ドクターX〜外科医・大門未知子〜第4話★米倉涼子もプライスレス!?

0
    ドクターX〜外科医・大門未知子〜第4話
    OPE.4
    「私にとって手術は、プライスレスのライフワークです」

    サブタイトルからも一目瞭然。
    今期ドラマで視聴率TOP争いしてる月9『PRICELESS 〜あるわけねぇだろ、んなもん!』を冷やかすようなイタズラ心が垣間見えたエピソードでした。
    −◆−

    スーパードクターを紹介するテレビ番組の取材を受けてるのは帝都医科大学付属第三病院・第二外科きっての敏腕だけど性格に少々問題のある外科医・加地(勝村政信)。

    普段はぞんざいな物言いなのに、「おかげで命拾いしました。」と大仰に感謝する患者に対して「外科医として当然のことをしただけですから。」と、奥歯が浮きそうな言葉をかけております。

    低くしゃがんだ加地が車椅子の患者を下から見上げるような姿勢ですから、上から目線ではなく「低姿勢」「患者目線」だというアピールにもなっている様子。

    医局の面々が見つめるテレビには、院内を颯爽と歩いてくる加地が映り『ザ・スーパードクター“腹腔鏡の魔術師”加地秀樹』というキャプションがインポーズされてる。

    遊びのような場面でしたが、車椅子の患者の家族が「他の病院では受けられない腹腔鏡手術を受けられた」と喜びの言葉を述べていたので、キッチシ今回の”ネタ振り”になっていたのであります。
    −◆−

    テレビ取材でインタビューされてる加地(勝村政信)は「外科医はハードで訴訟リスクも大きく、決して良い労働環境ではありません。」

    レポーター(赤江珠緒)「加地先生にとって医師の品格とは?」

    加地「患者さんの命を救うことに人生の価値を見いだせるかどうかです。お金じゃありません。私にとって手術はプライスレス(PRICELESS)のライフワークです。

    でましたPRICELESS!
    キムタク・ドラマと同じく『金では買えない尊いもの』を意味するPRICELESS!
    −◆−

    加地とは”灘高”の同級生で、外資のファンドマネージャーとして一日に数百億を動かす男・四谷(我望サジタリウス・鶴見辰吾)が今回の患者さん。

    彼はステージ気僚銃鷸慊殴ン。

    くだんのテレビ番組『実録スーパードクター』を観た四谷(鶴見辰吾)は、入院が長びけば億単位の損失を被ることから、加地(勝村政信)に「1日も早く復帰したいからすぐに手術してくれ」と腹腔鏡手術を依頼・・・。

    1ヶ月先まで手術スケジュールが詰まっていると値打ちを付ける加地に、四谷は「謝礼は幾らでも払うから・・」と懇願。

    謝礼の誘惑に負けたのか、加地は「俺を待っている患者さんが大勢居るんだけど。同級生のお前を放っておくわけにもいかないからな・・」と体裁の良い返事。

    テレビの時とか、友人の前とかでは良い人ぶってみせる格好付け男ですねぇ・・・。
    分かりやすい性格がオモロイです。
    −◆−

    病室で四谷(鶴見辰吾)が謝礼の入った封筒を加地(勝村政信)に渡します。
    (あれは札束が二つだったから200万円入ってたかな?)

    加地は「そう言う医者も居るかもしれないけど、俺は違うよ。」と、謝礼を拒否して見せます。

    目は封筒に釘付けみたいでしたが、病室に森本(田中圭)が付いて来ていたから、加地は良い格好したんでしょうね。

    で、医局に帰った森本(田中圭)が「医者はお金では無いですよね?」

    加地「そう、プライスレスのライフワークだ。」

    なんて分かりやすいドラマ運び!!
    単純さがオモロイです。
    −◆−

    術前カンファレンス。
    四谷の病状を確認した加地は、腫瘍の位置が把握しにくいために腹腔鏡ではなく開腹式を主張。

    ところが大門(米倉涼子)は、自分なら患者のQOLを優先した腹腔鏡と内視鏡の併用による『ハイブリッド手術』ができると主張。

    しかし毒島院長(伊東四朗)は加地の言い分を認めて開腹手術に方針決定。


    ところが四谷(鶴見辰吾)が、ロンドン・東京・NYの取引が閉まる市場休場日の49時間で手術を終えて仕事復帰したいとして加地に腹腔鏡手術を懇願。

    加地が「無理だ」と拒むと、退院して他の病院に行くと言い出す有様です。
    難儀な患者です。

    そこに大門(米倉涼子)が現れ「49時間楽勝です。腹腔鏡手術がベストです。」

    四谷「お願いします。」
    大門「お任せ下さい。私、失敗しませんから。」
    −◆−

    異例の『ハイブリッド手術』が成功すれば病院の評判が上がることを皮算用している第二外科部長・鳥井教授(段田安則)は大門の手術を認め、加地を助手に指名。

    いよいよ『腹腔鏡内視鏡併用十二指腸局所切除手術』開始。

    順調かに見えた手術でしたが、突然大門が首を捻って「あれ?」「出来ない。出来ると思ったんですけど、無理だわ、これぇ〜。」と、素っ頓狂なことを言い出します。

    まさかのギブアップ!?

    いつもは横柄な大門が「加地先生お願いします。助けて下さい。お願いします。」と深々と頭を下げます。

    こうして加地がメインで執刀することとなり腹腔鏡を担当。
    大門は内視鏡で術位のマーキングを担当。

    手術再開。
    大門が内視鏡で患部をチェックしながら「右、5ミリ」などと伝え、加地が腹腔鏡を操作・・・。

    無事、時間内に手術が終わって森本(田中圭)は「凄く勉強になりました。」と加地にリスペクトの言葉をかけます。

    しかし、加地は憮然。
    −◆−

    手術を終えたあと、わざわざ横浜のウォーターフロントに大門(米倉涼子)を連れ出した加地は「はじめから一人で腹腔鏡と内視鏡の併用なんてできっこないと分かってたんだろ。俺は内視鏡のマーク通りに切っただけだ。俺にリードさせてるふりをして実はお前に良いように使われた。」「どうしてみんなの前で俺を立てたりしたんだ。見返りも無いのにどうして?と真意をただします。

    大門は「プライドやメンツなんて10円にもならないのに信じられない。」

    加地「見返りも無いのに命の現場に立ち会ってる方が、よっぽどおかしいだろう。」「ありえない。そんな医者いるわけない。」

    大門「ここにいるじゃないですかぁ、私にとってオペはプライスレスのライフワーク・・・なんちゃってぇ〜〜。」

    でました、プライスレス返し!!

    しかし大門は「加地先生の腹腔鏡オペは本当にお見事でした。自分にとっての見返りは、あなたの手術を見られたことです。」と素直に敬意を表しました。

    これに気をよくしたのか急に態度が軽くなった加地は「じゃあさ、オペの成功を祝って一杯やる? シャンパンでもクーーッと。」と、スケベ心を発動。

    あれだけ平素から大門への敵意を口にしながら、腹の中ではそういう対象として見てたのね。
    まあ、男なら仕方ないっか・・・。

    で、大門(米倉涼子)が誘いに乗るはずもなく、「致しません」と拒否。
    加地は「ムカつくな〜〜、フリーターの分際で。」

    勝村政信らしさが活かされたエピソードになりました。
    米倉涼子をはじめとする俳優さんの個性がうまく引き出されてるのが、『ドクターX〜外科医・大門未知子』の長所の一つですねぇ。
    (キャストの中で、なぜか紫吹淳だけは影が薄いけど・・・)
    −◆−

    あれれ?

    神原(岸部一徳)は、加地が受け取った謝礼と、病院が支払った特別手当468,000円を手にして得意のノリの良いスキップで病院を出て行ったのに、大門(米倉涼子)には、謝礼も休日オペの特別手当も出なかったと言ってるぞ〜〜〜。

    ピンハネかぁ!?


    後日、名医紹介所に毒島院長(伊東四朗)が現れて、「ドクターXという人物をご存じですか。神業のような手術をいくつも成し遂げたドクターXです。随分、借金を抱え金のために汚い手術も、していたとか・・・。」「あなた、よくご存じですよね。」と神原(岸部一徳)に尋ねかけます。

    平素は飄々としている神原の表情がダークにこわばったような・・・。

    キューバでの手術のことからして、大門(米倉涼子)が”ドクターX”かと思ってたけど、もしかしたら元外科医という噂もある神原(岸部一徳)がドクターX!?

    尋常ならざる雰囲気やぞ〜〜〜。
    神原(岸部一徳)、怪しい・・・・次回へ続く。


    というわけで、”プライスレス”の意味合いについて本家『PRICELESS 〜あるわけねぇだろ、んなもん!』では「何でか分かんないけど、損得抜きで・・・」などと遠回しにしか表現していないのに、『ドクターX〜外科医・大門未知子』では、加地のセリフと、金銭的や名誉などの見返りを求めない大門を通じて、思いっきり”プライスレス”について直接表現しちゃった!!!


    そんなことも含めて、エンタメに徹して安定感のあるドラマですね。
    コミックとかの「原作なし」でこの水準は大したもんです。



    ◇◆◇ ドクターX〜外科医・大門未知子感想 ◇◆◇
    #1 #2 #3 #5 #6 #7 最終回




    ◇◆◇ NHK『シングルマザーズ』感想 ◇◆◇
    最終回 #7 #6 #5 #3 #2回 #1回




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.04.03 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      加地@勝村政信の級友でファンドマネージャーの四谷@鶴見辰吾が十二指腸がんで入院、 慎重を期し開腹手術を主張する加地に対し、 大門未知子@米倉涼子は腹腔鏡と内視鏡を併用したハイブリッド手術が可能だと主張、 多忙な四谷は未知子に手術を任せるが、 いざ手術が始
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2012/11/17 11:39 PM
      視聴率は 17.1%・・・前回(17.4)より 49時間!?100億の患者を救え 私にとって手術は プライスレスのライフワークです
      • ドラ☆カフェ
      • 2012/11/17 12:13 PM
      『49時間!?100億の患者を救え 内容 ある日のこと、腹腔鏡手術の名医として加地(勝村政信)がテレビで紹介される。 その加地を頼って、高校時代の同級生・四谷篤(鶴見辰吾)が訪ねてくる。 1日...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/11/16 5:43 PM
      2012.11.15放送 OPE.4 「私にとって手術は、プライスレスのライフワークです」 ラテ欄「49時間!?100億の患者を救え」  帝都医科大学付属第三病院・第二外科きっての敏腕ドクター・加地秀樹(勝村政信)が、スーパードクターを紹介するテレビ番組の取材を受け
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/11/16 4:49 PM
      テレビ朝日系ドラマ『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』(公式)の第4話『私にとって手術は、プライスレスのライフワークです』『(ラテ欄)49時間!?100億の患者を救え』の感想。 雑な部分もあるが...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2012/11/16 12:03 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten