『平清盛』第46回「頼朝挙兵」★壊れた清盛が、仏(木村多江)を「殺せ〜〜」

0
    『平清盛』 第46回「頼朝挙兵」

    清盛(松山ケンイチ)の爺メイクが凄いですね。
    削げ落とした松山ケンイチの顔に生えた髭や眉毛の灰白色と、すすけた老班が相まって、凄いのなんのって。

    ”ウォーフ中尉”の特殊メイク並みに手間暇かかってるのと違う??

    メイクもさることながら、松山ケンイチの熱演も凄い。
    −◆−

    仏御前(木村多江)を侍らせて余裕をかましている清盛(松山ケンイチ)に、源三位頼政(宇梶剛士)が自らの屋敷に火を放って退路を断ち、一族郎党を連れて以仁王が居る園城寺に馳せ参じた旨の報告が上がりました。

    清盛は顔をゆがめて「なに!!」「分からぬと申すか。同じ武士(もののふ)の頼政でさえ、儂の国造りについて来られぬと申すか! 討ち取れ。何としても頼政を討ち取れ!!!」と叫び、杯を床にたたきつけてガチャン。

    仏御前(木村多江)がビクッ!!

    清盛「儂の国造りを分からぬわからぬ者は、この国にはいらん!!!」

    清盛があちら側(暗黒面・ダークサイド)に行ってしまったことを描いたセリフがこぼれ始めました。
    −◆−

    園城寺の頼政勢に平家軍が猛攻。

    頼政(宇梶剛士)の息子・仲綱(須田那裕)も弓を受けてしまいました。

    園城寺の板壁には、”黒沢映画”並みに凄い数の弓が刺さってる。

    手負いの仲綱を連れて奥に逃れた頼政(宇梶剛士)が「わしは最後まではかりかねておった、清盛入道が器を。あの方は、この国の宝か、それとも災いか。この戦に我が身を投じた今もって分からぬのだ。」

    『清盛がこの国の宝か、災いか』ってセリフはなかなか良い。

    (鳩山元首相や菅直人前首相は絶対に宝ではなくて災いだったのは頼政(宇梶剛士)も草葉の陰から認めてるでしょう・・・。)

    仲綱(須田那裕)は、かつて義朝(玉木宏)から袂を分かった父・頼政に源氏の魂が蘇ったことを喜びながら先に自害。

    頼政「時は十分に稼いだ。」
    これって、以仁王を逃がすための時間稼ぎを指したのか、はたまた源氏が再び立ち上がるまでの時間を稼いだことを指したのか・・・。

    そして仁王立ちになった頼政(宇梶剛士)が自害
    「うぐっーーー」っと呻き、こらえた痛みで目が血走る宇梶剛士の演技が素晴らしい!!

    今回の前半のハイライト!!

    その後、以仁王も討ち取られ、以仁王の父・後白河法皇(松田翔太)が「ふるき都にきてみれば あさぢが原とぞあれにける〜♪」と今様で弔い。

    (この後白河法皇のシーンは省略してもイイと思う)
    −◆−

    福原遷都を告げる清盛(松山ケンイチ)に一門が反対論。

    貞能(田口浩正)らが意見を述べたあと、最後にお久しぶりの頼盛(AAA西島隆弘)「上へ上ではなく、横へ横へと広がっていく世を造りたい。それが兄上のお志だったはず。」「かように人々の思いをないがしろにした強引な遷都の末には、そのような世は来るとは到底思えませぬ!」と久々のセリフ。

    ”禿”が居たら赤い毒羽根で殺されそうな真正面からの反対意見でした。

    清盛は「そのような世を見せてやるというておるのが分からんか!」と、”グレート・ムタ”のような表情で怒鳴ります。

    松山ケンイチは”老けメイク”をしてるのに、清盛に恫喝されて引き下がる頼盛(AAA西島)は”お肌艶々”なのがシックリこないなぁ。

    AAA頼盛の他に、深田恭子も「フェイシャルサロン、月2回♪」だからか、肌の張りがえらく若々しいねぇ。


    で、清盛は「帝には10日の内に福原へお移り頂く。都に残る者あらば以仁王の残党、もしくは法皇にお味方する裏切り者として処罰する。」と、暗黒発言第二弾!!

    ヤバいです。ほとんど『スターウォーズ』のシスの暗黒卿か、『ロード・オブ・ザ・リング』の魔法使い・サルマン(クリストファー・リー)みたいにブラックです。
    −◆−

    忘れた頃に現れる西行(藤木直人)が福原の清盛を訪ねてきました。

    西行の面前でも仏御前(木村多江)とベタベタしてる清盛は「そなた(仏)の無聊を慰めてたりとうて座興を用意した。」として、兵士に祇王(尾上紫)と祇女(花影アリス)を連れてこさせます。

    彼女たちは仏御前(木村多江)に”二号さん”の座を奪われて清盛のもとから去っていたのに、連れ戻されたのね。
    尼崎事件の鬼畜・角田美代子が、逃げた被害者を必ず見つけて連れ戻すのと同じですかね・・・。


    仏御前(木村多江)は嫌がっている様子ですが、清盛は祇王・祇女に舞いを強要。


    逃げる術もない祇王・祇女は「仏も昔は 凡夫なり我ら〜も、終に〜は、仏なり いずれも〜仏性〜〜具せる身を〜〜〜 へだつるのみこそ 悲しけ〜れ〜〜ぇ♪ モスラ〜や、モスラ〜や♪」インファント島の小美人みたいにシンクロして歌と舞を披露。

    祇王・祇女の悲しげな顔が夜の中庭に浮かび上がっています。

    舞を強いられた祇王・祇女の様子を見せられた仏御前(木村多江)は、不幸顔で涙・・・。
    −◆−

    共に祇王・祇女の舞を見る羽目になった西行(藤木直人)は、昔の清盛や義朝と将来を語り合った思い出を話したうえで、「これが、お手前のおもしう生きることにござりまするか。お手前の目指した、武士の世にござりまするか!」と清盛の振る舞いを批判。

    清盛「ハハハハハハ、ハハハハハ、西行、そなたには分からん。そなたにも、誰にもな。ハハハハハハ、ハハハハハ。」と、独善炸裂!!


    そこに頼盛(西島隆弘)がやってきて、飾り物だと自嘲していた高倉上皇が政を摂政・藤原基通に全てを任せると述べた旨を速報したうえで「もはや、都環りなさるべきとの声が上がっておりまする。」と清盛の内閣支持率が危険水域に達したことを告げました。

    清盛は「さような世迷い言は口にするだけで罪に問うと触れを出せ!」「よいかぁ!! 儂に逆らう者は皆、死罪と心得よぉ!!」と怒鳴り、”薬物中毒者”みたいな変なニヤニヤ顔を浮かべ始めました。

    すっかり”危ない人”です。

    さらに清盛は部屋の中をあっち行ったりこっち行ったりしながら「ここは儂の世じゃ。武士が頂に立つ世じゃ。儂の目にしか見えぬ儂の国を作るのじゃ〜。」

    完全に”あっち側”に行ってます。
    崇徳院の怨霊(井浦新)に連れて行かれそうなほどの異常ぶりです。


    仏御前(木村多江)は、異様な清盛にビビって泣きそうな顔。

    狂気の清盛「全てを手に入れ復讐するのじゃ〜〜〜。」

    とうとう『復讐』というキーワードが出ました。
    武士を犬扱いした白河や王家への復讐でしょうか??

    新しい国づくりとか言ってましたが、心の根っこにはコンプレックスが巣くい、復讐心がエネルギー源だったのか??
    −◆−

    尋常でない雰囲気を察した仏御前(木村多江)が「お許し下さい、お許し下さい」と呟きながら清盛から身を離して逃げだそうとします。 (木村多江は、やっぱり不幸や・・・・。)

    するとサイコ化した清盛が何を思ったのか「殺せ〜〜〜。」と兵士に命じます。
    究極のドメスティックバイオレンスかぁ!?

    庭を逃げ惑う仏を弓を持った兵士が取り囲みます。
    (こんなせまいところで弓じゃなくてもいいのに・・・)

    清盛が弓を放つ合図の手を振り降ろす瞬間、白河法皇(伊東四朗)の命によって清盛の産みの母・舞子(吹石一恵)が矢を何本も受けて殺されたシーンが頭をよぎる・・・。

    (清盛は赤ん坊だったのに思い出せちゃう??)

    兵士が狭い庭で仏御前(木村多江)相手に弓矢を構えていたのは、舞子(吹石一恵)の壮絶な死を思い出すための”ネタ振り”だった・・・。
    兵士は、清盛の命令ではなく”脚本家の命令”で弓を持ってたんだ・・・。


    で、舞子(吹石一恵)の死のシーンが頭をよぎった清盛はフリーズ。

    かけつけた盛国(上川隆也)が兵士に大声で「やめよ〜〜〜〜」と制止。(上川隆也、格好いい!)
    −◆−

    ひざから崩れ落ちた清盛が「んんん〜〜〜、助けてくれ。誰か助けてくれ。暗闇ばかりじゃ、ここからの眺めは。果てしない、暗闇。手に入れても、手に入れても、光は・・・光には届かん・・・。」

    これは、祇園女御(松田聖子)「いかがにござりますか、そこからの眺めは?」という問いかけへの答えになったのかな・・・。

    ゲーテ「よろい戸を開けてくれ。光を、もっと光りを。」の”もじり”でもあるのかな??
    −◆−

    清盛が暗黒面(ダークサイド)でもがいていると、忠清(藤本隆宏)が頼朝の挙兵を知らせにとびこんできて山木兼高が討ち取られたことを報告。

    山木兼高は政子(杏)との縁談を反故にされたうえに、首まで取られて踏んだり蹴ったりの極みでお気の毒さま。

    忠清「あのとき殿が助けた源氏の御曹司が・・・。」

    サイコパス清盛は何かを探すようにキョロキョロ。

    視線の先にはヨシヒコの《いざないの剣》みたいな”大剣”が立っていて、これを握りしめた清盛が幼児のように「うえ〜〜んんん うえ〜〜んんん」とシュールな泣き声。

    まだ母・舞子(吹石一恵)から繋がってる??

    岡田君のナレーション<平頼盛が後に私にこう語った、あの時、我が挙兵がなければ清盛は暗闇に囚われたまま戻ってこられなかったかもしれぬと。>

    剣を持って立ち上がり、振り返った清盛。
    ”あっち側”から帰ってきたのかい??



    というわけで、自分を中心に地球が回ってるみたい思い上がり、さらのは魂が向こう側に行ってしまった平清盛(松山ケンイチ)の濃い〜〜エピソードでした。

    物語が面白いかどうかは別にして平清盛(松山ケンイチ)と頼政(宇梶剛士)の熱演が凄かった。

    先週も同じことを書いたけど、ほんのちょっぴりしか出てこなかった小兎丸(高杉真宙=『高校入試』にも出演中)のシャープな目も心に止まりました。


    あと、西行(藤木直人)登場については、いまひとつ必然性が薄い気もしたけど、若き日の想い出を語れる生き残りは西行しかいないから仕方ないのかな・・・・。
    −◆−

    今週は視聴率二桁 (10.3%)だ!!

    『レジデント〜5人の研修医・第6話』の視聴率4.4%を軽くダブル・スコアだ〜〜。

    (1本に少なくとも数千万円の制作費をかけている『平清盛』が10.3%では、全然偉そうに出来る数字じゃないねぇ。)


    個人的には大河の「平家vs源氏」よりも、NHKスペシャル『大海原の決闘!クジラ対シャチ』の方が興味深かったなぁ。

    シャチに襲われてるコククジラをザトウクジラの群れが救いに行くって、凄くない??




    ◇◆◇ 連続テレビ小説『純と愛』感想 ◇◆◇
    ★第52回 (11/29) ★第51回 (11/28) ★第48回(11/24)



    ◇◆◇ NHK『シングルマザーズ』感想 ◇◆◇
    #6 #5 #4 #3 #2回 #1回





    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.07.15 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「頼朝挙兵」 11月27日(火)のスタパに、塚本高史さん(頼朝の従者、藤九郎 役
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2012/11/27 1:02 PM
      「頼朝挙兵」11月27日(火)のスタパに、塚本高史さん(頼朝の従者、藤九郎役)が出演予定です。26日(月)、杏さんが「鶴瓶の家族に乾杯」に登場♪伊豆の頼朝・政子ゆかりの地を訪れ...
      • ショコラの日記帳
      • 2012/11/27 1:02 PM
      大河ドラマ「平清盛」第46話は以仁王の令旨で頼朝は挙兵を決意した。その頃福原で都づくりに徹していた清盛も以仁王の令旨を知り源頼政が反旗を翻し、以仁王と戦うもあっけなく ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2012/11/26 11:38 PM
      大河ドラマ「平清盛」。第46回、頼朝挙兵。 誰にも理解されない清盛。もののけ化が極まる。 そして、ついに源頼朝が挙兵する。
      • センゴク雑記
      • 2012/11/26 7:36 PM
      JUGEMテーマ:大河ドラマ 令旨をみても立とうといわない頼朝に、しびれをきらした政子も声をかけます。しかし、頼朝は「清盛どのの平家は、にわかな軍勢の勝てる相手ではない」と慎重な発言。が、源三位頼政も参加すると聞いて、顔色が変わりました。都では、知盛の病
      • ふるゆきホビー館
      • 2012/11/26 6:30 PM
      『頼朝挙兵』 内容 平家打倒の令旨が以仁王(柿澤勇人)により発せられた。 その令旨は、伊豆の頼朝(岡田将生)のもとにも届けられる。 だが、平家の武力に臆する頼朝。 それを見てとった政子(杏)時...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/11/26 5:31 PM
      公式サイト 感想メインで書きます。 行家から以仁王の令旨を受け取った頼朝。勢い立
      • 昼寝の時間
      • 2012/11/26 2:59 PM
      #「頼朝挙兵」
      • 義風捫虱堂
      • 2012/11/26 2:49 PM
      目に、輝きを取り戻す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211250003/ 平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-10-31売り上げランキング : 2501Amazonで詳しく見る by G-Tools
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2012/11/26 12:25 PM
      平清盛(松山ケンイチ)は反乱を起こした源頼政(宇梶剛士)を攻め落とし、 以仁王(柿澤勇人)を自害に追い込む。事態を憂いた清盛は都を福原に移す。 400年続いた京の都を離れることに一門や貴族の間...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/11/26 11:48 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten