脱線事故の遺族らに配慮、JR福知山線の車体の色変更。強度も改造せよ! 

0
    Sankei Web 社会 色変更「207系」走る 脱線事故の遺族らに配慮(11/25 11:41)
    兵庫県尼崎市で起きたJR脱線事故の遺族らに配慮し、車体の色を変更した事故電車同型の「207系」が25日から営業運転を開始、事故現場の福知山線カーブなどを走行した。 もともと青と水色のライン。「あの色は見たくない」との遺族や負傷者の声を受け、JR西日本は後継モデル「321系」と同じ紺とオレンジ色に順次、車体のシールを張り替えている。(略) JR西日本は所有する207系477両の色を、来年3月末までにすべて変更する予定。(共同)(11/25 11:41)
     車体の色を変えて済む問題なのか?

     缶ビールのアルミ缶みたいに簡単に破壊された車両は、強度不足なのではないのか。
     スピードアップによる収益向上に繋げるために車両を軽量化したのは明らかです。

     JR福知山線脱線事故は、運転手の特異な心理状態が原因のイレギュラーな事故かもしれないが、大地震で車両が脱線しても同じように簡単に車両が破壊され、多くの人命を失うことにならないのか?

     以外と、車両の強度不足について事故後のフォローが無い。
     車両の色を変えるよりも、大事なことがあると思うのだけど・・・・・。

    【追記】
    小生の駄文に、下記のような感想を掲載されたブログをTBいただきました。
    無量大数 − 10の68乗の世界:「トレードオフ」という概念を知らない人たち
    「強度不足なのではないのか。」ここ久々にのぞいてみれば、またまたありゃりゃあ、な...いやねえ、物事の本質ってやっぱり実際にさまざまなミクロな考察を積み上げていかないと見えてこないんじゃないかな、と。ATS−P未導入だったという点は横に置いておくと、時速100kmで横からマンションに激突しても車体が壊れないようにするには、それこそ戦前の新京阪デイ100以上の重い車体で電気食いまくりってぐらい分厚い鉄板と、それを補強するタテヨコの梁を山ほど入れないと無理なのね。これだと加速度がめちゃめちゃ悪くなって最高速度に達しないどころかノロノロ運転のまま次の停車駅、なんてのも当然の如くありうる話だったり。ところがそれだけじゃなくて、シートベルトも何にもない乗客自体があのすざまじいG(自動車の衝突実験なんかよくTVでやってるよね)に耐えられなくて、内部のつり革を釣っているポールなどに当たって内臓破裂・出血多量で死亡というのは、自動車事故から敷衍すれば簡単な話なわけで。鉄道は、年間1万人近い人が死んでいる自動車事故と比べてここ30年くらいではせいぜいトータルの死者数300人、年あたり換算で10人以下という「相対的にはるかに」安全な交通機関である。まあ、こういう記事を書く人はいくら高いコストをかけた車両で運賃が跳ね上がり、自転車よりも遅くていいから「とにかく100%安全」なものにしろ、とでも言い張るのでしょうか? なんか低レベルのTV局のワイドショーを見ているかのようだ。
     小生は、知識も見識も低いので無知な記事を書いていますが、別に戦車のような電車を造れとは言っていません。
     100人を超える死者を出した事件を軽々しいことでフタをしてしまおうとするJRを怒っています。
     
     TB記事のように、唯々諾々と「相対的にはるかに安全な交通機関」としてJRを追究することをあきらめて良いのでしょうか。
     「とにかく100%安全」になるなどと言っていません。
     耐震偽装マンションのように、分かっていながら体質的に安全をないがしろにしている可能性がJRにないかを追究する必要があると考えているのです。
     耐震強度「100」にすべきを「40」程度で売り出す技術者がいるのですから、事故の確立の高低で、JRを放免するよりは「低レベルのTV局のワイドショー」の方が論理的な気がしませんか。
     理屈と違う大切なものが世の中にはあると思っております。

     冷静な部分で言うと、つり革をや手すりを握っていたかどうかで生死を分けた事実があります。
     そういう分析から、技術的な無理を承知で1人でも犠牲者を減らすように挑戦することに意義は見いだせないのでしょうか?
     そういうミッションの積み重ねが人類の進歩を促すのではないでしょうか。

     亡くなった100数人の命、そして今も病院で後遺症と闘っている人がいる事実を受けながら簡単に「ATS−P未導入だったという点は横に置いておく」と言ってイイのでしょうか?
     『10の68乗の世界』には感情の入るスキマはないのでしょうが、脱線事故と阪神淡路大震災の両方を体験してしまった地域に住むものとしては情緒的にならざるを得ないのです。

     だからJRには人も道に外れない対応を進めて欲しいと考えています。



    酒蔵(さけぐら).com

    スポンサーサイト

    • 2020.01.28 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      http://ncc1701.jugem.jp/?eid=60 「強度不足なのではないのか。」 ここ久々にのぞいてみれば、またまたありゃりゃあ、な... いやねえ、物事の本質ってやっぱり実際にさまざまなミクロな考察を積み上げていかないと見えてこないんじゃないかな、と。 ATS−P未
      • ???Σ
      • 2005/11/26 12:23 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten