武井咲の「お天気お姉さん」第4話★壇蜜 vs 佐々木希。大倉+蔵之介は『相棒』

0
    お天気お姉さん 第4話
    「ダストデビル現象!!空から降ってきた男」


    病院の屋上で、元大リーガー・間瀬良一(佐藤祐基)が死亡していました。
    周囲に高い建物はないのに間瀬の死因は転落による脳挫傷。

    3,4mの高さから転落したと監察医・三雲(佐々木蔵之介)は見立て・・・。

    というわけで、間瀬が屋上で”転落死”していた謎が今回の軸。
    −◆−

    晴子(武井咲)はダストデビル=塵旋風(じんせんぷう)に巻き上げられて空中から転落したのではないかと推定。

    前回は気象色が薄かったけど、今回はあまり聞いたことがない現象が出てきました。
    実際に運動会でテントが飛ばされたり、ビニールハウスが被害を受けたことがあるらしい。

    ドラマの中では巻き上げられたカエルが降ってくる・・・。
    カエルが降ってきて、頭にベシャっと当たったら微妙にキモいな。
    −◆−

    晴子(武井咲)がコーナー終わりに手を振ったものだから、マニアは視聴者に媚びを売ったとして反発して、ネットに心ない書き込み。

    晴子に手を振らせた染谷ディレクター(野間口徹)が原口プロデューサー(笛木優子)に叱られてます。

    ぞんざいに扱われる野間口徹が面白いし、笛木優子は綺麗で良い感じ。
    −◆−

    地面に這いつくばって現地調査した晴子(武井咲)は飛散物がなかったことからダストデビル説は間違いだったと青木刑事(大倉忠義)に告げます。

    そうこうするうちに、亡くなった元大リーガー・間瀬が”逆さ虹”のような弾道でホームランを打つことで人気があったことを聞かされた晴子(武井咲)は、地面に仰向けで寝転び空を眺めて思索にふけってます。

    地べたで寝転んでる晴子を見かけた青木刑事(大倉忠義)と三雲(佐々木蔵之介)も横になり、町中で川の字状態。

    三雲がピンと閃き、そこにあった歩道橋の階段から間瀬が落ちたのではないかと自説を述べはじめます・・・。

    結局、真相は三雲が考えたとおり間瀬良一が大リーグ復帰を目指してランニングしていた途中、歩道橋から転落して激しく頭を打ったのですが、病院で入院中の少年・寛治君(加部亜門)に”逆さ虹”を見せてあげたくてタクシーを拾って病院まで駆けつけ、屋上までいって事切れたという経緯でした・・・。

    歩道橋から落ちたときに即死してもおかしくない状況だったのに、間瀬良一が病気の寛治君を思いやる気持ちが奇跡を起こしたのだと晴子(武井咲)が分析。


    ううう、何かよく分からなくなってきた。
    あの歩道橋から転落したという根拠や必然性が分からなかったよう〜〜〜。
    何か見逃しちゃったのかなぁ。

    だいたい、ランニング中に歩道橋の手すりを超えて落ちちゃうかぁ!?
    何かに躓いたり、足がもつれた程度では落ちないぞ・・・。
    めっちゃ無理があるような設定じゃない・・・。

    ”逆さ虹”が事件の鍵だったみたいな扱いだけど、これも無理矢理結びつけた感じだし・・・。

    <古来、天候を制する者が世界を制すると言われてきた。この物語は、人々の命と安全を守るため気象予報に人生をかけた一人の天才お天気お姉さんの物語である。>とまで言ってるお天気お姉さんだから気象ネタを扱わなきゃ話にならないのだけど、かといって気象ネタと事件との関わりがテキトーでは具合が良くない。

    お天気ネタ以外でも、元大リーガー間瀬と入院中の少年・寛治君(加部亜門)の「関係性」の描き方も足りないんじゃない??

    死にかけてるのにタクシーを飛ばして会いに行くほどの強いつながりを描き込まないと、説得力が出てきません。
    −◆−

    本筋とは少し離れるけど、『蜜の味』で女子アナ・茜(佐々木希)蜜代(壇蜜)がチクチクと言葉の応酬で火花を散らす場面は意外と面白かったかな・・・。

    何か呑むかと言われて「温かい紅茶」を頼んじゃう茜(佐々木希)。
    女子アナとして喉をいたわって冷たい飲み物は飲まないのだそうな・・・。

    蜜代は「プロですねぇ。」と表明的には感心。

    演技が超苦手なのにドラマに出ている佐々木希にむかって「プロ」ってセリフは皮肉な感じがしますねぇ。

    で、佐々木希は、笑ってる場面でも目が笑ってない。
    目に表情がない。

    たまたま『お天気お姉さん』ではストーカーらしき男の存在が気がかりで笑えない状況で、目に陰が差してるように見えるから結果オーライだけど、どうにも佐々木希の何を考えてる分からないような”目”が苦手で仕方ありません。

    佐々木希はフェイドアウトさせて、染谷D(野間口徹)と原口P(笛木優子)の役回りを膨らませた方が面白いと思うなぁ。


    個人的好みは別にして、このドラマにとって茜(佐々木希)が余分な人物になるのか、必要不可欠な人物だったかは、ストーカー問題の展開次第でしょうねぇ・・・。
    −◆−

    青木刑事(大倉忠義)が三雲(佐々木蔵之介)と走りながら「『相棒』みたい」云々と言ってテンションが上がってる・・。

    三雲が右京さん??
    とりあえずこのドラマがなんとか壊れずに済んでるのは『青木&三雲』の存在があるからって気がしました。

    大倉忠義と佐々木蔵之介、なかなか良い。
    −◆−

    根本的になんとかこのドラマが「ギリセーフ」なのは、やはり武井咲が黒装束で無口な気象予報士とマッチしてるからかな・・・。

    少なくとも剛力彩芽が古書店の美人店主を演じるよりは適役です。

    『東京全力少女』は痛すぎたし、『Wの悲劇』は無理があったから、黒装束の晴子くらいが”武井咲”に似合っています。


    というわけで、総じて「ギリセーフ」だとは思うものの、前回からストーリーが雑になってる印象で、これ以上内容が薄まったらアウトです。





    ◇◆◇ 「あまちゃん」感想 ◇◆◇
    #39(5/15) #38(5/14) #36(5/11) #33(5/8)
    #32(5/7) #31(5/6) #29-30(5/3-4) #28(5/2)








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2017.11.22 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ある病院の屋上で、元大リーガーの間瀬良一(佐藤祐基)が死亡しているのが発見されます。 検死の結果、間瀬の死因は脳挫傷だったのですが、発見された病院の屋上には周囲に高い建物はありませんでした。 ...
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2013/05/05 7:53 AM
      古来、天候を制する者が世界を制すると言われてきた。 この物語は、人々の命と安全を守るため気象予報に人生をかけた 一人の天才お天気お姉さんの物語である。 お天気お姉さん 第4話   簡...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/05/05 12:05 AM
      テレビ朝日系ドラマ『お天気お姉さん』(公式)の第4話『ダストデビル現象!!空から降ってきた男』の感想。 確かに“天才お天気お姉さんの物語”なのだ… アバンタイトルのバックで三雲三平(佐々木蔵...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/05/04 9:05 PM
      2013年5月3日放送 第4話「ダストデビル現象!!空から降ってきた男」  ある病院の屋上で、元大リーガーの間瀬良一(佐藤祐基)が死亡しているのが見つかる。検死の結果、間瀬の死因は脳挫傷。転落死だったということがわかる。だが、その屋上には周囲に高い建物は
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/05/04 4:48 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten