勇者ヨシヒコと悪霊の鍵〜第7話★ムラサキ(木南晴夏)の得意料理はレトルトカレー!

0
    勇者ヨシヒコと悪霊の鍵〜第7話
    「無敵!?偽りの勇者を討伐せよ!キラナ村の伝説」


    騙された〜〜。
    中盤までたいして面白くなかったのに、終盤にヨシヒコ(山田孝之)が大ボケをかまして爆笑ではないかぁ!!
    −◆−

    ヨシヒコ(山田孝之)たちが遭遇した強力な魔物4体は、あろうことか呪文で岩の魔物が偽ヨシヒコ(濱田岳)に、ギガンテスっぽい棍棒を持った一つ目の魔物が偽ダンジョー(宍戸開)に、緑色のスライムが偽ムラサキ(有村架純)に、ガイコツのモンスターが偽メレブ(山中崇)に変身。

    この偽物たちが先回りしたのが100年前(「勇者ヨシヒコと魔王の城」第3話)に 本物ヨシヒコたちが西の洞窟の化け物から救ったキラナの村。

    その伝説からか”偽ヨシヒコ”たちが英雄扱いを受けており、あとから到着した本物のヨシヒコ(山田孝之)たちは「偽物はおめぇ達だべぇ!」と罵られて相手にされません。
    −◆−

    杖や剣を取り上げられ野良着っぽい服を着せられた本物ヨシヒコ一行が目撃したのは口べたではない偽ヨシヒコ(濱田岳)。
    子供にも優しいジェントルな偽ダンジョー(宍戸開)。
    モモチを少し薄くした感じのアイドルチックさで、お菓子作りも出来る偽ムラサキ(有村架純)。
    呪文をたくさん持ってる偽メレブ(山中崇)。

    本物メレブ(ムロツヨシ)は「トータル的に言うと、遥かに偽物の方が、出来が良い。」「特にムラサキ、ムラサキが持っていない女らしさを、あっちは全て持っている。」

    怒った本物ムラサキ(木南晴夏)が「お前もだろう、あっちは超使える呪文、超持ってんだし。」

    そのとき、点から稲妻が走り仏(佐藤二朗〜木村多江ではない。)が現れて「君たちは圧倒的に不利だな。しかし、どんな逆境にも打開の道は存在する。」とありがたいお言葉。

    メレブ(ムロツヨシ)が「それはどんな道だ?教えろ。」

    1秒ほど沈黙した仏は「知らないよ、そんなもの。」「知ってるといっただけじゃん。有るっては言ってないよ。」と無責任発言。

    ムラサキ(木南晴夏)は「紛らわしいこと言ってんじゃねぇぞ。」と、偽ムラサキ(有村架純)なら口にしないような”がさつ”な口調。

    「自分たちがピンチだからって仏に当たっちゃってさ・・・」云々と口答えした”仏”は、思いっきり鼻くそをほじります。

    メレブに非難されてる最中、とうとう鼻くそを食べちゃう罰当たりな”仏”。

    呆れたムラサキが「こっちの怒りとか焦りとかをさぁ、優しさで返す寛大な心ってないわけ??」

    「あのね、俺がね、周りからね、日頃なんて呼ばれてるか知ってるか? 『器の小さい仏』だよ。答えは。」

    『器の小さい仏』にウケた!!

    今週の仏(佐藤二朗)は一段とギャグが冴えてるなぁ・・・。
    −◆−

    なんだかんだあって・・・・。

    かつてヨシヒコに救われた村人の子孫から聞くことの出来た「伝説の鍵の在処」を目指して、ヨシヒコ(山田孝之)と偽ヨシヒコ(濱田岳)の一行が出発。

    旅の途中、偽ムラサキ(有村架純)が作った素麺を食べるなどするうちに、気持ちがほだされて仲間意識が芽生えちゃてるヨシヒコ(山田孝之)。

    そして低予算アニメになって、ヨシヒコ&偽物4人が協力して巨大な化け物を見事に退治。


    村に帰還してきたヨシヒコ(山田孝之)は、これからは”偽ヨシヒコ(濱田岳)の一行”とともに旅を続けるのだと仰天発言。

    本物ムラサキ(木南晴夏)が「ふざけんなよヨシヒコ、ここまで戦ってきた仲間を裏切んのかよ!!」と声を荒げます。

    間髪置かずヨシヒコは「楽なんだ!」
    「ダダダ〜〜ン♪」と重いBGM

    ヨシヒコ「何より戦いが楽なんです。呪文はたくさん持ってるし、私は後ろに立ってるだけで良い。」「さらに、『命大事に』という作戦にすれば絶対に私の命を守ってくれる。さらにこのムラサキは料理ができる。」

    本物ムラサキ(木南晴夏)が過敏に反応し「料理が女のすべてじゃねぇだろ!」

    ヨシヒコ「全てと言っても過言ではない!!!!」と、いつものダンジョー並みの重たくてくどい口調!!!

    さらに「戦いに疲れた身体を何より癒やしてくれる。それは料理だ!! 肉じゃが、きんぴら、味噌汁、そして、お焦げのある炊き込みご飯・・・。」

    なんだか『孤独のグルメ』みたいになってきた。

    ヨシヒコ「ムラサキ、お前に何が作れる?」

    即座にムラサキ「レトルトカレー!!」
    木南晴夏、ナイスなキャラだぁ!!

    ヨシヒコ(山田孝之)は大きく口を開いて「そんなものは料理とは言わん!!! お湯で暖める程度なら私でも可能だ!」

    ムラサキ「チルド餃子も出来る!」
    ヨシヒコ「馬鹿者〜〜〜!!!!!」

    あまりのことにムラサキは白目を剥いて意識がどこかに飛んじゃいました〜〜〜。
    山田孝之も木南晴夏もオモロ過ぎる〜〜〜〜!!!

    メレブ「だめだムラサキ、こっち戻ってこい!!」
    「第46回・頼朝挙兵」では平清盛(松山ケンイチ)も、あっちに行きかけてたなぁ・・・。
    −◆−

    とある冒険ゲームみたいに仲間を預けておける『ルイーダの酒場』にダンジョー(宅麻伸)、ムラサキ(木南晴夏)、メレブ (ムロツヨシ)を預け、偽ヨシヒコ(濱田岳)と旅立つことにしたヨシヒコ(山田孝之)。

    胸の谷間が眩しい酒場のお姉さんルイーダ(佐藤江梨子)は、どちらかというと顔は”キューティーハニー”に似てるのである。

    で、偽ヨシヒコたちと旅立って、お約束の妹・ヒサ(岡本あずさ)のネタが入ってエンディングテーマが流れ始めちゃった。

    今回は前後編かぁ・・・と思った小生がバカでした。

    エンディングテーマは突然止まり、天から仏が登場してヨシヒコに「バカっ!」

    仏は、バカにでも分かるように「彼らこそが魔物だぜ。」

    「とても気の良い連中なんですよぉ。」と問題意識ゼロのヨシヒコ(山田孝之)。

    仏はヨシヒコが全ての魔物を封印するために旅してることを思い起こさせ、さらに、偽ヨシヒコ(濱田岳)から「何者にも封印されず次々と魔物を増やすために旅してる。」という証言を引き出しちゃいます。

    思いっきり利益相反してることにようやく気づいたヨシヒコ(山田孝之)は「何だと!!」

    「言ってたぜぇ、最初からみんなそう言ってたぜぇ。」

    たしかに、村の牢に入れられたヨシヒコたちに向かって偽ヨシヒコ(濱田岳)が「鍵は我々が手に入れる。我々魔族は決して封印などされん。」と言ってたわ。

    ヨシヒコ「貴様ら!」

    仏は「旅の途中に素麺とか作って貰って、良い雰囲気になって、勝手に忘れてただけだぜぇ。」とヨシヒコの”おバカぶり”をやんわりと指摘。

    偽ムラサキ(有村架純)は半泣きで「ヨシヒコ、この世界を魔物のものにする手伝いをしてくれるんでしょ。」

    ヨシヒコは「そんなわけないだろ、馬鹿者!!」

    有権者「消えた年金を元に戻してくれるんでしょ。」
    長妻「そんなわけないだろ、馬鹿者!!」

    感覚的にはそんな感じのヨシヒコの”言行不一致”に、仏が「馬鹿者はお前だよ!!」とお叱りの言葉。

    仏に叱られても今一つ反省の足りないヨシヒコは「くそ〜〜、騙したなぁ!!」
    −◆−

    偽ヨシヒコ一行のもとから走り去ったヨシヒコ(山田孝之)は『ルイーダの酒場』に向かいました。

    ヨシヒコは本物のダンジョーたちに「こんなところで飲んでる場合ですか。魔物たちの目的は悪霊の鍵を手に入れて魔物を増やすことだったんです。」と真顔で語ります。

    メレブ「知ってた。言ってたから。」
    全国の視聴者を含めて、知らなかったのはヨシヒコだけでと思う。

    3人をここに預けた当の本人であるヨシヒコが「こんなところで何をノンビリしてるんだ!!」

    旧社会党の書記局長だった人から自民党の総理経験者までが”野合”して集まっていた民主党が、橋下氏と石原慎太郎氏の合流を”野合”だと批判してるみたいに、自分に跳ね返ってくる恥ずかしいセリフです!!

    ムラサキ「(あちらには)料理が出来る女が居るんだろう〜〜。」
    ヨシヒコ「料理だと、くだらないことを言うな!!!」

    自分の過去の発言に責任が持てないヨシヒコは、国会議員になる資質があるなぁ。

    ヨシヒコは一人で危機感をあらわにして「さあ早く、戦うんです。でないと魔物たちに鍵を持って行かれてしまう。」

    メレブ「もうちょっと飲むな。」
    ヨシヒコはキツイ口調「ボヤボヤしないで下さい!!」

    自分のせいでこんなことになったなんて、これぽっちも考えておりません。

    枝野幸男官房長官(当時)が『福島第一原発事故』で深刻なメルトダウンが起きていた頃に「一時水位が低下して、いわゆる”燃料棒のところが水面から出る状態が若干継続した”ものと見られております。」と言ったり、例の「直ちに健康被害は出ない。」というフレーズを口にするなど、原発でシビアアクシデントが起きた現実とは乖離したことを会見で述べたことを今では”綺麗さっぱり忘れた”ような顔をしてるのと似た感覚のヨシヒコ。
    −◆−

    なんだかんだいって、本物4人で力を合わせて魔物=偽ヨシヒコ(濱田岳)たち4体を退治。

    ヨシヒコは「あぶなく魔物たちに騙されるところでした。」と、まだ自覚ゼロ。

    メレブ「いや、こいつらに騙してるという意識はなかったと思うよ。」


    で、魔物が持っていた鍵は宙に消えてしまいました。

    次の目的地に旅立つヨシヒコは「魔物たちを封印するまで、共に闘いましょう。」

    今度こそ、本当のエンディングテーマがかかって、今回はお終い。


    ヨシヒコのバカ正直、馬鹿ピュアぶりが炸裂し、無責任発言、勘違い発言が暴風雨状態だった『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵〜第7話』でした。


    視聴者を楽しませることにとことん徹底した低予算活劇はサイコーです。

    木南晴夏も、彼女のもってるポテンシャルがサイコーに弾けていてとってもイイ!!!

    ちなみに偽ダンジョーの宍戸開と本物ダンジョーの宅麻伸は、マジでどことなく被ってるね。


    ああ、面白かった。



    ◇◆◇ 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 感想 ◇◆◇
    #11(終) #10 #9 #8 #6
    #5 #4 #3 #2 #1








    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP




    JUGEMテーマ:特撮
    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2017.04.25 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      第1話「伝説の勇者が帰ってくる!新たなる試練の旅」2012年10月12日 24:12〜24:52  伝説の勇者、ヨシヒコの故郷・カボイの村でも、結界が破られて魔物の脅威がすぐそこにまで迫っていた。長老は、かつてのヨシヒコのように勇者として旅に出る若者を集うが、名乗りをあ
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/11/27 4:42 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten