ガリレオ(第2シーズン)第1話★大沢たかおが吉高を浄化!?

0
    ガリレオ 第1話
    幻惑す(まどわす)〜帰ってきた変人!


    「剛力す(ごりおす)」ではなくなって「幻惑す(まどわす)」で『ガリレオ』セカンドシーズン開始。
    もう剛力彩芽を観ないで済むぞ!!

    剛力彩芽がクラッシュさせて「8%台」まで落ち込んだ月9視聴率が一気に「22・6%」だものなぁ!!!

    で、初回拡大については、ややテンポを悪くした感じがしないでもないんだけど、内海(柴咲コウ)から岸谷(吉高由里子)への引き継ぎが要るから仕方ないのかなぁ・・・。

    個人的好みからすると、1時間でコッキリまとめた方が締まりのある展開になった気がしました。
    −◆−

    さて本編・・・。

    業界事情で柴咲コウが降板するという話しだったし、後任の吉高とは共演NGだという噂もあったから、もう内海は居ないことになってるのかと思っていたけど、新興宗教団体『クアイの会』の支部がある雑居ビルの5階から信者が転落死した事件を内海(柴咲コウ)が捜査してるじゃないの・・・。

    あまりドラマに顔を出さなくなった柴咲コウだけど、あの個性的な「目」だとか佇まいがシャープで良い感じなんだけどなぁ・・・。

    この事件は、クアイの会の教祖・連崎至光(大沢たかお)が「裏切り者がいる」と言い出して中上君という若い信者を名指し。

    連崎「私は全て知ってるよ。それは君の心の中に邪悪なものが潜んでるからだ。」「君の心を浄化させる。」

    連崎(大沢たかお)がハンドパワーみたいに両手をかざして念を送ると中上君が苦悶の表情になり、何か知らんけど自ら窓を突き破って地上に転落。

    で、ほっとけば自殺で済んだのに連崎至光(大沢たかお)が自分が殺したとして自首。
    −◆−

    取り調べも、まだ内海(柴咲コウ)が担当してくれています。

    内海「信者の方の証言では中上さんは教団のお金を使い込んでいたと・・、そのことで中上さんを責めたんですか?」

    連崎「私は彼の心の汚れを送念で浄化しようとしたんです。」
    (素麺じゃありません。)

    連崎「あのとき私はつい感情的になってしまった。古参信者に裏切られたという悲しみで念に力を込め過ぎたんです。彼は私のパワーに耐え切れず窓から身を投げてしまった。」

    マジックミラーの向こう側では太田川刑事(澤部佑)が連崎を胡散臭そうにしてる。

    お笑い枠は、品川祐から澤部に交代なのね。
    品川はあまり感心しなかったから、澤部の方が印象が良い。

    取調室では内海が「今ここで私にやってみてくださいませんか、その送念を。」

    連崎が念を送りますが、内海は「何も感じませんけど。」

    連崎「そうでしょうね、あなたは救いを求めていない。私を試しているだけです。」
    インチキ宗教の常套手段!?

    (これが内海ではなく、元・オセロ中島だったらイチコロだった??)
    −◆−

    帝都大出身で学力は高いけど性格に問題のある岸谷(吉高由里子)
    吉高の不思議ちゃんキャラに高飛車を足したようなタイプ?

    草薙(北村一輝)の指示を受けた内海(柴咲コウ)が岸谷(吉高由里子)を引き連れて湯川(福山雅治)に引きあわせにいきます。

    今回は、高エネルギー加速器研究機構の出向い丸いドーナツ状の装置「Belle饗定器(その大きさは8m×8m×8m、重量は1,500トン!)」なる大掛かりな実験設備で作業をしている湯川は忙しそう。

    湯川「IPL7番のCCRを25度左回転してくれ」

    何のこっちゃ!?!?
    タイムトラベルとか出来そうな雰囲気の装置で、まるでSF映画みたいな研究施設です。

    カロリメターの動作確認を行っている永遠の助手・栗林(渡辺いっけい)が内海(柴咲コウ)と岸谷(吉高由里子)を湯川に近づけまいとしますが、内海が強引に話を切り出します。

    内海「先生にお伝えしたいことが3つあります。どれもとても重要なことです。」
    湯川「僕にとって今重要なのは、TOPとCalorimeterが正常に作動し、ロス無く粒子を検出することだ」
    ??????

    栗林が内海を制止しようとすると岸谷が「助手は黙ってて。」
    岸谷は性格悪い!

    内海「アメリカに1年間研修に行くことになりました。研修先はオクラホマの田舎警察です。そこはポルターガイストだの空からカエルが降ってくるだの訳の分からない事件が頻発するところだそうです。そういうところには私が適任だと思われたんです。湯川先生と関わったおかげで私は変な事件専門にされちゃいました。」

    いやいや、そもそも草薙(北村一輝)が捜査協力して貰ったのがことのはじまりで、湯川がオカルトめいた事件を持ってきたわけじゃないだろうに・・・。

    とりあえず内海(柴咲コウ)はオクラホマで『X−ファイル』っぽい1年を過ごすってことであります。

    内海「2つ目。これからはここにいる警部補の岸谷美砂が私の後任として湯川先生担当になります。」

    岸谷(吉高由里子)と栗林(渡辺いっけい)が言葉の応酬で一悶着。
    吉高と渡辺いっけいは波長が合ってるかも・・・。

    内海「3つ目。先日、雑居ビル5階の窓から宗教団体の信者が転落して死亡しました。教団の教祖が送念で転落させてしまったそうです。さらに亡くなった信者の眼球は白濁していたんです。UFOで地球にやって来たエイリアンのようでした。」と、あり得ない話しを強調して湯川の関心を引きます。

    さすがベテラン担当者!!

    内海にとってはUFOで来たエイリアンの目は白濁してるというイメージがあるのね。
    少なくとも”宇宙人ポール”はそんな目じゃない・・・。

    スイッチが入った様子の湯川(福山雅治)は「世の中には常識では考えられないパワー、いわゆる超能力を持つと自称する人間は数多く存在する。だがそのほとんど全てはトリック、つまりイカサマだ。しかしごく希にどんな科学的アプローチを試みても解明できない奇跡を起こす者もいる。しかし僕に言わせれば現象には必ず理由がある。」

    たしかに、今回の新興宗教絡みの事件はトリック・・・・仲間由紀恵&阿部寛の『TRICK』の方がハマりそうな事件であります。
    −◆−

    岸谷(吉高由里子)の運転で湯川(福山雅治)ともども『クアイの里』に向かいます。

    カーナビ頼りで山道を走る岸谷・・・。
    フニャっとしていて不思議なムードを漂わす吉高が運転する車には乗りたくないなぁ・・・。

    『クアイの里』に到着した岸谷と湯川が”送念体験”をすることになって、連崎が「では私の送念であなた方の心の汚れを取り払います。」

    するといきなり岸谷が「何いまの!? 体が何か暖かいものに包まれたような。心が軽くなったような。こんな優しい気持ちは初めて。」

    恐るべし大沢たかお!!
    『ストロベリーナイト』では姫川(竹内結子)を落とし、こんどは吉高を気持ちよくしちゃった!!!


    冗談はさておき、岸谷(吉高由里子)って簡単に送念を信じるようなタイプには見えなかったのになぁ・・・。
    ああいうタイプの方が、引っかかりやすいのかもしれんなぁ。
    −◆−

    話しを早巻きして・・・。

    湯川(福山雅治)が現地調査していますと、森の下草の中に太い受電ケーブルを発見。
    教団によると『クアイの里』は自然エネルギーで賄ってるとか言ってましたけど、思いっきり電気を引いてます。

    で、事件当夜、落雷で停電したと言われていたのですが、岸谷から雷は落ちていなかったと連絡を受けた湯川は『クアイの里』で配電盤らしき設備を検分して閃いた様子。

    お馴染みのBGMが流れはじめると、湯川は落ちていたボルトを拾って建物の屋根部分に飛び上がり、ボルトをチョーク代わりにして方程式を書きまくり!!!!

    電話がまだ繋がっていた岸谷は「もしもーし」
    湯川「もういい。送念の正体が分かった。」

    篠川栞子(剛力彩芽)が「想像してみて下さい」とか何とか言って憶測だけで事件を解決する流れに比べると、湯川(福山雅治)は流石に絵になるわ。
    −◆−

    連崎の”送念”の謎を解き明かした湯川は、なぜか自分では「犯人はお前だ!」的な詰めの行動は起こさず、岸谷(吉高由里子)にレジュメを渡して「これだ、連崎の送念の正体だ。難しければ科捜研に持ってって説明をしてもらうといい。」と突き放します。

    岸谷「先生が説明してください。考えた人に説明してもらわないと捜査できません。」
    湯川「捜査は君たちの仕事だ。僕は自分が納得できればそれでいい。」

    今まで散々内海には協力してあげたのに、なんで突然そんなことを言い出すのだろか??

    むかっ腹を立てた岸谷(吉高由里子)が「待ちなさいよ。じゃあ科学者って何なの、何のために小難しいことやってんの。自己満足のため? 違うでしょ、社会のためでしょ。」と喧嘩腰になり始めます。

    テンションが低い湯川は「研究成果は最終的に社会に還元されるはずだ。」

    岸谷は「地震学者の研究が防災に役立たなきゃ意味ないじゃない。『僕は地震のメカニズムに興味があるんであって。防災とか言われても困ります』なんて言ってるやつはただのオタクよ。」と感じ悪く文句を言います。

    さらに「内海さんから聞きました先生の口癖。『仮説は実証して初めて真実になる。』・・だったら実証してみせてよ。」

    今回に限って結論を警察側にゆだねた湯川の態度も少しおかしいんだけど、謎解きをしたペーパーまで貰っておきながら高飛車な態度でもって最後まで解説しろと湯川に迫る岸谷(吉高由里子)も、なんか変!?

    学者の責任感みたいなことを責める前に、警察の誇りで自分らでケリをつけようと思わんのか!!

    学者に丸投げで良いのか!!


    で、口論の末に湯川が「なるほど。草薙が君を僕に押し付けた理由が今分かった。」

    草薙(北村一輝)が目論んだのは、湯川を刺激する”劇毒物”として岸谷(吉高由里子)を送り込んだってことかなぁ・・・。
    −◆−

    最後まで関わることにした湯川は、岸谷とともに再度『クアイの里』に赴き、教祖・連崎至光(大沢たかお)と対決。

    ”送念”の正体は外部から受電して発生させたマイクロ波による加熱現象だと言う湯川は、マイクロ波を遮断するシールドクロスを張ったサングラスを掛けて「僕の眼球は温泉卵にはならない。」と言い放ち、連崎の”送念”を受けます。

    熱くなってきて苦しそうな湯川が手に取りだしたのは電車の切符。
    感熱紙が使用されている切符がみるみる黒くなっていきます。

    スーパーで買ってきた総菜をパックされたまま電子レンジでチンしたら、値段や原産地などが印字されてる表示ラベルが真っ黒になるのと同じやねぇ・・・。

    湯川「感熱紙が反応するということは、この熱は物理的なものだということ。つまり送念など存在しないという証明だ。」

    湯川が座っていた場所から飛び退きます。
    そこに連崎(大沢たかお)が躙り寄っていくと、自分も熱かった。

    連崎が座っていた上座の壇を湯川がこじ開けると、マイクロ波の放射装置がありました。

    別室で監視カメラの映像を見ながら妻の連崎佐代子(奥貫薫)が操作していました。

    というわけで、”送念”の正体はマイクロ波でした〜〜。
    (あの機械、小生が悩まされている肩こりや五十肩に効きそうなきがするなぁ。)
    −◆−

    内海(柴咲コウ)が湯川(福山雅治)に報告と挨拶。

    すると湯川が指輪ケースのようなモノを内海に手渡します。
    一瞬、内海は求婚かと思ったろうなぁ・・・。

    ところがケースを空けると指輪ではなく石の塊みたいなのが入ってます。

    湯川「ゲルマニウム。炭素族の元素の一つだよ。ケイ素より狭いバンドギャップを持つ半導体で、いわゆる半金属だ。」

    小生の世代にはお馴染みの”ゲルマラジオ”のゲルマニウム!?

    湯川「草薙から君の誕生日は3月2日だと聞いた。ゲルマニウムの元素番号は32番だ。」

    内海「これをどうしろって?」
    湯川「その結晶構造はダイヤモンド構造だぞ。」

    内海「だったらダイヤにしてよ。」

    内海(柴咲コウ)が居なくなるとね、この手の”恋愛要素”がなくなるでしょ。
    ドラマの要素が一つ減っちゃうのは惜しい気がするな・・・。

    (そういえば、柴咲コウちゃんは、『Dr.コトー診療所』でも恋の話にケリがついてないままやね・・・。)
    −◆−

    勾留されてる連崎(大沢たかお)が同房の男に「いけない、死のうなどと考えては。」などと話しかけ、近づいて念を送ります。

    すると同房の男の目から涙・・・。

    わちゃ〜〜、妻の連崎佐代子(奥貫薫)が組織拡大を狙って演出を加えちゃったけど、連崎の”送念”は本物やったんやぁ・・・。

    『TRICK』『SPEC』まで足したような話になっちゃったぁ。

    結局、自殺として処理されたであろう『信者転落事件』でわざわざ自首したのは、自分の力を本気にしてるからだったのかなぁ・・・。

    何はともあれ、最近の”大沢たかお”は役者としてのオーラが凄い。
    −◆−

    岸谷(吉高由里子)が事件の報告ために湯川の研究室を訪れます。

    あれやこれや話す内に、湯川が最後まで協力した件に話題が及び、岸谷が「科学者だって自分勝手じゃいられないって反省したんでしょ。何だかんだ理屈言いながら捜査に協力したじゃない。」

    湯川「僕は仮説を実証しただけだ。」
    岸谷「『世の中の役に立ちなさい』って私の説教に反省したくせに。」

    湯川「地震学者と防災の話か。あれはなかなかいい意見だった。しかし実は間違っている。地震学者はあくまで地震のメカニズムを研究してるのであって防災に関しては防災学というカテゴリーがちゃんとあるんだ。君は地震学者と防災学者を一緒に考えている。それは料理人と栄養士をひとくくりにしているようなものだ。」「僕は僕の興味を引くものに対してのみ興味を持つのであって、事件捜査、つまり刑事の仕事、つまり君にはまったく興味がない。」

    岸谷(吉高由里子)は言い返せなくなって怒って帰って行きました。

    岸谷と栗林(渡辺いっけい)の言い合いは可笑しいんだけど、岸谷と湯川の会話には、前述のゲルマニウムエピソードみたいな魅力がまだ出てこないなぁ・・・。

    湯川(福山雅治)と内海(柴咲コウ)や、『TRICK』の山田(仲間由紀恵)と上田(阿部寛)みたいな良い感じのコンビネーションが出せるんやろか・・・。

    磯野波平さんが舟さんと離婚して、後妻さんを迎え入れての『新サザエさん』が始まったとしたらきっと戸惑うと思うんだけど、『吉高版ガリレオ』の初回の印象は、そんな感じかな・・・。

    慣れの問題なんやろね。
    −◆−

    とにもかくにも視聴率22・6%ってのは、まだまだドラマに期待してる人が居るって事なんだから、フジテレビは頑張らなくっちゃ。

    今回の高い視聴率は、『ビブリア古書堂の事件手帖』みたいな”視聴者無視の安易な配役”による企画はやめて、本気モードでドラマを制作しろという”大衆の声”が反映されてるんだと思います。




    ◇◆◇ 「あまちゃん」感想 ◇◆◇
    #73-74(6/24-25) #70-72(6/20-22) #68-69(6/19)
    #66(6/15) #65(6/14) #64(6/13) #63(6/12)








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2014.10.21 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ガリレオ シーズン2が始まりましたね。 久々の福山さんです。 龍馬伝以来でした〜
      • 山吹色きなこ庵・きままにコラム
      • 2013/04/29 3:46 PM
      クアイの会の教祖連埼が蒲田支部で、魂の浄化と称して中上という信者を転落死させた。 それを調べに来たのが内海。湯川付きだったが、今度アメリカへ研修に行くので、その代りの岸谷が登場。内海役の柴谷さんの方が好きなんですけどね。どうも、新人役の吉高さんは、苦
      • まぁ、お茶でも
      • 2013/04/22 8:28 PM
      さすがの視聴率(祝・今年NO.1の、22.6%)にふさわしい、安定した面白さ、でした。 サービス精神たっぷりに、第一シーズンと第二シーズンのメンバーさんがフル出演! だけど、慣れの問題かもしれませんが、やはりガリレオ世界には、有無を言わせぬ、コー
      • のほほん便り
      • 2013/04/22 7:54 AM
      驚きがなかった。 前作では(というか原作では、と混同しているかもですが)トリックにも動機にも随分と驚かされたものなのですが、今回はそりゃそうだろーな感じ? 身体が温かく ...
      • ドラマでポン
      • 2013/04/20 9:56 AM
      ・確証 警視庁捜査3課第1話 『ハンチョウ』の今野敏原作だそうですが、原作未読 だから、安積らしき人物が背広をばさっと着てたんだね(笑)。 流れと盗人の気持ちを重視するベテラン刑事萩尾秀一@高橋克実と 新米女刑事武田秋穂@榮倉奈々のコンビが事件を解決してい
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2013/04/18 2:52 AM
      前作が2007年秋だったから、あれから6年近くも経ってるんですね。 つい最近だった気がするけど(笑) 今回は薫(柴咲コウさん)がオクラホマへ研修の為に渡米してしまう…ということで、彼女の後任としてやっ...
      • ドラマ de りんりん
      • 2013/04/17 7:40 PM
      視聴率は 22.6% 幻惑す(まどわす) 帰ってきた変人!
      • ドラ☆カフェ
      • 2013/04/17 12:32 PM
      「ガリレオ」は東野圭吾のガリレオシリーズをドラマ化した作品で2007年10月期に第1シリーズがドラマ化され、その後容疑者Xの献身が劇場版として公開され大ヒットした。今 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/04/17 6:16 AM
      ガリレオが帰ってきましたーw 湯川准教授おかわりなくーー。相変わらずのガリレオ節でしたわ。 んで、内海刑事に代わっての岸谷刑事。なんつー吉高w  なんちゅー高びーw でも、このキャラ付けは正解のような気がする。そんな岸谷が湯川にやり込められるのを見て視
      • シフォンなキモチ
      • 2013/04/16 9:09 PM
      Story #01 幻惑す-MADOWASU- 公式サイトから 湯川学(福山雅治)は、帝都大学理工学部物理学科の准教授。容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能な湯川は、女子学生からは圧倒的な人気を得ているが、学問以外のことにほとんど興味を示さないため、“変人ガリレオ”とも呼ば
      • ぬる〜くまったりと
      • 2013/04/16 7:40 PM
      第1章あらすじ 04.15 Mon On-Air Story#01 幻惑す-まどわす- ラテ欄「幻惑す‐まどわす‐帰ってきた変人!」 湯川学(福山雅治)は、帝都大学理工学部物理学科の准教授。容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能な湯川は、女子学生からは圧倒的な人気を得ているが、学問以
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/04/16 7:28 PM
      さーて。楽しみにしていたガリレオ2期はじまったー! なのですが、内海から岸谷へとパートナーが変わりました(;´∀`) 内海で良かったのに……。 ガリレオ 第1話 謎の教祖現る ...
      • なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
      • 2013/04/16 7:07 PM
      変人物理学者、湯川学(福山雅治)の活躍を描く第2シリーズ! これ変人だからいいけど変態物理学者だったら大変なことですよ(; ・`д・´) そして湯川学の相棒、内海薫(柴咲コウ)! が降板しちゃう〜。゚...
      • 空色きゃんでぃ
      • 2013/04/16 5:28 PM
      ガリレオ フジテレビうん,吉高由里子さん演じる岸谷刑事に尽きますね(笑)これくらい活きの良い若者...
      • Kyan's BLOG V
      • 2013/04/16 4:59 PM
      僕に言わせれば、現象には必ず理由がある。 再現性が高い現象は必ず科学的に実証できるはずだ。 つまり? 実に面白い。 ガリレオ 第1話 「幻惑す(まどわす)」       新興宗教団体...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/04/16 3:40 PM
      ガリレオ 第2シーズン 月曜 21:00 フジテレビ 2013年4月15日〜 [キャスト] 福山雅治 吉高由里子 澤部佑 柴咲コウ 北村一輝 渡辺いっけい 大沢たかお [スタッフ] 原作:東野圭...
      • 新ドラマQ
      • 2013/04/16 2:56 PM
      ドラマ・シリーズとしての「ガリレオ」の魅力の一つはガリレオこと物理学者・湯川学(福山雅治)と内海薫刑事(柴咲コウ)のほのかな恋愛モードである。 このほのかな恋愛モードというのはなかなかに得難いものである。 成功例としては「トリック」の上田(阿部寛)と山田(仲
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/04/16 2:00 PM
      マイクロ波… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160000/ 虚像の道化師 ガリレオ 7東野 圭吾 文藝春秋 2012-08-10売り上げランキング : 1267Amazonで詳しく見る by G-Tools
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2013/04/16 1:55 PM
      フジテレビ系ドラマ『ガリレオ』(公式)の第1章『幻惑す−まどわす−』『(ラテ欄)幻惑す−まどわす−帰ってきた変人!』の感想。 期待し過ぎた?! 岸谷美砂(吉高由里子)から内海薫(柴咲コ...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/04/16 1:50 PM
      『幻惑す―まどわす―帰ってきた変人!』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2013/04/16 12:57 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << October 2014 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten