日本未来の党・公約〜子ども手当の逆襲、後期高齢者医療制度廃止ふたたび

0
    日本未来の党が公表した「公約」は、民主党が09年総選挙で提示して、いまではウソつきの代名詞と化したマニフェストの亜流みたいな印象です。

    いくつか気になる項目を拾ってみます。
    −◆−

    「原発稼働ゼ□から遅くとも10年以内の完全廃炉・完全卒業の筋を創ります。」とした【 卒原発 】

    原発稼働ゼ口に伴う雇用・経済対策などを実施し、国民生活や経済の混乱を避けつつ、全原発の廃炉への道のりを定める。
    良い話しですが、『原発稼働ゼ口に伴う雇用・経済対策など』という部分について、まったく具体的なイメージが浮かびません。

    何をしてくれるんでしょうか??

    発送電分離など電力システム改革を貫徹して公正な競争を促し、地域分散ネットワーク型のエネルギー地域主権を実現する。
    『地域分散ネットワーク型のエネルギー地域主権』って、フレーズは格好いいけど、なんのこっちゃ!?

    言いたいことは分かるんだけど、言葉を飾りすぎてる。
    風力や小水力やコージェネレーションシステムだとかの具体策も示していないから絵空事に思えちゃう。

    大胆な省エネルギーと再生可能工ネルギーの飛躍的な普及を実現して、石油・石炭への依存度を減らし、地域の雇用拡大と経済の活性化を図る。
    だから、『大胆な省エネルギーと再生可能工ネルギーの飛躍的な普及』についてプランを見せてよ。

    「大胆な」とか「飛躍的な」とか文章が修辞的なのもインチキ臭い気がするなぁ・・・。
    −◆−

    「全員参加型社会へ〜子どもや女性の声なき声をきちんと政治に反映させます。」とした【 活・女性子供 】

    子ども一人当たりの中学卒業まで年間31万2000円の手当を支給し、その一部を「子育て応援券」(バウチャー)とする。
    いわずもがなの、民主党時代の小沢氏が月2万6千円に設定した『子ども手当の逆襲』
    −◆−

    「みなさんの生活に対する不安を取り除きます。」
    という【 守・暮らし 】


    ワークシェアリングを促進し、家庭と仕事の両立ができる社会を創造するとともに、完全雇用を実現する。
    なんか、ここ20年近く同じようなフレーズを耳にする気がするけど、ライフワークバランスや雇用が改善しない。

    言い尽くされたフレーズを踏襲する”日本未来の党”はどんな新しい手立てを用意して『完全雇用』を目指すのか・・・ここでも「言うは易し・・」って感じがしちゃう。

    子育て、医療、福祉、教育分野での産業・バイオマス資源の活用による環境配慮型産業の振輿や戸別所得補償による農林漁業の活性化などにより雇用の創出を進める。
    内容以前に、日本語になってない。
    前半部分を読んで意味分かる??

    『戸別所得補償による農林漁業の活性化などにより雇用の創出』ってのも、分かるような分かんないような、つかみどころのなさ・・・。

    戸別所得補償で農林従事者が増えるってコト??
    −◆−

    「増税法は凍結します。」という【 脱・増税 】

    必要な財源は、特別会計の全面見直しをはしめとする政治改革、行財政改革、地域主権改革によって捻出する。
    09年の民主党と同じ理屈。

    できるのなら、小沢氏が民主党幹事長時代に実現したら良かったのに・・・。
    −◆−

    「行政・司法の抜本改革の断行へ」とする
    【 制・官僚 】


    震災復興の遅れ、復興予算のあきれた流用に象徴されるように、国民の視点を失った中央の官僚が全てを決めて人々に押しつける仕組み・・・云々
    政治家が頼りないだけ。
    国会が復興予算をチェックして議決してるのに官僚だけに責任があるかの如き言い方・・・。
    責任転嫁です。

    政治主導を貫徹できる公務員制度改革を実施する。天下り全面禁止と政府関係法人の廃止で無駄と利権をなくす。
     これまた、小沢氏が権勢を誇った民主党幹事長時代に実現したら良かったのに・・・と思う。

    司法官僚による国民の権利侵害を止めさせる措置を早急に講ずる。
    行政・司法苦情処理第三者委員会を国会内に設置する。
    検察審査会による強制起訴制度で難儀した小沢氏の逆襲も含んでいそうな印象・・・。
    −◆−

    「主権国家としての権利を堅持へ」という
    【 誇・外交 】


    食料安全保障の観点からも食料自給率50%を目指す。
    自給率を10%も上げる野心的な公約・・・できたらいいね。

    っていうか、やっぱり具体的なプランを示して貰わないと信じる気になれない。

    要はTTPで自給率が下がる可能性へのアンチテーゼでしかない??
    −◆−

    上記の他に「後期高齢者医療制度は廃止する。」なんて項目からしても前回総選挙字の民主党の焼き直し的な雰囲気。

    民主党幹事長時代の小沢氏が最高権力者として天皇陛下と習近平との特例会見をゴリ押し実現させるほどの力を持っていたのに、グダグダと未実施に終わったマニフェスト項目をもう一度持ち出されてもねぇ・・・。

    表紙の顔は、09年の鳩山由紀夫氏から嘉田知事に変わってるけど・・・・。


    総じて、良いことが並んでいても
    政策実現手段とスケジュールが欠けているから「夢」のレベルでおわってるかも・・・。



    日本未来の党に限らず、実際に社会を好転させる知恵をしめして政策実現してね。

    「最低でも県外」みたいなのはもう御免です。







    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:政治

    スポンサーサイト

    • 2017.05.13 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      未来、「卒原発」の政権公約を発表 嘉田代表が会見  日本未来の党代表の嘉田由紀子滋賀県知事は2日午後、東京都内で記者会見し、総選挙向け政権公約を発表した。原発依存から脱却する「卒原発」を掲げ、民主、自民の二大政党に対抗するとともに、第三極の日本維新
      • zara's voice recorder
      • 2012/12/03 5:38 PM

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten