大奥〜誕生[有功・家光篇]第8話★女将軍・多部ちゃん「将軍という名の人柱である!」

0
    大奥〜誕生[有功・家光篇]第8話
    「春日局死す、初の女将軍誕生」


    なんといっても、画面の下に出演者やスタッフのクレジットが流れ始めた番組最終盤の《女将軍・家光》の登場シーンが今週のハイライト。

    江戸城大広間で松平信綱(段田安則)が「上様のおな〜り〜」

    おもむろに御簾が上がって現れたのは、赤い着物に金の刺繍が入った打掛を羽織り、結い上げた日本髪に”べっ甲”の櫛(くし)と”かんざし”がバッチリ決まり、唇の紅も艶っぽい女将軍・家光(多部未華子)!!

    大勢の家臣団を前にして「よう聞け。父、三代将軍家光は10年前、既にこの世を去られた。」
    多部ちゃんの凜と響く声が素晴らしい!!

    家臣を見渡しながら「わしは徳川の世を支えるため、その父上の名代としていっときこの将軍の名を借りているに過ぎぬ。あくまでもこれはいつの日かまた男子の人口が増え、男子が家督を継ぐようになるその日までの仮の措置。よってわしは、父上の名である三代家光を名乗ることとする。 表向きのことは何も心配要らぬ。優れた幕閣達の補佐により政はつつがのう進められよう。」

    多部ちゃんは、首がシュッとしていて毅然とした立ち姿が格好いい!!


    少し間があいて、家光は一段と声を張って「わしはこの徳川の世を永久につなげるために生まれてきた、将軍という名の人柱である!! 万が一、このまま男子が減り続け、この世が滅ぶというのなら、わしもともに滅びるまでのこと。誰か、わしが女将軍となることに異存があるかえ!」

    力強く、聡明気で、神々しささえたたえる家光(多部未華子)に異議を挟む者はおらず、一同ひれ伏します。
    (『純と愛』の純(夏菜)なら、お構いなしに「異議あり〜〜〜!!!」とか言いそう)

    ようやく”多部ちゃん”が女優力を発揮できる場面になり、その姿に惚れ惚れしました!!
    セリフ回しが力強くて格好良かったなぁ・・・。


    多部ちゃんが”総選挙”に立候補したら1票入れたくなっちゃうほどのオーラやリーダーシップを感じさせました。(残念、まだ彼女は年齢が足りないから被選挙権が無い。)
    −◆−

    このラストの女将軍登場シーンにかかる5分ほどの場面以外は、あいかわらず・・・。

    有功(堺雅人)が江戸の”介護士”としてお楽(窪田正孝)と春日局(麻生祐未)を甲斐甲斐しく在宅ケア・・・。

    本来のお世話役・矢島(阪田瑞穂)は、病気を嫌がってるのか業務に熱が入っていません。
    この矢島を演じている阪田瑞穂も、剛力彩芽らが所属するゴリ押しでお馴染みのオスカープロモーションのタレントさんだから、そのうちゲップが出るほどテレビ出演が増えるんだろうか??
    見た目は剛力彩芽よりは正統派だからイイけど・・・。



    で、ミイラ男みたいになってる”お楽(窪田正孝)”は「最後に一度だけ千代姫の頬に触りたかった・・・。」と娘を思いながら御臨終。

    有功(堺雅人)から知らせを受けた家光は「そうか、死んだか。手厚く葬ってやるように。」

    扱いが軽くて気の毒な窪田正孝君・・・。
    −◆−

    寝所の家光(多部未華子)と玉栄(KAT-TUN田中聖)。

    春日が病床にあるのが気がかりなのか、家光が溜息。

    家光が春日を心配することを意外だという玉栄。

    長子相続とは限らず、現に家光(岩井秀人)の弟・忠長は自害させられたことを玉栄に説明した家光(多部未華子)は「父上が生きておればこそ、わしが生まれた。」と、春日局の尽力で家光が家督を継げたことを感謝。

    そして家光は「以前のわしならそれがどうしたと思っていたであろうなぁ。この世に生まれてきたくなどなかったと思っていたのだからなぁ。」

    玉栄「今は生まれてきて良かったと?」

    家光は「さあな、今だって生きてることが楽しいと思ったことも、嬉しいと思ったことも正直無いわ。だがもし、もしわしがここに生まれてきた意味がどこかにあるというなら、今は確かめてみたいのじゃ。そして、わしに果たすべき役割があるのなら、それを果たしたい。今はそう思うておるのじゃ。」と語りかけ、玉栄に顔を近づけてキス。

    キスに反応しない玉栄は、改まった顔つきで「上様。私は有功様以外は人を偉いと思うたことはありませんでした。けど、もしかしたら私は、凄いおなごさんと”しとね”を共にしてるのかもしれませんなぁ・・・。」

    小さく微笑んだ家光が再びキス。

    家光が果たすべき役割への”覚悟”をかたりましたが、これがやがて後世の女将軍・吉宗 (柴咲コウ)らに繋がっていく第一歩。

    そして玉栄は、ようやく家光の芯にある輝きに気づいた・・・。

    なかなかの重要場面なんだけど、演出が良くないのかエッジのある場面には仕上がってなかった感じかなぁ・・・。

    薄暗い照明の感じとかも、なんかチープな印象の閨でした。
    −◆−

    稲葉家では正勝(平山浩行)の嫡男で家督を継いだ正則が”赤面疱瘡”でご臨終。

    家臣は稲葉家も終わりだと嘆いていますが、母・雪(南沢奈央)は「これからも稲葉家は安泰です。」

    すると凜々しく男装した野乃 (山本舞香)が部屋に入って来ました。

    正則として生きることになった山本舞香ちゃん、なかなかの美形少年!!!
    −◆−

    病床で息も絶え絶えの春日局が、有功(堺雅人)に対して「さぞかし私を恨んだことでしょう。」と、むりやり還俗させて大奥に引き込んだことや、生木を裂くようにして家光と離れさせたことに触れ、それも戦の無い世を作るためだったのだと自分の思いを語りました・・・。

    明智光秀の重臣だった父・斎藤利三が謀反人とされて処刑されたことや、その後、母と姉とで厳しい流浪の旅を続けたことが心に刻み込まれて戦の無い世を強く願ったのでしょうね。

    有功は「感謝しております。」「あのときは心底あなたを憎みました。けれど、今は苦しみを知りました。今の私は病に貧しさに苦しむ人々の心が分かる。自分を助けるような気持ちで寄り添うことが出来ます。もしかすると、これこそが私の求めていた道であったのかもしれぬと思うと、春日局様に感謝したい心地さえするのです。」


    有功の”悟りの境地”のセリフは美しいのだけど、すこし綺麗に作りすぎてる感じがして感情移入できませんでした。

    もともと有功(堺雅人)は人格者で、江戸に来る途上から”赤面疱瘡”で亡くなった者の遺骸を怖れず弔ってあげるなど、他者への思いやりや慈しみの心が初回から十二分に描かれていたから、一層人間性が高まった言われても小生のような俗人にはピンときません・・・・。

    出木杉君・有功よりも、普通に悩んだり迷ったり苦しんだりする『JIN -仁-』の南方先生(大沢たかお)あたり方が、人間っぽくて魅力がある気がします。

    で、春日局は有功にあとを託して息を引き取りました・・・。

    嘆き悲しむ家光は「春日〜〜〜〜〜、春日、春日、春日、春日、春日、、、春日〜〜〜」



    というわけで、ラスト5分の”女将軍・多部ちゃん”登場シーンでの、言葉の力強さがサイコーに印象的だった大奥〜誕生[有功・家光篇]第8話でした。

    (このドラマの出来では、映画『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』の足を引っぱるコトになりゃしまいか???)


    ◇◆◇ 大奥〜誕生[有功・家光篇]感想 ◇◆◇
    最終回 #9 #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1








    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.10.24 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      今回は切ない話が多くて…(・_・、) まずは、日に日に弱っていく春日局様…。 有功が看病を始めて薬断ちをやめさせたつもりが、結局は飲んでいなかったという。(^_^;) 布団の裏にこっそり隠してたのを見つ...
      • ドラマ de りんりん
      • 2012/12/02 11:07 PM
      有功(堺雅人)は、病に倒れた春日局(麻生祐未)だけではなく、流行り病の赤面疱瘡に掛かったお楽(窪田正孝)や部屋子たちを献身的に看病していました。 しかし、その甲斐もなく、お楽は亡くなってしまい...
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2012/12/02 9:20 PM
      春日局死す、初の女将軍誕生。
      • 悠雅的生活
      • 2012/12/02 8:25 PM
      全10話放送予定のTBS系列の金曜ドラマ「大奥 〜誕生〜 有功・家光篇」。いよいよ残り3回となり、ラストも見えてきた今回は2012年11月30日放映分の第8話感想です。前...
      • タナウツネット雑記ブログ
      • 2012/12/02 3:34 PM
      女将軍、誕生!ヽ(`○´)/ガオォー!! 皆の前で堂々と宣言する女・家光さまが、かっこ良かった〜!多部ちゃん、やるぅ〜 だけど、将軍という名の人柱て・・・ 春日が逝き、正則が亡くなり、お楽さまもあの世へと旅立たれた今回。 だけど、悲しんでる暇もないくらい
      • あるがまま・・・
      • 2012/12/02 11:50 AM
       「わしは、この徳川の世を永久に繋げるために生まれてきた将軍という名の人柱である! 万が一、このまま男子が減り続け、この世が滅ぶというのなら、わしも共に滅びるまでのこ ...
      • トリ猫家族
      • 2012/12/01 6:41 PM
      第8話「春日局死す、初の女将軍誕生」2012年11月30日 OnAir ある日、大奥内で赤面疱瘡が発病し、お楽の方(窪田正孝)も病にかかってしまう。有功は春日局(麻生祐未)を看病しながら、その次の間にお楽の方たちを集め自身が看病すると宣言。春日局は、自分に献身的に看病
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/12/01 4:21 PM
      歴史的に見ても、エンターティメントの世界でも徳川家光が人気を博すことはあまりない。 大日本帝国時代にはそもそも賊軍である徳川家に対する評価が低いわけである。 帝国が滅亡して象徴天皇制が始り、米国的な擬似民主主義のもとで一番再評価されたのは徳川家康であろ
      • キッドのブログinココログ
      • 2012/12/01 3:23 PM
      春日局様の看病をするにあたり、私は自分の心をのぞいてみたのや。 しかし自分の心ほど分からんもんはないな。 ただ一つだけ言えるのは、この大奥において無用の者となった私が 誰かの役に立つというのは...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/12/01 2:00 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten