第63回NHK紅白歌合戦〜石川さゆりx荒木飛呂彦 LEDビジョンが凄い

0
    第63回NHK紅白歌合戦 (2012年12月31日)

    司会の堀北真希って、何でのメンバーと視線を合わせないの??

    堀北真希は視線が一定方向に向いていて、例えば砂漠にいるMISAに「ステキなメッセージありがとうございました。」と声がけするときなんかも、なんとなく心がこもってなくて段取り通り台本を読んでるだけみたいな・・・。

    不思議な雰囲気やったなぁ・・・。

    で、ホリマちゃんの応援は高橋克実、南果歩、松坂桃李の3人。
    残念ながら奇人・松岡(高橋光臣)はNHKホールには来なかった・・・。
    −◆−

    以下は、思いつくまま順不同で感想。

    最初は、復興支援限定復活のプリンセス プリンセス「Diamonds」の感想から・・・。

    明るい歌なのに、なぜかが出てきました。
    昔を思い出す小生の年のせいかなぁ・・・。
    彼女たちの復興への気持ちが伝わってくるのかなぁ・・・。
    一所懸命頑張ってるから感動するのかなぁ・・・。

    とにかく、2013年も被災地を忘れちゃいけない。
    −◆−

    ラストは『梅ちゃん先生』のテーマ曲、SMAP『さかさまの空』でフィニッシュ。
    相変わらずこの曲を聴くとホッとするわ。
    『梅ちゃん先生』そのものの雰囲気・・・。

    中居君の音程もギリ・セーフでホッと一息・・・。
    −◆−

    小生の事前の予測では『純と愛』の大先社長役・舘ひろし「嵐を呼ぶ男」のときに純(夏菜)愛(風間俊介)があらわれると思っていたけど、曲順が先だった『純と愛』のテーマ曲・HYの「いちばん近くに」の曲紹介MCのタイミングで夏菜、風間俊介、舘ひろしが揃って登場。

    で、いつものようにカバンをたすき掛けしてる愛(風間俊介)が二宮君の顔を見ながら「HYさんはボクと同い年なんで凄く親近感が湧いてるので今日は凄い楽しみです。聞かれてないのに話してスミマセン。」

    『純と愛』と同じく、風間俊介の感じの良さが滲みました・・・。(役の上では不思議君だけど、芝居の温かさとか人柄の良さみたいなのが滲むんですよね。)
    −◆−

    さて、今回印象的だったのはNHKホールの舞台奥にしつらえられただ円形のLEDビジョンに映し出された映像。

    舞台奥から三重になってる『スターゲート』風(昔で言うと『タイムトンネル』)のセットと大階段にも照明や映像が映えて素晴らしい。

    嵐の「New Year’s Eve Medley 2012」の時の『3D』っぽい映像効果だとか、石川さゆりの「天城越え」の時に浮かび上がった『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦氏が手がけたイラスト(石仮面かと!?)なんかが目に付きました。
    (石川さゆりが唄いながらこっちに向かって睨んでくる感じは「ジョジョ」の登場人物っぽい)

    EXILE「Rising Sun」の背景映像も曲やダンスにマッチしてたし、いきものがかり「風が吹いている」のバックでロンドン五輪のアスリートたちが映る映像はテッパンでした。

    藤あや子がチャロをバックに唄った「わすれない」や、ナオト・インティライミ「Brave」も背景映像があるから成立してるほどです。

    アナログの大道具・・・幕や照明や構造物の時代は終わって、デジタルな映像でアーティスティックな背景を工夫できる新時代ですねぇ。
    −◆−

    和田アキ子「愛、とどきますか」の背景映像は、せんだって亡くなられた森光子さんと中村勘三郎さん。
    もう、反則技である。
    泣けるではないか・・・・。

    歌が終わって松潤が、同級生で勘三郎さんの長男・中村勘九郎に振るから、余計に泣けたではないか・・・。

    歌舞伎と言えば・・・。
    コンサート中の福山雅治が会場からの中継出演。

    市川猿之助(市川亀治郎改め)と市川中車(香川照之)が「隅から隅まで・・・」云々と口上。
    歌舞伎の口上はなかなかクールです。

    そして「Beautiful life」が始まる直前に猿之助が先代の十八番である宙乗を披露。
    これは豪華絢爛!!!
    −◆−

    前述したようにLEDビジョンに代表される新時代にあって、
    水森かおりが背が伸びていってドレスが広がってく小林幸子的な巨大衣装(高いから怖そう)で「ひとり長良川」を唄ったのはどうなんでしょう??

    きゃりーぱみゅぱみゅくらいの衣装で良いと思うなぁ。

    小林幸子の衣装なんてのはアナログ時代の大道具として意義があるのであって、LEDビジョンで自由自在に舞台を飾れる環境下では、陳腐化しちゃってる気がしました。

    そもそも本家が居なくなって「二番煎じ」するのは行儀が良くない気がしないでも無い・・・。
    −◆−

    ゴールデンボンバー「女々しくて」
    大きな騒動も起きずに無事終了。
    客や審査員まで白塗り(仮面)になってたのは賑やかだった・・・。
    −◆−

    AAA「777 〜We can sing a song!〜」
    『梅ちゃん先生』に出た宇野実彩子と、『平清盛』で頼盛役の西島隆弘が唄って踊って・・・。

    NHKはAAA好きやなぁ。
    −◆−

    ももいろクローバーZ「ももいろ紅白だZ!!」
    彼女たちをキワモノだとバカにしていたけど、堂々と生声で歌い、動きも大きいステージ!!
    なかなか立派なエンターテイナーじゃんか。

    ももクロは、細川たかし「浪花節だよ人生は」のバックダンサーもつとめたし・・・。

    そういえば、五木ひろし伍代夏子のバックではAKBがバックダンサー。

    若い人が見ないであろう演歌勢に、ももクロやAKBを絡ませて若者層を繋ぎ止める作戦なのね・・・。
    −◆−

    森進一「冬のリヴィエラ」には、さすがにももクロもAKBも絡めない・・・。

    で、森進一の顔は申し訳ないけど溶けかけの蝋人形みたいでヤバい・・・。
    こわい。
    −◆−

    「2012 A SPECIAL メドレー」の浜崎あゆみは、早変わりが見物だったんだけど、全盛時のような声が出ないから気の毒で・・・。

    もう引き際じゃないのかなぁ・・・。
    −◆−

    斉藤和義「やさしくなりたい」
    嵐との絡みも愛想の無い反応・・・。
    「紅白なんか特別なもんじゃない!」と言いそうで、少し怖い。

    ただし、この歌は歌詞がとっても良い。
    −◆−

    黒で統一の美輪明宏「ヨイトマケの唄」
    父ちゃんのためならエンヤコラ♪
    小生が子供の頃に聴いた歌(亡き母が好きだった歌)を、21世紀に紅白で聞くとは思わなかった。
    −◆−

    AKB48・・一部では噂のあった前田敦子出演はなかったね。

    あの早着替えはどうなってるん??

    3曲目の頃は、人文字用にたくさん人数が増えてかから前田敦子やももクロがこっそり混じっていても小生には見分けが付かん・・・。


    そんなこんなで、『ダウンタウンのガキの使い〜絶対に笑ってはいけない』のクオリティが落ちてきてるから、紅白を見る時間が増えました。

    意外と、TBSの『大晦日スポーツ祭り』の清原・桑田のKK対決が面白かったなぁ。
    (桑田がジョジョで清原がデュオみたいな・・・。)
    −◆−

    年が明けて、改めて被災地を忘れずに・・・。
    ついつい記憶が薄れそうになるけど、我々が経験した阪神淡路大震災の傷でさえ全て癒やされた訳じゃないのだから、東日本大震災の被災地のことを忘れちゃいけないのであります。














    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.01.26 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      それほど、この唄の衝撃は物凄いものがありました この唄まで観ていましたけど、本当に心に響いた唄というのは少なかったですねぇ。 由紀さおりさん、和田アキ子さん、そしてこの美輪明宏さんの3曲くらいでしょうかね。なかでも圧巻はこの「ヨイトマケの唄
      • ピア 徒然見聞録
      • 2013/01/05 12:04 AM
      2012年12月31日に放送された 第63回NHK紅白歌合戦を視聴した。 今回は歌を重視した内容となっておりこれまでより出演者を減らし 長い時間歌を聴いてもらうスタ ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2013/01/02 3:25 PM
      あけましておめでとうございます♪(^^)旧年中は、お世話になりました♪今年も『ショコラの日記帳』、どうぞよろしくお願いします♪(^^) 昨年の事になってしまいましたが...
      • ショコラの日記帳
      • 2013/01/02 12:00 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten