ドラマ10「シングルマザーズ」第5回★自称被害者・小田(山口馬木也)が気色悪い

0
    ドラマ10「シングルマザーズ」
    第5回「子供のキモチ!」


    今回は、養育費が滞っているうえに旦那の新しい女が妊娠したことを嘆く大平初音(枝元萌)のエピソードと、以前、出て行った妻子を探して「ひとりママ・ネット」に現れた男・小田(山口馬木也)が再び直(沢口靖子)の前に現れたエピソード、そして5年生になった涼太(山崎竜太郎)の自我が強くなりはじめ反抗期の兆しが出てきたエピソードの3本立て・・・かな?
    −◆−

    『ひとりママ・ネット』に再び「10分だけ」といって現れた気持ち悪い男・小田(山口馬木也)。

    今週は『純と愛』でもストーカー灰田(中村昌也)が純(夏菜)につきまといはじめてるし、森本アナウンサーは痴漢で逮捕されるし、NHKはヤバい男のオンパレードか??


    で、なんだか生理的に気色悪い男・小田(山口馬木也)は、「妻にずっと虐待されていました。」と被害者であると主張しはじめました。

    小田の話しを聞かされてる直(沢口靖子)はDVフラッシュバックで呼吸が激しく乱れてパニック障害みたいになってますが、小田はお構いなしに自分の主張を続けます。

    ちょうどそのときに息子・涼太から電話が入り、直はつっけんどんに「ごはんがない? あるよある、ちゃんと探して。分かった!」

    小田に向き合うことに必死だから、涼太に優しく接することが出来なかった・・・。
    これが、あとの涼太エピソードに繋がるのか??



    直と涼太の電話での話を見ていた小田は「いいですね、僕なんかもう2年も子供の声を聞いていない。」

    小田とおなじく、DV前夫・直樹(田中哲司)も息子・涼太の声を聞いてないことを直(沢口靖子)は想起しちゃうだろうなぁ。
    −◆−

    立ち去ろうとした小田を敢えて呼び止めた直(沢口靖子)は「あなたが虐待されていたんですか?」

    気色悪い男・小田「はい。妻は外面が良いからなかなか信じてもらえないんですけど・・・、例えば、僕は妻に責め立てられて夜が明けてしまったことがある。妻のことを思って一言お願いしただけなのに。クラス会で妻の帰りが遅かったんです。それでたった一言『門限は守ってね』と。」

    さらに「寝静まったあと、『君は大切なママなんだから子供たちのお手本になって欲しいな。ふてた態度はやめて欲しいなと』・・・」

    「それを朝まで・・」
    あの気色悪い雰囲気で朝までネチネチと言葉を浴びせられたら、奥さんは神経が参るぞ〜〜〜。


    興奮しはじめた小田は「妻が朝まで文句を言い続けたんです! あげく、私の頬をひっかいた血が出るほど。」と、あくまで自分中心の物語として顛末を語り続けます。

    その際、大声に気づいた近所の人が通報してパトカーが来る騒ぎになったようなのですが、小田は「震えてたのは私ですよ。暴力を振るわれたのも私だ。警官もそれを認めてますよ。しゃがみこんでいた妻から事情を聞いていましたから。」として、どこまでも自分を被害者に位置づけた主張を繰り返します。

    奥さんがしゃがみこんでしまった経緯を直が質しますと、小田は「ひっかかれたときに押しのけたんだ、そしたら妻が勝手によろけて壁にぶつかったんだ。」と都合の良い説明。

    DV前夫・直樹(田中哲司)が頭に浮かんだ直(沢口靖子)は「私はあなたにそっくりな男を知ってます。DV加害者はそうして都合良く事実を塗り替えてしまうんですよ。あなたの場合も走だったんじゃないですか。」

    慌てて席を立とうとする小田。

    「なぜなんですか! 何故またここに来たんですか? わざわざ、こんな言って欲しくないことを言ってもらいに・・・」

    黙って背を向けて立ち去る小田に、何か兆しのようなものを感じた直・・・。
    自己中・男の小田自身も、悔い改めたいの??


    自分を中心軸において被害者的発想で物事を考えている小田(山口馬木也)の思考形態を見ていましたら、《JAL機内騒動》で物議を醸している”さかもと未明”さんが雑誌に書いた言葉が頭をよぎりました。

    『愛媛県松山からの帰りの飛行機、JAL1466便のなかで、赤ちゃんが泣き叫び通しだったのにブチ切れてしまったのだ。だって、客室乗務員さんが母親と一緒にあやしても泣きやむ気配はないし、逃げ込む場所もないんだもん。』

    『飛行機のなかに、音の漏れないコンパートメントをつくるとか、子供を乗せる場合は、子供が騒いだときに寝かしつけられる薬を親にもたせるように周知徹底するとか、できないの? 2歳以下は乗せないとか……』

    これら赤ん坊が泣いて迷惑を被った《被害者・さかもと未明さん》の論理は、100%妻が悪くて自分は被害者だとする小田行男と、かすかに似た気配を漂わせてるような気がしないでもないような・・・。
    (詳しい事情や”さかもと未明”さんの体調・体質のことも考慮せずに、一概にどうとは言えませんけども・・・)
    −◆−

    母・直(沢口靖子)に「”ひとりママネット”でもやってろ!」と、ぞんざいな口調で言葉を吐き捨てるなど、反抗期の兆しが出てきた小5・涼太(山崎竜太郎)。

    生物研究のコンクールについて、初めて知ったような口ぶりの直に対して涼太は前に話したと主張し、母子ですれ違ってるし・・・。


    どうやら涼太は、直が”ひとりママネット”に時間を割いていることで、何かいじけた気分になってる。

    学校で「高校にも大学にも行けないボンビー。」だとからかわれるなど、経済的な問題で教育機会を失ってることを子供なりに気にしていたり・・・。

    また、父親のことや離婚の経緯を曖昧にしたまま今の状況に居ることも、涼太に何らかの影響を与えている様子。


    で、番組の終盤に涼太は水枝(酒井若菜)の息子・慎之介(吉田はるき)と共に家を出て行った!?

    何処のご家庭でも同じでしょうけど、無垢・無邪気だった息子が反抗期や思春期で重たくなるのって、最初はショックですよね。

    (自分自身も反抗期や思春期を通ってきてるのにね。)

    とはいえ、涼太(山崎竜太郎)には友人の慎之介も居るし、カレー店「鴎夢亭」の小暮金治(若林豪)さんや洋輔(ユージ)が親身になって話を聞いてくれる環境があるから助かりますね。
    −◆−

    話は前後しますが、水枝(酒井若菜)が風邪で熱出しちゃったとき、直(沢口靖子)のアパートで慎之介(吉田はるき)を一晩預かってあげたくだり・・・。

    病気になっても、子供が小さい内は『親業』を休めないんですよねぇ。
    シングルの人は、特に大変だと思います。

    だから、今回の直みたいな「助け」があると救われますねぇ。
    −◆−

    大平初音(枝元萌)が次々とパートをクビになった件や、直(沢口靖子)がリストラされて派遣になった件を見ると、非正規労働での子育ての難しさが沁みてきます。

    たとえば子供が二人三人といらっしゃる場合で、兄弟のうち一人でもインフルエンザにかかると、罹患していない兄弟まで保育所を休むように言われて、さらに兄弟間で連続感染したら、完治して人に感染しなくなるまで10日前後も続けて仕事を休んで子供の看病ってコトになりますもんねぇ。

    ドラマに出てくるみたいにパート先から「もう来なくていいです。」って言われたら目もあてられません。

    両親で育てていても、たいへんなのに、一人で子供を育て上げるのは凄いことだと思います。
    −◆−

    そんなわけで、ノンフィクションベースだからか、ぶつ切りのエピソードが次々と出てくるし、急に歳月が経過することもあるので、ストーリー的に焦点が定まらず勿体ない部分もあります。

    このドラマが完結したときに大平初音(枝元萌)や雪乃(忽那汐里)が「必然性を持った登場人物だった」と得心できれば良いのですが・・・・。


    あと、シングルマザーが置かれている社会状況が主として描かれている部分よりも、DV前夫・直樹(田中哲司)や小田(山口馬木也)にまつわる刺激的な部分についつい目が行ってしまって、ドラマの主題を見失いそうになります。
    −◆−

    あらまぁ、裏番組の『ゴーイング マイ ホーム』は視聴率がとうとう5%台(5.9%)まで落ちちゃってる・・・。

    山口智子を復帰させ、是枝監督を起用したのに、悲惨なことになりましたですねぇ。

    鼻から視聴率を稼ぎそうに無い 『ビギナーズ(Kis-My藤ヶ谷&剛力)』とか『東京全力少女 (武井咲)』なんかと比べると、『平清盛』『ゴーイング マイ ホーム』もドラマの造りはシッカリしているんだけど「独りよがり」「自己満足」とかそういうコトを思わせる作風で、視聴者に伝わるものが足りなかったって感じですかね・・・。

    貴重な電波ですから、無駄遣いはイケません。



    ◇◆◇ NHK『シングルマザーズ』感想 ◇◆◇
    最終回 #7 #6 #4 #3 #2回 #1回

    ◇◆◇ 連続テレビ小説『純と愛』感想 ◇◆◇
    ★第61回(12/10) ★第59回(12/7) ★第58回 (12/6)











    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2017.10.21 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      第5回「子供のキモチ!」 【総合】 2012年11月20日(火) 午後10時00分〜10時48分 再放送:11月27日(火) 午前0時25分〜(月曜深夜) / 11月26日(月) 午前10時5分〜 直の息子・涼太の様子がおかしい。5年生になった涼太は、家庭が貧しいことから塾にも行けず、将来なり
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/11/21 5:00 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten