シェアハウスの恋人 第6回★水川あさみ「雪山編」「高熱編」の2本立て

0
    シェアハウスの恋人 第6回

    今回のちびまる子ちゃんは、「かよちゃんのマフラー」「さくら家の大根騒動」の2本だよ。お楽しみにね。

    そうじゃなくって、今回の『シェアハウスの恋人』は、「雪山・二股元カレ編」と、「高熱看病編」の2本立てって感じでした。
    −◆−

    辰平(大泉洋)からの告白に、ショックを受けた汐(水川あさみ)は声が出なくなってしまった・・・。

    で、ジャニーズ枠の凪(中島裕翔)が「姉ちゃん、ああ見えてややこしい性格ですよ。」

    辰平「まぁ、それは俺達も把握してるつもりだけど。」

    ん〜〜、『ジミ〜な性格でそれなりに真面目に生きてきた…つもり。傷つくことが怖くて何事にも今一歩踏み込めない。』と説明されている汐(水川あさみ)の性格って、凪が言うほどややこしい女子には見えんぞ!?

    健気で、内向的なだけじゃないの?
    ややこしいかぁ??

    人物造形と、脚本が噛み合ってない??
    −◆−

    凪(中島裕翔)と辰平(大泉洋)の会話に対して雪哉(谷原章介)が「暗い。暗いオーラが充満してるぞ。俺が言うんだからよっぽどだ。」と文句をつけます。

    凪(中島裕翔)が「じゃあ櫻井さん、何か面白い話してくださいよ。」

    雪哉「先週、古本屋である本を3000円で買ったんだ。」
    (ゴリオシ堂書店の女店主に騙されたな・・・。)

    爆笑オチを期待してる凪と辰平。

    しかし雪哉は「ところが昨日、別の古本屋で同じ本が200円で売ってた。」

    締まりの無いオチに作り笑いで誤魔化す凪と辰平。

    雪哉「愛想笑いは嫌いだ! 俺だってな、俺だって泣きたいのをこらえて・・・。」

    半端な笑い話という設定なんだけど、ドラマそのものがマジで半端になってるから困ったもんです。
    もう一押しで面白くなる要素もあるのに、その一押しが足りない。
    −◆−

    汐(水川あさみ)は心因性の発声障害。

    うつ病持ちの小生は、本当に3日間《森進一が風邪をひいたような状態》になったことがあるし、カウンセリング中に過去の辛い経験を話していたら途端に《”もんたよしのり”が風邪をひいたような状態》になったり、とにかく声が喉につっかえて出てこなくなるから、絵空事ではないのだけど、それでドラマが面白くなる訳でもない。

    男どもは「ふとしたきっかけで思わず大声を出したくなるような状況をつくればいい」と思い立ち、カラオケはどうだって話しに・・・。

    「カラオケって何?」と宇宙人発言した辰平(大泉洋)が、森進一森昌子まで知っているという小ネタが入ったけど、残念なことに大して可笑しくない。
    (宇宙でも森進一と森昌子の離婚は話題になったんだろうか!?)

    カラオケは却下。

    昔、汐(水川あさみ)が相撲観戦で大声を出していたことを凪(中島裕翔)が思い出すも、ひいきの魁皇高見盛が引退済みでこれも却下。

    力士のチョイスは悪くないし、汐(水川あさみ)と相撲の”ギャップ感”もそれなりなんだけど、これまた大して可笑しくない。

    「高校受験の時に、第1志望で受けた高校が落ちて泣き叫んでました。」
    思いっきり「てにおは」を間違ってる!!

    高校が落ちてきたら大惨事である。


    さらに、競馬の大穴狙いという案も却下。

    で、凪(中島裕翔)が「あっ思い出した!スキー場だ。」

    かつて家族で一回だけスキー行ったのだけど、その際に汐が木に激突しそうになってその時に今まで聞いたことないような大声で叫んでたんだそうです。

    これが採用になって、雪山編スタート。
    −◆−

    大声を出させる作戦で、汐(水川あさみ)、辰平(大泉洋)、雪哉(谷原章介)がソリに乗って木にぶつかっていく〜〜。
    怖くなって木のすぐ前でストップ。

    作戦失敗・・・。
    ソリも滑ったけど、ドラマもダダ滑り!?
    雪山同様、寒いかも・・。

    このあと、たまたま元カレ・大久保(林泰文)と出会って「お久しぶりです。」と声が出た汐(水川あさみ)。

    その元カレ・大久保の今カノでランジェリーショップ店員・秋穂(工藤里紗)の話しから、汐が3年前に二股をかけられていたことが判明して、辰平(大泉洋)雪哉(谷原章介)が何故か熱くなって大久保へのリベンジ作戦決行。

    雪哉(谷原章介)が「汐様は会長の娘だ・・」云々と大久保に話しかけ、汐がヤクザの娘だと勘違いさせてビビらしちゃう・・・。

    会長ってのは、六龍会とか”それ系”ではなく、相撲の後援会の会長・・・。
    (もしかすると、「汐」と言う名は、名大関・朝汐から一文字とってたりして!?)

    とんだ茶番だった雪山編ですが、一応は汐(水川あさみ)の声が戻ったのでメデタシ、メデタシ!?

    唯一ヨカッタのは、毛糸の帽子を被った水川あさみが雪が舞うスキー場でワンショットで映った絵面かな・・・。

    画面がキレイだった。
    −◆−

    シェアハウスに戻ってきた3人が辰平(大泉洋)が宇宙人かどうかについて会話。

    雪哉「宇宙人なんているわけないだろ。」
    「私も、辰平さんが宇宙の話をするたびに、この人 痛いなぁと思ってました。」

    ショックで声が出なくなるようなタイプなのに、思いっきり無神経にツッコミを入れちゃうのね。
    汐が情緒不安定なのか、脚本が不安定なのか!?

    雪哉「証拠見せてみろ。例えば変身しないのか?妖怪人間は変身するだろ。」
    (鈴木福君がゲスト出演したのは2回前である)

    「そうですよ宇宙人も変身しますよね。どうやって変身するんですか?」

    雪哉「確か、妖怪人間は激しい怒りや悲しみを感じると変身するんだよな?」

    ああ見えて、雪哉(谷原章介)は亀梨君の『妖怪人間ベム』を観てたのか!?
    空知(君野夢真)君と一緒に見てたのかなぁ・・・。

    空知(君野夢真)く〜〜ん。元気にしてるかぁ〜〜〜。
    だって、今回なんてほぼ空知君のことは忘れられてるもん。



    で、証拠だとして「ノッカンマキケタ ハピラニ チャイトュタニョ パクタハピクティ コイユ〜〜ル」と妙に涼しげな声で歌い始めた辰平(大泉洋)。

    タイ語とか、そんな感じに聞こえる歌は辰平の星で愛されてた歌なんだそうです。

    大泉洋の軽妙さには笑える部分もあるけど、ゲラゲラ笑えるほどでもないわ。

    第1話、2話くらいまでは「宇宙人ネタ」が良い塩梅に可笑しかったのだけど、ぼちぼち飽きてきたせいかなぁ・・・。

    でね、この辰平(大泉洋)が宇宙人であるという設定と、雪哉(谷原章介)と空知(君野夢真)君の物語を上手く結びつけて、最終回でストーリーを着地点に導けるんだろうか??

    いささか心許ない気がするなぁ・・・。
    −◆−

    宇宙人ネタを挟んで後半は汐(水川あさみ)が高熱を発するエピソード。

    辰平(大泉洋)が甲斐甲斐しく看病し、ツンツンしてる雪哉(谷原章介)も、なんだかんだ言って看病に協力するというお話。

    雪哉が機転を利かせてケーキに付いていた保冷剤を熱冷ましに使うよう指示し「首の横、脇の下、脚の付け根、太い動脈があるとこに当てるんだ。」と辰平(大泉洋)に言い聞かせます。

    当然、「脚の付け根」ってのが引っかかる訳なんですが、さほどの面白味もないまま進んでいきます。

    そんなこんなで、看病の甲斐があって意識が戻った汐(水川あさみ)が「もし辰平さんがホントに宇宙人だったとして、何でここに来たんですか?」

    辰平は「汐ちゃんの声が聞こえたんだ。とても悲しそうな声だった。俺は汐ちゃんを助けたくて。汐ちゃんに幸せになってほしくて、この星に来たんだよ。」

    変化球タイプの辰平が、突然、直球を投げてきた!?

    このドラマ、どっち向きに進むんだろうか??
    −◆−

    辰平(大泉洋)が仕事を休んだことを知った汐(水川あさみ)が、風邪薬とかかって帰ってきますが、辰平は案外元気そうで・・・。

    汐(水川あさみ)は少し辰平(大泉洋)を意識し始めたってこと??

    どっちかというと、越前さん(麻生久美子)がはらちゃん(長瀬智也)を意識し始める話しの方が好きかな・・・。


    こんな感じの『シェアハウスの恋人』第6話。

    何がドラマの軸なのかよく分からなくって、物語はまるでノープランで行き当たりばったりみたいな展開を見せ、どうも作り込まれた脚本では無さそう・・・。

    今回の「雪山編」と「発熱編」もほぼつながりが無い感じで、声が出なくなるエピソードを持ってきた必然性があるのかどうかもね・・・。

    そういえば、必然性が希薄な《カオル(川口春奈)&凪(中島裕翔)問題》は、とうとう消滅!?
    谷原章介が大泉洋にフレンチキスしたり抱きついたりの『ホモ・ネタ』も少し薄くしたのかな・・・。


    なんだかんだで、あと一工夫で面白くなりそうなのになぁ・・・・。
    水川あさみ、大泉洋、谷原章介は感じ良いのに・・・。


    (予告編には空知君が出てたから、忘れられてる訳では無さそう・・・ヨカッタね。)











    ・ふるさと納税〜総務省HP




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.07.11 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「シェアハウスの恋人」第6話は辰平の告白によるショックで声が出なくなった汐にどうしたら声が出るようになるのか凪に相談すると、凪は以前スキー場で大声を出した経験があると ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/02/23 4:05 PM
      相変わらず掴みどころのないドラマですが、辰平からの突然の告白に声が出なくなった汐…も唐突(笑) どうやったら元通りになるのか? …ってことで散々考えた挙句、スキーね〜ヾ(*°▽°)ノあはは そこで3年前...
      • ドラマ de りんりん
      • 2013/02/22 10:12 PM
      汐ちゃんの声が聞こえたんだ。 とても悲しそうな声だった。 俺は、汐ちゃんを助けたくて…。 俺は汐ちゃんが幸せでいてくれればそれでいいんだ。 俺は汐ちゃんに幸せになってほしいんだ。 汐ちゃ...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/02/21 7:50 PM
      私事で恐縮ですが・・・ココログのログイン画面・リニューアル問題である。 「変えるよ〜」と言っといてずっと変えない日々。 そして、予告もなく昨日、突然、変更である。 そして・・・なんだか不具合が生じて・・・各方面で恐慌が生じたらしい。 キッドも記事投稿に失
      • キッドのブログinココログ
      • 2013/02/21 4:49 PM
      「裏切り男に復讐を!愛の告白に揺れる心」2013年2月20日放送 思ってもいなかった辰平(大泉洋)からの告白に、ショックを受けた汐(水川あさみ)は声が出なくなってしまった。汐のためにとった行動が、とんでもない事態を引き起こしてしまったと動揺する辰平。辰平と
      • ドラマハンティングP2G
      • 2013/02/21 4:40 PM
      日本テレビビ系ドラマ『シェアハウスの恋人』(公式)の第6話『裏切り男に復讐を!愛の告白に揺れる心』の感想。 兎に角「三角関係」は描かれた! 先週からの正常進化と言うべきだろう。これまで...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/02/21 11:58 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten