またゴリ押し 剛力彩芽が厚労省・就職キャンペーン広報担当就任

0
    『ビブリア古書堂の事件手帖』がいろんな意味で盛り上がってるNo1ゴリ押し女優の剛力彩芽が、厚労省の『わかもの就職応援キャンペーン』発表会に出席し、田村厚労相から応援ナビゲーターに任命されたそうな。

    とうとう中央省庁までゴリ押し進出!!!

    これだけ仕事を詰め込んでる剛力彩芽だから、『わかもの就職応援キャンペーン』的には御利益(ゴリ益!?)があるかもね。
    −◆−

    剛力彩芽をドラマやCMやバラエティまで押し込んでる「オスカープロモーション」の営業力は、先日の『NHKスペシャル』で放映されたダイオウイカが餌に絡みついて離さない貪欲さにも似た恐ろしさがありますわ。

    サファリ社フィギュア212302 ダイオウイカ

    サファリ社フィギュア212302 ダイオウイカ
    価格:1,680円(税込、送料別)

    素早く近づいてガバッと10本の腕を広げて絡みついちゃいましたもんねぇ。
    (ゴリ押し事務所と同列に扱って、ダイオウイカさんゴメンナサイ)

    2012年だけで「日本映画批評家大賞 新人賞」「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」「ベストレザーニスト2012」「ベストキャラクター賞」「メガネ ベストドレッサー賞 特別賞」「VOGUE JAPAN Women of the Year 2012」「ベストドレッサー賞」「ベストビューティストアワード」の8冠をゲットするなんて不自然きわまりないのですけど、足(腕)が10本あるダイオウイカにはまだ2本負けてるかぁ・・・。


    ギャラが安いんだとも言われていますが、テレビ局や賞を主催する団体さんとかが、ここまで唯々諾々とオスカープロモーションの意に添う形で「ゴリ押しタレント」を起用する業界事情が分かりません〜〜〜。
    −◆−

    これだけ出演数が増えると、まちがって「大ブレークした」などと表現するメディアまで出てくるから難儀です。

    視聴者の支持を受けて自然にブレークしたのではないのに・・・。
    (『未来日記』とか『プロメテウス』で”逆ブレーク”してましたけど。)

    『出演数・メディア露出数』で勝負する「オスカープロモーション」の戦略が当たってるのかも・・・。

    顰蹙を買おうが、批判を浴びようが、事務所の力で各種媒体に顔を出す法が勝ちなんでしょかね・・・。


    要するに世の中は実力社会ではなくて、事務所の力=組織力がものを言うってこと・・・。

    社会の嫌な部分が凝縮されていて愉快じゃないです。





    ◇◆◇ 大河ドラマ『八重の桜』感想 ◇◆◇
    第2回「やむにやまれぬ心」
    第1回「ならぬことはならぬ」







    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:芸能

    スポンサーサイト

    • 2019.12.11 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten