横山 秀夫(著)「影踏み」★★★★★

0
    影踏み
    影踏み

     夜中に就寝中の家を狙う「ノビカベ」と呼ばれる窃盗犯・真壁修一は、二年前に侵入した家で異常に気づいていた。
     「あの日侵入した家の女は夫を焼き殺そうとしていた。」
    女の行動が、十五年前、真壁の双子の弟・啓二を道連れに母が自宅に火を放った事件と重なり、刑務所を出所した真壁は、自らが捕まった事件の謎を解くために真っ先に警察署に向かった…。
     窃盗犯「ノビカベ」を主人公とする連作集。
     「哀切のハード・サスペンス」というキャプションが付いた作品だが、意外なことにファンタジー色の強い作品。
     横山 秀夫は、こういう作品も書くのかぁ。
     で、相変わらず上手い!
     面白い!
     氏の作品には、ハズレがない。
     主人公の窃盗犯「ノビカベ」が、えもしれず魅力に満ちている。
     さすが横山 秀夫!
     短編の名手が、連作という形で活字の連続ドラマを描いた「影踏み」に脱帽!
     変な感想だけど「影踏み」というあまりに平凡な題名が許されるのは、横山 秀夫ならではって感じ。
     凡百の作家の小説なら、編集者がもっと奇をてらった題名に差し替えるであろう。
     いくら「影踏み」が、この作品を解き明かすキーワードであろうとも…。



    オンライン書店 boople.com(ブープル)

    スポンサーサイト

    • 2018.01.16 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten