「高校入試」第9話〜春山(長澤まさみ)のフラッシュバック〜憔悴の寺島(姜暢雄)

0
    土ドラ『高校入試』第9話

    英語を採点した面々が、答案紛失問題について話し合ってます。

    真面目な春山教諭(長澤まさみ)の発言に対して坂本教諭(高橋ひとみ)「正論はこの際どうでもいいの。銃弾を受ける覚悟の無い者は、攻撃を受けない方法を考えなきゃいけないのよ。」

    春山(長澤まさみ)「銃弾は受けます。」

    坂本「帰国子女は分かってないわねぇ。銃弾は責任者の私に飛んでくるの。」

    その瞬間、春山(長澤まさみ)の脳裏にフラッシュバックが・・。

    無精髭が生えて憔悴しきっている寺島(姜暢雄)に杏子(長澤まさみ)が「誰もあなたを責めたりしていないじゃない。」

    寺島「いっそ自分で責任を負えた方がよかったかもな。」

    春山(長澤まさみ)とは”やんごとなき仲”にありそうな謎の存在・寺島俊章に何が起き、入試妨害となにか関係があるのか????

    今回顔を出した『謎の存在・その1』でした。
    −◆−

    村井(篠田光亮)、滝本みどり(南沢奈央)と校外に出てコンビニで買物をしていた松島教諭(羽場裕一)の携帯がなります。

    受験生で松島の息子・良隆(高杉真宙=小兎丸)からのメールみたいですが、松島教諭は何やら暗い顔で返信・・・・。

    何、何??
    −◆−

    携帯母・芝田昌子(生田智子)、同窓会長・沢村(入江雅人)、的場校長(山本圭)、上条教頭(清水一彰)、水野(阪田マサノブ)が掲示板への投稿者から覗かれないであろう視聴覚室に場を移して話し合い。

    芝田母は「娘が一高には行かないと言い出したんですよ。」などとクレームの続き。

    携帯が鳴った芝田麻美(美山加恋)の教室担当だった水野(阪田マサノブ)は冷静な口調で「試験終了後、まだ結果が出る前に立入禁止の校内に独自の理屈をつけてこうして入り込んできてる。だから、これだけ問題になってるんです。」

    沢村同窓会長は水野の言葉に怯みますが、芝田母は「明日という日はないんです。今日できることを、明日、明日と引き延ばしていたら結局やらないままになってしまうでしょう。発表前に解決するべきことが出てきてしまったらどうするんですか。今日、対処しておけば大事に至らすに済んだことを明日に引き伸ばしたせいで取り返しのつかないことになってしまったら、あなたはどう責任とってくれるんですか!!」と情緒的な理屈で逆襲。

    面倒くさいクレーマーです。

    冷静さを失わない水野は間髪おかずに「掲示板にはすみやかに警告文を書き込み、削除要求しましょう。親の肩書きなど個人を特定できるものがあるとしたら従わない場合は警察に訴えることができる。」

    無難に済ませたい的場校長は「警察は少し早急過ぎないか。」と口を挟みます。

    これって、福島第一原発事故でかなりヤバイ状態になって、吉田所長が炉心冷却のために海水注入を進言していたのに、官邸が東電に「海水を使うっていう判断するのが早すぎるんじゃないか」「海水を使うことは、もう廃炉にするというようなことにつながるだろう」云々と言ったのとよく似た発想〜〜。

    ダメ校長と、ダメ民主党政権はそっくりです。


    で、吉田所長のように水野教諭は「あくまで最終手段です。」と校長に返答。

    その上で水野は「書き込んでる連中は自分たちが実在の個人を糾弾してる自覚がないんです。警告に逆上するものもいるでしょう。そんなればこちらは堂々と被害届を出せばイイ。云われのない中傷を受けたんですから。

    自分の側に責任がないことを意味する”云われのない中傷”という言葉でコロッと態度が変わった芝田母は「先生のおっしゃるとおりです。」

    水野「掲示板の件は早急に対処します。合格発表後に娘さんが本校入学に不安を感じるのであれば、必ず話し合いの場を設けます。ご要望があればスクールカウンセラーの手配もしますのでご相談いただければ。」

    校長を筆頭に筋立ったメニューを示せない中で、水野だけがテキパキと手立てを示してる・・・。

    ダメ校長なんかに比べるとすごくシッカリしてるんだけど、手際が良すぎて逆に怪しい感じがしないでもないなぁ。


    すっかり御機嫌の芝田・母(生田智子)は「水野先生に総てお任せします。先生のような方がおられたら安心ですわぁ。」と猫なで声。

    これでは校長や荻野入試部長(斉木しげる)は立場がない・・・。

    4月からも水野に学校に残って欲しいという芝田・母は県会議員の旦那の影響力を行使して”水野残留”の人事介入を仄めかしますが、水野は「お気持ちは感謝しますが、そういった発言はNGですよ。」

    水野教諭はクレーマーの”あしらい方”が上手いなぁ。
    −◆−

    コンビニ帰りの滝本みどり(南沢奈央)が村井教諭(篠田光亮)に「一高に行きたかった?」
    村井「答えなきゃなりませんか?」

    村井を見ていて思うけど、ゴールデンタイムの”ダメ・ドラマ”だったら村井役にジャニーズ・タレント(二軍)をキャストしそうな気がしちゃう。

    もしかしたら滝本役は剛力彩芽だったりして・・・。

    そういう安易なキャスティングをしていないから、『高校入試』はクオリティを維持できてる・・・。

    で、「一高に落ちたから菫ヶ丘女子高に行った。」という滝本(南沢奈央)は、一高で教員をしていることについて「今じゃ正直うんざりしてる。」とこぼします。

    村井「どうしてですか、大きな問題を起こす生徒もいないし、授業はまじめに聞くし課題はちゃんと出すし、いい学校じゃないですか。」
    (実際の教師が『人事異動で行きたい学校No1』にしそうな校風ですね。)

    滝本(南沢奈央)は、一高出身者の「一高OBにあらずば、人にあらずみたいな態度」にうんざりしている様子。

    そういえば、元祖「平家にあらずんば人にあらず」の平清盛(松山ケンイチ)もダークサイドに堕ちてひどいもんなぁ・・・(関係ない)

    そのころ掲示板に<M先生だよ〜ん>という書き込み。

    コンビニ帰りのみどり(南沢奈央)、村井教諭(篠田光亮)、松島教諭(羽場裕一)は3人ともイニシャルは「M」や〜〜〜。
    −◆−

    校内巡視中に春山教諭(長澤まさみ)が耳にした着メロのメロディをハミングして見せます。

    密かに交際している女子生徒・衣里名(山崎紘菜)の着信音だと思ってる相田(中尾明慶)は話をはぐらかそうと必死で、春山教諭が口ずさんだ曲が入ったCDを村井教師が持ってたと発言。

    すると春山(長澤まさみ)は試験開始前に村井と教室確認したときに「好き嫌い、会いたくない でも やっぱり好き♪」と東山ユキの歌が落書きされていたのを思い出しました。

    この曲が東山ユキの歌であることを教えたのが村井だった・・・。

    村井がなんか絡んでる??
    衣里名(山崎紘菜)と村井は、なにか繋がってるの??
    −◆−

    校長室で残ってる教諭たちがミーティングしているとき、パソコンから掲示板に警告文を打ち込んでいた上条教頭(清水一彰)が悲鳴!!

    なんと掲示板には<同窓会長に英語の答案用紙がなぜか2枚。,錬牽嘉澄△錬隠娃暗澄,覆乕垤膤福△覆藕膤福さぁ本物ど〜っちだ。>という異様に詳細な書き込み。

    誰にも知られるはずがないと校長は怪訝そう。

    上条教頭は、一人で校長室に待機していた時に55番の答案を置いたままトイレに行ってしまったことを秘密にして「ずっと私が見張ってました。」と・・・。

    こんな頼りない奴が、どうして教頭昇任試験に受かっちゃったのかなぁ・・・。
    (なぜかダメな奴がすり抜けて管理職になるってのは、世の常である)
    −◆−

    場面は同窓会長の自宅に・・・。

    沢村翔太(清水尋也)の部屋に茶髪でピアスの兄・哲也(荒木宏文)がやってきて掲示板のことにふれ、翔太が親父に泣きついて英語の点をあげようとしてると指摘。

    兄・哲也が掲示板のことをどうして知ったのか訪ねますと、翔太は「面白い掲示板があるって教えてくれた奴がいたんだ。」と、”違う学校の知らない奴”から教えられたことを説明。

    また、試験終了直後に沢村・父に「もう少しで答えが書けそうなときにバカみたいに大音量の携帯がなって吹っ飛んじゃった。最初に全員回収されたのに、隠し持っていたんだ。」と話をしたら学校に抗議しに行ったことも述べました。

    兄・哲也が掲示板にカンニングの件も書き込まれていることを話しますと「絶対あいつだ。許さねぇ。」と翔太。

    「あいつ」とは、松島良隆(高杉真宙)のことでしょかねぇ・・・。
    でも、固有名詞で「絶対松島だ」と言わないところが引っ掛けかもしれないし・・・。


    兄・哲也は「お前もなんか書き込んだ?」

    掲示板には<一高→二流大学→フリーター><不合格だと、こいつ以下ってことか。>と、兄・哲也に当てはまることが書き込まれていますが、沢村翔太(清水尋也)は書き込みを否定してしらばっくれています。

    春山(長澤まさみ)と一緒にいた寺島俊章と同様に、兄・哲也(荒木宏文)も曰く有りげ・・・。

    今回顔を出した『謎の存在・その2』って感じ。
    −◆−

    話し合いを続ける教師たちの間で、内部犯行説が囁かれ始めました。

    水野「内部の人間なら簡単にできる。」
    村井「こちら側の人間が入試妨害をして何のメリットがあるんですか?」

    水野は「こちら側だ考えるからメリットはないように見えるが、個人として考えればリスクを犯してでも果たしたい目的があるんじゃないか。仮に沢村が合格しても、ネット上で晒されてどんな学校生活を送ることになるんだろう。一高に入るのをやめるかもしれない。」と、今後をシミュレート。

    坂本「沢村さんの息子よぉ、そんなにデリケートかしら。開き直ってくるんじゃないの。」

    水野は「たしかに、しかしクラスを仕切る立場につくことは難しいね。クラスのリーダー格といえば聞こえはいいが、いじめを先導していたという噂もありますよ。ね、松嶋先生。」

    松島の息子が中学でいじめられてる事情を水野は知ってるのね・・・。
    松嶋先生は顔が硬直。

    水野「そんなヤツは、たとえ合格点に達していても入学させたくない。本来ならそいつの答案を抜きたいところだが、試験監督でない限り難しい。だから混乱を起こすために同じ会場の答案を適当に抜いて、そいつの受験番号に書き換えて隠した。」と、”名探偵”みたいに推理を展開。

    松嶋「バカバカしい。」

    相田が、松島の息子が答案用紙に55番のカンニングを告発していたことを口にして・・・・。

    松嶋教諭も水野教諭も怪しいし、相田は衣里名のことがあるし、前回はテキパキと管理職をリードしていた荻野入試部長(斉木しげる)が妙に静かなのも怪しいし・・・。

    いまのところ絶対に犯人じゃないさそうなのは的場校長(山本圭)上条教頭(清水一彰)くらいかなぁ・・・。
    −◆−

    場面が変わって、PCで掲示板を見ている受験生・田辺光一(中村倫也)・・・。

    5年前に一高を不合格になった兄・淳一(柾木玲弥)「ちょっと話があるんだ。」

    次回へ続く・・・・。

    兄・淳一(柾木玲弥)は、「謎の存在・その1=の寺島俊章」と、「謎の存在・その2=沢村哲也」と並んで謎めいた存在・・・・。


    作者に上手く引っ掛けられてるんだろうなぁ・・・。

    最終回には意外な犯人や犯行の手口が明かされるんだろうなぁ・・・。
    −◆−

    余談ながら、大雑把なオバハンだけど管理職を目指してる坂本多恵子というキャラを巧みに高橋ひとみは、淫靡な雰囲気をまとったお姉さんだった『ふぞろいの林檎たち』の頃からすると隔世の感がありますわ。

    坂本多恵子のみならず、これほど多様な登場人物のキャラ付けが隅々までしっかりしていて感心します。

    本当によく練られた造りになってます。
    お見事!!



    ◇◆◇ 『高校入試』感想 ◇◆◇
    最終回 #12 #11 #10 #8 #7
    #6 #5 #4 #3 #2 #1

    ◇◆◇ 連続テレビ小説『純と愛』感想 ◇◆◇
    ★第77回(12/28) ★第72回(12/22) ★第68回(12/18)








    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.06.06 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      視聴率は 7.8%・・・前回(6.9)より
      • ドラ☆カフェ
      • 2012/12/05 11:05 AM
      フジテレビ系ドラマ『高校入試』(公式)の第9話の感想。 なお、面白いと思ったり出演者のファンは読むと不愉快になるかも?ご了承を… 全13話! Wikiによれば全13話、ってことは残りは次回含...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2012/12/03 8:20 AM
      2012.12.1 Sat. On-Air 英語の答案用紙が依然見つからないため、春山杏子(長澤まさみ)ら教師たちは職員室で待機し続けている。2枚存在する受験番号55の答案用紙と紛失した受験番号46の答案用紙 について、杏子が推測を始め、教師たちは耳を傾ける。 一方、松島崇史
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/12/02 4:03 PM
      紛失した英語の答案用紙が見つからないため、杏子先生(長澤まさみ)たちは職員室で待機する羽目に陥っていました。 2枚存在する55番の答案用紙について、杏子先生は推測を話し始めます。 どう考えても...
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2012/12/02 3:15 PM
      もしかして今回の入試をぶっつぶす宣言学校という組織に無造作に石を投げてるんじゃ なくて、明確に誰かを狙って撃ち込まれた銃弾なんじゃないの? まさか私に向かって? うん。心当たりがあるなら坂本...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/12/02 1:32 PM
      第9話
      • ぐ〜たらにっき
      • 2012/12/02 1:10 PM

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten