまま続けてもいい関係が築けるとは思えない。」と解雇を決断。

    ところが茂之(浦上晟周)が「先生はやってないよ。」と異議を挟みます。

    茂之「先生はここにいる誰よりも俺の味方になってくれたんだよ。そんな人が人殺しなんてするわけないよ。」「先生がいなかったら俺は負け犬のままだったんだよ。もしかしたら、そのいじめで自殺した子みたいに死んだかもしんないんだ、先生が俺を救ってくれたんだよ。」

    慎一(神木隆之介)が何を言っても聞く耳をもたない茂之(浦上晟周)は「確かにやり方は無茶苦茶かもしれない。俺が知らないことがいっぱいあるかも知れない。でも、俺 今楽しいんだよ! 先生のおかげで学校に行けるようになって、友達もできて、毎日すっごく楽しいんだよ。こんなこと初めてなんだよ。だからもっと色んなこと教わりたい。」と必死の訴え。

    この子は悪魔にでも魂を売ってしまうタイプかぁ!?

    佳代子(鈴木保奈美)が茂之の言い分に共感を示し、一茂(板尾創路)までもが家庭教師継続を承諾。

    吉本(櫻井翔)がどす黒い疑惑にまみれていても、茂之(浦上晟周)の意向を優先した両親。
    櫻井翔君が茂之(浦上晟周)を飼い慣らした作戦が功を奏した??

    バカ親にイライラしちゃう。
    −◆−

    吉本(櫻井翔)の疑惑にまつわる証拠を親に突きつけても逆効果になってしまった慎一(神木隆之介)は「吉本に家族を取られちゃいました。」と喪失感もあらわです。

    慰めるように真希(忽那汐里)が「私がいるから。私があなたを信じてるから。」

    子供を抱くように慎一(神木隆之介)を包み込む真希(忽那汐里)・・・・。
    −◆−

    茂之(浦上晟周)の部屋で櫻井翔君が「ポケットの中にはUSBが一つ♪」「もう一つ叩くとUSBが二つ♪」とハシャいでいます。(ウザッ!!)

    案の定、慎一(神木隆之介)が奪ったUSBメモリだけではなくコピーが存在してた・・・。
    慎一が迂闊すぎるからこんなことになる。

    後日、慎一(神木隆之介)の彼女・飛鳥(北原里英)の前に櫻井翔君が現れて「君にプレゼント渡そうと思って。」

    飛鳥が封筒を開くと・・・小生は真希(忽那汐里)が慎一(神木隆之介)を包み込むように抱きしめたところを盗撮した画像かと思ったんだけど、前から合った万引き写真でした。
    −◆−

    以上「家族ゲーム」第6話。

    やっぱり神木隆之介君は芝居が達者やね。
    彼が居るからドラマとして成立してる。

    それにしても、慎一(神木隆之介)のどこがモンスターなんやろ!?
    誰もが持ってる心の裏側みたいなものは持っているけど、モンスターというほどヤバいタイプでは無いよね。


    で、ドラマ自体は底が浅い感じだけど、どこに向かっていくのか分からないことが魅力なのかな・・・。

    次回もなぜか15分拡大??
    たまには15分縮小版とかがあってもいいような・・・。













    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2017.07.22 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      一茂(板尾創路)は、最近成績が芳しくない慎一(神木隆之介)に、家庭教師として吉本荒野(櫻井翔)を付けると決めます。 慎一は、荒野のことを疑惑の目で見ているので、激しく抵抗します。 一茂の隣で...
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2013/05/24 4:14 PM
      前回に続いて買収工作である。 少女を買収した金額は伏せられていたが、専業主婦の買収金額は100万円だった。 売春婦が性欲の処理に有効な職業であることの是非はともかくとして、お金の威力が絶大であることをこのドラマはここまで全く否定していない。 スポンサー様か
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/05/23 8:54 PM
      かまわうなっていったのはそっちだろ!? それとも かまってほしいんでちゅか---♪ 完全に吉本ペース。結局吉本は茂之と慎一の家庭教師となり なんと夏休みの間沼田家で暮らすことに--。 1人吉本を排除...
      • shaberiba
      • 2013/05/23 8:21 PM
      第6話「緊急家族会議!議題は家庭教師解雇の件」2013年5月22日(水)  吉本荒野(櫻井翔)の暗躍のおかげで、茂之(浦上晟周)は親友・園田との関係を取り戻し、学校でのイジメからも解放されようとしていた。逆に慎一(神木隆之介)はすべての歯車が狂い始め、精神的に
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/05/23 4:29 PM
      いいねぇ( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリッ 吉本を追い出すつもりで証拠集めをし、家族会議までこじつけたのに、 自分が家族に見捨てられるという事態になった慎一・・・ さすがの彼も敗北感に打ちのめされたよう。これで慎一も変われるのかな。 てか、まさか茂之があそこまで吉
      • あるがまま・・・
      • 2013/05/23 3:36 PM
      フジテレビのドラマ『家族ゲーム』(公式)の第6話『緊急家族会議!議題は家庭教師解雇の件』の感想。なお、森田芳光監督・松田優作主演映画『家族ゲーム(1983)』、と長渕剛主演ドラマ(1983)は鑑賞済。 ...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/05/23 1:42 PM
      笑わせんなよ。 お前がいつ家族のために動いたんだ。 お前が守りたいのは家族じゃない。 自分に都合がいい、この生ぬるぅい環境だ。 カッコつけんなよ、優等生。 家族ゲーム 第6話    ...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/05/23 1:35 PM
      『緊急家族会議!議題は家庭教師解雇の件』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2013/05/23 12:38 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten