剛力彩芽「日本SF大賞」受賞ならず

0
    12月8日。日本SF作家クラブが主催する「日本SF大賞」で、第33回の大賞受賞作品に、月村了衛『機龍警察 自爆条項』と、宮内悠介『盤上の夜』が選出され、オスカープロモーションが推していた剛力彩芽さんの「SF女優賞」受賞はなりませんでした。

    フジテレビ『未来日記-ANOTHER:WORLD』、映画『プロメテウス(吹き替え)』でSFファンの怒りを買ったことが受賞を逃す背景になった模様です。

    取材に答えた剛カさんは「残念ですけど、今年は実力で日本映画批評家大賞 新人賞、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー、ベストレザーニスト2012、ベストキャラクター賞、メガネ ベストドレッサー賞 特別賞、VOGUE JAPAN Women of the Year 2012、ベストドレッサー賞、ベストビューティストアワードを頂きましたので満足しています。まだ年末の”レコード大賞”が残っていますが、来年は”芥川賞”と”国民栄誉賞”、”桜花賞”、”上方漫才大賞”をいただく予定だと事務所から聞いていますので、精一杯努力したと思います。」と明るく語りました。

    なお、剛カさんが桜花賞を受賞すれば、人間では初の快挙となります。
    −◆−

    一部では剛カさんが受賞するとも言われていた東京スポーツ新聞社制定「2012年度プロレス大賞」は、オカダ・カズチカ選手(25=新日本プロレス)が「最優秀選手賞」を初受賞。

    取材に答えた剛カさんは「来年こそ、必殺技の『ゴリ押し固め』に磨きをかけて、オカダ選手にリベンジしたい。」と力強く語りました。
    −◆−

    関係者の話によると、『ビブリア古書堂の事件手帖』の主演に剛力彩芽さんが起用されたことへの苦情がフジテレビに殺到しており、オスカープロモーションが苦情数世界一だとしてギネス記録を申請する見込みだとのことです。

    『未来日記』に続く”イメージ破壊”が話題になれば「視聴率も上がるのでは」と期待の声が上がっています。


    以上、最近はやりの剛力彩芽受賞ネタでした・・・。



    ◇◆◇ 連続テレビ小説『純と愛』感想 ◇◆◇
    ★第61回(12/10) ★第59回(12/7) ★第58回 (12/6)




    ◇◆◇ NHK『シングルマザーズ』感想 ◇◆◇
    #7 #6 #5 #4 #3 #2回 #1回





    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:芸能

    スポンサーサイト

    • 2020.02.23 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten