WBC 侍ジャパン−オランダ「阿部1イニング2発」3/12

0
    日本10‐6オランダ
    (2013年3月12日 WBC2次R順位決定戦 東京ドーム)

    大隣がシモンズに先頭打者弾を食らって、ややビックリ。
    ところが、後続を3者三振に斬ってとったから不安払拭。

    許した安打はシモンズの1発だけで3回6奪三振の万全の投球ぶり。

    最初に一発食らったあと、あたふたと動揺せず、力むことも無く、自分のスタイルで投げきったのが偉いなぁ。

    一昨年までの大隣からすると、別人で首から上を取り替えたような雰囲気さえあります。
    −◆−

    大隣を安心して見られる状況の2回の侍ジャパン。

    先頭打者・阿部が真ん中高めを振り抜くと、打球は一気にライトスタンドに突き刺さりました。
    大会序盤の不調時には、あの球でも1,2塁間に行ってたんだけど、打球に角度がつき始めました。


    キャプテンの一発でイケイケムードになりそうなものですが、糸井は打ち気にはやらず四球を選びました。

    前の試合でもデカい1発を打ってたから、本当は打ちたいと思いますよ。
    それでも繋ぎに徹して四球を選んだフォアザチームの姿勢が白星に繋がります!!
    糸井、偉いぞ。

    中田が死球。
    相手も中田をよく研究していて、去年の日本シリーズみたいにどうしても内角厳しいところに投げられちゃう。

    頑丈だとは言え、昔の田渕みたいな死球の受け方をしてると大怪我するから、衣笠長嶋さんみたいに巧く死球をまともに食らわないテクを身につけるべし。

    走者がたまって角中がバントするも、相手投手が三塁に投げるか逡巡し、角中も1塁セーフ。
    捕手・リカルドの指示が甘かったかな。

    1死はさんで松田。
    追い込まれるまで強振していましたが、最後は高めをコツンと叩いてセンターの少し右前に打球が落ちて勝ち越し!!

    ここで、これまでインケツの長野に回って、内角球をコンパクトに打ち返してレフト線を転々。
    走者一掃。

    大会序盤は巨人ファン的には阿部、坂本、長野が不調で肩身が狭かったけど、この場面での3打点ですこしホッと出来ました。

    試合的にも5−1になって、随分と気が楽に・・・。

    2死から井端が、いつものようにいやらしくファウルで粘りながら四球で出塁。
    どんだけネチコイねん!!(今は味方でヨカッタ)

    打者一巡して、また阿部。

    低めの曲がり玉にタイミングを外されて体勢が崩れたんだけど、ボールをすくい上げて右手を大きくフォロースルーすると、角度の付いた打球が放物線を描いてライトスタンド前列に落下。

    この回2発目となる阿部主将の
    アベノミクス3点弾!!!!


    ボールが飛ばない昭和の野球で、現役時代の王さんが「詰まるよりは泳ぐ方が飛ぶ」のだとおっしゃってましたが、まさにそれを体現した打球でした。

    絶好調の阿部なら1発目はピンポン球のように上段に突き刺さる筈で、まだ完調とまでは行きませんが、打球が上がるようになったのは間違いなく良い傾向ですね。

    これで8−1となっって、お祭り気分で居たのが油断でしたけど・・・・。
    −◆−

    2番手・沢村。無難な投球でしたけど、バラツキがあるのとスライダーがシーズン中のように使えていないから絶対的な信頼を得る投球とは言えないかなぁ・・・。

    3番手は調整登板の田中マー君。
    思った通りの投球が出来たんじゃないかな・・・。
    これで山本監督が「決勝戦の先発」をマー君に任せる気になったかどうかやね。

    4番手は今村。
    前回登板では痛い目に遭ったけど、今日は自分のタイミングで投げられて、相手に付け入る隙を見せなかった。

    今村が計算できたら、継投が随分楽になるから朗報。大収穫かも。
    −◆−

    8−1の7回に森福。
    結果的に失点したんだけど、これまで間隔を空けすぎですわ。

    森福は、大量リードの回の頭から投げさせても調整登板にならないタイプですから、10日の試合で内海が打たれたあとの走者が居る場面で投げさせておくべきだったと思います。
    −◆−

    8回は山口が登板し、6番サムスにタイムリーを許したところでで降板。(2安打1与四球)

    シーズンが始まる前からはやくも連投!?
    起用法にも不満が残るし、山口がWBC球にフィットしていないことは不安要素。

    涌井が救援登板したんだけど、代えるなら6番サムスを迎えたタイミングだったような・・・。

    点差があってベンチは余裕をかましてるんだけど、継投のタイミングは常に本気モードで行くべしだと思います。

    涌井も2安打を許して8−6になって、尻に火が付いちゃいました。
    −◆−

    3回以降は1安打に抑えられていた侍ジャパンが昼寝を終えたのが8回裏。

    いつも以上にブリブリ振り回していた中田がセンター前ヒット。
    (中田とか、代表ではないけどT-岡田とか、筒香だとか、若き長距離砲はみんな不器用だから勿体ない。)

    角中がバント失敗で少し湿気た雰囲気。
    代打・稲葉も倒れて2死一塁。

    ここで1塁に残っていた角中が侍ジャパン名物の《2死から盗塁》を決めました。

    バッテリーエラーのあと、松田が必死で四球を選んでチャンス拡大。

    この場面の松田をはじめ、鳥谷、井端、糸井らが四球を選んでチャンスを広げてるのがチームの特徴となってますねえ。

    2塁手、遊撃手がベースから離れてカバーに入る様子も無かったので、1塁走者・松田が余裕で盗塁して走者2,3塁に。

    チームの「宿題的存在」となっている長野が2球ほど好球を打ち損ねたあと、ようやくカーブをレフト前に打ち返して2点タイムリーとなり5打点目。
    阿部の4点と合わせて巨人勢で9打点。

    でも、まだ長野は良い時からすると40%程度かな・・・。
    −◆−

    9回は牧田。
    捕手も炭谷から相川に交代。

    なんで捕手も交代する??
    「牧田ー炭谷」の西武バッテリーのままで良いんじゃ無いの??

    4点差付いてるから、あえて相川と組ませておくって考えなのかな・・・。

    審判が牧田の球筋に慣れてないせいか、微妙なところをストライクに取ってもらえず判定で苦労した牧田は少しもたつきながらも最後は三振締め。

    1位通過決定。
    −◆−

    終盤に2点差まで追い上げられてヒヤッとしましたが、結局、井端糸井、松田が貰った四球のお陰で得点が増えた分、大きな苦労なく逃げ切れました。

    特に、阿部の2発目を呼んだ井端の四球が効いたかな・・・。

    井端は全盛期よりも渋く活躍してくれて素晴らしいです。
    −◆−

    大隣を「3回44球」で降板させた「ベンチの余裕」が終盤のモタモタに繋がった印象。

    次の登板まで間隔があくのだから、大隣に5回くらいまで投げさせて、もう一皮むける機会を与えてあげたら良かったのに・・・。
    (結果論ですけどね。)

    少々の危ない采配も、結果が出てるから山本監督のツキは凄い。
    アメリカに渡っても、山本監督のツキが続くと有り難い。

    渡米後のメジャーとの強化試合2試合で上手く調整して貰って、準決勝に臨んで欲しいです。


    次はドミニカかな・・・。

    (阿部が、インタビューで監督を「浩二さん」と言ったのはいかがなものかと思うな。社会人たるものは「監督」と呼ぶべきだと思う・・・頭古い?)



    ブログランキング・にほん	ブログ村へ


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

    スポンサーサイト

    • 2020.08.13 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      1イニング2ホームランって、記録じゃないの♪ →2013年3月12日 日本 vs オランダ 一球速報 - 一球速報 - 2013 WBC特集 Yahoo!スポーツ 2013年3月12日 日本 vs オランダ 一球速報 - 一球速報 - 20
      • ピア 徒然見聞録
      • 2013/03/17 2:29 AM
      12日のオランダ戦は第2ラウンドの順位決定戦。 10−6で日本が1位を決めた。   試合開始直後、先頭打者ホームランでオランダが先制。 しかし2回に阿部の1イニング2ホームランなど、猛打爆発で8点。 特に2本目は、落ちるボールにうまくバットを合わせた技
      • りゅうちゃん別館
      • 2013/03/14 9:10 PM
       WBC、以前ほどの盛り上がりは無いような気がします(いや、私の関心が薄いだけか?)が、結果が出てくれば決勝ラウンドへ1位通過ということになってますね。
      • 独 言 工 房
      • 2013/03/14 5:28 PM
      オランダ 100000230 6 日本   08000002X 10 オ:●ベル
      • いすみマリーンズ
      • 2013/03/14 2:25 AM
      12日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第2ラウンド順位決定戦日本対オランダ戦が東京ドームで行われ、10対6で日本が2回に阿部捕手の1イニング2打席連続ホー ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/03/14 12:06 AM
      WBC第2ラウンドpool A最終戦。日本は1位通過をかけてオランダと対戦。前回とは逆に、1回表にオランダが先頭打者ホームランで先制。しかし、2回に阿部の1イニング2打席連続ホームランという珍しい記録が出て一気に8点を上げる。しかし、その後は単調な攻撃になり追加点を
      • 関西スポーツ”快晴すぽーつ”
      • 2013/03/13 11:21 PM
       WBC2次ラウンド1組(12日、日本10−6オランダ、東京ドーム)3連覇を目指す日本が、辛くも1位通過で決勝ラウンドへコマを進めた。二回に阿部が1イニングで2本塁打を放ち8−1と大量リードしたが、中継ぎの森福、山口が打ち込まれ2点差にまで追い上げら
      • 虎春のHappyLife!
      • 2013/03/13 8:42 PM
      今日は、すごい風で、ビルの近くを歩いたら飛ばされそうでした(汗) 土埃も凄くて、
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2013/03/13 8:10 PM
      今日は、すごい風で、ビルの近くを歩いたら飛ばされそうでした(汗)土埃も凄くて、車の前が見えなくて、怖かったです(^^;)夜から雨が降るとの事なので、台風のようになってし...
      • ショコラの日記帳
      • 2013/03/13 8:10 PM
      サムライジャパン、いざアメリカへ! 2次ラウンド最終戦は順位決定戦。前回大勝したオランダと再び対戦。 キューバを破って勢いがあるオランダ相手に、前回同様とはいかなかったものの、2回に阿部慎之助の2本のホームランを始め、松田、長野のタイムリーで8点入れて、日
      • Party?Party!@neppie.com
      • 2013/03/13 5:36 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten