あまちゃん 第33回★ユイ(橋本愛)が「可愛いだけの子なんて掃いて捨てるほどいる」

0
    連続テレビ小説「あまちゃん」第33回(5月8日)

    ネットでアキ(能年玲奈)とユイ(橋本愛)を見たというディレクター・池田(野間口徹)は「今どき、珍しくすれてない感じが新鮮だった。」

    能年玲奈が演じるアキの魅力を言い表す最適の表現はこれですね。

    劇中で出てきたフレーズではあるけど、能年ちゃんが可愛らしいのは「今どき、珍しくすれてない感じが新鮮」であることが滲み出てるからだわ。

    ギャルメイクで華美な服装で口調はギャル語の女子高生、妙に大人びていて水商売従事者のような女子高生、制服のスカートを極端に短くしている”尻軽”っぽい女子高生、とは反対側にいるアキ(能年玲奈)のことを、親世代である小生なんかは愛おしく感じちゃう。

    そういえば、ユイ(橋本愛)ちゃんも制服のスカートは今どき珍しい「膝が隠れる丈」なんですよね。

    AKBの制服風衣装のスカート丈や、『みんな!エスパーだよ!』の女子高生・美由紀(夏帆)や紗英(真野恵里菜)が着用しているパンチラ・ミニスカと比べたら、ユイ(橋本愛)ちゃんの膝丈に大人は安心感を持てるもの・・・。

    要するに、宮藤官九郎は《ステレオタイプの今どきの女子高生》とは対極のキャラクターを作りたかったんでしょうね。
    −◆−

    ローカル局でのレギュラー出演も視野に入るとあって、ディレクター・池田(野間口徹)の言葉に興奮気味の大吉(杉本哲太)ら大人たち・・・。

    テレビの仕事を受ける気があるのか聞かれたアキ(能年玲奈)は無邪気に「お母さんに聞いてみねぇと。」

    大吉はアキに「お母さんの許可が必要なのは知ってる。お母さんが許可しねぇのも知ってる。そこは俺たち大人が何とかするすけぇ、どんな汚い手を使ってもな。」と言って、吉田君(荒川良々)にも意味ありげに目配せ・・・。

    アキに隠そうともせずに「汚い手を使う」と言ってる時点で汚くない大吉さん。
    本人は必死だけど、嘘や隠し事、寝技・裏技が使える男ではない。

    で、舞い上がってる大人たちを尻目に、ユイ(橋本愛)だけは冷静に「スタイリストさんは付きますか?」「VTRは事前にチェックできるんですか。」などとディレクター・池田に詳細確認。

    ディレクター・池田は、ユイ(橋本愛)ちゃんのポイントを突いた質問にすこし面食らった様子で、無難な答えを口にしてその場しのぎ。

    池田をジッと見据えていた橋本愛ちゃんの目が良いわぁ。
    シャープ!!
    −◆−

    ディレクター・池田の話を聞き終えた後、駅の待合室でユイ(橋本愛)とアキ(能年玲奈)が会話。

    本気でアイドルを目指しているユイちゃんは「何か不安、あの池田って人もテキトーでぼんやりしてるし・・・。」と心を決めかねている様子で、アキに意向を尋ねます。

    アキ「おらは、やっぱりママに聞いてみる。この前凄く怒られたから。」

    以前、アキからアイドルになりたいと思ったことがあるかと問われた春子(小泉今日子)が突然火が付いたように怒り出して「いい加減にしなさい! 海女になりたいと言い出して、ちょっと壁にぶつかったら今度は何、アイドル!? くだらない! あんたみたいなブスなれるわけないじゃない!!!」と言っておしぼりを投げつけてきた(大吉に当たりかけた)ときのことが回想されます。

    ユイ「ひどい。」
    アキ「ひどいか、やっぱり。」

    ユイは深刻に受け止め、アキはあまり深刻には受け止めてない感じが面白い。

    ユイ「アキちゃんブスじゃないよ、全然ブスじゃないよ。」
    アキは微笑みながら「それはもう、乗り越えたんだ。」

    ユイ「ブスじゃないのに。」
    アキ「でもママ、チャラチャラしたコト極端に嫌いで・・。」

    ユイ「ブスじゃないからね。」

    そうだそうだ、能年ちゃんは正統派の美人ってタイプではないけどブスじゃないぞ。

    腹に据えかねた様子のユイちゃんが「アキちゃんのママ、アイドルのことが何も分かってない。誤解してる!」と、いつもよりドスの利いた声。

    橋下愛ちゃん、発声もイイなぁ。
    口先での発声ではなくて、ちゃんとお腹から声が出てるわ。
    女優としてのポテンシャルが高い。


    それと、なんてたってアイドルであるキョンキョンを相手に「アイドルのことが何も分かってない。」ってのが可笑しいね。
    −◆−

    ユイ「アキちゃんはアイドルの素質あるよ。アイドルってね、可愛いだけじゃ駄目なの。可愛いだけの子なんて掃いて捨てるほど居るの! 可愛いだけの子を可愛くない子が追い抜いていく世界なの。・・・あれ!? なんかアキちゃんが可愛くないみたいになってる?」

    ノリツッコミみたいになっちゃったユイちゃんに、言われた方のアキが「なってない、なってない。」と笑顔でフォロー。

    いつもはしっかり者のユイちゃんがフォロー役なのに、アイドルのことで熱くなったときはアキがフォローするってのも、このコンビの面白さ。

    そもそも、『可愛いだけの子なんて掃いて捨てるほど居る』発言が目茶苦茶面白い。

    『幽かな彼女』で描かれている学校や教育なんかは”副校長・真矢みき”がいくら真面目に演説しても嘘っぽいんだけど、「可愛いだけの子を可愛くない子が追い抜いていく世界」ってフレーズは、普通レベルの容姿で一般人でも手が届きそうなAKB48とかの今のアイドル界をリアルに表現してるから可笑しい。


    で、春子(小泉今日子)を見返してやろうと決意したユイちゃんは「テレビに出てさぁ、地元のアイドルになってさぁ、ただのブスじゃないって・・・」

    勢いで喋ってるうちに、結局アキが可愛くないみたいになってる自分の言葉に気づいたユイちゃん。
    ミスに気づいてアキから目線を外した橋下愛ちゃんの表情がまたまた素敵。

    天然系・能年玲奈と正統派・橋本愛のコンビはサイコーだべ。
    −◆−

    春子(小泉今日子)を説得べくスナック・リアスにやって来た大吉(杉本哲太)、吉田君(荒川良々)、ヒロシ(小池徹平)、菅原(吹越満)。

    男どもは緊張していて、吉田君に至っては息をするのを忘れて酸欠。
    オモロイ!

    ヒロシ(小池徹平)がアキとユイのマネージャー役を買って出ますが、春子が駄目出し。

    潜水の勉強に集中したいというアキを尊重して、恋愛感情は一旦寝かせるというヒロシですが、アキの真意を知る春子は「それは違うね」と薄ら笑いしちゃってます。

    ヒロシ「何が違うんですか?」

    困り顔の春子は囁くように「るいがとひなきす。」

    意味が分からない一同に「るいがとひなきす。」「るいがとひなきす!」と繰り返して「逆から読んでみ。」

    「好きな人がいる。」
    ヒロシ、ショックがキツすぎて茫然自失。目が点。

    『みんな!エスパーだよ!』の嘉郎(染谷将太)にしても、ストーブ・ヒロシ(小池徹平)にしても、脳内をホルモンに支配された男はアホである。
    −◆−

    北三陸高校の潜水土木科の実習プール。

    居るだけで面白い磯野先生(皆川猿時)が「今日は、種市と二人で単管を組み立てて貰うぞ。」

    アキはモビルスーツで出撃するくらい真剣に「ハイッ!!」

    磯野先生「初めての共同作業だ。」
    結婚式のケーキ入刀か!!

    種市先輩(福士蒼汰)が「落ち着いて呼吸合わせれば出来るから。」と言って顔を向けると、『初めての共同作業』という言葉に反応して思いっきりニヤけているアキ。

    恋するアキのあどけない表情が可愛らしい。

    で、種市先輩に「何ニヤニヤしてんだお前。」と叱られてアキは「すいません!」

    プールに入った二人は向かい合って両手を繋いで水底に・・・
    アキの身体は沈んで行ってるけど、心は天にも昇る気分だろうなぁ・・・。

    そんなアキを、水族館みたいな”のぞき窓”から見つめてるのはヒロシ(小池徹平)。
    曇ったガラスに指で「るいがどひなきす」
    (字に書くときも「人」を「ひど」と訛ってる!)

    気づいたアキは潜水服の中でフリーズ状態!?
    空気を抜くのを忘れて、水上に向かってフワフワと浮き上がっていきました。
    −◆−

    今回も楽しかったなぁ。
    たった15分なのに、面白い場面が山盛り!!
    尻尾までアンコが詰まってる”たい焼”きみたい。

    こんだけセリフの一つ一つを面白くするのは大変な作業だろうなぁ。



    ◇◆◇ 「あまちゃん」感想 ◇◆◇
    #36(5/11) #32(5/7) #31(5/6)
    #29-30(5/3-4) #28(5/2) #27(5/1) #23(4/26)









    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.02.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       胡散臭いメガネの男・池田(野間口徹)は「岩手こっちゃこいテレビ」のディレクターでした。 『5時だべ!わんこチャンネル』っていう情報番組でアキたちを紹介し、反応しだい ...
      • トリ猫家族
      • 2013/05/08 5:20 PM
      NHK総合の連続テレビ小説『あまちゃん』(公式)の第5週『おらのじっちゃん、大暴れ』の第33回の感想。 アキ(能年玲奈)とユイ(橋本愛)を訪ねてきたのは、地元テレビ局のディレクターである池田(...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/05/08 12:00 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten