「労災病院まとめ」05年度、職場での人間関係・悩み、17%増…「警察庁」自殺対策、原因・動機など詳細を公表へ 

0
    勤労者心の電話相談:職場での人間関係・悩み、17%増−−05年度、労災病院まとめ−話題:MSN毎日インタラクティブ
     職場の人間関係がぎくしゃくして心の相談が増加−−。独立行政法人「労働者健康福祉機構」(伊藤庄平理事長)が全国20カ所の労災病院で実施する「勤労者心の電話相談」のまとめで、そんな傾向が明らかになった。05年度の相談件数は前年度比17%増で、内容は職場の上司や同僚との人間関係が増えている。(略) 同機構の山本晴義・勤労者メンタルヘルスセンター長は「リストラで人が減り、仕事量、質ともに負担が増えたため、職場での人間関係をぎくしゃくさせている。不眠を訴える人も急増しており、うつ病のサイン、過重労働の結果としても見逃せない」と分析する。【東海林智】毎日新聞 2006年7月24日 東京夕刊
     いやはや、身につまされます。
     「仕事量、質ともに負担が増えたため、職場での人間関係をぎくしゃくさせている。」との分析は的を射ていますね。
     数年前まで5人でこなしていた仕事を、4人で処理するようになり、それが3人になり、更に正規職員を減らされて経験のない非正規職員に置き換わる…。
     そういう状況では、普段なら聞き流せることでも、ついキレてしまうこともあります。
     本当に必死で仕事をこなしている時は、話しかけられるだけで自分が壊れそうになります。
     うつ病持ちの小生の実体験であります。
    Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <自殺対策>原因・動機など詳細を公表へ 警察庁
     これまで非公開だった自殺の原因・動機を細かく分類した警察庁の内部資料について、同庁は今後、自殺対策のため、関係官庁や研究機関などの要望に応じて速やかに公表する方針を決めた。(略)先月、成立した自殺対策基本法は自殺関連の情報の収集、分析、提供などを国と自治体に義務付けた。自殺対策の第一歩として、正確な現状把握に寄与しそうだ。(略) これまで警察庁は「犯罪による死亡ではないことの確認が第一で、自殺原因を十分に解明できているわけではない」として、詳細なデータは内部資料にとどめていた。しかし、自殺対策基本法の成立を受け、参考資料として関係機関に提供する方針に改めた。(略)NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」の清水康之代表は「自殺の実態を明らかにすることで、効果的な対策が取れ、社会的に追い詰められた末の自殺者を減らすことにつながるはずだ」と期待する。【玉木達也、遠山和彦】(毎日新聞) - 7月24日15時4分更新
     98年から我が国では自殺者が3万人を超えています。
     (小生も自殺が頭に浮かんだ経験はありますが、気が弱くて根性がないので実行はしていません…。)
     1年に3万人が自殺し、その家族や関係者も痛切な思いを抱き、精神的にも物質的にもダメージを受けます。
     北朝鮮からノドンが着弾しても、3万人が亡くなることはないでしょう。
     「自殺者3万人」という事象は、北朝鮮問題よりも大きい問題かもしれません。
     この8年間で約25万人が自殺したと言うことは……単純に比較することが間違っているかもしれませんが、広島に投下された原子爆弾での死者数と同等です。
     97年に雑誌に掲載され、98年発売の「大河の一滴」にも転載された五木寛之氏の一文を引用します。
    魂を救済した蓮如の「悲」が、 いま欲しい
    かつて88年の『厚生白書』で前年の交通事故死者数が1万344人と発表された際に、政府関係者は「これはもう交通戦争と呼ぶしかない。この戦争に対して特別の措置を講じなければいけない」というコメントを発表しました。約一万人が死んで、それを"戦争"というなら、2万3000人以上の自殺死は明らかに"戦争"と呼ばねばならない。それは"こころの内戦"とでもいうべき戦争です。(略)私たちが直面しているのはインナー・ウオー、つまり"こころの内戦"の時代なのではないのか。そう言わざるをえないのです。
    97年に既に『こころの内戦』という言葉を使われた五木寛之氏の社会分析は見事です。
     五木寛之氏のように、知力・見識の優れた人なら今の時代が先読みできていたようです。
     「労災病院まとめ」や「警察庁」の対策などを横断的に集積して『こころの内戦』という実態を国民全体で受け止め、五木寛之氏並みに知力を働かせて自殺者を減らす知恵を絞らなければいけません。
     子々孫々が安らかに暮らせる社会を構築しなければ……。

    ブログランキング・にほんブログ村へ


    ◆◆◆◆ うつ病・健康リンク ◆◆◆◆
      新春「初うつ」第一弾は「悪夢から」!
     1月10日・うつ病日誌…平然を装いながら、青息吐息
    「たけしの本当は怖い家庭の医学」で紹介の症状が当たってた・・・
      「睡眠7時間台でうつ最少」との調査結果が・・・。
      不健康のデフレ・スパイラル・・・。
      うつ病/川崎の元会社員、時効後に労災認定
      ある日の心療内科、いつもの心療内科。
      うつ病通信/息子の運動会に行けなかった!
      硬膜外ブロック注射!痛い!出費も痛い!

    「うつ病」で夏休み。子供の熱血担任が・・・/うつ通信癸
    雅子さまのご病状と週刊誌の非常識(怒)・うつ通信癸
     うつ病と家族・うつ通信癸
    うつ病は「心」と「身体」の病気です・うつ通信癸
    うつ病の憂鬱・うつ通信癸
    うつ病のこと・うつ通信癸
    恐るべしストレス。うつ病=「心の骨折」・うつ通信癸
    アウトドア&フィッシング ナチュラム

    スポンサーサイト

    • 2020.03.28 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << March 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten